One Tap BUYのポイントサイト経由口座開設+取引で4,100円!今を逃すな!!

日米の大企業の株式や上場投資信託を、1,000円からという少額から、本当に「ワンタップ」で買えてしまう「One Tap BUY」のポイントサイト経由口座開設+取引案件がかなりお得です。

気になる獲得ポイントは4,100円と、リスクを考えれば納得の水準です。

実はこの案件、ちょっと前から同水準でポイントサイトに紹介はされていたのですが・・。もう少しポイントが高くなるかな?と思い少し様子を見ていたんですよね。

ただ、約1か月間この水準から変化がなく、しかも2021年1月中PayPay証券株式会社に社名変更が予定されるなど、そろそろポイントサイトから消えてしまう可能性もありそうなんですよね。

ということで・・消えてしまうかもしれない!というその前に、満を持してご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

恒例のどこ得チェック

では、早速スマホ証券「One Tap BUY」案件の恒例のどこ得チェックの結果から見ていきましょう。

ポイントサイト「ハピタス」さんで4,100円の最高水準を叩きだしていますね。

この案件がポイントサイトに復活した2020年12月以降、約1か月間ずっとこの案件を注視してきましたが・・。

ポイントサイトから消えたり現れたりを繰り返してはいましたが、この4,100円という水準が最高、という状況は変わりませんでした。

ポイントサイトからそろそろ消えてしまう可能性もあるので、4,100円水準で口座開設しても大丈夫だと思います。

ちなみに、この案件約1年前・・2019年の12月~2020年初旬に掛け、なんと口座開設だけで最高2,400円もらえる!という案件がポイントサイトに紹介されていたんですよね。

この時は口座開設だけでOKでしたが、今回は実際に1取引が必要となります。その分、ポイントは1,700円分高くなっている・・って感じですね。

この記事では、ハピタスさんの案件を題材に、解説を続けます。

口座開設だけで2,400円が即時でもらえる!One Tap buyが超お得!

スポンサーリンク

案件詳細

ハピタスさんのOne Tap Buy案件がこちらですね。

ご覧のとおり、新規口座開設完了後、新規株式の買付完了でポイント対象になります。実際に入金&取引が必要なのはちょっと面倒といえば面倒ですが、取引金額はたったの2,000円と少額ですので、もらえるポイント4,100円分を考えれば狙い目の水準と言えますね。

ポイント獲得条件は・・前述のとおり新規口座開設+60日以内に2,000円以上の新規株式の買付完了のみとシンプルです。

ポイント却下条件がこちらですが・・ちょっと細かいので、ポイントのみ下記に列挙します。

ポイント却下条件
  • 過去当サービスを利用したことがある場合
  • 口座開設申込後、60日以内に2,000円以上の新規買付けが無い場合
  • One Tap BUY 日米株のみの新規買い付けが対象(つみたてロボ貯蓄/One Tap BUY 10倍CFD/日本株CFD/誰でもIPOでの新規買い付けはポイント対象外)
  • ポイント付与までに出金・口座解約にした場合(一部出金の場合でも対象外)
  • 広告主へ直接問い合わせを行った場合
  • 広告主に正常な申込でないと判断された場合

まず、過去「One Tap Buy」のサービスを利用したことがある方は対象外となっています。前述の口座開設だけで2,400円!案件を利用した方は、残念ながら対象外となってしまいますね。

また、取引の対象としてカウントされるのは、One Tap BUYの「日米株の新規買付のみ」が対象です。特別な事情が無い限り、日本株を2,000円以上買っておくのが無難だと思います。

なお、One Tap BUYでは株式の実際の金額に関わらず1,000円~購入が可能なので、取引しづらかったりすることはありませんのでご安心を。

また、重要なポイントとしては、ポイント付与までに出金した場合は対象外となります。一部出金の場合でも対象外になるので、これは絶対に注意してください。

その他、重複はNGですが、同一住所NG条件はないので夫婦で申し込み、夫婦そろってポイントを獲得することが可能な案件です。

ただし、重複とカウントされないよう、まずは絶対に例えば夫は自宅のWifiから、妻はスマホの4G回線からなど、申込に使用するIPアドレス(通信回線)を必ず分けておくようにしてください。また、IDやメールアドレス、パスワードの重複も厳禁です。

スポンサーリンク

実際の取引方法

では、実際の取引方法も簡単にご紹介しておきます。

まず、口座開設をしてください。口座開設は超絶簡単ですのでご安心を。

口座開設後・・実際の取引はスマホから行うのが便利で簡単です。何しろこのOne Tap BUYはスマホユーザーのための証券会社を売りにしている会社ですからね。あ、もちろんPCからでも取引は可能です。

また、取引の方法には上記「入金連携」と「One Tap Buy預り金」での取引の2つの方法がありますが・・ここで選択が必要なのは赤矢印「One Tap Buy預り金」です。

「入金連携」のほうが、「One Tap Buy預り金」への振込が不要なので便利なんですが・・1万円単位の取引しかできません。2,000円きっちり売買したい!って方は、「One Tap Buy預り金」での取引を行ってください。

ということで、まずは「One Tap Buy預り金」口座に入金をします。

要は、専用振込口座への振込なんですけどね(笑)。この専用振込口座は、アプリの「入金する」メニューからも確認できます。なお、入金は振込入金ですので所定の手数料が掛かりますのでご承知おきください。

また、入金額は2,000円ぴったりで問題ありません。

入金が完了したら、後は日本株か米国株を購入すればよいわけですが・・。

One Tap BUYでは、株式の単元株とかに関係なく、本当に1,000円から株式が購入できるので、後はなんでもよいので2,000円分の株式を購入すればOKです。が、米国株は為替リスクも考慮するとあまりおすすめはしません。

日本株で、名前を知っている会社の株や応援したい会社の株を買えばよいと思います。全く思い浮かばない・・という方は、トヨタ自動車あたりを買っておくと良いでしょう。

新型コロナ禍にも関わらず、2021年3月決算で1兆3千億円以上の営業利益を予想しているので、少なくとも倒産リスクはありませんからね。

また、購入した株はポイント確定まで売らずに保有しておくのが無難だと思います。それから、一部でも出金は厳禁ですのでご注意ください。

なお、株式の売買ですので当然ノーリスクではありませんが、現在の株式市場の状況なら、倒産リスクのない企業であればそんなに大崩れはしないと思います。

仮に2,000円の株式が全くの無価値になったとしても・・ポイントサイトのポイントと相殺すれば、約2,000円の儲けが残りますからね。そんなことはありませんが(笑)。

なお、途中にも記載した通り株式のリスクより影響が大きいのが実は入出金手数料です。振込手数料、出金手数料は自己負担になるので、数百円が別途必要になります。この点だけはご注意ください。

スポンサーリンク

One Tap BUYとは?

ちなみに、この「One Tap Buy」(ワンタップバイ)は、簡単に言ってしまうとスマホで簡単に株式投資が可能なスマホに特化した証券会社です。

最小1,000円から日本株/米国株に株式投資ができるため、かなり人気のある証券会社であり、現在では専用アプリのダウンロード数が120万人を突破するなど、それなりに名を知られたサービスといえますね。

出資企業にも錚々たる企業が名を連ねています。なお、現在の出資比率はソフトバンクが61%です。

また、2021年1月中にPayPay証券株式会社に社名変更が予定されており・・要はそういう企業系列の証券会社です(笑)。個人的に実際に利用していますが、セキュリティもしっかりしており、しかもPayPayとの連携も期待できるので・・。

これからかなりおすすめできる証券会社だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

以上、スマホ証券「One Tap BUY」の口座開設+取引案件をご紹介しました。

冒頭や文中でご紹介したとおり、One Tap BUYは2020年1月中にPayPay証券株式会社への社名変更が予定されているんですよね。

PayPay証券になれば・・ポイントサイトではない方向性で大攻勢を掛けてくる可能性が高そうですので、この案件、早めにポイントをもらっておいた方が良いと思います。

ハピタスの「One Tap BUY」案件は、こちらから利用できます。

また、まだハピタスに登録していない方は新春早々から大チャンスです!!

今ならハピタスの新規入会キャンペーン実施中のため、ハピタス登録から7日以内に500P以上の広告を利用することで、通常特典である400円分のハピタスポイント含め、今年と同じ額である2,021円分のハピタスポイントがもらえます。

なお、獲得には500円以上の広告利用「だけ」で良いので、この記事でご紹介したOne Tap BUY案件を利用するだけで、もれなく2,021円分のハピタスポイントがもらえますよ!!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ポイントサイトのおすすめは安心・安全なハピタス!陸マイラー必見!【家族紹介がお得】

クレジットカードを審査落ちせず継続的に発行する方法。クレヒスの重要性を徹底解説

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD