三井住友カードの発行&利用で14,000円!初年度年会費無料!

信頼と伝統の三井住友カードの発券&利用案件が、優良ポイントサイト「ちょびリッチ」でなかなかお得な水準まで高騰中です。

まず、ポイントサイト経由での発券でもらえるポイントが6,000円分。

そして、当然ながらこの6,000円だけにとどまらず、公式サイトの入会キャンペーンでも最大8,000円分のキャッシュバックがもらえます。

このため、合計すると最大なんと14,000円分のポイント&キャッシュバックがもらえるんですよね。

しかも当然ながらの初年度年会費無料ですので、完全無料で14,000円です。このコロナでクレジットカード案件冬の時代の中これはかなりお得な案件だと思います。

個人的にポイントサイトのクレジットカード案件の発券相場は「年会費無料で8,000円」を一つの目安にしているんですが・・。

この案件は確かに6,000円とポイントサイトのポイントは相場より若干低いのですが、公式キャンペーンが併用可能で、合計すればもらえるポイント&現金は最大14,000円と、十分個人的基準をクリアしています。

また、ちょびリッチポイントは陸マイラー御用達、1円=0.75ANAマイルに交換可能なTOKYUルートでANAマイルに交換ができるため、この6,000円分のポイントは4,500ANAマイルに交換ができますからね。

つまり、4,500ANAマイル+8,000円のキャッシュバックがもらえる案件ってことです。

これ、滅茶苦茶お得じゃないですか??

早速、この超絶狙い目の三井住友カード案件をご紹介します!!

スポンサーリンク

ポイントサイト経由の発券で6,000円!

ではまず、ポイントサイトの案件紹介時恒例の「どこ得」チェックの結果からご紹介していきましょう。

この三井住友カード案件では、超優良ポイントサイト「ちょびリッチ」さんと、ポイントサイトとポイント中継サイトの2つの機能を持つこちらも優良サイトである「Gポイント」さんの2つのサイトが6,000円で最高額を叩き出しています。

ちょびリッチさんは冒頭ご紹介した通りTOKYUルートでANAマイルに交換することができますが、Gポイントさんは残念ながらTOKYUルートでANAマイルに交換することができません。

このため、ANAマイラーならちょびリッチさんでのカード発行がおススメですね。

ANAマイルにこだわらない・・例えば現金派の方などは、Gポイントさんもポイント付与が確実な優良ポイントサイトですので、Gポイントさんでカード発行しても良いと思います。

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

スポンサーリンク

案件詳細

では、早速案件の詳細を確認していきましょう。

ポイントサイト「ちょびリッチ」さんの三井住友カード案件がこちらですね。

上記のとおり、ちょびリッチ経由の三井住友カードの発行&翌月末までの5,000円(税込)以上のカード利用で、6,000円分のポイントがもらえます。

ポイントサイトでは、これまで旧「三井住友(クラシック)カード」で最大10,000円!という案件を見たことがありますので、その10,000円水準に比べると若干見劣りはしますが、何しろ、併用可能な公式入会キャンペーンが半端ありませんからね!?

合計すれば14,000円と、ほぼ過去最高水準と言って良いお得案件だと思います。

初年度年会費無料で14,000円もらえる!なら、これはもう納得の水準と言って良いのではないでしょうか。

ポイント獲得条件

そして、次に気になるポイント獲得条件を確認していきましょう。

ポイント獲得条件
  • 三井住友「VISA」カードが対象
  • 発行の翌月末までに5,000円(税込)以上のカード利用

まずポイント獲得条件は非常に簡単です。

三井住友「VISA」カードを発券し、翌月末までに5,000円(税込)以上のカード利用でポイント対象になります。

このように獲得条件は非常に簡単なんですが・・・問題というか、気を付けなければならないのがポイント対象外条件なんです。

そして、ポイント対象外条件がこちらですね。

VISAブランドでの発券、そして翌月末までに5,000円の利用などの条件を満たしていれば特段難しい条件は無いのですが・・。

これ、一点だけ難関があるんですよ。

正直、最大の難関となるのが「既に三井住友カードのクレジットカードをお持ちの場合」という条件です。

現在既に三井住友カードのクレジットカードを持っている場合、対象外となります。

また、「現在は持っていない」という方の場合でも、カードの所持歴による対象外条件の追撃が痛いんです。

カードの種類による対象外条件

【所持歴がある&間違って新規発行の場合ポイント対象外】

  • 三井住友カード プラチナ
  • 三井住友カード ゴールド
  • 三井住友カード プライムゴールド
  • 三井住友カード アミティエ
  • 三井住友カード A

【所持歴がある場合ポイント対象外】

  • 三井住友カードA(旧クラシックA)
  • 三井住友カード(旧クラシック)

まず、上段の5つのカードは所持歴がある、または誤って今回新規発行してしまった場合は対象外になります。

この5つのカードはまあ・・大丈夫でしょうが、最も気を付ける必要があるのは下段の条件ですね。

この三井住友カードと、リニューアル前の「三井住友”クラシック(A)”カード」の所持歴がある場合ポイント対象外となってしまいます。過去一度でも所有していた場合、対象外なんです。

この追撃は・・かなり痛いですね。

その他、こちらに記載のカード以外は、既に解約済みで現在所有していなければ、所持歴によるNG条件が無いのでポイント対象になります。

例えば、三井住友ANAカードなどの提携カードや、「三井住友カード”RevoStyle”」(旧エブリプラス)は所持歴があっても現在解約済みであればポイント対象となります。

このポイント対象外条件は良く確認のうえ申込するようにしてください。

スポンサーリンク

公式サイトの入会キャンペーンもお得!

そして、このポイントサイトの6,000円案件と併用可能なのが、公式サイトの新規入会キャンペーンです。

上記のとおり、新規入会&三井住友カードのポータルサイト「Vpass」スマホアプリへのログインの条件を達成することで、もれなく利用金額の20%(最大8,000円)がキャッシュバックされます。

そして、この新規入会キャンペーンの通称である「キャッシュレスプラン」の詳細条件がこちらですね。

キャッシュレスプラン対象条件
  • キャンペーン期間中に、対象カードに新規入会
  • カード入会月の2ヵ月後末までに、1回以上Vpassスマホアプリへログイン
  • カード入会月の2ヵ月後末までに、クレジットカードまたはiDで買い物

上記のとおり、キャンペーンへのエントリー等は不要ですが、入会月の2か月後までに1回以上のVPassスマホアプリへログインすることと、クレジットカードまたはiDで買い物をすることが条件になっています。

注意点としては、三井住友カードのポータルサイト「Vpass」へのログインはPCサイトからではダメで、スマホアプリをダウンロードし、ログインする必要がある・・ってことですかね。

キャッシュバック額は利用金額の20%、8,000円までですので、最大40,000円の利用までが20%キャッシュバック対象となります。

対象外条件

そして・・ここで重要な注意点を。

このキャッシュレスプラン、ポイントサイトと同じく三井住友カードの所持&所持歴による「ポイント対象外条件」があるんです。

まず、2020年5月1日以降・・つまり現在対象となる三井住友カードを所有している場合は、このキャンペーンの対象外となります。

ちなみに、この新規入会「キャッシュレスプラン」の対象となるカードがこちら。

はっきり言ってほぼポイントサイトのポイント対象外条件となるカードと同じです。これらのカードを現在or過去に所有していた場合この案件はあきらめた方が無難ですね。

さらに、現在これらのカードを持っていない場合でも、2019年3月1日以降に対象カード(エブリプラスを含む)を発行した履歴があり、その後退会している場合は対象外になります。

ただ、これ逆に言えば、2019年3月以前に退会済みの場合はキャッシュレスプランは対象となるってことです。例えば過去に三井住友カードを持っていても、現在所有しておらずしかも2019年3月1日以降に退会済みであれば対象になります。

このように、ポイントサイトと同じく過去の三井住友カードの発行履歴にはくれぐれもご注意ください

また、Vpassのスマホアプリのダウンロード&ログインをお忘れなく。

With Cashlessキャンペーンで抽選で最大10万円全額還元のチャンスも!

そして・・まあこれはおまけの位置づけにはなりますが、もう一つキャンペーンが併用可能です。

それが、こちらの三井住友カード「With Cashless」キャンペーンですね。

これまた、キャンペーンへのエントリーは不要。そしてVpassアプリへのログイン後にクレジットカードまたiDを利用された場合、その利用金額1回分が無料になるチャンスが抽選で付与されるんです。

ちなみに、無料となる金額は最大で10万円分までですから・・これは夢がありますね。ただ、1回分無料なので、10万円利用時の明細が無料になっても、100円利用時の明細が無料になっても1回は1回です(笑)。

なお、利用1回分の無料の回数は1人1回ではなく、抽選で何度でもチャンスがあります。

ただまあ・・これはあくまで抽選で・・ですから、当たればラッキーくらいの気持ちでいるのが無難です。

スポンサーリンク

三井住友カードのスペック

お申し込み対象 満18歳以上(高校生は除く)
年会費

では、三井住友カードのスペックも簡単にご紹介しておきます。

気になる年会費は、インターネット入会に限り初年度年会費無料となっています。

また、年会費の割引特典もあり、三井住友カードのリボ払いサービスである「マイ・ペイすリボ」を1度でも利用して手数料を支払えば、翌年度の年会費1,375円は無料にすることも可能です。

ANATOKYUカードの年会費割引サービス完全解説。最安751円まで引き下げる方法!

スポンサーリンク

まとめ

以上、久々の超お得クレジットカード案件、「三井住友カード」案件をご紹介しました。

何しろポイントサイト経由の発券&翌月末までの5,000円の利用で6,000円(4,500ANAマイル相当)のポイントがもらえ、さらに公式キャンペーンで8,000円キャッシュバックですからね。

しかもカードの初年度年会費は無料なんです。

普通にクレジットカードを利用していたらこんな大量ポイント&キャッシュバックは絶対にもらえないので、対象条件に当てはまる方は是非この機会にカード発行を超絶おすすめします。

ただ、上記にも「対象条件に当てはまる方」と書いたとおり、この三井住友カード案件、既に三井住友カードを所有している方のNG条件に加え、過去所有していた方もNGという所持歴NG条件の追撃がかなり厳しいんですよね。

既にカードを所有している方、また所有歴がある方などは、自分が条件に当てはまるのかよく確認してから申し込みした方が良いでしょう。

なお、この三井住友カード案件は、ちょびリッチさんでの発券が最もお得です。ちょびリッチさんに登録済みの方はこちらから案件がご利用できます。

ちょびリッチへの登録は、以下のバナーからどうぞ。このバナーからの登録で、記載のチョビポイントがもらえます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチさんでのポイントの稼ぎ方は、以下の関連記事で詳しくご覧いただけます。

ちょびリッチでのポイントの稼ぎ方とANAマイルへの交換方法を徹底解説!

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD