ダイナースカードの入会キャンペーン+ポイントサイト案件が激アツ!最大66,500ANAマイル!【2021年最新】

ダイナースクラブカードが、ポイントサイト&入会キャンペーンで大爆発です!!

このカード、2020年6月以降永らくポイントサイト案件と公式入会キャンペーンの併用できない・・という状態が続いていたのですが・・。

ここにきて、超久々にポイントサイト案件と公式入会キャンペーンの併用が可能となり、あの爆発的破壊力が戻ってきたんですよね!!

まず、ポイントサイト経由のダイナース新規発券で22,000円分のポイントがもらえるので、ANAマイルに交換すれば16,500ANAマイルです。

ただ、ダイナースクラブカードの年会費は24,200円(税込)もするので、この22,000円は年会費に充当するのもありですね。

そうすれば、実質初年度年会費は無料になります。

そして、実はここ1年以上、ポイントサイトと公式入会キャンペーンは併用不可だったので、普段なら話はこれで終わり(笑)だったわけですが・・。

2021年10月以降、このポイントサイトと公式入会キャンペーンの併用が復活しており、なんと50万円利用まで、ダイナース・リワードポイント10倍!!

最大50,000ANAマイル相当のダイナースポイントがもらえます!!

合計最大66,500ANAマイルの大型案件です!!早速、ご紹介します!!

スポンサーリンク

恒例のどこ得相場チェック

では、早速ポイントサイト横断案件相場比較検索サイト「どこ得」さんでの相場チェックの結果から見ていきましょう!!

ご覧のとおり・・超優良ポイントサイト「ハピタス」さんで22,000円水準を叩き出しています!

ダイナースクラブカードのポイントは最高で20,000円~22,000円程度がここ数年の相場ですが・・。

冒頭にも記載のとおり、ポイントサイトのポイントと同じくらい重要なのが、公式入会キャンペーンが併用できるかどうかなんです!!

正直、公式入会キャンペーンが併用できないと、ダイナースを発券する意味はない(笑)くらい重要なんです。マジで。

ということで・・公式キャンペーンが併用可能になったが、絶好の発券チャンスと言えますね!

あ、ちなみにハピタスさんはANAマイルに0.75倍で交換できる通称「TOKYUルート」が利用できますし・・。

Tポイントへの交換(ウエル活)や現金化も手数料無料で可能なサイトです。

この記事では、最高額のハピタスさんの案件を題材に、解説を続けます!!

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

スポンサーリンク

案件詳細

では早速、ハピタスさんのダイナースクラブカード案件の詳細を見ていきましょう。こちらですね。

ご覧のとおり、ハピタスさん経由のダイナースクラブカードの発券「だけ」で、22,000円分のポイントがもらえます。

ポイント確定までの期間はカード発券後30日~90日程度で確定予定になっていますので・・。TOKYUルートの閉鎖には十分間に合いますね(笑)。

そして、ハピタスさんのポイントは、前述のとおりTOKYUルートで0.75倍でANAマイルに交換できるので・・。

この22,000円分のポイントは、16,500ANAマイルに交換できる計算になりますね。

そして、ハピタスさんのポイントはこれまた当然ながらドットマネー経由で無料で現金化もできるので、ダイナースクラブカードの年会費に充当する選択肢もあります。

ダイナースクラブカードの年会費は24,200円(税込)なので、実質年会費無料で発券できる計算になりますね!(約2,000円ほど上回りますが、ダイナースのメリットを考えれば実質年会費無料でしょう(笑))。

スポンサーリンク

ポイント獲得条件

そして、ダイナースクラブカード案件のポイント獲得条件がこちらです。

ポイント獲得条件は非常に簡単で、カード発行(レギュラーカード)のみでポイント獲得対象です。

また、ANAダイナースカードなど、他のダイナース提携カードを所有していても、ダイナースクラブカードの発券が初めてであればポイント獲得対象になるのは嬉しいですね。

そして、ポイント獲得対象外条件にも、特段難しい条件はありません。

3か月以内にカードが発券できさえすれば、ポイント獲得可能ですね。

あ、一応・・公式入会キャンペーンを完全クリアするためには50万円のクレジットカード利用が必要となるため、その兼ね合いから(笑)あまりいらっしゃらないとは思いますが、夫婦で申込される方は・・。

同一IPは不可となっていますので、同時に申し込む場合は一人目は自宅PC+Wifi、二人目はスマホ+スマホ4G回線とするなど、申込端末と通信回線を分けるようにしてください。

スポンサーリンク

公式入会キャンペーンも併用可能

そして・・このポイントサイトの22,000円だけじゃないんですよ(笑)。

普段なら、ダイナースクラブカードをポイントサイト経由で発券すると、「ポイントサイト経由の方は公式入会キャンペーン併用不可」の注意書きがあるんですが・・。

なんと、2021年10月からは、ポイントサイト経由の方限定で公式入会キャンペーンが適用になり、利用ポイントが10倍になるんです!!

ちなみに、ポイントサイトを経由せず、直接申し込んだ場合のダイナースクラブカードの現在の公式入会キャンペーンは初年度年会費無料だけですので・・。

なんと、ポイントサイト経由の方がお得ってことになります。

ダイナースクラブ・・方針を180度転換してきましたね(笑)。

そして、気になるキャンペーンの詳細がこちらですが・・。

入会後3か月間、50万円の利用まで利用ポイントが10倍になるんです!!

ポイント付与の詳細がこちら。

と言っても単純でして(笑)、通常のダイナースポイントの付与率は100円=1Pなんですが、入会後3か月間、50万円までは100円=9Pの特典ポイントが付くため・・。

100円=10Pもらえる!ってことになります。

ダイナースリワードポイントは1P=1円の価値で利用することもできますし・・。

後述しますが、ちょっと費用はかかりますが1P=1ANAマイルに交換することもできます。

つまり、50万円利用で最大50,000P=50,000ANAマイルが手に入る!ってことになります。

マイル還元率・・驚異の10%ですからね(笑)。

さらに、ポイントサイトのポイントもANAマイルに交換すれば・・最大66,500ANAマイルがもらえる計算です。

これ、かなり驚異的だと思います。

スポンサーリンク

ダイナースポイントのANAマイルへの交換ルール

ここまで、ANAダイナースの入会キャンペーンで最大50,000ダイナースポイント・・。

そしてポイントサイト経由の入会で22,000円分のポイントがもらえることはご理解いただけましたでしょうか?

次に、このダイナースクラブカードでもらったポイントの利用方法をご紹介します。

そして、これがかなり面倒くさい&お金かかるんですけどね(笑)。

まず、入会キャンペーンで獲得した50,000ダイナースポイントをANAマイルに交換するためには、上記「ダイナースグローバルマイレージ」への参加が必要となり・・。

年間参加料として6,000円(税抜)が必要になるんです。

でも、その結果1ダイナースポイント=1ANAマイルに交換できるので、これは必要経費として我慢せざるを得ません。

そして、もう一つ重要なポイント。それが、ANAマイルへの年間交換上限額です。

ダイナースポイントからANAマイルへの交換は、かつては年間80,000ポイント(=80,000ANAマイル)までANAマイルに交換できたのですが・・。

2019年1月より、年間上限40,000ポイントまでしかANAマイルに交換できなくなってしまいました。

アメックスとダイナースからANAマイルへのポイント交換の年間上限数が半減。同時期に改悪した思惑とは

1年に40,000Pまでってことは、貰った50,000ポイント全てをANAマイルに交換するには、1年目に40,000P、2年目に10,000P・・。

つまり、年会費が2年分かかるのか?と不安になりますよね?

実は、そんなことはないんです

このポイント交換ルールは、上手く利用すれば1年分の年会費で最大80,000PまでANAマイルに交換することが可能です。

詳細は、下記の関連記事で詳しく解説していますが、簡単に言えば、この年間ポイント交換上限の区切り当年12月20日なので、この12月20日をまたいでそれ以前に1回、以後に1回交換すれば・・・。

1年分の年会費の枠内で最大80,000Pまで交換可能なんです。

あ、ちなみに年会費は1年分で済ませることが可能ですが、ダイナースグローバルマイレージの参加費6,000円(税抜)は2年分必要です。

詳しくは下記記事でご確認を。

ただ、結構出費があるのは事実なので、ANAマイルに交換するのは40,000ANAマイルまでにしておいて、残りの10,000円分のポイントはカード利用額相殺などに利用する・・。

って選択肢もありだとは思いますね。

ダイナースポイントをANAマイルに交換する方法&年間の交換上限額を2倍の80,000マイルにする裏技!

スポンサーリンク

ダイナースポイントの交換先

さて、直前でご説明したとおり、年間参加費を支払うことで、ダイナースポイントはANAマイルにも、そして実はANA以外のマイルにも交換することができます

ANA、大韓航空、デルタ航空、ユナイテッド航空のマイルにも、それぞれ交換できるんですよね。(アリタリア航空は経営破綻のため(笑)交換対象から外れました)

が・・断言します。

この入会キャンペーンで貯めたダイナースポイントは絶対にANAマイルへの交換がお得です。

というのも、2019年のダイナースグローバルマイレージプログラムの超絶改悪により、ANAマイル以外への交換では、なんと交換率が半分(1P=0.5マイル)に低下してしまったんです。

ANA以外のマイルを貯めまくっているという方以外は、この入会ポイントはANAマイルに交換しちゃいましょう。

マイルの価値を徹底解説。1ANAマイルは一体何円なのか?

【改悪】ダイナースポイントのマイル移行率がまさかの半減!ANAマイルは大丈夫?

スポンサーリンク

ダイナースカードのスペック

では、次にダイナースカードのスペックをご紹介しておきます。

まず、入会年齢が27歳以上目安、というのがステータスカードの証ですね。

また、年会費22,000円(税抜)はこれからご説明するラウンジサービスなどの充実したカード特典を考えると、かなり良心的な価格だと思います。

正直、アメックス・ゴールドと比べると、両方とも所有した私としてはサービスレベルとしてはほぼ同等の印象でした。

私も実際に発行した経験がありますが・・。

カード発券には若干の時間が掛かりますが、年間10枚以上のクレジットカードを発券している私でも、審査は難なく通過しました。

あまり審査にも身構える必要はないカードだと思います。

ダイナースカードの審査期間を徹底解説。カード到着までの日数と、審査状況を確認する方法

スポンサーリンク

ダイナースカードのメリット

スペックの次は、年会費を払っても全然損しない・・。

さらに年会費実質無料ならお得としか言いようがないダイナースカードのメリットを解説します。

まずはなんといっても陸マイラー的なメリットがこちらです。

このダイナースカード、空港ラウンジが超絶といってよいほど充実しているんですよ!

プライオリティパスとは?空港ラウンジが使える超絶メリットを徹底解説!

同じくプレミアムカードであるアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの付帯サービスである「プライオリティ・パス」でも空港ラウンジの利用はできますが、無料になるのは年間2回のみ。

一方、ダイナースクラブカードはカード所有のみでプライオリティ・パスに匹敵・・いや、互角以上の空港ラウンジサービスが、回数無制限で利用可能です。

グアム国際空港のサガンビスタラウンジは食事が充実で綺麗!プライオリティパスで利用可能/子ども同伴無料

セントレア(中部国際空港)KALラウンジ訪問記

たとえば、グアム国際空港の上記「サガンビスタラウンジ」や、中部国際空港の「KALラウンジ」なんかも利用できます。

ほぼ、プライオリティパスと同様のラウンジ・・いや、さらに充実のラウンジが利用できると思ってください。

【改悪】プライオリティパスの同行者/都度利用料が値上げ!2018年10月1日から適用です

そして、プライオリティ・パスが同伴者料金を32ドルに引き上げた一方、ダイナースクラブカードの同伴者料金は28ドル据え置きです。

年会費(税込)
アメックス・ゴールド 31,900円
ダイナースクラブ 24,200円

このサービスの差があるにも関わらず、ダイナースクラブカードは年会費が税込で24,200円と、アメックス・ゴールドに比べ約2/3の年会費です。

また、海外からの帰国時に荷物1つを自宅・勤務先などに無料で届けてもらえる「手荷物宅配サービス」も付帯します。

これ、公共交通機関で海外に出発される方には超絶便利なサービスです。もちろん、航空券をダイナースで購入した方のみ・・なんて縛りはありません。カードホルダーなら全員が利用できます

また、対象レストランの所定のコース1人分の料金でもう1名が無料になる「エグゼグティブ・ダイニング」なんてサービスもあります。

これ、ほとんどアメックス・ゴールドと同等のサービスですので、どちらか1枚持っておくか?となると、絶対におすすめできるのはダイナースクラブカードなんです。それほど、ダイナースクラブカードは所有価値の高いカードです。

現在は発行の大チャンスといって間違いはないと思います。

スポンサーリンク

ダイナースクラブカード発行のチャンス到来!

以上、ダイナースクラブカードのポイントサイト案件と入会キャンペーンの併用がお得!な件について(笑)ご紹介しました。

ダイナースクラブカードでは、約1年に亘りポイントサイト案件と公式入会キャンペーンの併用不可の状況が続いていたので・・。

併用が可能となった・・というか併用の方がお得な今が、発券の大チャンスだと言えますね!!

何しろ、ポイントサイト+入会キャンペーンの活用で66,500ANAマイルはかなりの大量マイルです

そして、なんといっても最大マイル獲得までのハードルが、3か月以内に50万円とかなり低いのも嬉しいポイントですからね!

超絶簡単に大量マイルを手に入れる絶好のチャンスですので、この機会をお見逃しなく!

ハピタスさんの「ダイナースクラブカード」案件は、こちらから利用ができます。

また、まだハピタスさんに登録していない方はさらなる大チャンス到来ですよ!!

現在ハピタスでは友達紹介からの入会キャンペーン中ですので、上記もしくは以下のバナーから11月30日までにハピタスへ新規登録を行い・・・。

登録後同じく11月30日までに500P以上のハピタスの広告を利用し、12月30日までに500P以上のポイント実際に獲得する(=有効判定される)ことで、なんと新規入会ボーナスとして合計1,000円分のポイントがもらえます。

このダイナースカード案件は22,000円分のポイントですので・・楽勝追加で1,000円もらえますね!!

ハピタスへの登録がまだの方は、以下のバナーから是非お早目に登録をどうぞ。

会員登録後、「ダイナース」で検索してみてください。

そして、このポイントは、TOKYUルートでANAマイルに交換するのが強烈におすすめです。

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

【最終延長!】ANAマイル交換率最大93.7%!ハピタス「ドッとマイル増量キャンペーン」を活用せよ!

【ハピタス修行】ハピタスゴールド会員に最短でなる方法!ゴールド会員のメリットも!

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD