【過去最大級25,000円超!】FXトレード・フィナンシャル案件を攻略してポイントを獲得する方法

小島瑠璃子がイメージキャラクターでおなじみの「FXトレード・フィナンシャル」口座開設&利用案件が、2019年に入りポイントサイトで超高騰中です。

2018年までは13,000円相当のポイントが最高額だったところ、2019年に入り一気に23,000円超相当のポイントと、約2倍のポイントがもらえてしまう状況です。

FX案件の陸マイラー的相場情報まとめ【2019年最新】お得な口座開設のタイミングと難易度を解説

2019年2月19日

ポイントサイトのFX案件でもらえるポイント相場は、FX相場を定点観測し続けている上記関連記事で詳しく解説しています。

もちろん徐々に冬の時代を迎えつつあるポイントサイト業界で、単純にもらえるポイント数が増えるなんてことはあり得ません。2018年までは新規50万通貨の取引だったポイント獲得条件が、一気に4倍となる200万通貨の取引まで爆増しており、ポイント獲得条件自体は大改悪されています。

ただし、このFXトレード・フィナンシャル案件は、それでも十分挑戦するに足る案件です。

このFXトレードフィナンシャル案件はちょっと癖のある案件ですので、実際に挑戦してポイントを獲得した私が、案件の注意点からポイントの獲得方法まで徹底解説します。

スポンサーリンク

ライフメディアで25,000P過去最高水準!

ライフメディアで紹介されているFXトレード・フィナンシャル案件がこちらです。

ご覧ください。なんと25,000ポイント(25,000円相当)です。これ、過去のFXトレード・フィナンシャル案件では考えられなかったくらいの、超大型案件です。

【ポイント獲得条件】

  • MT4システムへの10万円以上入金
  • 新規合計200万通貨以上の取引

ポイント獲得条件は、上記のとおりとなっています。

主な条件は「MT4システムへの10万円以上入金」と、「新規合計200万通貨以上の取引」です。FXトレード・フィナンシャルのドル円のスプレッドは0.3銭ですので、200万通貨の取引での損失目安は6,000円です。

2018年までの取引条件が損失1,500円で最大13,000円分のポイントでしたので、損失を差し引いた手取りは11,500円分のポイント。

一方、2019年以降のポイントは損失6,000円で25,000円分のポイントなので、手取りは19,000円。2019年の方が、手取りポイントが増えてますよね。

実際には200万通貨の取引って結構大変なので、単純に「増えてる!」って喜んで良いわけではないのですが、手取り額が多いことに越したことはありません。

FX広告でポイントを貯める。具体的な方法を完全解説

2016年12月23日

ここまで読んで「スプレッド?」「損失目安?」「往復?」「新規?」など、専門用語が良くわからなかった方は、上記関連記事を一度お目通しされてから、以下を読み進めてください。

ライフメディアからGポイントへの直接等価交換が可能に!陸マイラー優遇が更に加速!

そして、この広告が紹介されている、「ライフメディア」はGポイントへの直接等価交換が可能な、陸マイラー御用達サイトです。ライフメディアで貯めたポイントはGポイント経由で迅速かつお得にANAマイルへの交換が可能です。

このライフメディアのFXトレード・フィナンシャル案件はこちらからどうぞ。左記リンクからライフメディアに入会して翌月末までに1ポイント以上獲得するだけで、250P(250円相当)が、さらに翌月末までにライフメディアからポイント交換するだけで250P合計500円分のポイントがもらえます。

【ポイントインカム交換開始!】GポイントルートでANAマイルを最大倍率で貯める方法【陸マイラー最重要サイト】

ポイント却下条件の詳細

FXトレード・フィナンシャル案件のポイント対象外条件とその他の注意点の詳細がこちらです。主な注意点は以下のとおりですね。

  1. 口座開設後60日以内の取引完了
  2. MT4サービスの取引以外の取引は不可(MT4ウェブトレーダーは不可)
  3. ポイント付与完了前に出金処理した場合は不可(ポイント付与前に残金が10万円を下回った場合も不可)
  4. 公式サイトのキャッシュバックキャンペーンは対象外
  5. 同一世帯1回のみ(夫婦でポイント獲得は不可)

「10万円以上入金」と、「200万通貨以上取引」以外にも、注意点はかなりあります。

特に注意すべき点は、「②MT4サービス以外の取引は不可」「③ポイント付与前の出金不可」「④公式サイトのキャッシュバックキャンペーンは対象外」「⑤同一世帯1回のみ」ってところでしょうかね。

一部、「何を言っているのかさっぱりわからない」というところもあると思いますので、これから順にご説明します。

MT4サービス以外の取引は不可

まず、この各種ポイント却下条件の中で最もよくわからないと思われる「MT4サービス以外の取引は不可」(ウェブトレーダー、バイトレは不可)について、内容を確認していきましょう。

こちらが、FXトレード・フィナンシャルのFX取引方法の一覧です。

まず、画面下部の赤枠内が「バイトレ」。ポイント却下条件にも「バイトレは不可」って思いっきり書かれているので、このバイトレでの取引はポイント獲得対象外です。

また、「ウェブトレーダーは不可」とも書かれているので、画面上部「PC」の赤枠内「MT4ウェブブラウザ版」も不可です。

つまり、上記の赤枠で囲われていないシステムで取引すればよいのですが・・・これ、スマホ版のMT4「iPhone版」と「Android版」も、本当のポイント獲得対象なのか、なんか超怪しくないですか?

実際に試してみて自爆してみたわけではないのですが、何となく、大人しくPC版の一番上「MT4インストール版」を選んだ方がよいのかな・・と思いますね。

私は一番上の「MT4インストール版」を利用してポイントを獲得しました。

スポンサーリンク

MT4システムでの実際の取引方法

そして、こちらが実際に口座開設後のMT4トレーダー(インストール版)の操作画面です。

何か、違和感?というか既視感を感じませんか?そうなんです。これ、取引システムが完全にエクセルなんですよ。

MT4システム自体は全世界で利用されている結構メジャーな取引システムらしいんですが、まさかのエクセルとは思いませんでした。

正直「本当にエクセルだけど大丈夫か」と思いますが、何とか200万通貨取引を行う必要があるので、このエクセルシステムでの発注方法と注意点を早速解説していきます。

スポンサーリンク

注文方法の注意点① 取引数量1=10万通貨

では、MT4システムを利用して、早速取引を行ってみましょう。まずは、新規発注注文です。

まず、上記の赤矢印が示している「新規注文」をクリックします。

するとこんな感じで新規注文(成行注文)のポップアップが出てきます。

そして、ここがMT4システム最大の注意点です。

まずは、通貨ペアがドル/円であることを確認してください。ここまではよろしいですね?

次の確認が、通貨の数量です。よくご覧ください。私の注文では数量「0.10」になっていますね?これ、デフォルトでは1.0になっています。数量1ですから、1万通貨だと思いましたか?

実は違うんです。なんと、MT4取引では、通貨単価1は10万通貨なんですよ!!

これ、本当にお間違えないようにご注意ください。下手すると一瞬で証拠金不足で飛びますからね。10万円入金だと米ドル10万通貨は買えないので大丈夫だと思いますが、買えてしまった場合、入金した証拠金の額次第では下手すると瞬殺されます。

確実に、注文単位を0.10(1万通貨)にする。これ、絶対に忘れないようにしてください

取引通貨と数量に誤りが無ければ、青丸にある「売り」もしくは「買い」で新規注文します。

注文時の注意点② 決済注文がトリッキー

さて、無事1万通貨の売りもしくは買いの注文が終わったら、頃合いを見て決済注文です。

即座に決済注文すれば、FXトレード・フィナンシャルの定めるスプレッドである0.3銭・・つまり1万通貨あたりの損失は30円に収まりますが、後述のとおりFXトレード・フィナンシャルはスキャルピング(即時決済)は禁止行為なので、状況をよく見つつ行いましょう。

ただ、この決済注文がまた難解なんです。といっても、やり方が分かっていれば簡単です。

注文完了後、上記のとおり、画面下部の「口座履歴」タブに、自分が直前に行った注文が表示されていますので、このライン上で右クリックします。

すると、こんな感じで「決済注文」が表示されるので、クリック。

後は、上記赤矢印「決済取引」をクリックすれば、1万通貨の取引完了です。慣れないと若干戸惑いますが、慣れてしまえば特段難しいことはないと思います。

「一旦画面に戻って、注文(口座)履歴を右クリックして決済注文」と覚えておいてください。

その他、通貨単位が1=10万通貨なことにだけは、くれぐれもご注意ください。

取引方法の注意点③ FXトレード・フィナンシャルはスキャルピング禁止

そして、最後の注意点。それが、前述のとおりFXトレードフィナンシャルはスキャルピング(わずかな値幅を狙い、何度も取引を繰り返す手法)が原則として禁止になっていることです。

このため、即時決済を繰り返していると、「これ以上スキャルピングしていると、取引停止にするぞ!」というメールが届きます。これ、結構厳しめのメールなので、届くと結構ドキッとします。

下手をすると一律取引停止になる可能性もありますのでご注意ください。

ただ、このメールが届くのは原則として取引の翌日です。即時取引とならない一定の間隔を置きつつ、できれば一日で200万通貨取引することがおススメですかね・・・。

200万通貨をどのように取引完了するかは、自己責任でお願いできればと思います。

スポンサーリンク

その他の注意事項

①公式サイトの新規入会キャンペーンとの併用は不可

このFXトレード・フィナンシャル案件ですが、新規入会者向けキャッシュキャンペーンと、今回のポイントサイト案件の併用は不可となっています。

実は、新規入会キャンペーンだと20万通貨以上の取引で3,000円がもらえてしまうので美味しいキャンペーンなのですが、残念ながら併用は不可です。

②ポイント獲得まで出金は不可/証拠金は10万円以上を維持

そして、ここも大事な注意点ですが、ポイント獲得までは入金した証拠金の全額/一部出金は不可です。

さらに、MT4システムの証拠金残額が10万円以下の場合は、取引数量を満たしていてもポイント対象外になる、との記述もありますのでご注意ください。

損失を見越して11万円くらい入金しておいたほうが無難だと思います。

③同一世帯1回のみ

最後に、このFXトレードフィナンシャル案件は、同一世帯一回のみとなっています。

同一世帯で2回目の申込だと、上記のとおり問答無用で審査落ちします。FXで審査落ちってあまりないんで、これ、結構へこむメールです。

ポイント却下どころじゃなく、そもそもFX口座の開設ができないので、同一世帯で申込済みの場合は、再度の申込はやめておきましょう。

スポンサーリンク

FXトレードフィナンシャルで大量マイルを貯めよう

以上、FXトレード・フィナンシャル案件で大量マイルを貯める方法をご紹介しました。

正直、かなり難解な案件であることは確かですが、総額23,000円分のポイントがもらえる案件ですから、陸マイラーとしては絶対に挑戦しておくべき案件だと思います。

ポイント高騰中の今だからこそ、お早目のお申込みをどうぞ。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

年間50万ANAマイルを貯める超実践的な方法を解説しています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひ下記関連記事をご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル貯める、たった2つの方法

2019年3月15日
当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



AD