「トラノコ」新規口座開設とポイント投資が超お得!最大3,500ANAマイルもらえる!

「おつり投資」でお馴染みの投資ファンド「トラノコ」のかなりお得な新規口座開設案件がポイントサイト「ポイントタウン」で紹介されています。

「トラノコ」の新規口座開設と、なんとポイントタウンのポイント投資5,000円分のポイントがもらえるんです。

しかも、ポイントタウンのポイント投資はたったの5円分のポイントからでOKという超お手軽案件です。

ただし、この案件ANAマイルへの交換方法を含めなかなか条件がトリッキーなので、何点か注意点があります。

ですが、その注意事項さえしっかり守れば実質損失目安は0円、つまり手出しの現金は0円で大量5,000円分のポイントがもらえる、なかなかお得な案件だと思います。

早速、この「トラノコ」案件をご紹介していきます。

スポンサーリンク

恒例のどこ得チェック

まず、ポイントサイトの案件紹介時恒例の「どこ得」チェックの結果がこちらですね。

この「トラノコ」案件で最大のポイントがもらえるのはポイントタウンの5,000円ですので、迷わずポイントタウンで口座開設すればよいと思います。

ただ、この後詳しくご紹介しますが、ポイントタウンも、そして次点のげん玉もなんとドットマネーに等価交換ができない※ので、TOKYUルートを利用してのANAマイルへの交換はできません。(※ポイントタウンは交換不可。げん玉は手数料10%が必要)

ポイントタウン、げん玉どちらも結局TOKYUルートが利用できないという点では同じなので、選択肢としてはポイントタウン一択となりますね。

スポンサーリンク

案件詳細

では、ポイントタウンの「トラノコ」案件の詳細を確認していきましょう。

「トラノコ」の無料口座開設で100,000pt・・ポイントタウンのポイントは20P=1円という単位なので超絶分かりにくいのですが、つまり5,000円分のポイントがもらえます。

ポイント獲得までの期間は最短で2か月後の月末となっています。この「2か月後の月末」という承認期間、かなり重要なので覚えておいてください。

そして、ポイント獲得条件の詳細がこちらです。

ポイント獲得条件
  • トラノコの新規口座申し込み後、トラノコへの初めてのポイント交換(投資)

これ、パッと読んだだけではちょっと意味が良くわからなかったんですよね。

簡単に言いかえると、ポイントタウン経由でトラノコの新規口座開設をした後、ポイントタウンのポイントをトラノコに投資(交換)することで、ポイント獲得条件達成になるんです。

まさかのポイント投資が達成条件なんです。・・結構トリッキーですよね?これ。

なお、トラノコへのポイント投資(交換)は5円分のポイントタウンポイント(100pt)から可能です。

たったの5円の投資で条件達成なんです。

さらに、実はトラノコの投資口座の開設から20日以内にすべての設定を完了した場合、200円が必ずもらえます

実質手出しの現金は0円ですみますし、さらにポイントタウンのポイントとは全く別に200円までもらえちゃうってことですから、まず間違いなく損はない案件と言えますね。

ポイントタウンポイントの用意が必要

ここで「ん?ちょっと待てよ・・。5,000円分のポイントを手に入れる方法が、ポイントタウンポイントの投資(交換)ってことは・・そもそも、ポイントタウンのポイントを持ってなきゃいけないってこと?」と思われた方。

正解です。条件達成にはあらかじめポイントタウンポイントを所有しておく必要があります。

ちなみに、ポイントタウンは旧ソラチカルート時代に「LINEポイントへの直接等価交換が可能な唯一のポイントサイト」という特異な個性を持ったポイントサイトでした。(Gポイントは実質等価交換だが、ポイントタウンは完全等価)

しかしながら、その特異な個性故に他のポイントサイトから集中的にポイントが集まってしまったため、現在「鎖国」状態・・つまり他のポイントサイトとのポイントの流動性が極めて低いポイントサイトになっています。

このため、ポイントタウンは今は使っていない・・って方もいらっしゃると思いますので、即時に投資(交換)用のポイントを獲得する方法を、超簡単に解説します。

ポイントタウンのHP(PC)を下の方にスクロールしていくと、左下に「特定条件からさがす」というバナーがありますので、このバナーから赤矢印の「即時ポイント」をクリック。

すると、ポイント即時付与の案件が表示されます。

ここから好きな広告を利用すればOKです。上記の一番上のクイズキャンペーンは既にリンク切れになっていましたので、その下「テンプレートBANK」の新規会員登録を行ってみました。

サクッと会員登録するだけで、300pt(15円)がものの15分ほどで獲得できました

これで、トラノコへの交換(投資)用のポイントは確保できたってことになります。

後は、トラノコの口座開設完了後、ポイントタウンの「ポイント交換」ページから、トラノコにポイント投資することでポイント獲得条件はクリアです。どうせなら、300pt全部交換してしまいましょう。

なお、交換手数料は無料となっています。

ポイント却下条件

最後に、ポイント却下条件も確認しておきましょう。

却下条件は上記のとおり、そもそもそれって口座開設できないんじゃない?って感じの、何の問題もないポイント却下条件です。普通に口座開設できれば問題はなさそうですね。

また、同一住所や家族利用NG条件も無いので、例えば夫婦マイラーの場合夫婦でそれぞれポイントを獲得することも可能です。

スポンサーリンク

「トラノコ」案件の注意点

ここまで、ポイントタウンの「トラノコ」新規口座開設案件のポイント獲得条件や却下条件についてご紹介してきました。

ここからは、トラノコの新規口座開設にあたっての注意点を解説します。

何故この解説が必要か?というと、トラノコの新規口座開設が完全に終了しないと、ポイントタウンポイントの投資ができないんですよ。

一方、トラノコの新規口座開設に必要な手続きが以下の7つです。

このように、ポイント投資のためにはファンド選択からクレジットカード等の設定引落口座設定にマイナンバー登録まで必要になります。

そして、この手続きを進めていくと絶対にある疑問が湧いてくると思います。

もしかしたら・・これ、このまま進めたら勝手に「お釣り」が投資されるの?投資はじまっちゃうんじゃないの?とか、月額利用料が掛かるの?・・なんて疑問ですね。

ポイントタウンの案件説明だけではちょっと不十分だと思いますので、続いてトラノコの注意点についても解説していきます。

トラノコとは?

まずは、「トラノコ」ってなに?ってところから解説しましょう。

トラノコのサービスは、簡単に言ってしまうと「投資ファンド(資金運用サービス)」です。

ここが完全に銀行と異なる点ですが、トラノコに預け入れたお金は、上記「小トラ~大トラ」の3つのリスク許容度(資産構成)の違いはありますが、この「3トラ」のいずれかの方針で、実際に投資に回されることになります。

具体的な投資スキームがこちらですね。

つまり、銀行と違って元本保証はないんです。このトラノコにお金を預け入れる手法が「お釣りを投資」なだけであって、要は投資ファンドなんですよ。

ただ、当然ながら世界中の資産に分散投資してリスクヘッジ(回避)をしているので、例えば一夜にしてお金が紙くずに・・なんて心配はありません。

1年間の投資運用なら最大で±5%程度の損得が発生する、くらいのイメージを持ってもらえればと思います。

また、実はこっちの方が重要なんですが、この投資ファンドの運用に掛かる手数料として、投資家(私たち)からは月300円(税込)の運用手数料が徴収されます。

ただし、新規入会後3か月間は無料です。

トラノコの注意点
  1. 預け入れたお金は投資に回される(元本保証はない)
  2. 月300円(税込)の運用手数料が掛かる(ただし、初月から3か月無料)

ここまでの「トラノコ」の注意点をまとめたものが、上記のとおりです。

この2点は十分に理解しておいてください。

スポンサーリンク

注意点を踏まえた対応

ここまで、トラノコの注意点を2点ご紹介しましたが、この注意点を踏まえた設定および対応をご紹介します。

①お釣り投資は「承認制」から変更しなければ勝手に投資はされない

まず1点目の注意点「資金運用リスク」の回避方法がこちらですね。

確かにトラノコにお金を預け入れると自動的に運用が始まってしまうんですが、ということは当然ですがお金を預け入れなければ運用は始まらない、ということです。

そして、トラノコではお釣り投資は当初は「承認制」・・つまりユーザーが承認しないと投資されない設定になっています。

クレジットカードの登録などを進めていくと・・「あれ、これ勝手にお釣り投資はじまちゃうの?」ってちょっと思っちゃうんですが、そんなことはないんです。

逆にこの自動承認設定を、上記のボタンで「ON」にしてしまうと、毎月の上限額まで自動的に投資承認されてしまいます。トラノコに慣れるまでは、とりあえずはこの設定は「OFF」のままにしておきましょう。

この投資の自動承認設定をOFFのままにさえしておけば、クレジットカードの設定や口座の設定等を行っても自動的にお釣りが投資されるようなことはありません

②月額利用料は初月から3か月無料

そして、もう一つの注意点である月額利用料ですが、初月から3か月間は無料となっています。

ここで思い出していただきたいのですが、この案件のポイント承認は最短で2か月後の月末でした。つまり、月額利用料無料期間中に、ポイントの承認結果が出る可能性が高いです。

この3か月の無料期間内に実際にトラノコを利用してみて、今後も継続するかどうかを十分に判断しておいてください。

もし利用しない場合は、3か月以内に解約すれば、月額利用料金はかかりません

スポンサーリンク

ポイントタウンポイントのANAマイルへの交換方法

最後にポイントタウンのポイントをANAマイルに交換する方法も解説しておきます。

冒頭に記載のとおり、ポイントタウンのポイントはドットマネーへの交換ができないので、TOKYUルートでANAマイルに交換することはできません。

このため、上記のとおり「みずほルート」「ニモカルート」(交換率0.7倍)もしくは「ワールドプレゼントルート」(0.6倍)でANAマイルに交換しましょう。

みずほルート、ニモカルートはまだ陸マイラーにはなじみの薄い特殊な交換ルートですので、対象カードを持っていない!って方は、一番下、ワールドプレゼントルートが最も簡単で倍率もそこそこなのでおすすめです。

詳細は、下記関連記事で詳しく解説しています。

【2020年最新】各種ポイントをANAマイルに交換(移行)するルート総まとめ

スポンサーリンク

トラノコ口座開設の絶好のチャンス!

いかがでしたでしょうか?

トラノコの口座開設+ポイント投資で5,000円分のポイントがもらえるお得案件をご紹介しました。

ちょっとポイント獲得条件がトリッキーで、さらにトラノコでの実際の投資口座の開設完了が必要なのがハードル高めではありますが、内容さえ理解してしまえば、ほぼ損失0円で5,000円分のポイントが手に入る案件だと思います。

また、最近流行の「お釣り投資」を試してみる絶好の機会でもありますので、利用してみて気に入ったら、是非トラノコを継続して利用してみましょう

私も毎月投資信託の積立投資を行っていますが、資産形成にはこの方法がやはり最も優れていると思います。お釣り投資、というコンセプトも良いので、この機会に試してみるのも面白いと思います。

このトラノコ案件が紹介されている「ポイントタウン」は、上場企業である「GMOメディア」が運営している、運営歴18年を誇る老舗ポイントサイトです。

ポイントタウンに登録済みの方は、こちらから案件のご利用をどうぞ。ポイントタウンへの登録がまだの方は、下記のバナーから登録が可能です。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



AD