マリオットボンヴォイ会員なら子ども朝食無料or割引!「隠れ特典」を忘れずにもらおう!

マリオットボンヴォイ・アジアに属するアジア大洋州のマリオット系列ホテルでは、実は子ども向けの朝食無料・割引特典があるんですが・・これ、ご存知でしたか??

この特典、「いつからいつまで」とかの期限の記載もなく、マリオットボンヴォイの公式HPにひっそりと掲載されているので知らないって方も多い特典だと思います。

そして、あまりにもひっそり過ぎて「これ本当にもらえるの?」って感じの特典なんですが・・・安心してください。

この特典、本当にもらえます。

ただ、何しろ知名度?というか認知度が激低く、ホテルによってはホテルの係の方も知らなかったりする特典です。

つまり、黙っていると適用が受けられない可能性が大きい特典なんです。確実に特典をもらうためにはこの特典があることをしっかり覚えておき、自己申告することがほぼ必須となります。

何しろ12歳以下の子どもの朝食が無料or50%オフですからね?もらっておかないと単純に大損です。

早速、このマリオットボンヴォイアジアの子ども向け朝食無料・割引特典をご紹介します。

スポンサーリンク

マリオットボンヴォイ会員なら子ども朝食無料or割引!

では早速、2019年3月からひっそりと開始された、この知っておかないと大損の子ども朝食無料or50%引き特典の概要をご紹介します。

子ども向け特典の概要
  • 12歳以下の子ども向けに、朝食無料やアイスクリーム無料などの特典が付与!
  • マリオットボンヴォイアジア(アジア太平洋地区)の特典参加ホテル限定
  • 特典付与は1滞在・会員1名に付き2名まで!

この子ども向け特典の概要がこちらです。

マリオットボンヴォイアジア(アジア太平洋地区)の特典参加ホテル限定ですが、マリオットボンヴォイの会員なら、朝食無料やアイスクリーム無料などの特典がもらえます。

ポイントは「会員なら」ってところです。普通の一般会員でも、(ちょっと還元率は落ちますが)特典はもらえます。

また、特典付与は1滞在・会員1名につき子ども2名までとなっています。

そして、この特典がもらえるのはアジア太平洋地区の「特典参加ホテル限定」となっていますが、後程ご紹介しますがこれ多くのホテルが参加しているのでご安心ください

会員資格 一般・シルバー・ゴールド プラチナ以上
6歳以下
  • 朝食無料
  • 無料のアイスクリーム
  • 朝食無料
  • 無料のアイスクリーム
12歳以下
  • ビュッフェ朝食50%オフ
  • 無料のアイスクリーム

※アイスクリームはリゾートホテル限定

そして、超絶気になるこの会員特典の内容がこちらですね。

なんと、6歳以下のお子さんなら、マリオット会員であれば会員ランクに関係なく朝食無料なんです。これ凄すぎますよね

さらに、12歳以下のお子さんでも、一般~ゴールド会員の場合ビュッフェ朝食が50%オフになります。そして、プラチナ以上の会員の場合は、12歳以下のお子さんでも朝食が無料になるんですよね。

ただ・・・良いですか?これ、自動適用じゃありません申し出しないと原則として適用されないんです。

知っておいて、利用しないと、単純に大損なんです。

このブログをご覧の方はこの隠れ特典もう覚えましたよね!是非是非、積極的に利用しちゃいましょう。

ちなみに、この隠れ特典はこちらのページに詳しく記載されています。

スポンサーリンク

特典適用ルール&適用方法

では、続いてこの子ども朝食&アイスクリーム無料特典の適用ルールと、適用方法を解説します。

まず、適用方法ですが、公式HP上では、上記のとおり「指定されたリストバンド、お子様特典カードを提示していただくことが必要です」との記載があります。

ただ、これまでこういったリストバンドやお子さま特典カードのことは・・あまり聞いたことがありません(笑)。

これ、かなりホテルによってルールが違うので、チェックインの時に必ず受付の係の方に適用条件や適用レストランなどを確認するようにしましょう。

そして、正直チェックインの係の方もこの特典について知らないことも良くあります

その場合、チェックインで曖昧にするとかなり危険です。

事前に適用ホテルかどうかをしっかり調べて、チェックイン時に適用条件を聞くようにしてください。ちなみにこのサービスが開始されたのは2019年3月ですので、少しずつ認知度も上がってはきています。

そして、無料朝食の適用条件がこちら。

一般会員を含むゴールドエリート以下の会員の場合、ビュッフェ朝食を購入した際に(客室が朝食料金込みの場合も含む)6歳以下は朝食無料、また12歳以下は50%オフとなります。

嬉しいのは、客室が朝食料金込みの場合もOKってことです。

また、プラチナ会員以上の場合はエリート特典としての朝食を利用する場合は、12歳以下の子どもは無料。

また、特典朝食が無いホテルの場合は、会員がビュッフェ朝食を購入した場合は、12歳以下の子どもは2名までビュッフェ朝食無料になります。

また、特典の提供は1滞在・会員1名につき最大2名の子どもが対象になります。

また、プラチナ以上の12歳以下朝食無料特典を受ける場合は、プラチナ会員と同室である必要がありますのでご注意ください。

そして、最後かなり微妙な無料のアイスクリームの提供条件がこちら。

「指定時間に、指定のアイスクリーム提供場所にて提供・・」??

正直、これもあまりピンときませんので、必ずチェックイン時に係の方に確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

特典参加ホテル

そして、冒頭ご紹介のとおりこの特典がもらえるのは、マリオットボンヴォイアジア(アジア大洋州)のホテルのうち参加ホテルのみです。

ただし、この参加ホテル当然全てではありませんが数としてはかなり多いです。

例えば、東京近辺では以下のホテルが参加しています。

東京近辺の参加ホテル
  • ザ・リッツカールトン 東京
  • コートヤード by マリオット 東京銀座
  • ザ・プリンス さくらタワー東京 オートグラフコレクション
  • 東京マリオットホテル
  • ウェスティン・東京
  • コートヤード by マリオット 東京ステーション
  • シェラトン都ホテル東京
  • ザ・プリンス・ギャラリー紀尾井町 オートグラフコレクション
  • シェラトン・グランデ・東京ベイ
  • 横浜ベイシェラトン

ザ・リッツカールトン東京東京マリオットシェラトングランデ東京ベイなどが参加しているので、これはもう十分だと言って良いですよね。

ちなみに、他の地域のホテルの一例がこちら。

沖縄
  • ルネッサンスリゾートオキナワ
  • 沖縄マリオット
  • ザ・リッツカールトン沖縄
  • シェラトン・沖縄・サンマリーナリゾート
  • イラフSUI 宮古
北海道
  • フォーポイント by シェラトン 函館
  • キロロ トリビュートポートフォリオホテル
  • シェラトン・キロロリゾート
  • ウェスティン・ルスツリゾート

どうですか?十分ですよね

これらのホテルに子連れで宿泊される際は、是非この特典を利用しちゃってください。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

特に期限の定めもなく、2019年3月から継続してひっそりと開催されている「隠れ」特典?である、マリオットボンヴォイアジアの「子ども朝食無料&割引特典」をご紹介しました。

この特典、きっちりホテルでチェックイン時等に利用方法を確認しないと「使えなかった・・」という可能性もあります。

ご自身が宿泊予定のホテルが特典参加ホテルである場合、チェックイン時もしくはチェックイン前に必ず利用方法等を確認しておきましょう。

なお、この特典は原則として自己申告制ですので、勝手にこの特典が適用される可能性はほぼ「0」です。(たまに、係の方から適用について声掛けがありますが、かなりのレアケースです。)

是非覚えておいて、上手に利用いただければと思います。詳細は、こちらのページでご覧ください。

なお、この特典はマリオット・ボンヴォイの一般会員でもゴールド会員と同等の特典を貰うことができるのが凄い!ところなんですが・・。

実は、マリオット・ゴールド会員なら、お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトなど、さらにグレードアップした特典を受けることができます。

そして、このマリオット・ゴールドエリート会員資格は「SPGアメックス」カードを1枚所有するだけでステータスマッチで手に入れることができるんです。

SPGアメックス、そしてマリオット・ゴールドエリート特典についても、是非下記にてご確認ください。

SPGアメックスの特典とメリットを完全解説。超絶お得な3つの理由!

SPGアメックスへの入会方法を徹底図解。審査期間とカード入会後の手続き

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイル徹底解説。大量マイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD