GポイントからVポイントへの交換終了!注意点と代替交換ルート

この記事には広告が含まれています

GポイントからVポイントへの交換が、2024年1月11日(木)をもって終了します。

え・・何それ?なんの意味があるの?って方もいらっしゃるでしょうし(笑)、それは困る!!って方もいらっしゃると思いますが・・。

実はちょっと利便性は下がりますが、この交換停止によって直接何らかのお得なポイント交換ルートが閉鎖になってしまう!ということはありません。

が、いよいよ2024年春に迫った「TポイントとVポイントの統合」に向けた動きの予兆と考えると・・。

気になるニュースであることは確かです。

GポイントからVポイントへの交換停止が意味するところと・・代替策などについて解説します。

「青と黄色のVポイント」の詳細発表!気になる陸マイラー/ウエル活/ポイ活への影響は!?【TポイントとVポイントが統合】

スポンサーリンク

GポイントからVポイントへの交換停止の意味

では、まずは2024年1月11日(木)をもって終了するGポイントからVポイントへの交換停止って・・。

どういう意味があるの?ってことを簡単に。

まず、大前提としてGポイントは自らもポイントサイトでありながら、実は他社ポイントサイトのポイントもGポイントへの交換を受け入れてまして・・。

Gポイントを経由してさらに他社ポイントに交換もできるという、「ポイント経由地機能」を有しているポイントサイトです。

ポイントまとめ(中継)サイト3選!陸マイラー、ポイ活ユーザー必須登録サイトの比較&重要性とは?

そして、上記のとおり・・Gポイントはなんと三井住友カード「Vポイント」に即時で等価交換ができるという唯一のポイントなんですよね。

このGポイント→Vポイントへの即時のポイント交換2024年1月11日(木)をもって交換終了になるので・・。

もし、Vポイントへの交換ルートがGポイント経由だけ!!ってことなら、Vポイントへの交換ルートが完全閉鎖・・ってことになるのですが、そこは安心してください。

ポイントサイトのポイントを三井住友カード「Vポイント」に交換するためには・・上記のとおり「Gポイント」もしくは「PeX」を経由することで交換できます。

今回、閉鎖になるのはGポイント経由でVポイントに交換するルートだけですので・・。

まだ、PeX経由のポイント交換ルートが残っています。

このため、すぐに強烈な影響がでるかというと、実は、そんなことはありません。

ただし、PeX経由のVポイントへの交換は、上記赤枠内のとおり当月申込分→翌月25日前後で交換完了ですので・・。

Gポイント→Vポイントへの即時交換に比べ約1ヶ月程度交換に時間がかかることになります。

ただ、交換ができなくなったわけではないので、致命的なことにはなりません(笑)。

スポンサーリンク

影響を受けるポイント交換ルート

影響を受ける交換ルート
  • ソラシドルート
  • Vポイントルート(ANAマイル)

そして、このGポイント→Vポイントへの交換終了で影響を受けるポイント交換ルートが・・。

上記のポイントサイトのポイントをソラシドエアのマイルに交換する「ソラシドルート」と、Vポイント経由でANAマイルを貯める「Vポイントルート」ですね。

特に、「ソラシドルート」は、ポイントサイトの1P(1円)=ソラシドエアのマイル2マイルに交換できる・・。

つまり1円=2マイルに交換できる!!という爆得ポイント交換ルートなので、利用している方も多いのではないかと思います。

あ、このソラシドルートの詳細は上記のとおりですが、三井住友カード発行の「ソラシドエアカード」を所有していないと利用できないのでご注意を。

GポイントからVポイントへの交換終了後も、上記のとおりPeX経由でのポイント交換ルートが残るので、直接的な影響は限定的ですが・・。

Vポイントへのポイント交換に時間がかかる(即時→約1ヶ月)のが唯一の改悪です(笑)。

また、三井住友ANAカードを1枚もっていれば、ポイントサイトのポイントを1円=0.6倍でANAマイルに交換できる上記「Vポイントルート」も・・。

Gポイント経由が閉鎖されるので、今後はPeX経由限定になります。

ただ、繰り返しですがこちらもPeX経由の交換ルートは残るので、影響は限定的といえば限定的です。

ソラシドルートでソラシドエアマイルを貯める方法&交換方法【特典航空券爆安!】

VポイントルートでANAマイルに交換する方法&交換スケジュールを解説!交換率0.6倍!

スポンサーリンク

Vポイントへの交換終了の予兆か?

ということで、実はこのGポイントからVポイントへの交換終了って、各種ポイントサイトで貯めたポイントをVポイントに交換するのに・・。

交換期間が1ヶ月かかるようになったってだけで、PeX経由の交換ルートが残っているので、まだ直接的な影響は軽微です。

が・・上記のとおりGポイントを運営する運営会社の「G.PLAN」さんの出資者は実は三井住友カードさんでして・・。

出資関係にあるのにポイント相互交換を終了するってのは、これは明らかにGポイントからVポイントへのポイント交換のメリットが少なくとも「Vポイント側にはない」と判断しての結論・・ってのが通常の思考回路かと思います。

また、2024年春から統合が発表されているVポイントとTポイントですが・・。

いずれ統合するのだから当然と言えば当然なんですが、VポイントからTポイントへの交換は実は2023年10月から開始されているんですが、TポイントからVポイントへの交換は開始されていないんです。

どうせ統合するのに・・明らかに妙な動きですよね(笑)。

どうせ一緒になるなら、なぜVポイント→Tポイントは交換開始!なのに、Tポイント→Vポイントの交換ができないのか・・って感じですからね。

ということで、これどう考えてもVポイントへの他社ポイントからの流入を歓迎していないのは明らかなので・・。

PeXからVポイントへの交換も、いずれできなくなる可能性がありそうです。

ソラシドマイルをよく使う方などは、ある程度のポイントをVポイントに今のうちに交換しておくのがおすすめかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

以上、とりあえず当面は大きなデメリットはないですが・・。

かなり不穏な雰囲気が立ち込める(笑)Gポイント→Vポイントへの交換停止の代替ルート&この交換停止が意味することを解説しました。

Vポイントへの他社ポイント流入を制限する動きの一環であることは間違いありませんし・・。

正直、2024年春のVポイント/Tポイントの統合後・・ソラシドエアマイルを貯める「ソラシドルート」についてはかなり存続が危ないな・・という気がしないでもありません。

ソラシドエアマイルをよく使う方は、早めにVポイントに交換しておいた方が良いかもしれません。

以上、Gポイント→Vポイントの交換停止について解説しました!

ソラシドルートでソラシドエアマイルを貯める方法&交換方法【特典航空券爆安!】

VポイントルートでANAマイルに交換する方法&交換スケジュールを解説!交換率0.6倍!

「青と黄色のVポイント」の詳細発表!気になる陸マイラー/ウエル活/ポイ活への影響は!?【TポイントとVポイントが統合】

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ



AD