マリオット会員のレストラン割引や子ども割引特典は「アジアパシフィック」公式HPが分かりやすい

ぶっちゃけ、マリオットの公式HPって、グローバルサイトの日本語訳版なので、何となく日本人にはなじまないというか・・はっきり言うとかなり分かりにくくないですか??

特に、マリオットの会員特典でのレストラン割引子ども割引特典などは本当に分かりにくいです。どこに書いてあるの?って感じです。

そして、これ事前に知っておかないと・・結構危ないんですよね。

何しろ、ホテルの方が割引の存在を知らなかったり、平気で会計時に適用しなかったりします。個人的には、2回に1回は何らかの割引漏れがあ・・って感覚です。

つまり、事前に把握して、自己防衛しておくことが大切なんです。

そして・・この分かりにくいレストランや子連れの割引特典・・アジア大洋州地域限定ですが、実はレストラン割引などが簡潔にまとめられており分かりやすい公式HPがあるんです。

それがマリオット・ボンヴォイ「アジアパシフィック」公式HPです。

早速、ご紹介します!

スポンサーリンク

マリオットボンヴォイ「アジアパシフィック公式HP」が見やすい!

この記事でご紹介するマリオット・ボンヴォイ「アジア・パシフィック」の公式HPがこちらですね。

アジア・パシフィック(大洋州地区)のHPですので、マリオットの全世界のホテルを対象としているわけではないことには注意が必要ですが・・これ、強烈に分かりやすいです。

このように、レストラン+バー特典スパ特典お子様向け特典に、宿泊予約のアジア・大洋州限定のキャンペーンが整理されて記載されており、非常に分かりやすい。

日本国内&アジア大洋州のマリオットホテルに宿泊する際は、公式サイトとセットでこのサイトも絶対に見ておいた方が良い。

そう言い切れてしまうサイトです。

スポンサーリンク

レストラン+バー特典

まずは、レストラン&バー特典。

このように、各エリート会員資格ごとの割引率が一目瞭然で分かるので、かなりおすすめです。

冒頭ご紹介したとおり、この会員割引は自動的に、確実に適用されるものではなく、申告し、さらには申告後にも割引されているかのチェックが必須です。

つまり、事前に割引額を知っておくのが極めて重要なのです。

ゴールドエリート会員資格の場合の割引率(日本)がこちら。

レストランの利用で20%の割引の適用が受けられるので、忘れずに適用を受けるようにしましょう。

しかし・・この情報って、マリオットの公式HPにはどこにあるんだろう??やっぱり、マリオットの公式HPってちょっと分かりにくいですよね・・。

スポンサーリンク

子ども特典

そして、子ども向けの特典がこちら。

6歳以下の子どもの場合朝食は無料になりますし、7歳以上12歳以下の子どもの場合、会員以上なら50%オフ。そしてプラチナエリート以上になると12歳以下なら全員が朝食無料となります。

マリオットボンヴォイ会員なら子ども朝食無料or割引!「隠れ特典」を忘れずにもらおう!

また、リゾートホテルなら無料でアイスクリームのサービスなんかもありますからね。

これまた、知らないと適用されない&サービスが受けられないこともありますし、会計も余裕で間違われるのでご注意を。

スポンサーリンク

アジア大洋州地域とは?

この公式HPはアジアパシフィック地域のマリオットホテルのサービスになるので、全世界でのサービスというわけではありません。

ではアジアパシフィック地域ってどこ?ってことなんですが、上記のエリア図の通り、「日本」「アジア」「オーストラリアおよび太平洋諸島」が対象になります。

太平洋諸島には、グアムも含まれますがハワイは含まれません。

また、レストランの割引率も実は地域によって異なりますので、必ず割引率は事前に調べてから訪問するようにしてください。

スポンサーリンク

まとめ

以上、公式HPでは見つけにくいマリオット・ボンヴォイのレストラン割引や子連れ特典を網羅的に確認できるマリオット・ボンヴォイ「アジアパシフィック」公式HPについてご紹介しました。

陸マイラーとして日本各地に旅行する際に利用頻度が高くなるのが、マリオットの系列ホテルです。

SPGアメックスカードを所有していればゴールドエリートとしての特典を受けることができますし、さらにゴールドエリート会員としてのレストラン割引子どもの朝食半額特典などがかなり大きいんですが・・これ、事前に把握しておかないと割引されないこともあり得ますからね。

是非、この記事も参考に割引特典は事前に把握してから訪問するようにしてください。

またこのアジアパシフィックの公式HP限定の割引予約特典等も掲載されているので、たまに見に行くとお得に予約できるかもしれませんよ!!

マリオット・ボンヴォイ「アジアパシフィック」公式HPはこちらから確認ができます。

ウェスティンルスツリゾート「アトリウム」ビュッフェ夕食訪問記&レビュー!子連れにもおすすめ!

SPGアメックス無料宿泊特典の利用方法とお得な使い方を徹底解説

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

2021年夏のANAハワイ・ホノルル行きA380ビジネスクラス航空券親子4人分をマイルで発券しました

2020年9月6日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

 

AD