アウラニ・ディズニーリゾート「デラックススタジオルーム」宿泊記。子連れ滞在に最適!

アウラニ・ディズニーリゾート「デラックススタジオルーム」(デラックス・ステューディオ)に3泊4日で宿泊してきました!

私が宿泊した「デラックススタジオルーム」は、ホテルルームと違い電子レンジなどが完備された小型のキチネット(簡易キッチン)が用意されているので、子連れの長期滞在にぴったりのお部屋でした。

また、ぱっと見「部屋にベッド1つしかないけど、これで親子4人で眠れるの?」と心配になってしまうんですが、一見単なるソファーに見える「ソファーベッド」も、思った以上に広くて寝心地が良く、子連れにはまさに「最適」なお部屋でしたね。

アウラニの「デラックススタジオルーム」の宿泊記をお届けします。

スポンサーリンク

アウラニはチェックインから凄い

さて、まずはアウラニチェックイン!なんですが、いきなり、もういきなりアウラニはチェックインから凄すぎるんです。もうね。雰囲気が最高すぎる。リゾート感満載です。

ウェルカム・ドリンクのフルーツ・ウォーター!別に単なるフルーツ風味の水ですが、なんか盛り上がるんですよね。

そして、よく見てください!フルーツはミッキーシェイプです!これ、当然ながら意図的に作ってるんです。

そして、もちろんレイのサービスあり。女性には花のレイ。男性には謎の数珠?(笑)。子どもには幸運のリストバンドがもらえます。とにかく、敷地に一歩足を踏み入れると「リゾート感」が満載なんですよ。

ロビーはガイドブックやテレビで見たまんまの「アウラニ」です。

内装も世界観たっぷり。どっぷりと「アウラニ」の雰囲気に浸ることができますよ。本当に「ザ・リゾート」を楽しむことができるホテルだと思います。

エレベーターは両ウイングにそれぞれ6台ずつあります。チェックイン時間帯前後でも特段混雑するようなことはありませんでした。東京ディズニーランドホテルの場合滅茶苦茶混み合いますのでこれは安心です。

デラックススタジオルームの内部をご紹介

さて、チェックインを終え、早速お部屋に向かいます。この日予約していたのはデラックス・スタジオルーム。お部屋からのビューは「アイランドガーデンビュー」という海の「う」の字も見えないお部屋です。

でも良いんです。シェラトン・ワイキキで海は死ぬほど見ましたからね。

シェラトン・ワイキキで特大アップグレード!SPGアメックスのゴールドエリート特典が凄すぎる!

そして、この「スタジオ」ルームは「ホテルルーム」と違い、電子レンジとミニキッチン、トースターなどが用意された簡易キッチン「キチネット」が用意されており、長期滞在に最適なお部屋です。

一方のホテルルームには2ベッドルームがありますが、このスタジオルームには2ベッドルームはなく1ベッド+ソファーベッドの組み合わせとなっています。

スポンサーリンク

ベッドルーム

まずベッドルームのご紹介から。こちらですね。1ベッドとソファー(ソファーベッド)の組み合わせです。

ベッドサイドテーブルはシンプルです。

ソファーの反対側には机と椅子が。この机と椅子は、部屋で食事をするのにぴったりでした。

机の上の照明は、何気にミッキー。

噂の?ミッキーシェイプのタオルもありました!

TVの大きさは32インチかな?至って普通です。日本語にももちろん対応しています。

ちなみにベッド幅はクイーンサイズですので160cm。大人2名でも余裕で眠れます。

そして・・気になるのがこちらのソファーベッドですよね?これ、さすがにこのまま寝ろ!ってことではなく、実はここからベッドに変身するんです。折角なんで、実際にやって見ましょう。

スポンサーリンク

ソファーベッドの組み立て方

まず、ソファーベッドの上のクッション類を全て撤去します。ベッドの上とかに一時避難させればOKです。

次に、ソファーのクッション部分(座る部分)を外します。これ、置いてあるだけなので簡単に外れます。

次に、マットレスの下にあるハンドルを持ち上げ、まっすぐ後ろに引き出します。上記のとおり思いっきり日本語で注意書きがありますし・・

こんな分かりやすい図もあるので、まず迷うことはないと思います。

よいしょっ!と引き出した結果がこちら。後は写真下の注意書きの部分の布をベッドのスカート代わりに垂らし、クッション類を元に戻せば完成です。

ご覧のとおり、もともとがソファーですのでこのソファーベッド滅茶苦茶広いです。160cm幅くらいあるんじゃないでしょうか?意外と寝心地も良く、子どもを寝かせるにはもったいないくらいの広さです。

そして・・「あれ、でも寝具が無いじゃん」と思われましたか?ご安心ください。

このソファーの足置きの中に・・・。

入っています。枕、タオルケットがありますので必要に応じてご利用ください。

スポンサーリンク

キチネット

そして、アウラニのデラックススタジオルームで本当に便利なのがこちらの「キチネット」(簡易キッチン)です。

まず、圧倒的に便利なのがこちら。電子レンジです。日本から持って行ったレトルトご飯や、ABCマートで買ってきた惣菜を温めたりと、とにかく長期滞在中に掛かりがちな「食費」に掛かる費用を圧倒的に減らすための「必需品」です。

もちろん、私もアウラニ内のレストランであるアマアマやマカヒキには出掛けましたが、さすがに毎食レストランでは破産してしまいますからね。この電子レンジは大変重宝しました。

もちろん、紙の食器類やコップ、カトラリー(ナイフ、フォーク、スプーン等)も完備されています。

カトラリーはこんな感じですね。箸があるのが凄い・・それだけ日本人宿泊客が多いんでしょうね。それとも日本人の予約だからでしょうか?

カトラリーの中身はこちら。使い捨てのナイフ・フォーク・スプーンと紙ナプキンです。これ、毎日しっかりと補充されるので非常に便利でした。紙皿もあるのでとりわけにも便利です。

トースターもありますので、朝はトースト派!って方にも対応しています。

そして、冷蔵庫。この冷蔵庫がとにかくデカい。

これだけでは広さのイメージがつかみづらいかもしれませんが・・。

扉部分はスパークリングワインが一本丸ごと入る大きさだし・・。

奥行きは缶ビールが12本入るくらいあります。これもリゾート生活中大変重宝しました。

後は、バーシンク。あくまでバーシンクなので、食べ残しなどはお手洗いに流しましょう。

洗剤とスポンジもあるので、簡単な洗い物もできます。ちなみに、スポンジを利用したら翌日は新しいスポンジに交換されていました。

シンクの下には生ごみ用のポリバケツがあるので、生ごみはこちらへ。

最後に、コーヒーセットです。

と、ここまでご紹介してあることに気が付いた方もいらっしゃるのではないでしょうか??そうなんです。「湯沸かし器」が無いんですよ。これだけ充実した設備なのに、なぜ湯沸かしがないの!?と思っちゃうんですが、安心してください。実はこのコーヒーマシーンでお湯を沸かすことができます。

お湯の沸かし方

では、実際にお湯を沸かしてみましょう。まず、背面のタンクにお水をいれたら、通常コーヒーを投入する前面上部のタンクの蓋を開けます。

すると、このようにコーヒー豆を入れる皿と、上部の赤丸のとおり、熱いお湯の注ぎ口があります。このままお湯を沸かしてしまうと、このコーヒー豆を入れる皿経由でお湯ができてしまうので、「コーヒーの残り香があるお湯」になっちゃうんですよね。

ですので、この赤い丸内のお湯の注ぎ口を、上方向に「グイっ」とひねります。

こんな感じですね。こうすることで、画面下部のコーヒーの受け皿を取り外すことができるので、この受け皿を取り外し、お湯の注ぎ口を元位置に戻してから、普通にコーヒーメーカーのスイッチを入れればOKです。

これで、コーヒーの残り香のないお湯を作ることができます。私は日本から持ってきたお味噌汁やカップラーメンなどを作るのに大変重宝しました。

洗濯機はあるの?

残念ながら、このデラックススタジオルームには洗濯機の用意はありません。

各ホテル棟の1Fにあるコインランドリーを利用することになります。このランドリー、あまり混雑しておらず快適に利用できるのでおすすめです。

アウラニのコインランドリーでお洗濯!気になる所要時間、使えるお金と利用方法

スポンサーリンク

バス・トイレ

次に、バス・トイレ。まずは洗面台から。シンプルですが、雰囲気のある洗面台です。

アメニティ一式。珍しくボディシャンプーのボトルがありました。

個人的に使いまくったのは一番手前のボディローション。一日中プールにいて、その後乾燥した室内にいるとどうしても肌が乾燥するので、このボディローションは毎日使ってました。

こういうタオルの折り方の演出一つとっても「さすがアウラニ」って感じですよね。

そして、バスローブがめちゃくちゃ着心地がよい!これ、裏起毛になっていてずっと着ていたくなる肌触りなんですよね。なので、なんか注意書きが書かれていますよね?これ「備品なので持って帰らないでね!持って帰ったら、備品代金を請求しますよ!」と書かれています。

ちなみにこのバスローブ、ロビー階のショップにお土産として売られています。

気になるお値段はなんと驚愕の140ドル。そりゃ着心地良いのも分かるし、持って帰られたら備品代金の請求もするよね・・って感じです。

お風呂はこちら。バスタブは浅めに作られているので、シャワーが中心の使用方法になると思います。

ただ、バスタブなんかよりも気になるというか激しく難しいのが・・シャワーの使い方なんです。

シャワーを利用するにはこの「温度調節」と「水を出す」2つのハンドルを上手く回して組み合わせるんですけど・・何も書かれてないのでどうやったらどうなるのかがさっぱりわからないんです。

んで、このように天井シャワーなんかもあるもんだから、絶対に冷たい水が天井から出てきて「うひゃー」ってことに・・絶対に1度はなります(笑)。これ、多分バスルームもアウラニ流の「遊び心」で作ってあるんだと・・信じたいです。

本当に難しいんですよ。何しろ組み合わせで作動するので、ハンドルの水が止まる位置も都度違うんです。

最後にトイレ。ウォッシュレットなしの、至って普通のトイレです。

スポンサーリンク

ラナイ&眺望

今回の私のお部屋は「アイランドガーデンビュー」(島とお庭の眺望)のお部屋でしたので、外の景色はこんな感じ。どうせ一日中プールにいるので、全然OKって感じでした。

もちろん、広いラナイとチェア&テーブル付き。

しかし・・・2019年のハワイは暑すぎる!!夜になっても蒸し暑いので、あまりこのラナイは利用しませんでしたね。残念ながら。プールで遊んでいた方が楽しいってのもありますけどね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アウラニ・ディズニーリゾート「デラックス・スタジオルーム」の宿泊記をお届けしました。

お部屋にはまずキチネット(簡易キッチン)があるので、本当に長期滞在に重宝しました。なんといっても電子レンジがあるのが大きいですよね。かなり食費を抑えることができます。

また、ソファーベッドも思った以上に広くて寝心地が良く、正直行くまでは「大丈夫かな??」と思っていたんですが、ベッドが狭い2ベッドルームに比べれば本当に倍以上に快適に過ごすことができました。

家族連れの長期滞在にはおススメのお部屋だと思います。参考になれば幸いです。

アウラニのプール完全攻略ガイド。一日中楽しめる「天国に一番近いプール」

アウラニのアマアマ(AMAAMA)で朝食!気になるおすすめメニューは?

アウラニのコインランドリーでお洗濯!気になる所要時間、使えるお金と利用方法

アウラニディズニーリゾートを個人手配で格安宿泊予約する方法

アウラニのマカヒキ、アマアマを予約する方法

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル貯める、たった2つの方法

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



AD