ヤフーカード(Yahoo!Japanカード)ポイントサイトで案件で最大13,500円!久々の超得水準!【年会費永年無料】

ヤフーカード(Yahoo!Japanカード)はもうお持ちですか?

実は、ヤフーカードのポイントサイト案件が、発券だけで6,500円もらえる!という過去最高水準クラスの超得水準を叩き出しているんですよね。

Yahoo!Japanカードは通常時はドットマネーで約3,500円が最高水準ですので、この6,500円というのは超絶高い・・発券の大チャンス水準です!!

また、このポイントサイト案件とは全く別に、Yahoo!Japanカードはほぼ常時入会キャンペーンを実施しています。

この入会キャンペーンを利用して発行することで、今なら公式入会キャンペーンで最大7,000円分ものPayPayボーナスが貰えます

そして、前述のとおり、ポイントサイトを経由してカードを発行することで、さらにポイントサイトから6,500円分のポイントがもらえるので・・。

公式サイトの入会キャンペーンの7,000円分のPayPayボーナスに加え、ポイントサイトの6,500円、合計最大13,500円もの・・年会費永年無料のカードとは思えない超絶ポイントがもらえるんです!!

ポイントサイトを経由しないと、この6,500円分のポイントはもらえませんので、ヤフーカードの発券は絶対にポイントサイト経由がお得です。

さらに、Yahoo!Japanカードは当然年会費永年無料のカードですし、各種Yahoo!サービスを利用するうえで絶対に持っておくべき超得カードですからね。

まだお持ちでない!という方は、是非この機会にポイントサイトを経由してYahoo!カードを発行していただければと思います。

ポイントサイト経由でのお得なYahoo!Japanカードの発行方法を解説します。

スポンサーリンク

恒例のどこ得チェック

では、ポイントサイト案件紹介時恒例のどこ得チェックの結果から見てみましょう。

優良ポイントサイト「ポイントタウン」さんで、ほぼ過去最高水準となる6,500円を叩きだしています!!

ちなみに、このヤフーカード案件は楽天カードのようにポイントサイトで10,000円超!などの爆発をしない案件です(笑)。

冒頭にもご紹介のとおり、普段は約3,500円くらいの案件なので、この6,500円という水準はここ数年では断トツの高額水準です!!

ポイントタウンさんはTOKYUルートが使えるためANAマイルに業界最高倍率で交換ができますし、Tポイントその他のポイントにも、手数料無料で交換ができますからね!!

この記事では、ポイントタウンさんの案件を題材に、解説を続けます。

スポンサーリンク

案件詳細

では、ポイントタウンさんの「ヤフーカード」案件を見てみましょう。

ご覧のとおり、新規カードの発券だけで6,500円分のポイントがもらえます。(ポイントタウンさんは20P=1円相当)

このヤフーカード案件、たまにカード発券同時のリボ(リボルビング払い)払い登録が必要!なんて案件もありますが、このハピタス案件では、新規カード発券だけでOKです。

超絶、ザル案件ですよね(笑)。

ポイント獲得条件
  • 新規カード発行完了
  • 申込後、30日以内のカード発券(審査通過)でポイント対象
  • 対象カード:Yahoo! JAPANカード
  • 初めての申込のみ対象
  • 1人1回のみ対象

その他のポイント獲得条件がこちら。

初めてのヤフーカード発行(ただし、30日以内の審査通過)以外に、難しい条件はありませんね。

ポイント却下条件
  • 虚偽・不正・いたずら・重複(IP)
  • キャンセル・対象カード以外の発券
  • 申込後、30日以内にカード発券に至らなかった場合
  • 2回目以降の申込・解約後の再入会・カード切替え
  • 家族カードを所有されている方のお申込み
  • 受取り未確認・申込不備

同じく、ポイント却下条件がこちら。

特に難しい却下条件はありません。同一住所不可条件は無いので、夫婦そろってカードを発券することで、総額13,000円をもらう!ってことも可能ですね。

ただし、同一IPからの2回目の申し込みは不可になっているので、夫婦で申込される際は、必ず1人目は自宅WIFI+PC、2人目はスマホ回線+スマホからなど、申込に使用する通信回線と端末を分けるようにしてください。

スポンサーリンク

公式サイトの入会キャンペーンで7,000円分のPayPayボーナス

そして、このフレーズ好きなんですが(笑)、これだけじゃないんですよね。

上記のとおり、公式入会キャンペーンのヤフーカードへの新規入会&3回利用というこれまた超絶ザル条件の達成だけで、最大7,000円相当のPayPayボーナスがもらえるんです!

最大PayPayボーナス獲得条件
  1. 新規カード発行で2,000円相当
  2. 2か月以内に3回ショッピング利用で5,000相当

この入会キャンペーンのポイント獲得条件は上記のとおりですが・・。

ご覧いただいてお分かりのとおり滅茶苦茶ハードル低いです。①なんて既に条件ですらないですからね。

②についても、要はショッピングでのカード利用を2か月以内に3回すれば良く、特に利用金額の指定はありません

コンビニで100円のお茶を買うだけでも、1回にカウントされるので、この7,000円分のPayPayボーナスをもらうのはかなり簡単です。

ただし、このPayPayボーナスは出金や他社ポイントへの交換はできず、電子決済サービス「PayPay」での利用しかできません。この点だけ、ご注意いただければと思います。

スポンサーリンク

Yahoo!Japanカードのスペック

年会費 永年無料
ブランド Visa、Mastercard、JCB
家族カード 年会費無料
ETCカード 年会費:500円(税抜)
ポイント Tポイント(100円につき1ポイント)
Tカードとして利用可
ポイント付与率 通常 1%
※チャージ等一部の利用分を除く
ポイント付与率
Yahoo! JAPANサービス内利用
(Yahoo!ショッピング、LOHACO)
3%
通常ポイント2%+期間固定Tポイント1%
ショッピング補償 プラチナ補償
月額費:490円(税抜)
動産・総合保険 無料付帯
盗難保険 無料付帯
限度額 審査による
ショッピングリボ実質年率 18.0%
キャッシング実質年率 18.0%

Yahoo!Japanカードのスペックは、上記のとおりです。

年会費は永年無料ですし、ショッピングでのポイント還元率は通常1%、Yahoo!サービスの利用時は3%です。キャンペーン開催時などは、ヤフーカード利用者限定で還元ポイントが跳ね上がることもあります。

Yahoo!ショッピングやLOHACOなどを利用している方にとってはまさに必携のカードといってよいでしょう。

個人的にかなり利用価値が高いと思っているのが、このショッピングガード保険。Yahoo!Japanカードで購入したものなら、購入日から90日間なら補償してもらえます。(上限:100万円)

新品でも、中古でも補償してもらえるので、ヤフオク!での購入品も当然補償対象です。

この保険があるので、ヤフオクでの落札もかなり安心なんですよね。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ひっそりと・・ですが確実に最高水準を叩き出している(笑)、ヤフーカード案件をご紹介しました。

今なら、Yahoo!Japanカードの公式入会キャンペーンで7,000円分のPayPayボーナス、そしてポイントサイト経由で6,500円分のポイントがもらえるため・・。

トータルで13,500円分のポイントがもらえます。しかも、ポイント獲得条件はカード発行だけですからね??

ヤフーカードは年会費永久無料のカードなので、単純に13,500円分丸儲けということです。

ただし、ポイントサイトを経由しないと、6,500円分のポイントをもらい損ねることになりますので、ご注意ください。

ポイントサイトは、6,500円分のポイントがもらえ、ANAマイルにも他のポイントにも交換できる万能優良サイト「ポイントタウン」さんがおススメです。

ポイントタウンさんのヤフーカード案件はこちらからご利用いただけます。

ポイントタウンさんに口座をお持ちでない方は、以下のバナーから登録をどうぞ。

下記バナーから無料登録していただき、翌々月までに5,000円分のポイントを獲得すると、さらに新規入会ボーナスとして2,000円がもらえます!!

ヤフーカード案件は6,500円分のポイントなので、なんと新規会員登録してこの案件を利用してポイント確定するだけでさらに2,000円です!!

合計、8,500円案件ですよ!!

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

登録後、検索窓から「ヤフーカード」で検索してみてください!!

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD