ANAアメックスゴールドカードに「スカイコイン獲得プログラム」など新サービス追加!改善と改悪まとめ

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードに、2020年9月より順次「ANA SKYコイン獲得プログラム」「スマートフォンプロテクション」など、新たなサービスが加わります。

正直、ANAアメックスゴールドカードは、他のANAワイドゴールドカードより年会費がちょっとだけお高めなカードですので、他のANAゴールドカードとの差別化の意味からもこれは嬉しいサービス追加ですね。

一方、ちょっと大きめの改悪も発表されていて・・これは非常に残念ですし、知っておかないとある意味「危険」な改悪です。

2020年9月以降順次開始される、ANAアメックスゴールドカードの改善と改悪についてご紹介します。

スポンサーリンク

ANAアメックスゴールドの「改善」

では、大きな改善からご紹介していきましょう。まずは、日常生活でのカード利用に係る改善からですね。

日常生活でのカード利用に係る改善
  1. ANA SKYコイン獲得プログラム【2020年9月~】
  2. スマートフォン・プロテクション【2020年9月~】

改善点は、大きく以上の2点です。早速、内容を確認しましょう。

ANA SKYコイン獲得プログラム

まず、かなり大きな改善がこちらですね。

上記のとおり、一年間のカード利用金額の合計により、ANA SKYコインが10,000コイン(10,000円相当分)がもらえる「ANA SKYコイン獲得プログラム」が2020年9月から新たに開始されます。

プログラム期間 獲得条件金額
2020年(4ヶ月間) 9月1日(火)~12月31日(木) 60万円
2021年以降(1年間) 1月1日~12月31日 300万円

このプログラムの詳細は上記の通りです。

サービス開始初年度となる2020年は、9月1日から12月31日までの約4か月で60万円以上利用することで10,000スカイコインがもらえます。

そして、2021年以降は1月~12月の1年間で300万円以上利用することで10,000スカイコインがもらえます。

もちろん、ショッピングの用途は「なんでもOK」です。特にANAのサービス購入などの条件はありません。

なお、2020年はサービス開始のボーナスタイム(笑)期間となっており、ちょっとだけスカイコイン還元率が高いのが特徴ですね。

ちなみに、2021年以降は300万円以上の利用で10,000円分のスカイコインですので、正直還元率的には約0.33%とお世辞にも高いとは言えませんが、これ、通常の獲得アメックスリワードポイント(1%)とは全く別でもらえるスカイコインですからね。

300万円はちょっと厳しいですが、そもそもこれまではもらえなかったサービスであることを考えるとかなりの改善といって良いでしょう。

また、2020年スタート時の4か月での60万円利用で10,000円分スカイコインは、1月の利用額の平均が15万円と十分狙える水準ですので、気になる方は狙って行って良いと思います。

ちなみにANAスカイコインは持っていて損なしの、超絶使える電子クーポンです。スカイコインの使い方は、下記関連記事をご参照ください。

ANAスカイコインの貯め方・使い方。マイルからの交換方法とお得な使い道とは?

スポンサーリンク

スマートフォン・プロテクション

そして、もう一つ大きな改善がこちら。

同じく2020年9月から新たなサービスとして追加される、スマートフォンの修理代金を最大3万円まで補償してくれる「スマートフォン・プロテクション」です。

しかし・・ANAカードなのにフライトや旅とは全く関係がないサービスをいきなりぶっこんで来ましたね(笑)。

何の脈絡もなく一体どうした!?って感じですが、このスマホ保険サービスありそうで実はなかなか無いサービスですので、かなり嬉しいサービスだと思います。

補償対象 スマートフォン(1台のみ)
補償範囲 破損(スクリーンガラス割れ損害を含む)
支払限度額 3万円
対象端末 購入日より2年以内のスマートフォン
免責金額 1事故につき1万円

気になる保険サービスの内容がこちら。

スクリーン割れ損害を含む、スマートフォンの破損の修理費用が最大3万円(免責1万円)まで補償されます。

なお、保険事故発生時点で、スマートフォンの通信料を少なくとも 3 ヶ月以上連続して、ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでカード決済している場合のみ対象になります。

このスマホ保険サービスかなり使えるので、ANAアメックスゴールドをお持ちの方は、通信料の支払いはANAアメックスカードに切り替えても良いくらいのサービスだと思いますね。

最後に、このサービスは本会員限定となっています。家族カード会員は対象外ですので、ご注意ください。

スポンサーリンク

旅をランクアップする改善

次にご紹介するのが、旅をランクアップする改善です。

旅をランクアップする改善
  1. 手荷物無料宅配サービス(羽田空港)【2021年3月~】
  2. 航空便遅延費用補償(海外旅行)【2021年3月~】

この「旅をランクアップする改善」が上記の2つですね。

日常のカード利用に係る改善に比べるとちょっとだけ小粒ですが、これもないよりはましでしょう。ちなみに、この2つのサービスは2021年3月から開始となっています。

手荷物無料宅配サービス(海外旅行時)

まず、1つ目の追加サービスがこちら。

海外旅行からの帰国時にカード会員1人につき1つ、空港から自宅までスーツケースを無料宅配してくれるサービスが、新たに羽田空港(第3ターミナル)でも始まります

これまでは成田、中部国際、関西国際の各空港しかなかったのですが、これが羽田の第3ターミナルでも開始・・ということです。

羽田経由の国内線で帰国する際などには、利用価値が高いサービスと言えるでしょう。

航空便遅延費用補償(海外旅行)

そして、もう一つの追加サービスがこちら。

航空便遅延費用補償サービスです。利用可能なのは海外旅行時のみですが、これまた遅延補償サービスが全くなかった現状から比べると明らかにプラスですので、これも喜んでおくべきサービスです。

補償内容 支払限度額
(旅行代金をカードで決済した場合)
乗継遅延・出航遅延・欠航・搭乗不能・受託手荷物遅延費用 2万円
受託手荷物紛失費用 4万円

ちなみに、航空便遅延費用補償サービスの概要がこちら。

航空便の遅延や受託手荷物の遅延・紛失などは最近ではあまり遭遇することはありませんが、遭遇するとかなりダメージがデカいトラブルですので、この補償サービスの追加はありがたいですね。

ただし、上記の表の赤字に記載のとおり、このサービスは利用付帯(旅行代金をANAアメックスカードで決済して初めて付帯する保険)となっていますので、ご注意ください。

これが自動付帯(カードでの決済に関わらず、カードを所持していれば付帯する保険)であれば完璧だったんですけどね。

スポンサーリンク

海外旅行傷害保険は大改悪

ここまでご紹介したANAアメックスカードの改善・・。

これ、結構大きな改善なんですが、良いことばかりじゃないんですよね・・。残念ながら、かなり大きめの改悪がセットで発表されています。

それが上記の通り、なんと「海外旅行傷害保険」がこれまでの「自動付帯」(旅行代金のカードの決済の有無に関わらず、カードを所持していれば付帯する保険)から、「利用付帯」(旅行代金をANAアメックスカードで決済して初めて付帯する保険)に改悪になっているんですよね。

これ、知っておかないとかなり危険です。

これまでも、利用付帯の場合と自動付帯の場合、それぞれ補償金額に差はついてはいたのですが、それでも、自動付帯の保険も付帯していたんです。

適用条件 カードに自動付帯 旅行代金をカードで決済した場合
補償内容 支払限度額
海外旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害保険金 5,000万円 1億円
傷害治療費用保険金 200万円 300万円
疾病治療費用保険金 200万円 300万円
賠償責任保険金 4,000万円 4,000万円
携行品損害保険金 50万円 50万円
救援者費用保険金 300万円 400万円
乗継遅延・出航遅延・欠航・搭乗不能・受託手荷物遅延費用
受託手荷物紛失費用

ちなみに、2021年2月末までの補償内容がこちらです。

もちろん、旅行代金をカードで決済した場合(利用付帯:表一番右)の方が補償額は大きいのですが、自動付帯の補償もそこそこの金額付帯していたんです。

特に大きいのが赤字の疾病治療費用の保険金。海外での疾病治療は無保険診療になり滅茶苦茶請求額が高額になるリスクがあるので、この疾病治療費用保険が超重要なんです。

さらに、この疾病治療費用保険は複数枚のカードを所有している場合その保険金額が合算で補償対象になりますからね。あればあるだけ補償金額が手厚くなるんですが・・。

この疾病治療費用保険金も含め、海外旅行傷害保険が全て利用付帯に改悪というのは・・。これは正直年会費3万円超のゴールドカードとは思えないレベルの改悪です・・。

これ、ご自身の保険に係る話ですので、知っておかないとかなりヤバいですからね。

是非、覚えておいてください。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ANAアメックスゴールドカードの2020年9月以降の改善と改悪についてご紹介しました。

ANAスカイコイン獲得プログラムやスマートフォン・プロテクション(補償サービス)など大きな改善がある一方、海外旅行傷害保険というANAゴールドカードの基幹サービスともいえる保険サービスが改悪になるなど、一長一短があるサービス改定・・と言って良いでしょう。

そして、ポイントとしてはこのサービス改定、知っておかないと使えないし、いざ利用しようとすると困る・・ということです。

この記事の情報も参考に、サービスを正しく理解して上手に利用してください。

2020年8月に発表されたANAアメックスゴールドカードのサービス改定の内容は、こちらからご確認いただけます。

【2020年最新】ANAアメックスの入会キャンペーン徹底解説!最大34,000ANAマイルもらえる!

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD