年会費無料のカード発券で26,000P!現金派/JALマイラー必見のカード案件がマイボンバーで炸裂中

 

ブログを運営していなくても、アフィリエイト広告を直接本人利用することで、ポイントサイトより高額の報酬がもらえる「本人アフィ」。

この「本人アフィ」で一時期超話題になった「マイボンバー(アドボンバー)」で、SBS EXECUTIVE CARD GOLDの発行でなんと25,960円ものポイントがもらえるかなりお得な「本人アフィ」案件が炸裂中です。

ただ、このマイボンバーで貯めたポイントは、ドットマネーへの交換しかできないため、ANAマイルへの移行率が最大50%、JALマイルにも50%強でしか移行できず、最大81%でANAマイルに移行できるLINEルートに乗せることはできません。

【2018年6月最新】LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ経由メインルート

2018.05.29

【2018年6月最新】LINEルートのポイント交換スケジュール総まとめ。各ルートの締日とANAマイルへの最短交換方法

2018.05.28

 

このため、このご紹介は主に「現金派」の方におススメの案件となります。

が、年会費無料のカード発行でまさかの25,960円ですから、かなりお得であることは確か。また、JALマイラーなら、一撃で13,000JALマイルですからこれまで超絶案件であることは確かですよね。

この記事では、この「マイボンバー」のお得なカード案件をご紹介します。

 

スポンサーリンク

マイボンバー「本人アフィ」で最高水準25,960P!

 

今回ご紹介する案件がこちらです。

マイボンバーの「本人アフィ」を利用してSBS EXECUTIVE CARD ゴールドを発行するだけで25,920Pもらえます。ショッピング利用やキャッシング枠の設定は不要です。

発行だけで良いんです。なんですかこの神案件。

 

おなじみ「どこ得」で同カードの発行案件を検索した結果がこちらです。

えんためねっとはちょっと「あれ」なポイントサイトのため評価対象から除外すると、最高はモッピーで14,000円分のポイントです。

この「本人アフィ」でもらえるポイントが破格の高額であることがお分かりいただけると思います。

 

「本人アフィ」で高額ポイントがもらえる理由

 

何故ポイントサイト広告より、マイボンバーの「本人アフィ」の方が大きなポイントがもらえるのか?を簡単に解説したものが、上記の図の通りとなります。

ポイントサイトのビジネスモデルは、基本的には上記の流れとなっていて、左から順にまず広告主が広告を出し、代理店やASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)を経て、ポイントサイトや個人ブログを経由して、エンドユーザーがその広告を閲覧します。

そして、この広告を閲覧したエンドユーザーがめでたく広告を利用した場合、広告主から報酬が支払われ、代理店やASP、そしてポイントサイトや個人ブログがそれぞれ手数料を徴収したうえで、(報酬が発生する場合は)エンドユーザーに報酬として渡される、という仕組みになっています。

一方、オレンジ色の枠内を見てください。

アドボンバーでは、本来個人ブログを運営していないと利用することのできないASPの広告を、なんと直接利用することができるんです。

このため、立場としては個人ブロガーやポイントサイトの立場として、広告利用することができます。

つまり、エンドユーザーとして受け取ることのできる報酬と、本来個人ブログやポイントサイトが徴収していた手数料を両方貰ってしまうことができるんです。

これが、マイボンバーがポイントサイトに比べて圧倒的にポイントがもらえる秘密です。

 

スポンサーリンク

SBS EXECUTIVE CARD GOLDのスペックなど

 

この大量のポイントがもらえるSBS EXECUTIVE CARD ゴールドのスペックなどについては、以前このカード案件が「モッピー」に初めて登場した時、記事にしましたので下記関連記事にてご参照ください。

SBS エグゼクティブ ビジネスカードの発行で14,000円!年会費無料の久々の新規カード案件

2018.06.13

 

冒頭にも記入したとおり、ゴールドカードではありますが年会費無料のカードです。また、個人事業主であってもカード発行することができますので安心ですね。

 

スポンサーリンク

マイボンバーは出口戦略に難あり

 

この超絶お得な「本人アフィ」システムを持つマイボンバーですが、一点だけ強烈な難点があります。

それが、このとおり交換できるポイントがものすごく少ないこと。

交換以後もさらに交換可能なアクティブなポイントとして交換できるのはドットマネーだけなので、ANAマイルには、Tポイントを経由して50%の交換率でしか交換できません。LINEルートに乗せて81%の交換率でANAマイルには交換できないんです。

このため、このマイボンバーで獲得したポイントの利用方法のおススメは以下の2つに限られます。

  1. 現金に交換する
  2. JALマイルに交換する

 

おススメは現金に交換してしまうことでしょうか。

ちなみに、JALマイルには同じくドットマネー経由で、50%の交換率で交換することができます。

26,000円分のポイントを13,000JALマイルに交換する・・。これは個人の価値観によって違いますが、正直JALマイルを13,000マイル貯めるのはかなり困難なことは確かですので、JALマイラーは選択肢にしてもよいと思います。

 

FX案件が強烈お得に利用できるのもアドボンバーだけ

 

2017年秋に「自主規制」により最大2万P→4,000Pへと、ポイントサイトでもらえるポイントの相場が暴落した「DMM FX」「外為ジャパンFX」で、依然として強烈ポイントがもらえるのも、この「マイボンバー」の「本人アフィ」だけです。

確かに、ポイントサイトの自主規制であって、個人ブロガーがASPの広告を「本人アフィ」することのできる他のASPでも、このDMM、外為ジャパン案件は高額の報酬案件がまだ残っているんですよね。

でも、これらの広告を利用できるのはブログを持っている個人ブロガーだけです。

一方、マイボンバーの本人アフィなら、ブログを持っていなくてもASPの広告の「本人アフィ」ができてしまうんです。このFX案件も魅力の一つです。

 

スポンサーリンク

 SBSエグゼクティブビジネスカードゴールドはマイボンバーで!

 

このマイボンバーでのSBSエグゼクティブビジネスカードゴールドの発行がどれだけお得かはお分かりいただけましたでしょうか?

特に現金派の方、JALマイラーにはおすすめの広告だと思いますので、発行がまだの方はぜひお早目の発行をおすすめいたします。

マイボンバーへの登録はこちらからどうぞ。

 

マイボンバーへの登録方法、実際の広告利用方法などは、以下の関連記事で詳しく解説しています。

ブログ運営しなくてもアフィリエイトの本人申込ができる。マイボンバーの本人アフィサービスはおすすめ

2018.01.06

マイボンバーの本人アフィを実際にやってみた評判を口コミ。セディナゴールドカードで15,120P

2018.01.12

 

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちら▼から

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万マイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下▼にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

関連記事:ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年4月最新版】

 

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちら▼も併せてご覧ください。

関連記事:【陸マイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める方法を、丁寧に解説する

 



AD