年会費無料でゴールド会員資格!ハワイアンエアラインズVISAゴールドカード入会キャンペーン開催中!

数多くのエアラインと提携カードを発行している三井住友VISAカードが、ハワイアン航空との提携カード「ハワイアンエアラインズVISAカードゴールドカード」のお得な入会キャンペーンを実施中です。

このキャンペーンで魅力的なのは、なんと言ってもゴールドカードの発券獲得できる、ハワイアン航空の上級ステータスである「Pualani Gold」ステータスへの自動ステータスマッチです。そして、これから詳しくご紹介しますが、このPualani Gold会員資格、実は意外に実力のあるステータスなんですよね。

ハワイアン航空を利用したハワイ旅行の予定のある方や、ハワイ5島間の移動でハワイアン航空の利用予定がある方は、このゴールドカードは入会キャンペーンで初年度年会費は無料ですので、この機会に1枚発券しておいてもよいかもしれません。

早速、超お得なハワイアンエアラインズVISAゴールドカードの入会キャンペーンを徹底解説します。

スポンサーリンク

ハワイアンエアラインズVISAゴールドカード入会キャンペーンの概要

では早速、ハワイアンエアラインズVISAゴールドカードの入会&利用キャンペーンの概要からご紹介します。

このキャンペーンが適用となるカードの申込期間は2019年10月1日~12月31日(火)です。ハワイアンエアラインズVISAカードは、例年秋から冬に掛け入会キャンペーンを実施していますので、この時期「定番」の入会キャンペーンって感じですね。

キャンペーンで獲得可能な特典がこちら。もれなくもらえる4大特典となっています。

そして、入会キャンペーンの対象となるのはゴールドカード限定です。ゴールドカードって・・年会費高いんじゃ?って身構えてしまうところなんですが、特典2のとおりゴールドカードでも入会特典で初年度年会費無料ですので、ハワイアン航空のゴールドステータスが欲しい方は、確実にゴールドカードを発券するようにしてください。

では、かなりお得なこの入会キャンペーン特典の詳細を見ていきましょう。

特典①ゴールドカードの入会+5万円(含む消費税)以上の買い物利用で「Pualani Gold」ステータスマッチ!

まずはこの特典①が最大のメリットといえるでしょう。

ハワイアンエアラインズVISAゴールドカードの入会と、期間中(2020年2月29日まで)の50,000円以上のカード利用で、ハワイアン航空の上級ステータスである「Pualani Gold」会員資格を獲得することができます

ハワイアン航空「ハワイアンマイル」プログラムの会員ステータスがこちらです。

このキャンペーンで獲得できるのは、ちょうど中間に位置するゴールド会員(Pualani Gold)の資格です。本来、Pualani Gold会員資格は前年の1月1日から12月31日までの1年間の間に、ハワイアン航空を30区間旅行するか、または20,000マイルの獲得をして、はじめて、その翌年1年間だけ付与される資格です。

この資格が年会費無料のゴールドカード発行でもらえるのは、かなり大盤振る舞いであることは確かだと思います。

なお、この特典でもらえるゴールド会員資格は、資格取得後1年間有効です。かなり長期間に亘って会員特典も有効ですので、2020年の夏休みなどにハワイ旅行を予定している方などは、くどいようですが年会費無料ですのでこの機会に発行しておくと役立つカードだと思います。

スポンサーリンク

Pualani Gold会員資格のメリット

では、このPualani Gold会員資格にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

ハワイアン航空のPualani Gold会員資格で受けられる会員特典はかなり多いので、メリットの大きい会員特典に絞ってご紹介していきます。

Pualani Gold会員のメリット
  1. 座席指定時により多くの座席からの指定が可能
  2. 預け入れ手荷物2個まで無料
  3. ホノルルおよびハワイ各島の専用チェックインレーンの利用可能
  4. 空港ラウンジ「プレミアクラブ」が利用可能
  5. ビジネスクラス以上の利用者向け「プルメリアラウンジ」を有償で利用可能
  6. 専用セキュリティチェックレーンの利用可能
  7. 手荷物優先返却サービス
  8. 優先搭乗サービス
  9. 「プリファード・シート」「エクストラコンフォート」へのアップグレード可能

これが、ゴールド会員資格のうち、特にメリットの大きな特典ですが・・どうです?結構なメリットですよね。順に、簡単に解説していきます。

スポンサーリンク

①座席指定時により多くの座席からの指定が可能

まず1つ目のメリットがこちら。Pualani Gold会員なら、座席指定時に通常はブロックされている座席・・前方座席や非常口座席等の予約が可能になります。

地味ですが、これはこれで嬉しいメリットです。子連れの場合なども、指定できる座席数が多い、というのはやはりメリットとしては大きいですよね。

②預け入れ手荷物2個まで無料!

そして、ものすごく大きい2番目のメリットがこちらです。

Pualani Gold会員の場合、なんとエコノミークラスへの搭乗時であっても、機内預け入れ手荷物が2個まで無料なんです!これ、かなり大きいサービスです。ハワイ旅行時ってどうしても荷物がかさばりますからね。エコノミーなら1人1個!なんですが、カード保有者が1人いれば、家族の場合+1個の余裕が生まれるんですよね。

かなりスーツケース事情が楽になります。

③専用チェックインレーンの利用可能(ホノルルおよびハワイ各島限定)

これも嬉しい特典ですね。Pualani Gold会員なら、チェックイン時にファーストクラスチェックインレーン(実質はファースト/ビジネス併用)の利用が可能です。

ハワイ路線は搭乗客も多く、チェックインから混雑というのがデフォルトですし、絶対に機内預け入れ手荷物も多くなるので、チェックインでファストレーンが利用できるのは実はかなり嬉しいサービスです。

④空港ラウンジ「プレミアクラブ」が利用可能

さらに、Pualani Gold会員資格があればホノルル空港などハワイ州内の空港にあるハワイアン航空のラウンジ「プレミアクラブ」の利用も可能になります。ただ、このプレミアラウンジはサービス的にはソフトドリンク+簡単なおつまみの・・日本で例えるなら国内線のカードラウンジくらいのサービスですので、実はあまり大したことはありません。

ハワイの空港には、他のカード会社でもゴールドカード会員限定のカードラウンジがありますので、この特典はそこまでお得なサービス、というわけではありません。

スポンサーリンク

⑤ビジネスクラス以上の利用者向け「プルメリアラウンジ」を有償で利用可能

次のPualani Gold会員特典がこちら。

④で紹介したプレミアクラブがカードラウンジっぽい「なんちゃってラウンジ」だとすると、このプルメリアラウンジが、本来、ハワイアン航空のビジネスクラス以上の乗客しか利用することのできない、本当の航空会社ラウンジになります。

Pualani Gold会員の場合、このプルメリアラウンジが有償で利用可能です。利用料金は公式HPでは20$~40$との記載がありますが、Pualani Gold会員の場合、40$の利用料金が徴収されます。40$って結構なお値段ですし、プルメリアラウンジは実はプライオリティ・パス所有者でも利用することができるんですよね。

プライオリティパスとは何か?使って分かったメリットと無料入手方法を徹底解説

2018年8月16日

【改悪】プライオリティパスの同行者/都度利用料が値上げ!2018年10月1日から適用です

2018年9月7日

プライオリティパスは、実質無料もしくはそれに近い値段で発行することができますので、有償で入場するくらいならこのプライオリティパスを利用するなど、実質無料で入場した方がお得だと思います。詳細は上記関連記事をご覧ください。

ただ・・ホノルルのダニエル・K・イノウエ空港は想像以上に混雑する空港ですので、どうしても座る場所も無くて困った!!という時のためのお守り代わりにはなるかもしれませんね。

スポンサーリンク

⑥専用セキュリティチェックレーンの利用可能

そして、6番目のPualani Gold特典がこちらです。専用のセキュリティチェックレーンが利用できるんです。これ、かなりメリットの大きな会員特典だと思います。

何しろ、ホノルルのダニエル・K・イノウエ空港をはじめ、アメリカの空港といえばセキュリティチェックが長蛇の列、というのが一般的ですからね。下手すると、ここで1時間とか並んでしまいます。空港内で空調が効いているとはいえ、人混みの中ですのでかなり暑く、子ども連れとかだと辛い瞬間です。

その人混みを回避できる、上級クラス搭乗者向けの優先セキュリティチェックレーンが利用できるんです。これ、本当に大きなサービスだと思います。ちなみに、ダニエル・K・イノウエ空港では上記「ゴールドレーン」の表記になっている各社混合のレーンになりますが、セキュリティチェックのファストレーンを利用できます。

ただし、もちろんですがこのサービスはハワイアン航空を利用する際の、ハワイの空港のみのサービスです。当然ですがゴールド会員であってもハワイアン航空利用者以外はゴールド会員資格は使えませんのでご注意を。個人的に、田舎生まれで行列が苦手なので、これだけでもう超絶カード発行したくなってしまいます。

⑦手荷物優先返却サービス

7番目のメリットがこちら。

通常はプレミアムエコノミークラス以上、下手するとビジネスクラス以上の搭乗者でないと付帯しない、手荷物優先返却サービスも付帯します。

このサービス、別にこのサービスによって旅行が劇的に快適になるとかそういった代物ではないんですが、何となく地味に嬉しいサービスです。混雑した手荷物返却で、優先して手荷物を返却してもらえる・・。実利というより、なんとなく嬉しいサービス。そんなサービスだと思います。

⑧優先搭乗サービス

8番目のメリットが、優先搭乗サービス。これも地味に嬉しいサービスです。

特に、お土産のなどの機内持ち込み手荷物が多い日本への帰国便などは、頭上の手荷物入れの容量バトルが熾烈を極めることがあります。

こんな時に、優先搭乗できるのは実は非常にありがたいんです。逆にビジネスクラスなどの顧客は、手荷物入れも過疎っているので、実は優先搭乗が無くても別に困らないと思います。バトルになるのはエコノミークラスへの搭乗の際ですからね。エコノミークラス搭乗時でも、上級会員の資格を持っていれば、エコノミークラスの誰よりも早く機内に搭乗することができます。

スポンサーリンク

⑨空席があれば「プリファード・シート」「エクストラ・コンフォート」へのアップグレード可能

最後の会員特典、そして、最も魅力的な特典がこちらです。

もちろん「空席があれば」の条件付きにはなりますが、エコノミークラスよりも約10~13cmもシートピッチが広い「プリファードシート」「エクストラコンフォートシート」への、無料座席アップグレードが可能なんです。

このコンフォートシートは、要はANAやJALの「プレミアムエコノミークラス」です。その「プレエコ」に、ゴールド会員の場合なんと無料アップグレード可能なんです。SFC修行やJGC修行は必要ありません。年会費無料のカード発行だけで、この会員特典が受けることができます。

ハワイアン航空の場合、空港で約15,000円程度でこのエクストラコンフォートシートへのアップグレードの勧誘を行っていることがありますので、サービス的には15,000円相当と言ってしまえばそこまでなんですが・・・シートピッチ的はプレエコですからね。シートピッチの広さにより、疲労度が全く違います。

ただ、そうはいってもプレミアムエコノミークラスですから、機内食などのサービスはエコノミークラスとほとんど同じです。

唯一違うのが、これ。コンフォートキットといって、エクストラコンフォート席の乗客限定で、特別なアメニティが配っていただけます。

ただ、この記事をご覧になっているすべての方がご承知のとおり、飛行機の価格・価値は、シートの専有面積で決まるものです。コンフォートキットが無くても全然問題ありません。飛行機=シートピッチが全てなんです。広いということはそれだけの価値があるんです。このコンフォートプラスへのアップグレード特典が、実はかなり大きな特典であるということは、お分かりいただけるのではないかと思います。

その他、上記にご紹介した優先搭乗、ラウンジ利用などのサービスを加えれば、このハワイアン航空のゴールド会員特典は、年会費無料のゴールドカード特典とは思えない豪華な特典であることはお分かりいただけたのではないかと思います。

スポンサーリンク

特典②ゴールドカードが初年度年会費無料

ここまで特典①「Pualani Gold会員資格」について、かなり詳しくご紹介しました。Pualani Gold会員資格がいかにお得かについてはご理解いただけましたでしょうか??

次にご紹介する特典②がこちらですね。ゴールドカードの年会費(税別10,000円)が初年度無料です。これは、特典①でも最大限連呼してきたので、特段の解説は不要だと思いますので解説は省略しますが、この特典により年会費無料でハワイアン航空のPualani Gold会員資格をゲットできるんです。

美味しすぎですよね。

特典③入会ボーナスマイルプレゼント

特典③がこちら。入会ボーナスマイルプレゼントです。

2020年2月29日までの利用期間中にこのカードを10万円(含む消費税)以上利用することで、ハワイアン航空のマイル6,000マイルがもらえます。

利用期間も長いですし、Pualani Gold特典を取得する5万円の利用に、プラスあと5万円利用するだけで6,000マイルがもらえるので、これは何とかクリアしたいですね。

スポンサーリンク

特典④入会ボーナスマイル

そして、最後の特典4がこちら。これは特典といいますか通常の入会ボーナスですが、このカードを発行するだけで、ハワイアン航空のマイルが2,000マイルもらえます。特典③と併せて8,000マイルがもらえる、ということになります。

この8,000マイルを使えば、ハワイ5島間の片道チケット(7,500マイル)を発券することができてしまいます!カードの発行+一定額の利用だけでこのマイル数は、結構大きいですよね。

ハワイアン航空のマイルはJAL便でも使える!

さらに、ハワイアンエアラインズのマイルはJAL便の特典航空券にも利用できます。

このように、日本国内路線の場合、片道12,000マイルで特典航空券を発券できるので、この8,000マイルはJAL便の国内線を発券してしまう!というのもありだと思います。

ハワイアンエアラインVISAゴールドカードの基本スペック

年会費

税抜10,000円+税

家族会員年会費

1人目 年会費無料

2人目から税抜1,000円+税

年会費割引特典

なし

旅行傷害保険

最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険

傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費などの当該カードでの支払い有無により最高補償額に差

ショッピング補償
年間300万円まで買物安心保険
利用可能枠
総利用枠
50~200万円
カード利用枠(カードショッピング)
50~200万円
リボ払い・分割払い利用枠
0~200万円
キャッシング利用枠
0~50万円
お支払い方法
お支払日
15日締め10日払い
国際ブランド
Visa Card
ポイントサービス

ハワイアン航空のマイレージプログラム「ハワイアンエアラインズ」/100円=1マイル

ハワイアンエアラインズVISAゴールドカードのスペックと基本情報は、上記のとおりですね。

年会費無料とはいえ、VISAゴールドカードの扱いですので、30歳以上の方限定などゴールドカード独自の審査基準がありますので、審査についてはご留意いただければと思います。

スポンサーリンク

ハワイアン航空を利用予定の方必見!

いかがでしたでしょうか?

ハワイアンエアラインズVISAゴールドカードの入会キャンペーンを解説しました。このキャンペーンのメリットは、ANAカードの入会キャンペーンのような「大量ANAマイル!」とはちょっと毛色が違います

この入会キャンペーンの最大のメリットは、ハワイアン航空の上級会員資格「Pualani Gold」の取得です。エコノミークラスからプレミアムエコノミーへの座席のアップグレードなどの特典も付与されるので、実際にハワイアン航空でのハワイ渡航を狙っている方、エコノミーでもお得にハワイに渡航したい方は、このキャンペーンを利用して「Pualani Gold」会員資格を取得してはいかがでしょうか。

本カードへのお申し込みはこちらからどうぞ。

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル貯める、たった2つの方法

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



AD