チャンギ空港シンガポール航空シルバークリスラウンジ訪問記。ビジネスクラス専用ラウンジの実力とは

シンガポール・チャンギ国際空港のシンガポール航空上級クラス専用ラウンジといえば、シルバークリスラウンジです。

原則としてシンガポール航空もしくはスターアライアンス便で実際にビジネスクラス以上に搭乗する方しか入室できない、まさに上級ラウンジです。私には縁の無い場所かと思っていましたが、SQ672ビジネスクラスでの帰国に際し、訪問の機会がありました。

気になる入室条件、室内の様子、フード&ドリンクサービス等について余すところなくご紹介します。

スポンサーリンク

シルバークリスラウンジの入室条件

シルバークリスラウンジは、シンガポール航空をはじめとした、スターアライアンス加盟航空会社のファーストクラス・ビジネスクラス利用者のみ入場できる最上級のラウンジです。

本当に当日チャンギ空港発のビジネスクラス以上の上級クラスに搭乗する方しか利用することができません。

ANAのプラチナステータスやSFCでは利用できません。もちろん、プライオリティパスでも入場できません。

例外的に、ANAのダイヤモンドステータスではシルバークリスラウンジ内にある「ファーストクラススペース」が利用できます。

ラウンジ名称 クリスフライヤーゴールド シルバークリス(ビジネス) シルバークリス(ファースト)
スターアライアンス便Fクラス
スターアライアンス便Cクラス
ANAダイヤステータス
スターアライアンスゴールド

シルバークリスラウンジの入室資格をまとめたものがこちらです。

ANAダイヤは例外として、原則としてステータス保持者やプライオリティパスなどは近寄ることもできないラウンジ、ということになります。

スポンサーリンク

シンガポール航空国際線の発着はT3

チャンギ空港のターミナルは、全部で4つ。このうち、T3がシンガポールエアラインのターミナルです。

キラッキラで本当に美しい空間・・それがT3です。

ちなみに、チャンギ空港のターミナルマップがこちらです。

今回ご紹介するシルバークリスラウンジは、ターミナル2およびターミナル3にあります。ANA便が発着するのはターミナル2になります。シンガポール航空発着便が利用するのは前述のとおりターミナル3です。

今回私が訪問したのは、シンガポール航空のまさにお膝元の超絶ラウンジ、ターミナル3のシルバークリスラウンジです。

ターミナル3のマップがこちら。

出発ロビーを上がった3Fに、ラウンジが設置されています。ちなみに赤枠内がシルバークリスラウンジ、青枠内がクリスフライヤーゴールドラウンジです。

スポンサーリンク

早速シルバークリス・ラウンジへ!

早速、シンガポール航空ビジネスクラス専用チェックインカウンターでチェックインです。

ご覧のとおり、カウンターはガラガラ(笑)。このガラガラなカウンターでチェックインできるのが、ビジネスクラスの醍醐味ですね。

先ほどご紹介したとおり、出発階である2Fの一つ上階、3Fに目指すシルクフライヤーラウンジがあります。

シルバークリスラウンジに向かう途中に、クリスフライヤーゴールドラウンジがあります。

こちらはスターアライアンスゴールドメンバーの方が主に利用できるラウンジとなります。今回ここには立ち寄りませんでした。

シルバークリスラウンジの入り口

こちらが、チャンギ空港シルバークリスラウンジの入り口です。

正直、入り口から超高級で敷居が高いですが、今回はスターアライアンス提携便ではなく、シンガポールエアラインのビジネスクラスに搭乗しますので、躊躇なく入場します。

ボーディングパスにも「SKL」(シルバー・クリス・ラウンジ)のインビテーションがありますので、まさか追い出されることもないでしょう。

受付の女性は綺麗なシンガポールの人・・と思いきや、「ラウンジ内に放送はありませんのでご注意ください」との日本語での注意が。

さすが多国籍の国ですね。日本人の方に受付していただきました。

入って正面左手がビジネスクラス。

右手がファーストクラスラウンジです。いつかはファーストクラスラウンジにも来てみたいなぁ・・。

陸マイラーなら決して夢ではないですからね。

ビジネスクラスラウンジに潜入です。

スポンサーリンク

シルバークリスラウンジ営業時間・サービス・混雑度など

営業時間
  • 24時間
設備
  • 軽食
  • ドリンク(アルコール含む)
  • バーテンダーサービス
  • Wifi
  • トイレ
  • シャワー
  • PC
  • 授乳室
  • テレビ

このT3のシルバークリスラウンジ、特筆すべきなのは24時間営業です。

それもそのはず、アジア有数のハブ空港であるチャンギ空港は、深夜、早朝便も多く出ています。特に多いのが深夜便。

出国便の場合、夜遅くなればなるほど疲れてきますし、折角ラウンジがあるなら、早めに行ってゆっくりしようか・・・って、考えることはみんな同じです。

私が訪問したのは現地時間22時ごろとかなり遅めの時間でしたがそれでも超、超大混雑でした。

何とかソファ席を確保しましたが・・・ピーク時の23時前後にはカウンター席も満席!座る座席を見つけるのも大変なくらいでした。床に座ってる人もいましたね。

ラウンジ内の様子、座席や広さなど

ラウンジ内の様子がこちら。素敵な空間ですよね。

もちろん、見てのとおりラウンジ内は十分に広いです。どうでしょう、数百人単位で滞在できるのではないでしょうか。

でも、広いけれどもとにかく人が多い!

ラウンジの内部はこんな感じです。

右下にあるような家族連れに最適なソファーのボックス席ももちろんありますが、とにかく椅子は争奪戦ですね。

私ははひとり旅だったので何とか確保できましたが、深夜便出発前はかなりの座席の競争率だと思ったほうがよさそうです。

ここで通り掛かったのが受付していただいた日本人の係員の方。伺ってみますと、やはり22時~23時30分にかけてが最も込み合うんだとか。私は1時20分発の便で、0時20分過ぎに退出しましたが、確かに0時頃には少し空席も出てきたような気がしました。

深夜便の方でゆっくりされたい方は、思い切って早めに到着されても良いかも知れません。これから書きますが、ドリンク、食事はかなり豊富です。

シャンパンの用意があるなどドリンクはかなり豊富

シルバークリスラウンジといえば、シャンパン飲み放題で有名!

香港国際空港シルバークリスラウンジ訪問記。ANAビジネスクラス搭乗者におすすめな4つの理由

2018年6月8日

私も楽しみにしてきましたが、どこにもシャンパンがありません。

その他、洋酒やソフトドリンク、ビール系も超豊富ですが、シャンパンだけはないんですよね。冷やされているのは、白ワインだけなんです。

と、思ったらなんとリクエスト制でした。ま、それも当然だと思います。とにかくすごい人ですから、シャンパンのボトルなんか置いたら一瞬で空だと思います。

運よく係りの方が通り掛かったので、シャンパンをオーダー。まずはファーストドリンクでシャンパンをいただきます。

銘柄はよくわかりませんが、シャンパンです。早速いただきます。

しかし結構・・・なみなみと注がれていますね。

チップスとナッツでいただきます。

その他のドリンク・ビール等

ビールは地元シンガポールのタイガービールを、こんな感じのサーバーからいただくことができます。

ジョッキは、あらかじめ冷蔵庫で冷やされています。

左下にジョッキがあるのがお分かりでしょうか?冷えたジョッキにタイガービアーを注いでいただきます。

この日の白ワインはニュージーランド産。これも一杯いただいてしまいました。

コーヒー類はこちら。極めて充実のラインナップです。多分、コーヒーならなんでも作れちゃうんじゃないですかね?

紅茶は、さすがの本場TWGブランドでした。

コーヒー、紅茶はサーバーが多すぎて何がなんだかわからないほどでしたね。ドリンクは極めて充実しています。

スポンサーリンク

食事の品揃えはホテルのビュッフェディナーばり!

そして、なんといってもすさまじいのが食事のラインナップです。

これ、どこのホテルのビュッフェディナー?ってくらいの超絶な品揃えです。夕飯抜きで訪れても全然OKだと思いますよ。

順に当日のラインナップをご紹介していきます。

サラダ・パン等軽食系

まずは、サラダ、パン等の軽食系のラインナップです。

左上からサラダ、そば。右上がフルーツとお寿司。左下がチーズで、右下がサンドイッチです。サンドイッチはちょっと離れたコーヒーコーナーにありました。

パン。盛り方がイギリス風ですね(笑)。

メインのホットミール

そして、ここからが本命のホットミールです。

まず左が骨付きチキンの照り焼き。右はパスタ。結構欧米系の方は左の骨付きチキンを召し上がってました。

左が豚肉の炒め煮、右が魚の揚げ煮スパイシーソース。右がお気に入りです!美味しかった!

続いて左上から焼きそば、右上が揚げだし豆腐ときくらげの炒め物、左下がチキンクリーム煮、右下がご飯です。

ご飯の隣には、写真を撮り忘れましたがタイ風のグリーンカレーがありました。

こちらは魚のすり身の揚げ物とタイ風チリソース。

チリソースをかけると全てタイ風になりました(笑)。でもこのソース、やっぱり美味しいですよね。

こちらは、牛肉の黒胡椒煮込み。サワークリームでいただきます。

本当に・・こんなにあるの??って感じじゃないですか。もう凄すぎです。

まずはタイガービールで乾杯。

18時くらいから来たら、夕食と夜食の両方が十二分にいただけます。まさに、居酒屋シルバークリス状態です。

ビールもシャンパンも飲み放題ですので、酒飲みにはたまりませんね。

締めは、ベジタブルグリーンカレー!これ、あまり辛くなくて美味しかったです。ご馳走さまでした!

洗面所で歯磨きをして、そろそろ出発

時刻は23時30分をまわり、少し人は少なくなりましたが、それでもすごい人。1時20分の出国便に向け、準備を開始です。

そもそもシャワーを浴びるつもりはありませんでしたが、この日は人が多かったせいか、シャワー室はいずれも清掃中。洗面台もあまり清潔とはいえませんでしたが、歯磨きだけはさせていただきました。

さすがに袋入りなら大丈夫ですよね。

さあ、もう0時30分。出発ゲートに向かいます。

チャンギ空港で特徴的なのが、この出発ゲート前での手荷物検査です。

結構念入りでした。搭乗ゲートには、時間の余裕を見て行かれることをおすすめします。

無事検査終了。

シンガポールー名古屋を結ぶSQ672便ビジネスクラスで、名古屋に向け出発です。

SQ672 シンガポールーセントレア(名古屋) ビジネスクラス搭乗記 ロブスターテルミドール最高でした【2017年シンガポール旅行記6】

2017年6月14日

スポンサーリンク

居酒屋シルバークリス。その使い方

途中で冗談で「居酒屋シルバークリスラウンジ」と書きましたが、自分で書いといてなんですが、この表現、ぴったりです。

確かに利用者が多くて混雑はしているのですが、このざわつき感がまさに居酒屋っぽいという(笑)。

そして皆さんかなり豪快に食べ、飲まれますので、しっかり食事とドリンクを食べられる空間ですね。そんな雰囲気はまさに「居酒屋」。高級ラウンジをそんな表現して申し訳ないのですが、今回の旅ではそういう印象でした。

特に、シャンパンも飲み放題というのはすごいですね。ビールもタイガービールがジョッキでサーバーから飲み放題です。

本当に居心地の良い空間です。チャンギ空港発のスターアライアンスのビジネスクラス以上をご利用の際は、是非シルバークリスラウンジを満喫していただければと思います。

ビジネスクラス搭乗し、ラウンジも自由自在に利用する方法

今回ご紹介したシルバークリスラウンジは、ビジネスクラスの利用者専用のラウンジです。そして、当然ながら完全無料です。

このシルバークリスラウンジのように、ビジネスクラスは異次元の世界だということはお分かりいただけましたか?そして、その異次元のサービスに相応しく、価格もまた異次元です。

とてもではないですが、私のようなアラフォーリーマンがおいそれと買うことができるチケットではありません。

唯一、ほぼ無料でビジネスクラスに乗る方法。それが、陸マイラーだと思います。私は、実際に年間50万マイル貯めてビジネスクラスはもちろんファーストクラスにも搭乗しています。もちろん、サラリーマンでも簡単にできます。

ANAマイルを貯めて、ビジネスクラスにほぼ無料で搭乗する方法は、是非以下の記事も併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2019年3月15日

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください