ブログで紹介するポイントサイト案件と紹介しない案件の違いを解説

この記事には広告が含まれています

当ブログでは、日々超絶お得なポイントサイト案件をピックアップしてご紹介しているわけですが・・。

多分、「あれ、この案件超絶ポイントだけど・・紹介しないの?」とか「これを紹介してくれよ・・!」なんてポイントサイト案件もあるのではないかと思います。

そして現実に、「紹介してないけど、この案件はお得じゃないの?」みたいなご質問をいただくことも多いわけですが(笑)、当然ながら、個人的にご紹介するポイントサイト案件ご紹介しない案件には、明確に線引きを行っています。

もちろん・・単純に見落としている、もしくは気づいていない案件も多いのですが(笑)。

それはさておき、長年ポイントサイト案件を見てきた私なりの、ご紹介するorしない個人的判断基準を簡単にご紹介します。

ご注意
  • ブログで紹介していない案件が、全てこの基準に当てはまるわけではありません。あくまで私なりのチェックポイントとしてご覧ください。

スポンサーリンク

読者の皆さまにとって有益(超お得)かどうか

まず、一丁目一番地となる私なりの価値基準がこちらですね。

そんなの当然じゃない!?」って言われればそこまでですが(笑)、要はこれなんです。

「読者の皆様にとって有益(お得)かどうか」

これが一丁目一番地です。

折角このブログをご覧になっていただいた方に、絶対にお得な情報をお届けするのが、まず最も大切にしている基準ですね。

ただ、これだけでは本当に「そんなの当然!!」で終わってしまうので(笑)、もう少しその基準を深堀して、お得かどうかのチェックポイントを提示すると・・以下の通りになります。

お得度の判断基準
  1. リスク
  2. 時給換算でのお得度
  3. ポイント&陸マイラー業界全体の発展

なんかこのようにご紹介すると小難しく見えますが、全然、そんなことはありません。実は直感に近いものも含め、結構適当です(笑)。

適当ではありますが、一応考え方は無いわけじゃないので・・。

一体どういう基準で判断しているのか?について、これまたちょっとだけ深堀しながらご紹介します。

スポンサーリンク

①リスク

まず、ご紹介にあたり超絶留意しているのがこの基準ですね。

①案件のリスクの観点です。

当然ながらリスクには多種多様なリスクがありますが、読者の方に有益どころか不利益がある・・もしくは不利益がある可能性がある案件は、確実な担保が取れるまで紹介しないよう心掛けています。

代表的なリスクをご紹介すると、以下のとおりですかね。

リスクの種類
  • 外国リスク(問い合わせ対応・入出金リスク)
  • 信用リスク(クレカ審査/今後の借入等)
  • 損失リスク(ポイントを上回る損失)
  • 業者リスク(過剰な売込等)・・・etc

順に、紹介します。

スポンサーリンク

外国リスク

まずは「外国リスク」

これは海外FX案件とかが代表例ですかね。海外FX案件は「口座開設+入金のみ」なーんてライト案件も多いんですが・・。

一方、まず入出金の手数料が馬鹿高いものがほとんどです。

さらに、急な入出金の停止や、なんやかんやの理屈をつけての出金拒否(無理やり出金しようとすると高額の手数料)なんて・・海外特有のリスクが無いわけではありません。

もちろん、絶対じゃないですよ?でも、国内業者に比べてリスクの頻度が高いのは間違いないです。

そして何しろ海外FX業者ですから、もしトラブルになれば日本の常識は通じません。中には日本語での問い合わせ対応が貧弱なサイトもあるので、トラブルに巻き込まれると、下手すると泣き寝入りするしかない!ってことにもなりかねません。

もちろん、繰り返しですが全部が全部こんなリスクあり!ってことは無いのですが、万が一トラブルに巻き込まれた際のリスクがちょっと大きめなんですよね。

そして、実際に入出金手数料が馬鹿高かったり、出金時の条件があったりするサイトが多いのは事実なので、下手すると「損失リスク」的にも、もらえるポイントを上回るコストがかかる可能性もあります。

この「海外リスクあり」案件・・個人的にたまーに、紹介することもありますが、その場合はこのリスクを明記してご紹介するよう心掛けています。

ただ・・一方、日本企業のFX案件や口座開設案件などでは、そもそも金融関係の各種日本の法律が適用され、入出金の手数料やルールも明示されておりまずこんなリスクはないですから・・。

正直、外国リスクのある案件は、積極的に紹介する理由は見当たりませんね。

スポンサーリンク

信用リスク

次が、信用リスク。

あ、ここでは信用とは「クレジットカードの発券」とか「お金を借りる」「ローンを組む」などの意味での「信用」とご理解ください。

信用リスクがある案件は・・例えば法人向けクレジットカード案件等で顕著ですが、申し込む方の属性によっては審査落ちのリスクがあり、以後のクレカやローンの審査に影響するような案件ですね。

例えば法人向けクレジットカードは、ビジネスカードなど、副業を持つサラリーマンの方でも申込・発行可能なカードもありますが、中にはサラリーマンは発行不可、法人代表者&個人事業主しか審査に通らない可能性があるカードもあります。

そして、中には・・これ本当に「サラリーマン」兼「個人事業主」って方でも申込可能なの?って微妙な案件もあるんです。

クレカの審査落ちをすると、その後審査落ち履歴が消えるまでの半年間は新規カードを申し込まない方が無難ってのがセオリーですので・・つまり、場合によっては半年間カード発行ができなくなる可能性もある・・ってことです。

クレジットカードでまさかの審査落ち!考えられる理由と審査落ち後の注意点とは?

そのリスクが拭い去れるまで・・つまり自分で申し込んだりして確信が持てるまでは、ご紹介しないようにしています。

また、中には・・信じられませんが、「クレジットカードの現金化」なんて違法行為のポイント案件もあるのですが(笑)、これは信用リスクとかそういう次元じゃありませんけどね。

損失リスク

お次の視点が、「損失リスク」です。

損失リスクの大きい案件には大きく2つあって、1つは「損失額を確定できない」案件、もう1つは「損失を計算するとポイントの割に合わない」案件です。

特に前者の「損失を確定できない」案件は、FXや仮想通貨案件の、特にシステムトレード系の案件に多いのですが・・・。

例えば「50万円の運用を30日間継続」なーんて条件の案件で・・それがFXや仮想通貨などの騰落リスクの高い資産の運用だと、この30日間で一体どれだけの損失もしくは利益がでるのか、全く想像も付きません。

正直、これポイントサイトの多くて数万ポイントのために取るリスクじゃないですよね。

あくまで1~2万円もらえて損失目安が多くて約1,000円程度!と、リスクが計算できるからこそお得なのであって、損失目安が確定不能な案件は、単なるギャンブルです。

また、後者の「損失を計算するとポイントの割に合わない」案件は、イメージ的には仮想通貨(暗号資産)案件に多いのですが、「入金のみ!」って案件でも、その入出金の手数料等が馬鹿高く、この手数料を差し引きすると全然割に合わなかったりします。

例えば、口座開設+10,000円の入金で3,000円!って案件でも、入出金手数料が入金550円、出金1,100円だと・・。

え・・メリットは結局1,350円しかない・・ってことになります。

これは、この後ご紹介する「時給換算でのお得度」ともかなり被る理由ですが・・この損失リスクは十分考慮して、お得と思えるものだけご紹介するようにしています。

スポンサーリンク

業者リスク

そして、リスクの最後が「業者リスク」

これはまあ、いわゆる「沼」の入口っていうか・・。例えば不動産投資や脱毛・エステ系など・・・。

初回の面談などで大量ポイントがもらえるんですが、間違ってそのままにはまるとポイントどころではない方向に行く・・そういうリスクを秘めた案件ですね。

このサイトではあくまで確実に読者の皆様にとって有益な情報・・つまり安全に大量ポイントを貯める方法をご紹介することを目的にしているので、沼の入口をわざわざ案内はしないようにしています。

業者リスクのある案件をこなさなくても、十分大量ポイント&大量マイルは貯まりますからね。

スポンサーリンク

②時給換算でのお得度

そして、大きな2番目の視点。

これはこのブログでも何度もご紹介しておりおなじみですが、「時給換算でのお得度」ですね。

時給換算でのお得度の事例
  • 3分で2,000円もらえる!案件 =時給40,000円
  • 30,000円もらえるけど損失目安10,000円で、5時間かかる案件 =時給4,000円
  • 5分のアンケートで10円 =時給120円

この時給換算でのお得度の、分かりやすい例がこちらです。

例えば3分で2,000円もらえる!案件の場合、もらえる金額は確かに2,000円と少ないですが、何しろかかる時間はたったの3分ですので、時給換算すると40,000円です。

一方、30,000円もらえるけど損失目安10,000円で、達成に5時間はかかる!って案件の場合、実は時給換算すると4,000円にしかなりません。

なんと時給換算すると10倍も差があるわけです。

さらに、最低なのが5分のアンケートに答えて10円・・とかのアンケート案件。これ、なんと時給120円ですからね。最低賃金以下のブラック案件なんですよ。これって。

こんな案件をいくらこなしても、一切ポイントは貯まりません。スパっと捨て去るべきですし、絶対におすすめしません。

というのも、陸マイラー&ポイ活で最も注意すべきなのが、ポイ活疲れで挫折しちゃうことなんです。毎日アンケート応えて、なんか色々やっているけど1か月で5,000円しか貯まらない・・って感じだと、絶対に挫折します。

簡単に、手早く、しかも一撃1~2万円くらいの大量のポイントを貯められる案件を、毎月1~2件で良いので定期的に利用できれば、確実にポイントは貯まっていきますからね。

このため、このブログでは、とにかく「これだけはやっておけ」という、超お手軽に大量ポイントがもらえる案件を集中的にご紹介するようにしています。

変に時間が掛かったりする・・簡単に言うとめんどくさい案件は紹介しませんし、これは前述の「損失リスク」とも被りますが、諸手数料を差し引くと結局儲からない!なんて案件も、紹介していません。

陸マイラー挫折の原因と対処法。陸マイラー生活を無理なく継続する方法とは?

スポンサーリンク

③ポイント&陸マイラー業界全体の発展

そして、最後の3番目の視点がこちら。

ポイントサイト業界&陸マイラー業界の発展の視点ですね。

これはちょっと一言で説明するのは難しいのですが・・例えば「SNSでの拡散禁止」なんて注意事項のある案件は当然紹介しないようにする・・ってのが一例になるでしょうか。

ポイントサイトに案件を提供する広告主があってのポイントサイトですし、ポイントサイトあっての我々陸マイラー&ポイ活ユーザーですから・・この相関関係は大事にするのが基本スタンスです。

その結果、ポイントサイトが広告主から信頼され、発展する。

そうすれば、我々ユーザーにもより美味しい案件が紹介される!という正のスパイラルが回りますよね。

一方、このタブーを無視して・・「そんなユーザーばっかりなんだったら・・もう広告は出さない」なーんて広告主が増えてしまえば、ポイントサイトビジネスは徐々に縮小し、下手するとオワコンとなり・・。

我々陸マイラー&ポイ活ユーザーにとって良いことは全くありません。

なんていうんでしょう、このいわゆる業界の秩序を乱すような案件の紹介は、できる限り行わないようにしています。

スポンサーリンク

まとめ

以上、なんか偉そうなことを書き連ねてしまいましたが(笑)・・。

とにかく根底にあるのは、読者の方にとって有益で、リスク(罠)が極力ないこと・・つまり、安心・安全なお得情報をお届けしたい・・ってことですかね。

そのためには、実はちょっと時間が掛かるんですが、その案件を達成するためのリスクや条件など、基本的なことはしっかり押さえたうえで、ご紹介するように・・一応心掛けています。

まあ、でも正直時間もありませんし、神でも天才でもないので、間違った情報を書いちゃうこともあるんですけどね。

その場合、多くの方にご指摘いただくことも多く(笑)、その点非常に感謝しています。

なお、当然ながらそもそも見落としている案件も多いので、その点はあしからず(笑)。1日1案件くらいしか紹介できてないので、そもそも全部網羅してませんからね。

紹介する、しないの前に、知らなかった案件の方が多すぎる!って可能性の方が高いですので、ご容赦ください。

ただ、個人的には、ここまで書いたような視点で「紹介に足る」案件をできるだけ探そうとしています。

たまーに、ネタに困ったらとんでもない案件をご紹介しちゃうかもしれませんが、その節も・・ご容赦ください(笑)。

ポイントサイトで大量ANAマイルを貯める方法

マイル、ポイントが貯まらない陸マイラー&ポイ活ユーザーに伝えたい成功のコツ

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2024年4月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2023年9月21日



 

AD