JALカードアメックスがポイントサイトで超お得!実質年会費無料で10,400円もらえる!【総額17,000円】

※JALカード広告はSNSでの拡散が禁止されています。拡散行為が発覚した場合はポイント対象外になりますので、ご注意ください。

メジャーなポイントサイト「ちょびリッチ」で、JALアメリカン・エキスプレス・カード(一般)の発券だけで17,000P(円)分のポイントがもらえる広告が絶賛掲載中です。

このJALアメックスの発行案件、今回のちょびりっちでもらえる17,000Pは久々の高額水準です。このカードの年会費は税込6,600円ですので、実質初年度年会費無料で10,400円もらえるクレジットカード案件ってことになるんですよね。

何しろJALカードはJALマイラー必携のカードですし、何しろ大量マイル獲得の大チャンスですから、まだお持ちでなかった方はこの機会を逃してはいけませんね

さらに、今ならこのちょびリッチでもらえる17,000ポイントとは別に、さらに公式入会キャンペーンが併用できるため、一般カードで1,850JALマイルがもらえてしまいます。

・・公式入会キャンペーンの1,850JALマイルはANAカードの入会キャンペーンに比べるとかなりショボいですが、JALカードの入会キャンペーンはいつもこんなものなので、これにはタイミングによる損得はありませ。

このため、入会キャンペーンはおまけみたいなものなんです。本題は17,000円分のポイントです。

この17,000円分のポイント獲得水準はは、JALカードアメックスの発行をおすすめできる水準だと思いますので、まだお持ちでない方はこの機会にぜひご検討ください。

スポンサーリンク

JALアメックス(一般)広告の概要・ポイント獲得条件等

では早速JALカードアメックス案件のお得度を確認していきましょう。

まず、今回のちょびリッチのJALアメックスカード案件は、まさに「暴騰」と言ってよいポイントがもらえる案件です。

気になる案件の詳細がこちらですね。JALアメックス一般カードの新規発行完了だけで、34,000P(=17,000円)分のポイントがもらえます。(ちょびリッチポイントは1P=0.5円)

ちなみに、クレジットカード案件ご紹介時恒例の「どこ得」チェックの結果を見ても、ちょびリッチが頭一つ抜けたポイントがもらえることがお分かりかと思います。

ただ、ご注意いただきたいのは、このJALカードは年会費無料ではなく初年度年会費が掛かるクレジットカードです。

気になるその年会費の金額は6,600円(税込)です。一方、もらえるポイントは17,000円ですので、貰ったポイントを年会費として充当しても、約10,400Pが手元に残る計算です。

そして、ここが大切な点なんですが、ちょびリッチのポイントはドットマネー経由のTOKYUルートでANAマイルに交換できます。JALカードを発券してANAマイルに交換するというのもなんか不思議な感じですが、全然問題ありません

このちょびリッチからANAマイルへの具体的なポイント交換ルートは、この交換ルートですね。

ちょびリッチのポイントをドットマネー経由でTOKYUポイントに交換し、ANAマイルに交換することで、2020年以降の業界最高倍率となる0.75倍でANAマイルに交換することができます。

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

このため、今回のこのJALカードアメックスの発行でもらえる17,000円分のポイントを全てANAマイルに交換すると、12,750ANAマイルに交換できることになります。

年会費を手出しはもったいない!折角ならポイントで支払う!って方は、年会費差し引き後の10,400円分のポイントをANAマイルに交換すると、7,800ANAマイルに交換できます。

このあたりの考え方は人それぞれだと思いますが、いずれにせよ超絶お得な案件と言えますね。

まだJALカードをお持ちでない方は、JALのファーストカードとして必携の一枚だと思います。速攻で発行してしまいましょう。

ポイント獲得条件

このJALアメリカン・エキスプレス・カード広告のポイント承認条件がこちらです。

新規カード発行完了(カード受取完了)だけと、非常にシンプルな条件となっています。ショッピングでの利用などは一切不要なんです。

これまでのJALカード広告では、年会費を支払うことで、ショッピングでのカード利用時のマイル還元率が通常200円=1JALマイルのところ100円=1JALマイルになる「ショッピングマイル・プレミアム(年会費3,300円(税込))」への登録が必要になることがほとんどでした。

つまり追加の年会費の支払いが必要な場合が多かったのですが、このちょびリッチ案件ではショッピングマイルプレミアムへの登録が不要で、しかも実際のショッピング利用、キャッシング枠の設定も不要の超好条件です。

何しろ発券するだけでOKなんですから、かなり簡単ですよね。

次に、ポイント却下条件も確認しておきましょう。

夫婦で発行して、夫婦それぞれでポイントを貰うことは・・同一住所不可条件があるので厳しいと感じますが、実は大丈夫です。

ただし、その場合同一IPからの登録が却下条件となっていますので注意が必要です。夫は自宅wifiから、妻は携帯の4G回線からなど、IPを別々にする必要があるのでご注意ください。

その他の注意点としては、提携カード、プロパーカード関わらず既にその他のJALカードをお持ちの方はポイント対象外になるということです。例えばJALマスターカードをお持ちの場合は、ポイント対象外です。この点にはご注意ください。

その他、特筆すべき注意点はありません。3か月以内の解約は成果対象外となっていますが、これはこのJALカード広告に限らず、カードの即時解約は次回のカード発行、審査に悪影響にもなりますので、絶対にやってはいけない行為です。

クレジットカードを審査落ちせず継続的に発行する方法。クレヒスの重要性を徹底解説

私は発行したカードは毎月1回は必ず継続して使うようにしています。

また、冒頭にも書きましたが、このJALカード発行広告はSNSでの拡散が厳禁となっています。この点にもご注意ください。最悪、ポイント却下になる可能性もあります。(SNSという表現だけで、「ブログ」という表現がないので、このブログでもお知らせしています。Twitterなどでは周知はしていません。)

スポンサーリンク

JALアメックス・一般カードの基本スペック

年会費:本会員 6,600円
年会費:家族会員 2,750円
JALカードショッピングマイル・プレミアム年会費 3,300円(家族会員は無料)
JALカード ツアープレミアム 年間登録手数料
(お一人様・1お得意様番号につき)
2,200円
JALカード家族プログラム登録手数料 無料
入会搭乗ボーナス
(入会後初めてのご搭乗時にプレゼント)
1,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス
(入会搭乗ボーナス獲得年の翌年以降、毎年最初のご搭乗時にプレゼント)
1,000マイル
ご搭乗ごとのボーナス

* フライトマイル=区間マイル×利用運賃のマイル積算率となります。

フライトマイル* の10%プラス
JAL・JTAの機内販売での割引 10%割引
国内空港店舗「BLUE SKY」での割引 5%割引
国内空港店舗「コーラルウェイ」での割引 10%割引
成田空港免税店「JAL DUTYFREE」「JAPAN DUTY FREE」「Fa-So-La DUTY FREE」、羽田空港国際線ターミナル「JAL DUTYFREE」での割引 5%割引
JALパック(国内・海外パッケージツアー)の割引 最大5%割引

JALアメックス一般カードの基本スペックは下記のとおりです。

冒頭に解説したとおり、年会費は初年度から6,600円かかります。が、それを上回るサービスが付帯していますので、ちょびリッチでもらえる17,000Pを考慮すると、かなりお得と言ってもよいと思います。

さらに、カードの付帯サービスがゴールドカードに匹敵するくらいお得なので、この年会費の元を取ることは簡単です。

お得その① 国内・海外(ハワイ)の空港ラウンジが使える

まずはお得なポイントその①。国内主要空港とホノルル国際空港で、ラウンジを利用できます。しかも、同伴者も1名無料です。

ここ、結構ポイント高いですね。

JALアメックスの普通カードでも、国内ではほぼゴールドカードと同等で使えるということです。

国内の主要空港+ハワイ・ホノルルのダニエル・K・イノウエ空港のラウンジが使えます。

これは大きいですよね。普通カードとは思えないサービスです。年会費6,600円の価値は十分あるといってもよいのではないでしょうか。

お得その② カード付帯サービスが充実

お得ポイントその②は、カード付帯サービスが充実していることです。

特に、疾病・傷害治療費用が一般カードなのに100万円付帯しているのは大きいです。海外で病気になり、無保険で治療を受けたら、数十万単位の請求も余裕で考えられます(特にアメリカ)。

携行品損害保険も大きいですね。カメラを壊した、スーツケースが壊れた・・という損害をカバーしてもらえます。

年会費は少しお高めですが、ちょびリッチなら17,000Pももらえますし、上記①ラウンジサービス、②充実の付帯保険を考えれば、十分元が取れるカードではないかと思います。

それから、細かい点ですが「毎年初回搭乗ボーナス」として、毎年1,000JALマイルが追加でもらえるのも大きいです。

また、これも地味ですが空港の「BLUESKY」や免税店での5%割引も大きいですよね。特にBLUESKYは空港のいたるところにありますので、BLUESKYを利用する際にはJALアメリカン・エキスプレス・カードを使ってお支払いしましょう。

スポンサーリンク

JALアメリカン・エキスプレス・カード公式キャンペーンの概要

冒頭に少しだけご紹介した通り、実はかなりショボいのですが、一応、ここまでご紹介したちょびリッチのポイントとは全く別に、さらに公式サイトでの「最大10,550マイルがもらえるキャンペーン」でも、JALマイルをもらうことができます。

ただし、「最大10,550マイル」と書いたとおり、最大のマイルをもらえるのはプラチナカードだけです。

JALアメックス・一般カードでは、もらえるマイルは実は最大1,850マイルです。これ・・正直ANAカードの衝撃的な入会キャンペーンに比べてしまうと滅茶苦茶見劣りしますよね。

個人的には、JALマイルは入会キャンペーンでは貯まらないと思っていますので、この入会キャンペーンにはあまり期待しなくてもよいのではないかと思います。

【2020年最新】ANAアメックスの入会キャンペーン徹底解説!最大67,000ANAマイルもらえる!

スポンサーリンク

JALカード申し込みにあたっての注意点

JALカードの申し込み手順は上記の通りです。私自身実際に申し込み手続きをやってみましたが、特段難しいところはありませんでした。

1点だけ注意するところがあるとすれば、キャッシング枠の設定方法でしょうか。今回のちょびリッチ広告では、キャッシング枠の設定は不要です。キャッシング枠を設定すると、審査に時間がかかり、さらに職場に在籍確認の電話が掛かってくる可能性が高いです。

一方、キャッシング枠を設定しなければ、Webでの申し込みだけで審査が完了する可能性が高くなります。(審査状況によっては、在籍確認がある可能性はあります。)

ただ、JALカードの場合この「キャッシング枠を0で申し込む」方法が非常に簡単なので安心です。

というのも、キャッシングの申し込み自体がそもそも任意入力項目になっており、選択しなければ自動的にキャッシング枠0円のカードになります

特にキャッシング枠が必要でない方は、キャッシング枠を0で申し込んだ方が審査が簡単、かつ迅速になるのでおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

JALアメックス・カードの新規発行+受取完了だけで17,000Pもらえる超お得広告をご紹介しました。

このJALカードはJALマイラーには必携のカードです。これからJALマイラーを目指す方、またJALカードをまだお持ちでない方で、単純に大量ANAマイルが欲しい方(笑)は、早めの申し込みをおすすめします。

ちょびリッチへの登録は以下のバナーから、またちょびリッチでのこのJALカードアメックス広告の利用はこちらからどうぞ。

今ならこのバナーからちょびリッチに会員登録すると、最大で500円分のポイントがもらえます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイル徹底解説。大量マイルに関する記事まとめ

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説



AD