国内線特典航空券に必要なANAマイルで国際線にも乗れる。スターアライアンス特典航空券発券ルールまとめ

ANAマイルを貯めている方にとって、最も重要になるのが、いわゆる「出口戦略」。

「マイルの使い方」「マイルを使った特典航空券の取り方」です。折角貯めたマイルも、特典航空券を発券できなければ、何の価値も持ちません。

そして、このマイルを使った特典航空券の取り方には、実はルールさえ理解してしまえばなんてことはないのですが、かなりの「コツ」「裏技」が存在します。このコツ、裏技の存在を知らないと、実は大損をしたりします。

ANAマイルを使って特典航空券を発券する方法には、ANA特典航空券と、スターアライアンス特典航空券の二つの方法があります。

この記事では、特典航空券の予約の幅を広げるのに不可欠な「スターアライアンス特典航空券」の発券ルールと、お得な国際線特典航空券の発券方法をご紹介します。

スポンサーリンク

スターアライアンス特典航空券とは

スターアライアンス特典航空券とは、その名のとおり、スターアライアンスに加盟する28の航空会社の特典航空券を、加盟各社の特典航空券で、相互に利用できる制度のことをいいます。

アドリア航空 エイジアン航空 エアカナダ
エアチャイナ エアインディア ニュージーランド航空
ANA アシアナ航空 オーストリア航空
アビアンカ航空 ブリュッセル航空 コパ航空
クロアチア航空 エジプト航空 エチオピア航空
エバー航空 LOTポーランド航空 ルフトハンザドイツ航空
スカンジナビア航空 深圳航空 シンガポール航空
南アフリカ航空 スイス航空 エアポルトガル
タイ国際航空 ターキッシュエアラインズ ユナイテッド航空

スターアライアンス加盟28社は、上記のとおり。

上記のうち、日本人になじみが深く、かつ、日本からスターアライアンス特典航空券として取りやすい航空会社を、太字で表示しています。

シンガポール航空、タイ国際航空、ユナイテッド航空、アシアナ航空、ルフトハンザドイツ航空あたりが鉄板の航空会社ですが、エチオピア航空、エアチャイナあたりも航空券としてはなぜか大量に検索でヒットし、取りやすい航空会社です。

ただ・・実際に予約するかどうかは別の話ですが・・。

スターアライアンス特典航空券のメリット

スターアライアンス特典航空券のメリットは、なんといっても特典航空券の予約の幅が広がる、ということです。

ANAの特典航空券だけですと、どうしてもANAの就航路線で、かつANAの特典航空券の発券枠が残っている航空券しか発券できないのですが、スターアライアンス特典航空券なら、ANA就航路線以外からでも、また、ANAの特典航空券の発券枠以外の枠からも、特典航空券を発券することができます。

そして、上記の太字の航空会社のうち・・シンガポール航空を除くと、スターアライアンス特典航空券に開放している航空券の枠が多めなので、家族でビジネスクラス特典航空券を取るのも実は容易なんです。

【完全版】ANAマイルで国際線特典航空券を予約する7つの方法。もう取れないとは言わせない!

2018.09.24

スターアライアンス特典航空券を利用して国際線特典航空券を予約する方法は、上記関連記事をご覧ください。

スポンサーリンク

スターアライアンス特典航空券の発券ルール

途中降機・乗り換え

【途中降機(24時間を超える滞在)】
日本発・海外発ともに途中降機は、目的地以外往路・復路いずれか1回可能
【乗り換え】
日本国内で往路・復路各2回まで可能。さらに、日本以外で往路・復路各2回まで可能
  • 目的地は乗り換えの回数に含まない。
  • 地上移動区間がある場合は、両端の都市を合わせて1回の乗り換えと数える。
  • 中降機は乗り継ぎ回数に含む。

では、次にスターアライアンス、ANAそれぞれの特典航空券の発券ルールを確認していきましょう。まず、スターアライアンス特典航空券の発券ルールがこちらになります。

そして、実はこのスターアライアンス特典航空券の発券ルールは、ANAの特典航空券の発券ルールとは明らかに違うんですよね。

余り知られていない事実なんですが、スターアライアンス特典航空券は、ANAの特典航空券とは比べ物にならないくらい柔軟に発券ができる航空券なんです。

ANAの特典航空券の発券ルール

途中降機・乗り換え

途中降機(24時間を超える滞在)
  • 日本発は、途中降機不可。
  • 海外発の途中降機は、目的地以外に1回可能。
乗り換え
  • 日本国内で往路・復路各2回まで可能。
  • 目的地は乗り換えの回数には含まない。
  • 地上移動区間がある場合は、両端の都市を合わせて1回の乗り換えと数える。
  • 途中降機は乗り継ぎ回数に含む。

そして、こちらが「スターアライアンスの発券条件と比べるとショボい」と言わざるを得ない、ANA特典航空券の発券ルールです。

スターアライアンス特典航空券と比べて何が違うのか?分かりにくいと思いますので、スターアライアンス特典航空券との違いを比較してみましょう。

ANA特典航空券とスターアライアンス特典航空券の条件比較

ANA スターアライアンス
途中降機 日本発:不可 往復いずれかで1回可能(日本・海外発問わず)
海外発:目的地以外に1回まで
乗り換え 日本国内で往路・復路各2回まで 日本国内で往復各2回まで
海外:不可 さらに、海外で往復各2回まで

こちらが、ANA特典航空券とスターアライアンス特典航空券の発券条件の比較です。

ANAに比べ、スターアライアンスが明らかに発券条件に幅があることがお分かりでしょうか。途中降機、乗り換えの順に、比較結果をみていきましょう。

途中降機の条件比較

まず、途中降機の条件比較です。ご覧のとおり、ANAは海外発の場合のみ、目的地以外の途中降機が1回まで可となっています。そして、国内発の場合は、目的地以外では途中降機(24時間以上の滞在)は不可となっています。

日本国内在住者で、ANAを海外発で利用するなんてことはほとんどないでしょうから、ANAの特典航空券の場合、実質、目的地以外での24時間以上の途中降機はできないということです。

一方、スターアライアンス特典航空券の場合は、日本発・海外発問わず、目的以外に往復いずれかで1回の途中降機が可能です。

つまり、海外もしくは国内で、旅程中にもう1箇所24時間以上の滞在・・つまり、滞在型の旅行先に加えることができる、ということです。

乗り換えの条件比較

次に、乗り換えの条件を比較してみましょう。下記のとおり、ANA特典航空券で可能となる乗り換えは、日本国内のみ。往路、復路ともに各2回ずつ可能です。

出発地 1回目 2回目 目的地
鹿児島 福岡 成田/羽田 ホノルル

このルールの意図しているのは、上記のような国内線の乗り継ぎですね。国内発の場合24時間以上の途中降機は不可ですので、あくまで国内の乗り継ぎは、海外への出発への国内線乗り継ぎ限定といってもよい方法です。

そして、ANA特典航空券の場合、海外での乗り継ぎは一切できません

一方、スターアライアンス特典航空券の場合、上記国内線の往復2回までの乗り継ぎに加え、海外でも、往復それぞれ2回までの乗り継ぎが可能です。

これに、往路、復路ともに1回だけ可能となる24時間以上の途中降機をプラスすると、凄まじくフレキシブルな特典航空券を発券できることになります。

スポンサーリンク

スターアライアンス特典航空券で可能になること

①国内発であっても、目的地以外で国内もしくは海外で1回24時間以上の降機可能

スターアライアンス特典航空券の、恐るべきフレキシブルさについては上記でご理解いただけたことと思います。どれだけ便利なのかについて、ここから順に解説していきます。

まず、ANA特典航空券の場合、国内発なら24時間以上の降機は不可能でした。

一方、スターアライアンス特典航空券は、国内発、海外発問わず、国内もしくは海外で1回に限り、24時間以上の降機が可能です。このため、この条件を利用すると、例えば以下のような特典航空券の発券が可能です。

名古屋からソウルに飛び、ここで「目的地以外で、往復1回限り24時間以上の降機可」ルールを利用し、ソウルに1週間滞在。

そして、ソウルから目的地(一番遠い到達地)であるバンコクに飛び、バンコクで1週間滞在。そして、バンコクから名古屋に戻ってくる。

この旅程は、スターアライアンス特典航空券を利用した「国内発の場合でも、目的地以外で往復1回24時間以上の降機可能」というルールからは、完全に合法的に発券できます

もちろん、この場合必要となるマイル数は、日本ーバンコクで必要となるマイル数・・上記の場合すべてビジネスクラスですので、1名あたり63,000ANAマイルのみです。

途中降機が増えても、必要なマイル数は同じです。

そして次に、スターアライアンス特典航空券の「国内でも1回24時間以上の降機可能」なルールを利用すれば、国内での滞在を増やすことも可能です。

例えば、上記のとおり名古屋から福岡に飛び、福岡に1週間滞在。その後、本来の目的地である(=最も遠い目的地)であるソウルに飛び、ソウルで1週間超滞在、名古屋に戻ってくる。

この旅程、あえてすべてエコノミークラスで発券してみました。

目的地の最も遠い地点がソウルですので、なんと国内旅行(福岡)+海外旅行(ソウル)それぞれ加えて、大人1人当たりの必要マイル数は15,000ANAマイルと、国内線の特典航空券と同じマイル数で、国際線特典航空券+旅行を発券できてしまいます。

まず、この「国内出発の場合であっても、国内もしくは海外で24時間以上の降機可能」の破壊力について、ご理解いただけたかと思います。

②国内で2回、さらに海外で2回の乗り換え可能

続いての強烈破壊力を持つスターアライアンス特典航空券のメリットがこちらです。

国内で2回の乗り換えは、ANA特典航空券でも可能ですが、スターアライアンス特典航空券の場合、この国内での2回の乗り継ぎに加え、海外でも往路、復路でそれぞれ2回、乗り換え(乗り継ぎ)が可能なんです。

この海外での乗り換え可能と、上記①の24時間以上の途中降機が1回可能なことを組み合わせると、途轍もない航空券を発券することができてしまいます。

例えば、上記はこのルールを用いて発券できる特典航空券の一例です。

はっきり言って、この組み合わせ(国内・海外での24時間以上の降機1回+国内・海外でそれぞれ2回ずつ乗り継ぎ可能)は無限大の可能性があります。

そして、この記事では紹介しきれない細かい国際線特典発券ルールは実はほかにもまだありますので、ここから先は「こうすればこの路線が予約できる」という確固たるご紹介はなかなか難しいのが現状です。

ですが、この記事でご紹介したスターアライアンス特典航空券の発券ルールと、国際線特典航空券の発券ルールをよく考えれば、とんでもない国際線特典航空券を発券することができます。

ヨーロッパ旅行の事例

ルール 出発地 目的地
国内で2回乗り継ぎ可(1) 鹿児島 福岡
国内で2回乗り継ぎ可(2) 福岡 東京
海外往路で2回乗り継ぎ可(1) 東京 フランクフルト
24時間降機可 フランクフルト(24時間以上滞在)
海外往路で2回乗り継ぎ可(2) フランクフルト ロンドン
目的地で降機可 ロンドン(24時間以上滞在)
海外復路で2回乗り継ぎ可(1) ロンドン シンガポール
海外復路で2回乗り継ぎ可(2) シンガポール 福岡
国内で2回乗り継ぎ可(1) 福岡 鹿児島

例えば、ヨーロッパ旅行の事例で、九州最南端、鹿児島発の場合、このルールを最大限駆使すると、フランクフルト、ロンドンでそれぞれ24時間以上の滞在が可能で、さらにかなり幅広い帰国便から、帰国便を選択する形で復路を選択することが可能です。

【裏技】ANA国際線特典航空券の裏ルールを利用して国際線ビジネスクラスを国内線代わりに利用する方法

2018.04.18

【得技】ビジネスクラス深夜便をホテル代わりに利用して宿泊費無料+帰国日にもう1国ビジネスクラス旅行する方法

2018.04.21

また、このルールを裏技的に利用した、上記関連記事のような、いわゆるバグっぽい裏技での航空券発券も可能になります。

スポンサーリンク

国内線特典航空券+ソウル旅行は、一つのお楽しみ

この記事の文中でもご紹介したとおり、スターアライアンス特典航空券を利用すると、下記のような特典航空券が実際に発券できます。

国内での1週間旅行+ソウル旅行が、ソウルに行くだけの必要マイルで手配できるんです。

そして、この特典航空券発券ルールを応用することで・・つまり、ソウル滞在日と、国内滞在日を355日の期限内で分散すれば、国内線の予約を、国際線特典航空券と同じタイミング(=355日前)に、消費マイル数は全く同じで、国内線特典航空券を予約することもできてしまいます。

例えば、上記のような予約方法ですね。

つまり、国内旅行に、ソウル旅行をくっつけることができる・・逆を言えば、国際線の場合355日前から予約可能というルールを利用して、国内線の早期予約をすることもできるということです。

ただし、国内線はマイルを使えば完全無料ですが、国際線経由の場合、空港利用利用料等が徴収されるので、完全無料にはなりません。しかしながら、かなり面白い旅程であるのは事実であると思います。

スポンサーリンク

スターアライアンス特典航空券については、別途詳しく解説も

今回の記事で、スターアライアンス特典航空券のメリットの大枠を示すことはできたと思います。

今後、具体的に「どういう予約方法が最得」なのかについては・・正直、かなりのケースがあるので、ケースごとに何回かに分けてご紹介していきたいと思います。

ただし、この記事でお示ししたルールを踏まえると、国内でも、海外でも、同じマイルを利用してもスターアライアンス特典航空券の場合、かなりフレキシブルに特典航空券を発券することができることは、お分りいただけたのではないかと思います。

国内旅行の早期発券のために、ソウル経由を加えたり、あえて東京着深夜便を利用して、地方空港までの国内線代わりに国際線を利用するなど、スタアラ特典航空券は、利用の仕方によってかなり利用価値があります。

今回の記事のルールもご参照のうえ、お得な路線を検索してみられることをおすすめいたします。

そして、この方法はかなり奥深いことは事実です。

このため、できる限りこのスターアライアンス特典航空券の利用方法も、深堀してお伝えしていければと思っています。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018.04.22

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2016.12.22

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018.07.15



AD