ANAマイルでのビジネスクラスへのアップグレードの方法と条件を解説!

ANAマイルがある程度貯まったり、また、1万数千マイルくらいの中途半端なマイルが貯まったけどもう少しでマイルの期限切れ!なんて時には・・。

せっかくならこのANAマイルエコノミークラスからビジネスクラスへのアップグレード特典として利用したい!」と考える方も多いのではないかと思います。

このアップグレード特典は、片道分だけのアップグレードでも利用できるので、所有マイルが少なくても憧れのビジネスクラスに手が届く・・ように思えてしまうんです(笑)。

ANAマイルでビジネスクラスにアップグレードなんて滅茶苦茶夢のあるフレーズですが・・。

実は、現実はそんなに甘くありません(笑)。

その厳しい現実と、実際のANAマイルを利用した座席アップグレードの方法とその条件について徹底解説します。

スポンサーリンク

アップグレードに必要なマイル

ではまずは・・マイルでエコノミークラス・プレミアムエコノミークラスからビジネスクラスへとアップグレードするための所要マイル数を確認しておきます。

飛行マイル アップグレード(片道) 特典航空券(往復所要マイル)
0~2,000 12,000 30,000~40,000
2,001~3,500 18,000 60,000
3,501~4,500 20,000 65,000
4,501~5,500 25,000 65,000~85,000
5,501~ 28,000 85,000~90,000

アップグレードの場合特典航空券の「ゾーン」別の区分ではなく、実際の飛行マイルにより所要マイルが異なります

あ、一番右にある「特典航空券(往復所要マイル)」ってのは、仮にビジネスクラスで特典航空券を発券した場合の所要マイルです(笑)。

実際の飛行マイルってのがちょっとわかりにくいので・・イメージを持っていただくために、日本出発便の場合各飛行マイルで到達できる目的地は概ね以下のとおりとお考えください。

飛行マイルチャート
  • ~2,000 東アジア(韓国・台湾・中国等)
  • 2,001~3,500 東南アジア(シンガポール、バンコク等)
  • 3,501~4,500 ハワイ・西アジア(インド方面等)
  • 4,501~5,500 オセアニア、北米(西海岸)
  • 5,500~ ヨーロッパ、北米(東海岸) 

このアップグレードとビジネスクラスを特典航空券で発券した場合の所要マイルを見比べてみて・・どうですか?

アップグレード所要マイルはあくまで片道分ということを差し引いても・・アップグレードだと所要マイル数が少なそうに見えますよね??

これなら・・片道だけでもビジネスクラスにアップグレードできるんじゃね?って夢が見られる(笑)所要マイル数です。

もちろん、マイルを利用してビジネスクラスの特典航空券をする場合往復でしか特典航空券の発券ができませんので、単純な比較はできませんが・・。

飛行マイル アップグレード(片道) ビジネス(往復所要マイル/2)
0~2,000 12,000 15,000~20,000
2,001~3,500 18,000 30,000
3,501~4,500 20,000 32,500
4,501~5,500 25,000 32,500~42,500
5,501~ 28,000 42,500~45,000

ということで、わかりやすくするために(笑)ビジネスクラス特典航空券の片道の所要マイルとアップグレード特典を比較してみたのがこちらの表です。

ご覧になっていただくとお分かりのとおり、実は所要マイルにはそんなに大きな差がないんですよね。一見少なく見えますが(笑)。

そして、アップグレードですから別途エコノミークラスのチケットを所有しておくことが必要です。

当然ながら、このチケットには数万円の実費が必要です。

このため、マイルを使って往復のビジネスクラスを発券するのと、エコノミーチケット+マイルを使ったアップグレードは、ほとんど所要マイルとしては変わらない、というのが実態なんです(笑)。

でも、そうは言ってもヨーロッパや北米路線の場合、往復ともビジネスクラスを発券する場合に比べると半分以下の25,000~28,000マイルで片道だけでもビジネスクラスに搭乗できるのですから・・。

やっぱり、なんかかなり少ないマイル数でビジネスクラスにアップグレードできそうな気がするのも確かです。

さらに、5万マイル以上なんてそんな大量マイルは貯められないけど、1~2万くらいならなんとか・・!って方にとっては、夢のビジネスクラスに搭乗できる身近な方法と思っちゃいますよね。

ではここからは、ANAマイルでビジネスクラスにアップグレードする条件を確認します。

スポンサーリンク

エコノミーからビジネスクラスにアップグレードする条件

さて、まずは端的に結論からご紹介します。

ANAマイルでエコノミークラスからビジネスクラスにアップグレードする条件は、超絶ハードル高いです。

というか、この山登るの絶対無理じゃね?って感じの条件です。

この記事をご覧の方の多くは、「自分は、エコノミークラスのチケットを持っている」「そして、アップグレードに必要なマイルを持っている」=「だから、自分はエコノミークラスからビジネスクラスにアップグレードできる(はず)」。

・・という3段論法で、楽観的に考えておられるかも知れません。

これ、私もそうでした。こんな難しいとは思っていなかったんです。

でもこれ、ANAのホームページにはどこにもはっきりと書いていないんですが、残念ながらANAマイルでビジネスクラスにアップグレードするのは、超絶難しいんです。

スポンサーリンク

ANAマイルでビジネスクラスにアップグレードするための2つの条件

ANAマイルを利用してビジネスクラスにアップグレードするためには・・。

実は、以下の2つの条件をクリアすることが必要です。どちらか1つだけではダメです。2つとも、満たす必要があります。

ANAマイルでのアップグレード条件
  1. エコノミークラスのチケットを、アップグレード可能な運賃で購入すること
  2. ビジネスクラスの特典航空券の発券枠に空席があること

この2つのルールは、はっきり言って超絶難易度高いです。

まず、①の壁が超えられない方が大半だと思います。

そして、①の壁を越えられたとしても、②の壁でほとんどの人が挫折することと思います。早速、深堀して解説していきます。

スポンサーリンク

①アップグレード可能運賃でのチケット購入

そして、ANAマイルで座席のアップグレードを狙う方最大の難関(笑)。

それが、この①アップグレード可能運賃でのチケット購入です。

この①の条件に、ANAマイルでエコノミーからビジネスクラスへのアップグレードを狙う多くの方が跳ね返されてしまうことと思います。

このルールは実はANAのホームページにもはっきりと記載があります。

アップグレード特典を利用するためには、まずはそのアップグレードしたいエコノミークラスのチケットをアップグレード可能な運賃で購入する必要があるんです。

エコノミークラス、プレミアムクラスからビジネスクラスへのアップグレードの場合、G/E/Y/B/M/Uクラスでのチケット購入が必要なんです。

G/E/Y/B/M/Uクラスって・・何それ美味しいの?って感じだと思いますが・・。

これ、簡単に言うと「座席のアップグレードが可能な、格安チケットではないチケットを購入した場合しか、アップグレードの対象にはならない、と書かれていると思ってください。

具体的には、例えば上記の成田ーホノルル間のエコノミークラスチケットの場合・・。

安い順に「Basic」「Special」のチケットが選択できますが、この普通に最安で検索したチケット、いずれも・・左下赤矢印の上の部分をご覧になっていただくとお分かりのとおり、アップグレードは対象外の運賃なんですよね。

つまり、普通に最安運賃でチケットを購入した場合、基本的にはマイルを使ったアップグレードの対象外なんです。

そして、いわゆる「海外旅行ツアー」に含まれているチケットに、この「マイルを使ったアップグレード対象」のチケットは存在しないと思ってください。

じゃあ、アップグレード対象のチケットってなんなの?っていうと、上記の赤矢印「アップグレード可能な運賃を検索」をクリックすると・・。

このように、表示されます。アップグレードの対象運賃になっていますね(笑)。

ただ・・ご覧のとおり「Basic」運賃で148,380円と、アップグレード不可運賃の最安90,280円の約1.5倍です(笑)。

このようにアップグレード対象運賃って、基本的には最安運賃から1.5倍くらいの馬鹿高い運賃なんですよね。

さらに、この後ご紹介しますが、このアップグレード対象運賃でチケットを購入して、さらに必要十分なANAマイルがあれば絶対に座席のアップグレードが可能かというと、そんなことは全然ありません

アップグレードの壁は、さらに高く立ちふさがるんです。

あなたのお持ちのチケットは、「アップグレード対象運賃」で購入したチケットですか?

もしそうでないなら、そもそもアップグレードは不可能です。これ、めちゃ厳しいです。

スポンサーリンク

スターアライアンス特典航空券のアップグレードの場合

このアップグレードの条件①は、スターアライアンス特典航空券をエコノミーからビジネスにアップグレードする場合でも、基本的には同じです。

ごちゃごちゃと書かれていますが、原則としては予約クラスが「Y/Bクラス」でないと、アップグレード特典は適用されません。

そして、このY/BクラスはANAと同じく格安チケットではないチケットだと考えていただいて間違いありません。

海外航空会社のチケットを購入する際は、多くの場合価格面での優位性を期待して購入することが多いでしょうから、アップグレード可能なチケットを購入している方はほとんどいないと思います。

スポンサーリンク

②特典航空券の発券枠

そして、次に重要な・・アップグレード希望者の心を完全にぽっきりと折るルールがこちらです。

ANAをはじめとした航空各社は、例えばビジネスクラスの場合、ビジネスクラスの全ての座席を空席のある限りマイルを使った特典航空券(アップグレードを含む)に開放しているわけではありません

1便あたりの特典航空券の開放枠には限りがあるんです。

そして、この開放枠は、ここめちゃくちゃ重要ですが、ビジネスクラスの特典航空券利用者と、アップグレード利用者の間で共通です。

つまり、ビジネスクラスの特典航空券利用者がすでにその便の特典航空券利用枠を発券済みの場合座席のアップグレードはできない、ということです。

ANAの場合、ANAマイレージクラブの平会員に開放されているビジネスクラスの座席数は、ほとんどの路線で2席です。

たったの2席なんですよ。

このため、極論すると、例えばビジネスクラスの総座席数40席の便で、特典航空券の発券枠2席のみが埋まっていて、残り38席が空席の場合でも、特典航空券の発券枠が埋まっているのでマイルでのアップグレードはできないんです。

つまり、アップグレードは空席がある限りできるわけではないってことなんです。これ、意外に知らない方が多いんですが、そういうことなんです。

スポンサーリンク

ANAビジネスクラス特典航空券は大激戦

そして、このANAのビジネスクラス特典航空券の発券は、ご存知の方も多いと思いますが大激戦です。

特に、ハワイ路線はビジネスクラスの特典航空券の発券に困難を極める路線です。

ANAの社運を賭けた超大型旅客機A380就航以降も、ビジネスクラスに限っては1便当たり2席の発券枠に変更はないようです。

そして、ヨーロッパや北米などの路線でも、平会員に開放されている特典航空券座席数はビジネスクラスの場合大体2席程度です。

そして・・これらの路線はビジネスマン御用達路線なので、ビジネスマンの特典航空券予約がかなり多いんですよ。

しかも、アップグレード特典を利用する場合、既にエコノミークラスのチケットを発券済みなわけですから、日程変更の柔軟性が極端にない・・・というか、日程変更の柔軟性はほぼ皆無です。空席がある日程に合わせに行くことができないんです。

このため、1人なら何とか空席を見つけることも可能ですが、2人とかだと空席を見つけるのは至難の業だと思います。

スポンサーリンク

アップグレード空席情報を購入時に確認する方法

ここまでご紹介したとおり、ANAマイルでエコノミークラスからビジネスクラスにアップグレードしたい場合・・。

①アップグレード可能な運賃(より高額な運賃)でのチケット購入②特典航空券の発券枠に空席がある、この2つの条件をクリアする必要があります。

でもこれ、ここまでご紹介したとおりかなり高いハードルですよね。でも、一応このハードルを若干(ほんの少し)下げる方法があります。

この2つのハードルを越えられなかった際に最も厳しいのは、①アップグレード可能な高額な運賃で購入したにも関わらず②特典航空券の発券枠に空席が無い状況に陥ることです。

折角高いチケット買ったのに、結局アップグレードできない!では、何の意味もありません。

そのリスクを多少なりとも回避できるのが、ここからご紹介するアップグレード空席情報を購入時に確認する方法です。

このように、ANAホームページからの国際線チケット購入時に、画面下に表示される「アップグレード空席情報を反映」をクリックしましょう。

すると、クリック時点でのアップグレード空席情報(=特典航空券発券枠の空席情報)が表示されます。

上記の例の場合、午前中の便(上)は空席がありませんが、午後便(下)は「アップグレード可」になっています。

この場合、午後便を「アップグレード可能な運賃」のチケットで発券して、すぐさまマイルを使ったアップグレードを利用すれば、めでたくビジネスクラスへのアップグレードが可能です。

ただ・・このジャカルタ便のチケットの価格差を見てください。

バリューチケットが36,710円なのに対し、「Plus」チケットは約3倍に近い93,710円ですからね。

そして、ビジネスクラスを普通に買うと148,210円。うーん、この価格差、正直微妙ですね。

もういっそビジネスクラスを直接発券した方がマシです(笑)。

このように、マイルでのアップグレードが可能か否かを簡単に確認する方法はありますが、そもそもの①「アップグレード可能な運賃」チケットの購入と、②特典航空券の空席とのハードルを考えると・・。

やっぱりANAマイルでのアップグレード特典の利用は、そんなにうま味がある方法ではありませんね。

スポンサーリンク

ANAマイルはアップグレードに使うべきか?

以上、ここまでANAマイルでエコノミークラスからビジネスクラスへと座席をアップグレードする方法と、その条件について解説しました。

ここまで読んでいただいた方はお分かりと思いますが、ANAマイルを使ったアップグレード特典を利用するのはかなり難しいと言わざるを得ません。

まず、この記事でご紹介した①の条件である「アップグレード可能なな運賃」でのチケット(アップグレード特典対象チケット)の値段がかなり高額であること。

そして、①のチケットを購入することでほぼ日程が固定されるため、②の条件である特典航空券の発券枠内での空席の確保が極めて困難なことが、致命的ですね。

「ANAマイルでのビジネスクラスにアップグレードの仕方」と銘打った記事でこの結論で申し訳ありませんが・・。

個人的には、ANAマイルでビジネスクラスへのアップグレードを視野に入れるくらいのマイルを貯められる方なら、いっそ往復ビジネスクラスを発券できるだけのマイルを貯めて、往復ビジネスクラスの特典航空券を発券すべきだと思います。

なにしろ、往復ビジネスクラスでの特典航空券発券に必要なマイルは、片道アップグレードに必要なマイルのたったの2~3倍程度です。

片道の2倍ってことは、往復なら所要マイルは同じですからね。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

え?そんな大量マイルは貯まらないって?そんなことは全然ありませんよ。むしろ、ANAマイルは比較的簡単に貯めることができるマイルです。

【2023年最新】ANAアメックスの入会キャンペーン徹底解説!最大115,000ANAマイルもらえる!

例えばこんな感じのクレジットカードの入会キャンペーンを利用すれば、8万マイルとかの爆発的なマイルを、日常生活で消費しているお金をこのカードに集中させることで手に入れることが可能です。

【完全版】ANAマイルで国際線特典航空券を予約する7つの方法。もう取れないとは言わせない!

そして、既に日程の決まったエコノミークラスの座席をアップグレードするのではなく、特典航空券を1から発券するなら、実はANAマイルであれば(一部の路線を除き)特典航空券の発券は比較的簡単です。

ANAファーストクラス搭乗記。NH223羽田ーフランクフルト12時間の快適フライトの全貌公開

ちなみに、ANAマイルでファーストクラスにも乗りました。本当に超絶体験でしたよ。

スポンサーリンク

まとめ

マイルでエコノミーからビジネスクラスへのアップグレードは、かなりの上級者もしくはいわゆるフレックスチケットを購入しやすいビジネスマンをターゲットとしたサービスです。

一般の旅行者がわざわざ最安値の2~3倍するエコノミーチケットを購入して、アップグレードを狙うような使い方は、そもそも想定されていないと思います。

このため、一般旅行者にとってはほとんど利用機会のないマイルの使い方ってのが、結論になっちゃいますかね。

アップグレードを狙えるくらいのマイルを貯めることができたなら、もうひと踏ん張りして、往復特典航空券を発券できるだけのマイルを貯めるのが絶対におすすめです。

ANAマイルでのアップグレード条件等は、こちらのANA公式HPから確認できますが・・私の記事の方が書きづらいことも書かれていて(笑)わかりやすいと思います。

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ



AD