ライフカードの発行で23,500円(最大14,630ANAマイル)相当還元!年会費無料!

ポイントサイトの年会費無料のクレジットカード案件で、久々の大型案件です。

なんと、年会費無料のライフカードの発行&利用で最大23,500円相当のポイント還元なんです。

後程詳しくご紹介しますが、この案件、もらったポイントをANAマイルに交換するのが若干トリッキーなのは確かですが、全てANAマイルに交換するとなんと合計最大14,630ANAマイル相当が獲得できる計算になります。

これ、2020年現在の年会費無料のクレジットカード案件としては、なかなか高めの還元率だと思います。

「年会費無料で10,000円(もらえる)」という2017年~2018年くらいまでのポイントサイトのクレカ案件の発券条件を完全に満たしていますし、しかも、最近多いビジネスカード案件ではありません。完全に一般消費者向けのクレジットカードです。

まだお持ちでない方はかなり狙い目と言える、このライフカード案件について早速ご紹介します。

スポンサーリンク

ポイントサイト「CLUB Panasonic コイン」で驚愕の10,500円

まず、ポイントサイト案件ご紹介時恒例の、ポイントサイト案件横断検索「どこ得」チェックから。上記のとおり、「Club Panasonic コイン」でのライフカード発行案件が、驚愕の10,500円です。

しかも他のポイントサイトでは年会費ありカード案件とか学生専用カード案件ばかりの中、まさかの年会費無料の「ノーマル」ライフカードで10,500円です。

「どうしたんだCLUB Panasonic コイン!」と言いたいくらい、完全に突出してますよね。

ライフカードのこの驚愕の条件は、少なくともこの半年間くらいは見かけることは無かったように記憶しています。

ライフカードは年会費永久無料のクレジットカードですから、まだライフカードを発行したことのない方は、これはもう速攻で申し込んでおくほかない案件だと思います。

ただ、若干の注意事項はありますので、「よっしゃ、すぐ発券!」の前に、この記事を是非最後までお読みください。

スポンサーリンク

案件詳細

では、このライフカード案件の詳細を見てみましょう。「CLUB Panasonic コイン」のライフカード案件がこちらですね。

入会金無料、年会費永久無料の混じり気のない(笑)ノーマル「ライフカード」の発行でなんと10,500円分のクラブパナソニックコインがもらえてしまいます。

ポイント獲得条件
  • 新規カード発行後、発行月の翌月末までに5,000円(税抜)以上の利用

ポイント獲得条件も上記のとおり、かなり条件緩めです。

また、条件には「同一世帯一回限り」のポイント却下条件はありません。このため、例えば夫婦マイラーの場合夫婦別々に申し込みすることでなんと驚愕の2馬力、21,000円分のクラブパナソニックコインがもらえます。

夫婦マイラーの方は、IPアドレスの重複に気を付けて、2枚申し込んでも良いかもしれませんね。それくらい、最近あまり見ないお得案件だと思います。

スポンサーリンク

「CLUB Panasonic コイン」とは?

ここで、ご存知のない方のためにポイントサイト「CLUB Panasonic コイン」について簡単にご紹介しておきます。

まず、「CLUB Panasonic コイン」が所属?する、「CLUB Panasonic」についてご説明します。

「CLUB Panasonic」とは、パナソニック商品の購入者向けのポータルサイトです。このサイトを通じて商品の愛用者登録を行うことで、製品のアップデート情報など、様々な情報をゲットできます。

そして、このパナソニック商品購入者向けのポータルサイトである「CLUB Panasonic」に付随したポイントサイト機能。それが「CLUB Panasonic コイン」なんです。

ちなみに、「CLUB Panasonic」への登録は、パナソニック商品を一つも持っていない方でも可能です。また、「CLUB Panasonic コイン」のポイントサイト機能も、同様にパナソニック製品を所有していない、つまり全く縁が無くても利用可能です。

パナソニックコインをANAマイルに交換する方法

このあまりなじみがない?かもしれない「CLUB Panasonic コイン」ですが、貯めたコインは当然ながらANAマイルに交換ができます

交換先は上記のとおりですね。

クラブパナソニックコインはANAマイルに直接交換することができ、その場合1円=0.5ANAマイル(期間限定)の交換率になります。(通常は0.25倍(1円=0.25ANAマイル)でしか交換ができません。)

このため、おススメは等倍で交換可能なGポイントを利用したANAマイルへの交換です。

まず、利用できる方にとって最も交換率が高いのがこちらの「みずほルート」です。このルートで交換することで、10,500円分のクラブパナソニックコインは、0.7倍の7,350ANAマイルに交換ができます

ただ、このみずほルートでのANAマイルへの交換には、上記のとおり「JQカードセゾン」と「みずほマイレージクラブカード/ANA」という2枚のカードが必須になります。

このルートをまだ開拓していない!(カードを発券していない!)という方は、シンプルに上記「ワールドプレゼントルート」が良いでしょう。

三井住友カードのポイントプログラムである「ワールドプレゼント」を利用した上記ワールドプレゼントルートの場合、10,500円分のクラブパナソニックコインは0.6倍、6,300ANAマイルに交換ができます。

上記の二つはいずれもめんどくさい!という方は、直接ANAマイルに交換しても良いと思います。

期間限定ですがクラブパナソニックコインは0.5倍でANAマイルに交換できるので、5,250ANAマイルに交換が可能です。

【2020年最新】ポイントサイトからANAマイルに交換(移行)するルート総まとめ

みずほルートでANAマイルを貯める方法&交換スケジュールまとめ【マイル交換率70%】

Gポイントの手数料還元サービスで交換手数料を無料にする手順と方法

スポンサーリンク

公式サイトの入会キャンペーンでさらに13,000円!

さらに、クラブパナソニックコインだけにとどまらないんです!

クラブパナソニックコインのライフカード案件は、なんとライフカード公式サイトで開催中の新規入会キャンペーンが併用可能で、クラブパナソニックコインとは全く別に、最大13,000円分のライフカード「サンクスポイント」がもらえちゃうんです。

サンクスポイントは1P=5円の価値ですので、2,600ポイント(13,000円相当)がもらえる計算になりますね。

この特典、上記3つのパートに分かれた、非常にシンプルな特典付与条件となっています。早速、キャンペーンの詳細を見て行きましょう。

特典①カード発行で200P(1,000円)

まず、超簡単な特典①がこちら。

カードを発行する「だけ」で、200P(1,000円相当)のポイントがもらえます。

進呈時期はカード発行の翌月中となっていますので、カードを発行して所有しているだけで、誰でももれなくもらえてしまいます。

特典②ショッピング利用で最大2,200P(11,000円)

次の特典がこちらです。

入会後3か月後の月末までのカードショッピングの利用金額に応じて、最大11,000円相当(2,200P)のサンクスポイントがもらえます。

最大11,000円分のポイントを貰うためには合計で20万円(税込)の利用が必要なので若干ハードルは高めではありますが、1月にすれば7~8万相当ですので、このカードに決済を集中させればクリアするのは容易だと思います。

特典③携帯電話のお支払いで200P(1,000円)

そして、最後の特典がこちら。

入会後3か月後の月末までに携帯電話(ドコモ・au、ソフトバンク)の支払いをこのカードで決済することで、1,000円相当(200P)のサンクスポイントがもらえます。

携帯電話の支払い方法のクレジットカードの変更はネット上の手続きで簡単にできてしまうので、どうせならこのポイントも貰っておきたいですね。

スポンサーリンク

貯めたサンクスポイントのANAマイルへの交換方法

ご紹介したとおり、ライフカードの新規入会キャンペーンの利用で、最大13,000円分(2,600サンクスポイント)が獲得可能です。

次にご紹介するのが、貯めたサンクスポイントのANAマイルへの交換方法です。

サンクスポイントは、これまた当然のことながらANAマイルに交換が可能です。

サンクスポイントが交換できる他社ポイントは、上記のとおりです。ANAマイルに直接交換できるのはもちろんのこと・・ここにもGポイントが!Gポイント・・やっぱ強いですね。

ちなみに、サンクスポイントをANAマイルに直接交換した場合の交換レートは、0.5倍(1円=0.5ANAマイル)の計算になります。(1サンクスポイントの価値は5円です。)

このため、交換率は一般的な1円=0.5ANAマイルです。

これ、ここから紹介しますが場合によってはこのサンクスポイントはANAマイルに直接交換してもOKだと思います。

というのも、クラブパナソニックコインと違い、サンクスポイントからGポイントへの交換は、上記のとおり等価交換ではなく1円=0.8Gポイントになってしまうんですよね。

このため、みずほルートを利用しても、ANAマイルへの交換率は0.56倍にしかならないんです。

サンクスポイントをみずほルートでANAマイルに交換
  • 13,000円×0.56=7,280ANAマイル

この場合、最大で7,280ANAマイルに交換できることになります。

そして、ワールドプレゼントルートの場合、上記のとおり0.8倍(サンクスポイント→Gポイント)×0.6倍(ワールドプレゼント→ANAマイル)=0.48倍となってしまい、直接交換の0.5倍のレートを下回ってしまいます。

みずほルートが開通していない方は、サンクスポイントは直接ANAマイルに交換しましょう。直接交換でも、6,500ANAマイルをゲットできる計算になります。

スポンサーリンク

ライフカードのメリット

ここまで、ライフカードのポイントサイト案件&新規入会キャンペーンで大量ポイントを手に入れる方法を解説しました。

そして、ライフカードは当然のことながら大量ポイントを手に入れた以降も、滅茶苦茶お得に使えるクレジットカードなんです。

まず、初年度はポイント1.5倍もらえる!というのはかなりお得ですし、なんといってもお得なのが上記の真ん中、誕生日月ポイント3倍の制度です。これはライフカードだけの超絶還元率で、誕生日月だけ必ず毎年ライフカードを使う!という人もいるくらいなんです。

さらに、ポイントの有効期間は最長5年もありますので、失効の可能性も低いのは嬉しいですね。

そして、なんといってもおすすめNo1なのが、これだけのポイントメリットがあって、年会費無料ということです。

この機会に是非、発行を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

年会費無料のライフカードの発行&利用で、「CLUB Panasonic コイン」で10,500円相当のクラブパナソニックコイン(最大7,350ANAマイル相当)、そして公式サイトの入会キャンペーンで13,000円相当のサンクスポイント(最大7,280ANAマイル相当)がもらえます。

ANAマイルに交換すると、合計で最大14,630ANAマイルがもらえる、という計算になりますね。

ただ、最大マイルを貰うには若干交換がめんどくさいのは確かですので、「交換がめんどくさいわ!」って方は、クラブパナソニックコイン、ライフカードサンクスポイントをそれぞれ直接ANAマイルに交換しても大丈夫です。

その場合でも、11,750ANAマイル(交換率0.5倍相当)がもらえます。

前述のとおり、クラブパナソニックはその名のとおりPanasonicが運営するポイントサイトですので、安心・安全で特段問題なく使えるサイトです。個人的に何度も利用していますが、ポイント付与や問い合わせ対応も全く問題ないサイトだと思っています。

もちろん、普通の?ポイントサイト・・例えばメジャーなちょびリッチやライフメディアなどのサイトに、このライフカード案件が再登場するまで待つ!という考え方もできますし、いっそのことこのタイミングで発券する!という考えも「あり」だと思います。

どうせなら今発券しておく!という方で、クラブパナソニックへの登録がまだの方はこちらから登録をどうぞ。

また、案件だけ見たい!という方は、こちらから案件を確認することができます。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイル徹底解説。大量マイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



AD