ライフメディアでのANAマイルの稼ぎ方!陸マイラー必須登録の魅力とは?

ポイントサイト「ライフメディア」は、ANA陸マイラーにとってかなり使いやすいポイントサイトです。

FXや口座開設等の金融系案件をはじめとする高額案件で業界最高水準のポイント還元率を叩き出すことが多い、大量ポイントが「稼げる」サイトであることはもちろん、ドットマネーに直接等価交換可能なので、TOKYUルートでANAマイルへ業界最大倍率で交換できます。

さらにここが本当に素晴らしい!ところなんですが、案件利用後のポイント付与までの案件管理が滅茶苦茶便利なんです。さらにポイント付与も確実、問い合わせ対応も盤石と、ANA陸マイラーにとってかなり使えるポイントサイトなんですよね。

ライフメディアの超絶メリット、ANAマイルの稼ぎ方、そしてドットマネー経由でのANAマイルへの交換方法を徹底的に解説します。

ライフメディアとは?

ポイントサイト「ライフメディア」は、1996年に、安心と信頼の一流企業「富士通株式会社」が初めて開始したメールマーケティングサービスです。

その後、富士通グループより独立し、現在はインターネット・通信事業でおなじみ「ニフティ株式会社」の100%子会社であるニフティネクサス株式会社が運営しています。

ちなみにこのニフティ株式会社の100%親会社は、家電量販店でおなじみの東証一部上場企業「ノジマ」です。かなり安心な会社であることはお分かりいただけましたでしょうか?

さらにポイントサイトとして20年以上の運営実績を誇り、累計会員数は315万人以上(2017年3月時点)です。

もちろんサポート体制も万全ですので、安心して利用できるサイトなんですよね。

ポイントの価値・有効期限

価値 1P=1円
有効期限 1年間(実質有効期限なし)
最低交換単位 500P

では、次にライフメディアのポイントの価値、有効期限を簡単にご紹介します。

まず、ポイントの価値は分かりやすい1P=1円です。ポイントサイトの中には20P=1円・・つまり1P=0.05円という価値が滅茶分かりにくいサイトもあるので、この1P=1円の分かりやすい価値表示はありがたいですね。

また、有効期限は1年間ですが、「最後のポイント獲得・交換」から起算して1年後が有効期限という考え方です。このため、1年以内に1回以上ポイント獲得や交換を利用すれば、ポイントの有効期限は実質ありません

最低交換単位はちょっと大きめの500Pからですが、陸マイラーは大量ポイントを貯めますから、これは全く問題にはならないでしょう。

貯めたライフメディアポイントの使い方

ライフメディアで貯めたポイントは、ANAマイルはもちろんのこと、現金、各種ポイントや、サービス利用料等に交換できます。

優先順位 交換先 交換レート
ANAマイル 1P=0.75ANAマイル
ノジマスーパーポイント 1P=1.5円
現金(銀行振込) 1P=1円

個人的に超お得!だと思う主な交換先と、交換レートが上記のとおりです。優先順に、簡単に交換方法とメリットなどを解説していきます。

ANAマイルへの交換

まず、最もお得な交換先は、なんといってもANAマイルでしょう。

ライフメディアのポイントはドットマネーへの等価交換が可能なので、上記の通称「TOKYUルート」でポイント交換していくことで、業界最大倍率となる0.75倍でANAマイルへ交換ができます。

ANAマイルは、1マイル=2円以上の価値で確実に利用できます。何しろ全世界への旅行はもちろん、まともに購入すると100万円超えは確実なANAファーストクラスにも乗れてしまうという、まさに旅行好きなら貯めないと大損なのがANAマイルですからね。

つまり、ANAマイルへの交換により、1P(円)が2円以上程度に価値が爆増するということです。貯めたライフメディアポイントは、まずはANAマイルに交換することがファーストチョイスだと思います。

マイルの価値を徹底解説。1ANAマイルは一体何円なのか?

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

ANAファーストクラス搭乗記。NH223羽田ーフランクフルト12時間の快適フライトの全貌公開

ノジマスーパーポイントへの交換

次におすすめなのがこちら、家電量販店「ノジマ」で使える「ノジマスーパーポイント」への交換です。

ここで思い出してください。ライフメディアを運営する「ニフティネクサス」の親会社の「ニフティ」のそのまた親会社は、「ノジマ」でしたよね?

このため、このノジマスーパーポイントへの交換が滅茶苦茶優遇されており、なんと1P(円)=1.5円相当のノジマスーパーポイントに交換できるんです。

普通に現金に交換するよりも、価値が1.5倍に爆上げですからね?家電で欲しい物が決まっている!なんて方は、ノジマスーパーポイントへの交換もかなりおすすめです。

ポイントの価値が1.5倍で使えることから、話題の「ウエル活」をもじって?でしょうか、ライフメディアのサイト内ではノジマスーパーポイントへのポイント交換は「ノジ活」って紹介のされ方をしていますね。

現金への交換

ライフメディアのポイントは、もちろん現金への交換も可能です。

上記主要6つの金融機関に、いずれも月1回であれば手数料無料で交換が可能です。現金への交換は1P=1円ですので、価値の爆上げ!とかそういったことは当然ながら一切ありません。

このため、かなりコンサバ(保守的)な交換先ですが、現金は万能選手ですからね。最終的には現金に交換できる!という心の余裕。これは結構大きいのではないでしょうか。

ライフメディアの特徴とメリット

では、続いてライフメディアの特徴とメリットをご紹介していきます。

ライフメディアは、2017年くらいまではクレジットカードやFXなどの大型案件が大量に紹介されているというイメージはあまりなく、どちらかというとアンケートや楽天でのショッピングなど「小物案件」で地道にポイントを稼ぐサイト、という印象でした。

しかしながら2017年に親会社が富士通からノジマへと変わったあたりから、高額案件が増えてきましたし、2018年には、当時最高のANAマイルへの交換ルートであった「ソラチカ(LINE)ルート」の、これまた必須中継サイトであった「Gポイント」との提携を行うなど、陸マイラーにとってかなり利用価値の高いサイトに進化を遂げてきました。

特に、2019年後半くらいからはFX案件、証券会社やソーシャルレンディングの口座開設案件、クレジットカード案件など高額案件に満遍なく強みを発揮するポイントサイトとしてかなり頭角を現してきています。

例えばこのソーシャルレンディング「LENDEX」口座開設案件は、ライフメディアが最もお得でしたね。

なんと3回まで参加可能で最大22,500円ももらえる!というアットセミナー案件も、ライフメディアが最高還元サイトでした。

このように、高額案件に強みを発揮していることから、陸マイラーが登録しておいて絶対に損が無いサイトに進化していると思います。

さらに、下記でご紹介しますがただでさえ高額案件に強くなっているのに加え、利用後の案件管理が非常にしやすいのが、このライフメディアの最大のメリットなんです。

最大のメリットは「案件管理」がしやすいこと!

そして、ライフメディアの最大のメリットであり、滅茶苦茶使いやすいのがここからご紹介する「案件管理機能」です。

まず、案件を利用後にすぐさまメールで届く「申込通知メール」機能が本当に滅茶苦茶便利なんです。

何しろこのメールに「利用日」「申込時点のポイント付与条件」「ポイント付与時期」「通帳反映有無」という、必ず記録に残しておくべき情報が網羅されていますからね。このメールを保存しておくだけで案件管理ができてしまいます。

というか便利すぎです。これ、案件を利用するとすぐに届くんです。まずは確実に「ライフメディア経由で申し込みが完了した」という証拠にもなるので、心理的な安心感が半端ありません

そして、もう一つ超絶便利な機能が、こちらのポイント通帳「未確定リスト」の超絶の情報量です。

案件利用後、ポイント未確定案件について、なんと申込日はもちろん、申込時の条件、ポイント付与時期の目安まで一覧でリスト表示されるんです。

ポイントサイト案件で実際によくあるのが、案件を利用した後に広告案件が掲載期限切れで見ることができなくなってしまい、なんとポイント獲得条件が分からなくなってしまうという悲劇(笑)です。

また、申込日時を忘れてしまうと、いつ頃がポイント付与時期なのかもわからなくなってしまいます。ポイント付与時期が分からないと、ポイントがつかない場合の問い合わせ時期もわからなくなってしまうんです。

このため、私は別のエクセルで案件管理を行っているんですが、この超充実の未確定リストのおかげで、案件管理の手間が不要なんです。なんとライフメディアが案件管理までやってくれちゃうんです。

これ、かなり大きなメリットです。ライフメディアがかなり使いやすいポイントサイトと言い切ることのできる、大きなメリットだと思います。一度この便利さを知ってしまうと、正直同額のポイントならライフメディアを選んじゃいますね。

そのくらい、超絶便利です。

ライフメディアのデメリット

この案件管理がしやすい!という超絶メリットの一方、若干のデメリットもあります。

ライフメディアは、途中にもご紹介したとおり元々は富士通が開始した「メールマーケティングサービス」・・つまり、メールでのアンケート等を主体としたポイントサイトだったんですよね。

このため、その名残?なのか放っておくとアンケート依頼メールが死ぬほど届きます

ただ、ご安心ください。このメールは受信量を変更することができます

この変更設定をしないと心が萎えるくらいの大量のメールが届きますので、このメール設定は確実に実施しときましょう。

ライフメディアでの広告の利用方法

では、ライフメディアでの広告の実際の利用方法を、ポイントを絞って簡単にご紹介します。

こちらはライフメディアのトップページですが、まず注目すべきは赤枠内の広告です。絶対に注目すべきなのが赤枠内上部「今日のイチオシ!」案件です。

この案件は他サイトを含めポイントサイト業界内でいわゆる「アツい」案件である確率が非常に高いので、まずはこの案件をチェックしましょう。

また、赤枠内下部には、ライフメディア独自作成のバナー広告(上記の例では「エポスカード」と「JCB-W」)がありますね。この独自バナー案件も、ライフメディアがわざわざ独自にバナーを作るくらい気合が入っている広告、ということですから、狙い目案件である確率が高いです。

まずはこのトップページ案件のチェックからスタートしましょう。

「ランキング」ページ掲載の広告がかなりお得

まずはトップページをざっと見て・・めぼしい案件は既に利用済み!とかイマイチ・・の場合、次にチェックすべきなのが、上記黒枠&赤矢印で示した「ランキング」のページです。

このランキングのページには、ポイントサイトを使うような目ざとい消費者が厳選して利用した案件が上位から順に並んでいるんです。

はっきり言ってトップページとこのランキングページ、この2つを眺めるだけで、ライフメディアのお得案件はほぼ見当が付くと思います。

こちらが、実際のランキングページです。1位、2位は不動だとして、3位以下を見ていただくとさすが皆さん「分かってるな~」って感じのかなりお得な案件ばかりです。

このランキング、なんと100位までありますので(笑)、一通り見て行けばライフメディアのお得案件はほぼ網羅できると思います。

案件別攻略相場について

では、ライフメディアの案件はどのくらいの相場で利用すればよいのか?について、大体の目安をご紹介していきます。

クレジットカード案件

クレジットカード案件の申し込み目安は、大体下記のとおりですね。

条件 還元額目安
年会費無料 9,000円~10,000円以上
年会費あり 年会費を払って9,000~10,000円以上
入会キャンペーンでマイル還元率3~4%以上

クレジットカード案件の申し込みの目安となる相場は、年会費無料のカードで9,000円~10,000円以上。これはもう鉄板と言っても良い、クレカ案件相場の目安です。

2016~2017年くらいまでは年会費無料で10,000円もらえるクレカ案件はポイントサイトに頻出していましたが、最近はかなり数が減ってきました。このため、10,000円に少し足りなくても、年会費無料で8~9,000円以上もらえる案件なら、発券しても良いと思います。

また、年会費有料案件の場合は、もらえるポイントから年会費を差し引き(支払ったと仮定)して、残りのポイントが9,000~10,000円分のポイントが発券目安になります。

また、年会費有料カードでも、入会キャンペーンを実施中でマイル還元率が4%(50万円利用で20,000ANAマイル)を超えるようなカードがポイントサイトに出ていたら、発券してもよいと思います。

なお、クレジットカードは発行しすぎには審査落ちリスクがあります。最多でも月1枚の発券を目安にするようにしてください。

クレジットカードを審査落ちせず継続的に発行する方法。クレヒスの重要性を徹底解説

FX案件

次が、FX案件ですね。

ただ、FX案件のポイントサイトのポイント還元相場はFX会社と時期によって変動します。FX案件でポイントがもらえるのは初回一度きりのことが多いので、申込には慎重になってしまいますよね。

ポイントサイトのFX案件の相場は、下記の関連記事にまとめています。「かなり高額のFX案件だけど・・今申し込むべきか?ちょっと待つべきか?」に迷ったら下記関連記事をご覧ください。

なお、この関連記事は「FX ポイントサイト 相場」での、検索順位No1の記事です。長年にわたり書き足しを続けていますので、過去からの変遷を含めご参考になるのではないかと思います。

FX案件の陸マイラー的相場情報まとめ【2020年最新】お得な口座開設のタイミングと難易度を解説

証券・投資系「口座開設」「つみたて申込」案件

次が、実はライフメディアがかなり強い案件である、証券会社や投資案件系の「新規口座開設」や「つみたて申込」案件ですね。

条件 申込目安
口座開設のみ 3~4,000円以上
口座開設+一定額の投資 5,000円以上
つみたて申し込み

証券会社やソーシャルレンディング系の口座開設案件の条件と申し込み目安がこちらです。

たまに出てくる神案件、「口座開設のみ」案件の場合、申し込み目安は3~4,000円以上といったところでしょうか。何しろ口座開設のみでポイントがもらえるんです。

入金も取引も必要ない、つまりノーリスクで数千円もらえるこの「口座開設のみ」案件はかなり人気が高いので、3~4千円以上の案件を見つけたら早めに申し込みしちゃいましょう。

ただ、いくらノーリスクとはいっても個人情報の提供等のリスクはあるので、やはり3~4,000円程度が一つの目安だと思います。

一方、口座開設に加え一定額の投資が必要だったりつみたての申込が必要な案件は、手間もかかりますし実際にお金の拘束期間も発生し投資リスクも負うことになるので、5,000円以上がもらえるなら手を出す、という相場観かと思います。

有料放送案件

WOWOWやSkyPerfecTVなどの有料放送案件も、ライフメディアの頻出案件です。

申込みは、5,000円以上が一つの相場ですね。

ただ、多くの場合初月1か月無料!だったりしますが、解約までには2か月分の視聴が必要なことがほとんどなので、都合1月分くらいの視聴料はどうしても支払う必要があります。このため、この5,000円の相場をクリアしているかということと、申し込み時期に実際に自分が見たいコンテンツがあるか、という観点で検討されると良いかと思います。

実際に見たい放送を見て、1か月分の視聴料を払って約2か月分に相当する5,000円がもらえれば、もう十分御の字、って感じですよね。

もちろん、気に入ったら継続視聴することも忘れないようにしてください。

【過去最高水準6,210P!】WOWOWを完全無料で見る方法。さらに現金・マイルがもらえる!

スカパー!のポイントサイト経由申込が超絶お得!申し込みは1チャンネルから!【コロナ対策にも】

ネットショッピング案件

次がネットショッピング案件です。

楽天、Yahoo!ショッピングなどをライフメディア経由で利用すると楽天スーパーポイント等とは全く別に1%程度のポイントがもらえる・・訳ですが、正直言ってこの1%程度のポイントにあまり神経質になる必要はありません。

何しろ、1%ってことは50万円購入してやっと5,000円分のポイントです。一方で、証券会社や投資会社の無料口座開設で5,000円もらえたりしますので、掛けるお金と労力に比べてもらえるポイントが少なすぎです。

もちろん楽天やYahoo!ショッピングを利用する際はライフメディアを経由しておいた方がお得であることには間違いはありませんが、あまり神経質になる必要はありませんね。

これはダメ!なライフメディアの使い方

そして、「これだけはやっちゃダメ!」なライフメディアでのポイントの貯め方も、警鐘の意味も込めて簡単にご紹介しておきます。

ライフメディアでも・・実はその他のポイントサイトでも同じですが、絶対にダメなポイントの貯め方は超少額のポイントを数こなしてコツコツ貯めることです。

ライフメディアで言えば例えば上記の、制限しない限り毎日送られてくるアンケートでポイントを貯めよう!ってのが典型例ですかね。このアンケート、なんと1つ回答しても0.1円しかもらえません。10本回答してやっと1円です。

そして、このアンケートどれだけ急いでも10本回答しようと思うと多分7~8分くらいはかかるでしょう。つまり、7~8分掛けて1円です。時給換算すると約5円程度です。

こんな細かいことをしていても、ポイントは全く、一切、これっぽっちも貯まりません。時給5円ですよ!?このアンケートは、残念ながら時間の無駄なんです。

その他、たった10円程度のアプリのインストールなども時間の無駄ですね。初月無料のアプリのインストールで、退会できなくて退会方法を探すのに数時間かけたりしてたら、もう目も当てられません。時給いくらなの?って感じです。

一方、前述の例えば「口座開設のみ」案件の場合、たった5分の個人情報入力で口座開設完了して、もらえるポイントが3,000円だとしたら・・時給換算は36,000円です。

これ、どれくらい破壊力が違うかお分かりですよね?36,000倍違います(笑)。

このように、ポイントサイトの案件を利用する際は、必ず「このアクション、時給換算でいくら?」を必ず意識するようにしてください。個人的には、時給3,000円以上の案件以外は、基本利用しなくても良いのではないかと思いますね。

ライフメディアは案件管理が超簡単な高額還元優良ポイントサイト

以上、2020年現在、ANA陸マイラーに超おすすめのポイントサイト、「ライフメディア」でのポイントの稼ぎ方、ANAマイルへの交換交換方法やライフメディア特有のメリット等についてご紹介しました。

特に金融系高額案件で軒並み業界最高還元を叩き出すポイントサイトですし、しかも利用した案件をポイント付与まで管理するのが滅茶苦茶便利なのが大きなメリットと言えますね。

この超絶お得&便利なポイントサイト「ライフメディア」への登録は、下記のバナーからどうぞ。このバナーからの登録で、最大500円分のポイントがもらえます。

ライフメディアへ無料登録

なお、登録完了だけで100P(100円)がもらえますが、最大500円分のポイントをがっちりゲットするためには、登録月の翌々月の7日までに、ポイント交換を完了させる必要があります。

最大入会ポイントを貰う方法
  • 2月入会の場合 → 翌々月7日までにポイント交換
  • 4月7日までに500P以上を貯め、ポイント交換する!

上記のとおり、例えば2月入会の場合、翌々月となる4月7日までに交換可能ポイントの下限である500P以上を貯め、ポイント交換を済ませる必要があります。

ライフメディアでは、入会から24時間限定で、上記の入会ポイントとは全く別で、さらにもれなく100Pもらえる「24時間限定ボーナス」が開催されているので、このボーナス案件から1つ選んで案件をこなすと、無理なく最大ボーナスがもらえます。

例えばこんな感じの案件ですね。

入会ポイント100P+24時間限定ボーナス100P+入会ポイントの残り400P、合計600円がもらえ、さらにこの案件なら500円がもらえます。

ライフメディアへ無料登録

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイル徹底解説。大量マイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD