ライフカードビジネスライトがポイントサイトで最大13,000円!年会費無料!

年会費無料の「ライフカード ビジネスライト」案件が、ポイントサイトで最大13,000円とかなりの高ポイントで紹介されています。

年会費無料で1万円以上もらえるクレジットカード案件って最近なかなか見かけませんでしたので、ポイントサイトのクレカ案件を探していた方にはかなりのチャンスだと思います。

この記事でご紹介する「ライフカードビジネスライト」は、ビジネスという単語でお分かりの通りいわゆるビジネス(法人)カードです。

しかしながら、後述する通り、必要となる提出書類は本人確認書類だけで法人の登記事項証明書等の提出の必要がないため、副業用や個人事業主としてサラリーマンの方でも申し込みができます

早速、このライフカード ビジネスライト案件をご紹介します。

スポンサーリンク

恒例のどこ得チェック

このライフカードビジネスライト案件の恒例のどこ得チェックの結果がこちらです。

最高額を叩き出しているのは、ポイントサイト「ECナビ」の13,000円ですね。「じゃあ、ECナビでカード作ればいいね!」って言えれば簡単なんですが・・ANA陸マイラー的にはそうとは言い切れないんですよね・・。

というのも、ECナビのポイントサイトである「PeX」はドットマネーへの交換ができないので、ANAマイルに交換するのが超絶面倒くさいんです。

まず、ECナビからANAマイルへの交換率はTOKYUルートの0.75倍には及ばず0.7倍が最大になります。

しかもこの倍率で交換するためには「ニモカルート」もしくは「みずほルート」という陸マイラーにとってあまりメジャーではないルートを利用する必要があります。

ニモカルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.7倍/陸マイラー必携のサブルート

みずほルートでANAマイルを貯める方法&交換スケジュールまとめ【マイル交換率70%】

次善の策としては、三井住友カードのポイントプログラム「ワールドプレゼント」経由でANAマイルに交換する方法がありますが、この場合の交換率は0.6倍になります。

このため、ECナビでこのカードを発行した場合、ニモカルートもしくはみずほルートを利用できる方は9,100ANAマイルに交換できる計算になります。またワールドプレゼント経由の場合は7,800ANAマイルに交換できます。

一方、次点となる11,000円を叩き出している「ライフメディア」の場合、確かにもらえるポイントは2,000円分少ないのですが、ライフメディアはドットマネーに交換ができるので、かなり簡単にTOKYUルートで8,250ANAマイルに交換ができます。

付与ポイントが多いECナビを取るか、それともANAマイルへの交換が容易なライフメディアを取るかはあなたの価値観によるところですが・・・。

陸マイラーとして、個人的なおすすめはやっぱりANAマイルへの交換が簡単な「ライフメディア」ですね。

ここからは、ライフメディアの案件を前提に紹介を進めていきます。

スポンサーリンク

ポイント獲得条件

では早速、ライフメディアのライフカードビジネスライト案件を見てみましょう。

ポイント獲得条件は、上記のとおり新規カード発行+発行月の翌月末までに5,000円(税抜)以上の利用だけと非常に簡単です。

2年くらい前までは年会費無料のカードでもこのくらいの案件は「あたりまえ」だったんですが・・最近ではあまり見ない、なかなかの破壊力の案件だと思います。

ポイント却下条件

ポイント却下条件も確認しておきましょう。

ポイント却下条件も非常に簡単で、カード申し込みから120日以内にカード発券に至らなかった場合、そして発行月の翌月末までに5,000円(税抜)以上の利用が無かった場合が却下・・となっています。

気になる「ライフカードを既にお持ちの方」も却下条件には該当しませんので、ライフカードをお持ちの方でもポイントを獲得可能です。

また、同一世帯条件も無いので、夫婦それぞれが副業や個人事業主の方は、それぞれ別々に申し込みすれば、ポイントがもらえます。

ただし、この案件には同一IP却下条件はありませんが、念のために夫は自宅Wifiから、妻はスマホの4G回線からなど、虚偽・重複と思われないよう申し込みに際しては注意を払うようにしてください

スポンサーリンク

サラリーマンでも申し込み可能?

では、この案件で多分最も気になるポイントと思われる、このライフカードビジネスライトの発行条件・・本業が他にあり、副業があるんだけど申し込みできる?って疑問にお答えしていきます。

まず、このライフカードビジネスライトですが、一応「ビジネス」カードではありますが、「ライト」の言葉どおり、どちらかといえばターゲットはガチンコの法人経営者ではないんです。

本業を他に持っており、副業として個人事業等を営んでいる方をメインのターゲットとしたカードです。

このため、ガチンコの法人カードの場合には申し込みに際し必要となる登記事項証明書や決算書、また個人事業主の場合に必要となる確定申告書等の、法人であることを証明する書類の提出は不要です。

個人としての証明書(免許証や個人番号カード等)の提出だけでカードの発行が可能です。

そして、申込みに際し一般カードと違いちょっと迷うな・・という点だけをかいつまんで解説しておきます。

まずは、「お勤め先」の入力です。

上記のとおり、「副業の事業費決済に使用される方は、副業についての情報を入力ください」と書かれておりそもそも副業がイメージされていますので、法人名については屋号等が無い場合は当然ながら「屋号なし」で全然OKです。

そして、業種を入力する欄があるのですが・・一番上を見てください。

公務員って・・(笑)公務員っていつから個人事業主になったのかよくわかりませんが、要はこの欄の回答精度はそのレベルですので、ご自身の副業の当てはまる業種を入力すればOKです。

法人としての証拠書類の提出を求められることはありませんので、何らかの副業をお持ちの方は、上記の業種欄を含め、該当する情報を入力すれば良いと思います。

スポンサーリンク

ライフカードビジネスライトについて

では、このライフカードビジネスライトのクレジットカードとしての機能も確認しておきましょう。

上記のとおり、まず年会費は無料のカードです。ゴールドカードでも年会費は2,000円と激安ですが、一般カードがポイント獲得対象なのでゴールドを申し込みをしないようにご注意ください。

そして、特徴的なのはポイントサービスが無いことですね。

その代わり、従業員向けのカード発行が3枚まで可能、また会計ソフトの利用が無料など、まさにビジネスに特化したカードとなっています。

スポンサーリンク

年会費無料で納得の高額ポイント!申し込みはお早めに

いかがでしたでしょうか?

年会費無料で超絶高額ポイントがもらえる「ライフカード ビジネスライト」案件をご紹介しました。

記事中にもご紹介したとおり、このカードはライフカードビジネス「ライト」の名称のとおり、ガッツリ法人ユーザー向けのカードではありません。

個人事業主や副業の方をターゲットとした・・・つまり本業が他にある方を意識したカードですので、本業は公務員やサラリーマンの方でも簡単にかつ問題なく申し込みが可能です。

本業や生計費で使うカードと、ビジネスで使うカードを分けたい!というニーズに合致するカードだと思います。

そして、ポイントサイト案件的には、最近あまり見なくなった「年会費無料で10,000円」という陸マイラー的発行基準を満たしたカードです。カード自体も新しいカードで、まだお持ちでない!って方がほとんどだと思います。

お持ちでない方は、是非お早目の発行をおすすめします。

なお、冒頭にもご紹介した通り、最高額を叩き出しているのはECナビ案件ですが、ECナビでもらったポイントは、ANAマイルへの交換はちょっと苦戦します。

個人的なおすすめは、ドットマネーへの交換が可能で、ANAマイルへの交換が簡単なライフメディア案件ですね。

年会費無料で11,000円とこちらも納得の高水準ですので、TOKYUルートでANAマイルにストレスなく交換したい・・って方は、ライフメディアをおすすめします。

ライフメディアでのライフカードビジネスライト案件の利用はこちらからどうぞ。

また、ライフメディアへの登録がまだの方は以下のバナーから登録ができます。登録完了で100P(円)分のポイントが、ポイント交換で400P(円)分のポイントがもらえます。

ライフメディアへ無料登録

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



AD