ウェスティンルスツのレストラン「風花」のディナーレビュー。風花会席とアラカルト、お子様御膳も!

ウェスティンルスツリゾートには、大きく2つのレストランがあります。

それが、ビュッフェスタイルのレストラン「アトリウム」と、和食&鉄板焼のレストラン「風花」です。

そして・・この2つのレストラン、どちらも甲乙つけがたいくらいなかなか素晴らしいレストランなんですよね。結局、4泊の滞在中アトリウム2回、風花2回と、結局同じ回数だけ行ってしまいました(笑)。

通常考えればビュッフェレストランである「アトリウム」が正解やろ・・って思われるかも知れませんが、この「風花」の実力がなかなかすごいんです。

この記事では、和食レストラン「風花」の風花会席、お子様御膳、アラカルトなどディナーメニューの全貌と、ビュッフェレストラン「アトリウム」とどちらがお得か?など、実際のレビューをご紹介します。

スポンサーリンク

ウェスティンルスツは和食レストランが凄い

ウェスティンルスツには、前述のとおり2つのレストランがあります。

それが、こちらの日本料理「風花」(かざはな)と・・・。

ビュッフェレストランの「アトリウム」です。

折角ならホテルで食事したい!って方、また子連れの方などが普通利用するのがビュッフェレストランの「アトリウム」だと思います。

ですが、実はこの記事でご紹介する日本料理「風花」もなかなか捨てがたいんですよね。

というのも、ビュッフェレストランの場合自分で食事を調達する必要があるため、どうしても食事の時間が慌ただしくなるのが残念なところ。

人間の食べられる総量は決まっていますし・・どうせならゆっくりと、美味しいモノを心行くまで食べたい!って方は、実はこの「風花」が滅茶苦茶おススメなんです。

ディナー料金

そしてこの「風花」ですが、実は一番オーソドックスな「風花会席」を選択した場合「アトリウム」でのディナービュッフェと料金は全く同じなんですよね。

この「風花」で風花会席を注文した際のお値段が、上記のとおり。(※税・サ込。2020年現在の料金です)

 

一方、ビュッフェレストラン「アトリウム」の料金がこちら。

いずれも、全くの同額す。

このため、夕食券等をお持ちの方はアトリウム、風花の「風花会席」いずれも夕食券で差額なしで利用ができます

ちなみに、小学生以下の子どもの場合もビュッフェレストランの利用料金と、風花の「お子様御膳」の料金が全く同じ。しかも夕食券の利用が可能とこれまた大人の場合と全く同じなんです。

一日中ルスツリゾート遊園地で遊んで疲れて・・・お腹が空いた日はビュッフェ形式で食べ放題の「アトリウム」。

なんといってもゆっくり、全て上げ膳据え膳でディナーを楽しみたい・・。って日は日本料理「風花」。

何しろ金額的には全く同じですので、好みによって使い分けできるレストランだと思います。

スポンサーリンク

風花の「風花会席」が素晴らしい

ここまで、ウェスティンルスツの2大レストラン「アトリウム」と「風花」でのディナー(夕食)料金の違いについてご紹介しました。

金額的には全く同じですので、好みによってレストランを選んで全然大丈夫ってことは、お分かりいただけましたよね?

お次に、宿泊中に2回訪問した「風花」のまずは風花会席をご紹介していきます。

この風花会席ですが・・まずは、メニューのちょっとした注意点から。

実はウェスティンルスツの公式HPに会席のメニュー等が紹介はされているんですが、この会席コースのメニューはあまりあてになりません(笑)

というのも、料理長がその時々の旬の食材を提供してくれるため、コースメニューは実はほぼ日替わり?月替わり?なんです。このため、事前公表のメニューはほぼあてにならないんです。

公表メニューと提供料理が違う・・ということは、これはもう当たり前なんです(笑)。

ただ、その分味は保証付きですからね。ご安心を!

この日のお席はこちらの・・いい感じの窓際席にご案内されました。

ちなみに、奥に見えるのは同じ「風花」の鉄板焼レストランです。

また、新型コロナ感染症予防対策として「密」を避けるために、お席はかなり間引きされての営業となっています。

このため、訪問には予約が必須となります。

予約は、こちらの公式HP経由・・レストラン予約サイト「Open Table」を用いて行います。既に「Open Table」をお使いの方は、直接予約することも可能ですので、必ず予約した上で訪問するようにしてください。

この日の、「風花会席」の内容がこちらです。

これ、前述のとおり公式HPやレストラン入口に掲示されているメニューと全く違いますからね(笑)。

でもね、全然OKです。

前述のとおりこれは料理長が仕入れ等を含め最も旬な食材を選択した結果ですから、HPなどで日々更新・・ってわけにもいかないでしょう。

この日の風花会席
  • 先附:留寿都産長芋とオクラ・トウモロコシ・イクラ 北海道産鮭の南蛮漬け トマトと蛸の和風マリネ
  • お椀:帆立真薯のお吸い物
  • 造里:日本海産真烏賊、増毛産甘海老、噴火湾産鰈
  • 煮物:北海道産かすべの煮凍り、旬の野菜
  • 揚物:丸茄子の揚げ出し・海老つらら
  • 食事:北海道産トウモロコシご飯、二年熟成小麦味噌の味噌汁、香の物
  • 甘味:北海道産メロン

これがこの日の風花会席のお品書きなんですが・・。

もうね。ヤバい

これ美味しそう過ぎですよね。早速、コースの内容をご紹介していきます。

スポンサーリンク

先附

では、早速先附からご紹介・・の、その前に美味しい料理にはまずはドリンクからですよね。

北海道に来たらこれは外せない!まずはサッポロクラシック・生で乾杯です。

そして、お待たせしました!

まずは風花会席の先附ですね。左からトマトと蛸の和風マリネ留寿都産長芋とオクラ・トウモロコシ・イクラ北海道産鮭の南蛮漬けです。

いやー、もうね。まずは見た目からも滅茶苦茶美しく、食欲をそそります。

トマトと蛸の和風マリネは・・和風と言いつつオリーブオイルが絶妙なアクセントでめちゃ美味し。

留寿都産長芋とオクラ・トウモロコシ・イクラは出汁で一仕事してあってつるっといける一品。美味すぎる。

コーンとイクラの絶妙のプチプチハーモニーがたまりません。

最後の北海道産鮭の南蛮漬け・・。

これは一転して北海道の「おふくろの味」的おばんざい・・って感じなんですが、食べてみると酢の酸味が程よくまろやか。とにかくビールにぴったりの先附に仕上がってます。

この先附がとにかくビュッフェと違い、座ってまったりしていればご提供いただけるわけです。

かなり至福の時間ですよ・・。

お椀

そして、お次がお椀「帆立真薯のお吸い物」です。

そして、これがもう死ぬほどヤバい

お出汁が丁寧すぎ。北海道産の昆布とカツオの出汁・・これ家庭ではこんな出汁やってられないです。

ちなみに、三分の一くらい食べたところでこのお椀は子どもに全て無言で奪われました(笑)。本当に美味しいモノって、子どもでも分かるんですよね。

また、帆立の真薯がこれまたいい仕事すぎるんですよね。

このお椀は、少なくとも、絶対にビュッフェレストランでは味わえないお味だと思いますよ。

余りにも美味しいので・・ここで白ワインをボトルで。

妻とシェアすることにしました。このウェスティンルスツおすすめの「ウルフブラス」、辛口で舌にモタれることもなくなかなか美味しいワインでした。

スポンサーリンク

造里

お次が、お造里です。

日本海産真烏賊、増毛産甘海老、噴火湾産鰈ですが・・・。これまた美味しい。

正直、ビュッフェレストランでも北海道っぽいお刺身は用意されていますが、これはもう別格のおいしさです。ビュッフェとは比べてはいけませんね。

特に、増毛産甘海老・・。甘すぎる

完全に、ビュッフェとは美味しさのレベルが違います

少量を美味しく食べたい方は、アトリウムではなく風花の会席でお刺身を頂きましょう。

煮物

お次が煮物ですね。

北海道産かすべの煮凍りと、旬の野菜です。

かすべって何?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、これ北海道の郷土食材で・・なんと「えい」なんですよね。

そうなんです。「えいひれ」とかの・・あの「えい」です。

ただ、そこは北海道で永らく食べられてきた食材。嫌なにおいや気になる臭いは全くなく、軟骨がコリコリで滅茶苦茶美味しい。このカスべなんて郷土食材を食べられるのも、この風花会席の超絶メリットです。

なかなかビュッフェにはこのような食材は並びませんからね。

揚物

お次がこちら。

揚げ物ですね。この日の揚げ物は丸茄子の揚げ出し・海老つらら

留寿都は長芋や茄子が特産で、この特産の丸茄子を使った揚げ出し・・。これ・・熱々で、海老がぷりぷりなんですよ!?

美味しくないわけが・・ありませんよね?

繰り返しですが、ビュッフェレストランなら値段は一緒ですが、このように揚げたての料理をできたてで提供する・・ということは難しいと思います。

ビュッフェも良いですが・・この会席もかなりおすすめな理由、お分かりいただけましたか?

食事

そして、締めのお食事。

この日は、またしても北海道の旬の食材である北海道産トウモロコシご飯です。トウモロコシご飯って自宅ではなかなか作ることはありませんが、これが感動的に美味しい

やっぱり、これ旬の食材だから美味しいんだと思います。

そして、二年熟成小麦味噌の味噌汁には、まさかのじゅんさい入り。

本当に、本当に美味しくいただきました。

スポンサーリンク

甘味

ここまで、超絶お腹一杯になるくらいいただいて・・。

そして最後にまたまた北海道の「旬」の甘味です。北海道産のメロンですね。

これまた、超ヤバい。もう、後は言わなくてもお分かりですよね?

繰り返しになってしまうんですが、北海道の「旬」を余すことなくいただけるのが、この風花会席の最大の特徴です。

これはビュッフェレストランでは・・もちろん味わえますが、ここまで濃厚には味わえませんからね。

是非、ビュッフェだけでなくこの風花会席もご利用してみてください。

スポンサーリンク

一品メニューも美味い

そして、この会席料理だけでなくアラカルトから一品料理を注文することも可能です。

この日はイカソーメンがおススメ!とのことですので、会席料理とは別に、夫婦で一品頼んでみました。

・・イカソーメン、美味しい。

北海道らしく、鮮度の高いイカを食べることができました。

会席料理だけで十分なボリュームはありますが、夫婦で何か一品おすすめメニューをアラカルト注文すると、北海道の味がより楽しめておすすめですね。

スポンサーリンク

子どもの利用は?

ここまで、ウェスティンルスツリゾート「風花」の会席コースについてご紹介しました。

ここで・・気になる方は気になるのが、子連れの場合のお得度はどうなんだ?ってことですよね。

実際に子連れで訪問しましたので、アラカルトメニューやお子様御膳についてもご紹介していきます。

お子様御膳はコスパも良くおすすめ!

まずは、ビュッフェラウンジ「アトリウム」のビュッフェ料金と同額で利用できる「お子様御膳」がこちらです。

お子様御膳のお品書き
  • 刺身
  • サラダ
  • 煮物
  • 蒸物
  • 揚物
  • 食事
  • デザート

そして、これまた公式HPのお子様御膳のお品書きとは全く違う内容のことが多いんです(笑)。

個人的には滅茶苦茶美味しそうなんでお品書きと違っても全くかまいませんが(笑)、お子さまに苦手な食材などがある方は、必ず注文前に当日のメニューについて確認しておきましょう。

そして・・下の子どもは何故か「お子様膳」ではなく「和牛うどん」が食べたいとのことで・・。

和牛うどんをオーダー。これ、大きめカットの和牛が凄い勢いで投入されており、かなりのボリューム感。子どもはこの一品で満足しておりました。

アラカルトも子連れにはあり

滞在中2回目の訪問時には、何故か子どもたちはお子様膳ではなく、「しゃぶしゃぶが食べたい」ということになり・・。

子ども二人で、しゃぶしゃぶ1人前+ご飯セット(ご飯+味噌汁+香の物)をオーダー。

この和牛しゃぶしゃぶと・・・。

ご飯セットで、子ども達は大満足しておりました。

子どもはセットメニューもありですが、アラカルトから数品の注文も「あり」だと思います。

スポンサーリンク

ウェスティンルスツ「風花」は超おすすめ

いかがでしたでしょうか?

ウェスティンルスツの2大レストラン「アトリウム」「風花」のうち、「風花」が個人的におすすめな理由についてご紹介しました。

ビュッフェレストランは好きなものを食べたいだけ食べられる・・という利点はありますが、一方で食料調達が若干手間であるというデメリットもありますからね。

一方、風花ならまさに「上げ膳据え膳」状態です。

長期滞在される方は、一度は訪問しておいて絶対に損はないと思います。

そして、陸マイラー必携のクレジットカード「SPGアメックス」ユーザーなら、ゴールドエリート会員特典で、ただでさえリーズナブルな飲食費が、さらに20%割引ですからね。

20%割引で▲6,000円とかバンバン割引されるので、年会費分はもう十分取り戻せましたね(笑)。

SPGアメックスも上手く活用して、リーズナブルに美味しい食事を楽しんでいただければと思います。

SPGアメックスの特典とメリットを完全解説。超絶お得な3つの理由!

ウェスティンルスツリゾートの宿泊記はこちらからどうぞ。

ウェスティンルスツリゾート宿泊記!連泊でヘリコプターにも乗れる子連れおすすめリゾートを徹底解説!

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD