ハワイ旅行8日目。ハーツレンタカー返却で大トラブル。満タン不要(FPO)は大助かり!

ハワイ旅行8日目。ハワイ滞在最終日となるこの日は、3泊の楽園リゾートを満喫したアウラニ・ディズニー・リゾートをチェックアウトして、レンタカーでダニエル・K・イノウエ国際空港に向かいます。

ハーツで借りていたレンタカーを空港で返却後、アシアナ航空OZ231便に搭乗して、ソウル経由での帰国という旅程です。ソウル経由での帰国は、日韓関係が何しろひどい状態でしたので心配していましたが、特段問題はありませんでした。予約した約1年前にはこんな日韓関係になるとは思ってもみなかったんですけどね。

色々あったハワイ旅行8日目を振り返ります。

スポンサーリンク

起床

この日は最後の荷物のパッキング等もあるのでAM6:00に起床。昨晩はサンセット・ディナーを楽しみ、今日は日の出を楽しめたので、ハワイ旅行最終日としては申し分のないスタートになりました。

アウラニのアマアマでサンセットディナー。おすすめの時間帯とメニュー

朝食は折角ならルーム・サービスでも?と思っていたのですが、どこかで見たようなメニュー+結構なお値段だったので断念。前日のうちにABCマートで買い出ししておいた軽食で済ませました。

アウラニ宿泊者必見!コオリナのABCストアの営業時間と朝食&夕食テイクアウトの実力とは?

朝のアウラニのロビー。最高に美しかったです。絶対に来年も来よう・・。

アウラニ・ディズニーリゾート「デラックススタジオルーム」宿泊記。子連れ滞在に最適!

2019年9月6日

アウラニのプール完全攻略ガイド。一日中楽しめる「天国に一番近いプール」

2019年8月30日

スポンサーリンク

チェックアウト手続き不要&駐車場料金支払いはセルフサービス

さて、このアウラニですが、チェックイン時にクレジットカード(デポジット)を登録した方なら、チェックアウト手続きは一切不要となっています。

せめてカードキーを返却するボックスくらいあるのか?と思っていましたが、それも一切ありません。一応フロントで「カードキーはどうすれば良いの?」と聞いたら、「記念にお持ち帰りください」とのこと。特に欲しいわけではありませんが、貰っていくことにします。

チェックアウトの手続きが無いので、駐車場料金の支払いもセルフサービスです。

このような精算機で駐車料金を精算します。清算の方法は日本と全く同じで駐車券を入れて清算するだけです。当然クレジットカードが利用できますので、現金の用意も必要ありません。

スポンサーリンク

空港へ

もの凄い名残惜しいんですが、セルフ・パーキングから出ます。

アウラニの駐車場はロータリーになっているので、一旦フロントを通過して大通り方面へ向かいます。

そしてこれ作戦か?って感じなんですが、セルフパーキングから出ると、必ずアウラニの正面玄関を通過するんですよ。絶対に来年も来る。ここでもう決定しましたね。名残惜しすぎです。

アウラニを出発して、後は一路ダニエル・K・イノウエ国際空港を目指します。

ホノルル方面のH1ハイウェイに乗ってしまえば、後は空港のレンタカー返却場までは一直線です。

とにかくホノルル方面に走り・・。

途中で現れる「Airport」も目印に、H1を走りましょう。

この16番出口「Airport EXIT」で高速を降りればOKです。

レンタカー利用者の場合、この赤枠内の通り「Rental Car Return」の矢印が出ていますので、この車線を進みましょう。

後は、このレンタル・カー・リターンの矢印の順路沿いに進みます。

最後に、レンタカーの営業所別に順路が違ってきます。空港から徒歩で行ける下記のレンタカー会社は、この先の交差点を右折。

徒歩で行けるレンタカー会社
  • Advantage
  • Avis
  • Budget
  • Hertz
  • National

一方、空港からシャトルバス利用の以下のレンタカー会社の場合は、さらに直進です。

シャトルバス利用のレンタカー会社
  • Alamo
  • Dollar
  • Enterprise
  • Thirfty

私はハーツレンタカーだったので、この交差点を右折。

この右折先に、各レンタカー会社のレンタカー返却場が並んでいます。

ハーツは・・・ここですね!ここで返却です。

満タン不要(FPO)が大助かり!

ここまででお分かりのとおり、ダニエル・K・イノウエ国際空港でのレンタカー返却の場合、H1ハイウェイを降りた後はほとんど返却場直行ですので、給油の機会がありません。これは、ホノルル方面から空港に到着した場合も同様です。このため、ものすごく役立つのがFPO(満タン不要)オプションです。

もちろん、ハイウェイを1本前の出口で降りて給油して・・ということも可能ですが、正直めんどくさいですし、このFPOそんなに馬鹿みたいに高いオプションではないので、特にハワイは初めて!って方は絶対に選択していくことをおすすめします。

レンタカー返却場から、ターミナルは当然ながら徒歩で行くことができます。これ本当に便利なんですよね。

まさかの大トラブル

無事空港到着後は、心静かにビジネスクラス専用レーンで荷物の預け入れ・・のはずだったんですが、ここでまさかの大トラブル発生。

なんと、妻が持っていた妻+子ども2名のパスポートを入れたパスポートケースがない!!

まじで!?って感じです。私は自分の分は自分で持つ派なのでもちろん自分のパスポートはあるんですが、妻子3人分のパスポートがない!!ここから、荷物をひっくり返しての大捜索ですが全然見つからない!!とりあえず、アウラニに電話をしてみますが・・・その電話を妻に任せて私はレンタカーに猛ダッシュ。

で・・無事、パスポートケースはレンタカーのシート下にありました。アウラニのセルフパーキングのパーキングチケットの保管にこのパスポートケースを使っていたので、セルフパーキングから出る時に収納を忘れていたんですね。いやー・・滅茶苦茶肝を冷やしましたよ。そして、人間トラブルになると予想以上の力が出るんですね。私もうハーツのレンタカー返却係の人とネイティブばりのやり取りしてましたからね。

本当に精神的には良くなかったですが、とりあえず発見できてなによりでした。

スポンサーリンク

ANAラウンジへ

このトラブルで30分程度時間を浪費してしまいましたが、折角の機会なので予定どおりANAラウンジへ。アシアナの発着ゲートと滅茶苦茶距離があるので・・本当に遠かったですね・・。ただ、ANA便の出発後でほとんど貸切状態で利用でき、ゆったりと過ごすことができました。

このANAラウンジ、実は地味にスターアライアンス提携航空会社のビジネスクラス利用者でも利用できるんです。ANA利用者以外は行くのに躊躇するくらい遠いんですが、ユナイテッドラウンジなどに比べると全然快適なので、利用資格を持っている方は是非行ってみてください。

ハワイ、ホノルルANAラウンジ!場所・混雑度・食事&ドリンクをレビュー!【ダニエル・K・イノウエ国際空港】

スポンサーリンク

アシアナ航空OZ231便ビジネスクラスでソウルへ!

それでも約50分くらいゆっくりしたでしょうか?ANAラウンジを出てアシアナ航空出発のG1ゲートに向かいます。OZ231便のビジネスクラスで、一旦ソウルにフライトし、ソウル経由で日本に帰国します。

さようなら・・ハワイ。また来年も絶対来ますよ!

そしてこのアシアナ航空のビジネスクラス、とにかく食事が美味しくて最高でしたね。

アシアナ航空OZ231ビジネスクラス搭乗記。機内食が凄い!

スポンサーリンク

ソウル到着

約10時間のフライト後、ソウルに到着です。OZ231便はライフラットですがしっかりお昼寝できるので、疲れはほとんどありませんでした。唯一疲れたといえば・・・食べ&飲み疲れですね(笑)。

本来ならこのまますぐに地元名古屋にフライトしたいんですが、乗継便が無く、どうしてもトランジット宿泊が必要に。このため、空港近くのトランジットホテルである「ベストウェスタンプレミア仁川」を予約しておきました。

ベストウェスタンプレミア仁川宿泊記。トランジット向けシャトルバス情報も!

到着が16時台とまだ早い時間帯でしたので、ホテルのシャトルバスではなく、なんと無料の「仁川磁気浮上鉄道」を利用しましたが、これが大正解でしたね。日中着の場合は、ホテルのシャトルバスよりこちらの方が楽だと思います。

仁川空港からパラダイスシティ!シャトルバスより無料リニアが超絶便利【トランジット必見】

スポンサーリンク

まとめ

ハワイ旅行の実質最終日である8日目はほとんど移動日になりました。

個人的な最終日のメイン・イベントはレンタカーの返却だったのですが、事前にオプションで申し込みしておいたFPO(満タン不要)オプションが予想以上に便利でしたね。というか、「H1ハイウェイに乗って」「空港について」「レンタカー返却」までの一連の順路にガスステーションは一切なく、合理的な経路になっていますので、給油が必要な場合順路を外れる必要があります。

私を含めたハワイのレンタカー初心者の方には、満タン不要オプションを是非おすすめしたいですね。

そして私の場合ノースショアに行ったりして結局200マイル(320km)ほど利用しましたので・・それでも自分で給油するよりは高いのでしょうが、確か5,000円くらいだったので手間を考えれば納得のお値段でした。

ハワイ最終日のレンタカー返却の参考になれば幸いです。

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル貯める、たった2つの方法

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



AD