トリフィート宮古島リゾートの朝食が凄い!ブログで宿泊記!【SFC修行4-2】

宮古島空港からなんと徒歩10分程度という(笑)、衝撃の近さを誇るため・・。

出発便が早朝の場合や宮古島観光の拠点、さらにはSFC修行にもピッタリの、ホテルトリフィート宮古島リゾートに宿泊してきました!!

そしてこのトリフィート石垣島、予想以上に朝食が超絶充実しており、かなりおすすめのホテル!なんです。

さらに、なんと2021年3月開業と新しく、しかもプール付きホテルということで・・。

宮古島空港からの近さもあいまって、短い時間でも宮古島リゾートを楽しめるホテルといえそうです。

ということで、早速、ブログで宿泊記&超充実の朝食をご紹介します!!

あ、宮古島到着までのANAプレミアムクラスの搭乗記は、下記関連記事でご覧いただけます。

名古屋ー宮古ANAプレミアムクラス搭乗記【SFC修行4-1】

スポンサーリンク

宮古島空港から徒歩5分!?

はい!ということでやって参りました!!

トリフィート宮古島リゾート!!ですね。

そしてこのホテル・・本当に宮古島空港から衝撃的に近いんです。

トリフィート宮古島リゾートの立地がこちら。

マジで空港から公式案内で徒歩10分・・実際に歩くと多分徒歩5分くらいです。

本当に、滅茶苦茶近い!!んですが、一方で、実は付近にはコンビニ等は一切なく(笑)、一番近いコンビニまでは約2km程度、徒歩20分以上はかかってしまいます。

ですが・・ご安心ください!!

ホテル内にはこのような「ホテルショップ」があり・・。

お弁当等の用意はありませんが、ドリンク類、アイスにカップラーメンなどは、ほぼコンビニ価格で購入することができます

ビール類はご覧のとおり、例えばオリオンビールなら350mlが1本で250円ですから・・。

そこまで馬鹿高くもありませんね。

また、ソフトドリンク類もこのようにほぼ市場価格(笑)ですので、わざわざ遠くのコンビニなどに買いに外出する必要はありません。

というか、最も近いお店は・・多分空港なので、夕食等に困る方は徒歩約5~10分程度の空港に行っちゃうのもありだと思います。

スポンサーリンク

プールがかなりいい!

そして、このトリフィート宮古島リゾート・・「リゾート」の名を冠するだけあって、なんと中庭にはこのようにプール完備なんです。

スライダーとかは特にない、いわゆる普通の「プール」ですが、それでも短い時間でも南国リゾートを楽しめる!ってのは、かなり大きいですよね。

実際のお写真がこちら。

テント付きのチェアも完備されており・・前述の通りドリンクやスナック類もそれなりのお値段で手に入るので、短い時間でもプールでリゾート気分を満喫したい!なんて方には、かなりおすすめの施設だと思います。

なかなか、空港に近く、便利でさらにプール付き!なんてホテル、ありませんからね。

一応、右側が水深の浅いキッズプール、左側が普通のプール・・です。

正直、時間があれば折角宮古島まで来たのですから、「宮古ブルー」が美しいビーチなどで遊んだほうが良いと思いますが、時間的な効率を考えると、このホテルのプールも、なかなかおすすめだと思います。

スポンサーリンク

ホテルは滅茶苦茶美しい!!

そして、このホテルトリフィート宮古島リゾートですが・・。

2021年3月新規開業のホテルということもあり、滅茶苦茶美しいホテルなんですよね。

また、このように、1Fにはスカイレンタカーさんの事務所があるので・・。スカイレンタカーさんでレンタカーを借りると、なんと空港からホテルの送迎がついてくるという(笑)、なかなか面白い立地になっています。

ロビーもこのように、滅茶苦茶スタイリッシュ&リゾート感満載です。

ちなみに、このロビー奥にあるのが、プールになりますね。

ロビーには、このようにウエルカルドリンクも準備されています。

ハイビスカスティーが・・甘酸っぱくて美味しかったですね。空港から歩いてくると、季節によっては結構暑いのでこのウエルカムドリンクサービスはなかなかありがたいサービスです。

また、お部屋で楽しむことができる各種お茶・コーヒー、バス用品、スリッパ等も、こちらのロビーで好きなだけいただくことができます。

このホテル、比較的リーズナブルに利用できるホテルですが・・かなりの実力ですよね。

また、このように各階にコインランドリーと電子レンジが完備されており、製氷機も2階、4階に用意されているのがかなり嬉しいポイント。

ちなみに、洗濯機はこちらの洗濯&乾燥&洗剤投入まで全て全自動のドラムタイプ

洗剤の投入が不要なのは・・嬉しいですよね。

なお、洗濯機の稼働状況はなんと部屋のTVで確認できるというのが・・凄まじく便利です。このあたりは、2021年3月新規開業のホテル!って感じですかね。

また、このように洗濯機の前には電子レンジの用意があるのも・・これまた嬉しいポイント。

何しろ最寄りのコンビニやお店からはかなり距離があるので・・。ちょっと買ってきたものを温めたい!って時に、滅茶苦茶重宝します。

というか、あるようで、実際には用意がないホテルが多いんですよね。この電子レンジって。

このように、備品類もかなり便利!ってことは、お分かりいただけたのではないかと思います。

スポンサーリンク

お部屋も広い!ベットも広い!

そして、こちらが本日のお部屋!

スタンダードツインルームです。

お部屋の広さは22.1㎡とかなり広く、このベットのサイズが・・なんと160cm幅とかなり広いのが特徴です。大人2名でも、余裕で眠れるだけの広さがありますね。

反対側から見てみました。

広いですね。十分すぎる広さになります。また、ベットの上に置いてあるパジャマが・・これまた着心地良くて最高でした。

机、冷蔵庫、金庫、湯沸かしポットなどの設備がこちら。

正直机はかなり小さくて、仕事をしたりするのには向きませんね・・。完全に、いわゆる「化粧台」程度という感じです。

設備一式は・・非常に機能的にまとめられている印象でしたね。

お風呂は洗い場付き!

そして、これまた非常に嬉しいのが・・お風呂!

なんと、洗い場付きのお風呂なんですよね。

簡単に言うと、新築のマンションとかに備え付けのユニットバスが、そのまま配置されているんです。このホテル。

多分ホテル用ではなく、マンションとかで使われるタイプのユニットバスなので・・バスタブもしっかり深く、滅茶苦茶ゆったりとお風呂を楽しむことができます

同じく、洗面とお手洗いもこのように新しく・・。

もの凄く、快適に過ごすことができますよ!!

スポンサーリンク

朝食が凄すぎる

そして・・このトリフィート宮古島リゾートのもう一つ本当に凄いのが・・朝食です。

正直、宮古島でもかなり割安、リゾートホテルというよりビジネスホテルに毛が生えたくらいの金額で泊まれてしまうのが、このトリフィート宮古島リゾートなわけですが・・。

正直、信じられないくらい、朝食が凄まじいんです。

折角このホテルに宿泊するなら、絶対に朝食付きプランにしましょう。うん。

まずは、超絶新鮮なサラダ類から。

パパイヤ千切りやゴーヤ、ハンダマなどの地元の野菜に加え、シークワーサー胡椒ドレッシングなど沖縄色満載です。

もちろん、新鮮フルーツにヨーグルトなどもあるので・・滅茶苦茶充実してますよね。凄すぎです。

そして、お惣菜系も超充実。

こちらは、ポークとタマナ―のポテトサラダ&ラタトゥイユ。

ちなみに、「タマナ―」とは沖縄の方言でキャベツのことです。

青パパイヤとトマトマリネ、蒸し鶏とパプリカの酢漬け。

このあたりから、沖縄っぽさがかなり加速してきます。

モズク酢、海ぶどう、イカとムール貝のアーサー和え。

イカとムール貝のアーサー和えがヤバかったです。

冬瓜の煮びたし、ミミガーポン酢和え。

ミミガーポン酢和えなんて・・朝からビール飲みたくなるところですが、本当にビールも注文できます(笑)。もちろん、別料金にはなりますけどね。

さて、ここからは「定番」洋食メニュー。

まずは、スクランブルエッグとソーセージ。

ベーコンと、ツナとトマトのオーブン焼き。

ド定番ですが、これが無いとはじまりませんし・・。温かく用意されているのが滅茶ポイント高いですよね。

そしてこのあたりが・・沖縄っぽくて最高なわけですが・・。

左から、ゴーヤチャンプルー、ラフテー、グルクンのシークワーサー焼きです。

そして、島豆腐の厚揚げ、クーブイイリチ―にミニオムレツ。

あ、ミニオムレツからは、キッズメニューになりますね。

キッズメニューは、オムレツのほかにもこのチキンライスと・・。

チキンナゲット、ミートボール、ポテトフライの子ども大好き3点セットが用意されていました。

普通のビュッフェだけでも凄いのに、何この子どもに優しいメニューは・・。これは子連れで訪問しても食べるものに困る!なーんてことはありませんね。

スポンサーリンク

タコス&じゅーしー&宮古そばが神

そして、ここまででも既に超絶充実の朝食な訳ですが・・。

ここからさらに名物コーナーが炸裂するんです!!

この日の名物コーナーは・・なんと、「タコス!!」

具材は一緒ですので、白ご飯の上に乗せればなんとタコライスまで楽しめてしまうんです!!これは凄すぎる・・。

そしてこのタコスが・・。

トルティーヤ、タコスミートの用意をはじめ、さすが本場?というべきか、滅茶苦茶本格的なんです。これも凄すぎです。

具材が滅茶苦茶用意されているので、本格的なタコスを頂くことができます。

そして当然・・白いご飯に沖縄の炊き込みご飯「じゅーしー」も用意されているが最高すぎる!!

個人的には、沖縄のホテルの朝ごはんでは、このじゅーしーなしでは生きていけない体質になってしまいました。

そして・・これまた朝食に必須!の宮古そば(沖縄そば)もありますよ!!

朝から地元の宮古そばが食べられるというのは・・これはかなり嬉しいですね。

スポンサーリンク

パン派も安心!パンも豊富!!

そして、ここまでご飯系を中心にご紹介しましたが・・。

パン派の方も、ご安心ください(笑)。パンも超充実しています!!

左上からZ方向に、クロワッサン、ホワイトブレッド、胚芽ロール、パンオショコラです。トースターもあるので、温めて食べてください。

バターにジャム・・しかもジャムはパイナップルジャムにマンゴージャムという個性派ぞろいに加え・・。

サーターアンダギーもありました。

朝から食欲のない子どもさんとかは、このサーターアンダギーはありかもしれませんね。

ドリンク&ブルーシールのアイスまで!!

そして、ドリンク類にも全く隙がありません。

まず、コーヒーサーバーにドリンクバー。ホテルによってはドリンクバーは朝は封鎖・・ってところも多いわけですが、このホテルでは朝から完全飲み放題です。

うちの子どもなら、多分ガンガン飲むと思います(笑)。

その他、さんぴん茶&ハイビスカスティーに・・。

なんと、まさかのブルーシールアイスまで!!

マジか!朝からアイス食べ放題ですよ!!子ども達大喜びです!!

この日のテイストは、「塩ちんすこう」「パインソルベ」「マンゴタンゴ」でした。

まさか・・本当にここでブルーシールアイスが食べられるとは本当に夢にも思いませんでした・・凄すぎる!

スポンサーリンク

トリフィート宮古島リゾートの朝食は凄かった

そして、この日の朝食がこちら。

ヤバい・・・すっげえ沖縄、いや宮古島風の朝食ですね(笑)

正直、高級ホテル!って価格帯ではないこのトリフィート宮古島リゾートで、ここまでの朝食を味わえるとは思わなかった・・。

特に気に入ったのは、この宮古そば!!

私の好みのかつお出汁の味付けで、美味し。というか、美味すぎです。

そして、最後はブルーシールアイス・・この日は「マンゴタンゴ」味で〆!!

ヤバい。本当にヤバい。この朝食、一日の活力となる超絶充実の朝食ですよ!!

ちなみに、朝食会場の様子がこちら。

非常に美しく、開放的な朝食会場となっておりました。

スポンサーリンク

まとめ

以上、値段以上に朝食が超絶充実!!の、トリフィート宮古島リゾートの宿泊記をご紹介しました!!

なんといっても空港から徒歩5~10分という立地が超絶便利ですし、1Fにはスカイレンタカーさんの営業所があるのでレンタカーを借りるのも便利、そしてホテルショップはコンビニ価格で、朝食はけた違いに充実・・。

さらに、ホテルにはプールもついている!という、超絶便利なホテルという印象を受けましたね!

2021年3月に開業した新しいホテルですので・・気になる方は、朝食目当てでも(笑)宿泊しても絶対に損はしないと思いますよ!

正直、SFC修行にはもったいないくらいのホテルでした。

以上、トリフィート宮古島リゾートのブログ宿泊記をご紹介しました!!

<次の旅行記>

「17エンド」伊良部島(下地島空港)とは?宮古島絶景スポットの行き方【SFC修行4-3】

<SFC修行記>

名古屋ー宮古ANAプレミアムクラス搭乗記【SFC修行4-1】

竹富島日帰り滞在1時間でどこまで観光できる!?弾丸石垣島離島旅行記!【SFC修行3-1】

ベッセルホテル石垣島で沖縄県内1位の朝食を堪能!雨の石垣島修行記【SFC修行2-1】

名古屋ー石垣ANA579プレミアムクラス搭乗記!初プレミアムクラスを実体験!【SFC修行1-1】

<SFC修行について>

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)とは?SFC修行のメリットを徹底解説!

ANAバリュートランジットとは?SFC修行僧必見のメリットを解説

2021年SFC修行ルートの検討結果。PP単価と搭乗回数の関係、修行日数など

2021年SFC修行をついに開始します【ノーコストSFC修行】

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

 

 

 

AD