家族も絶賛する、マイルの価値を最高に高める使い方

せっかく貯めたマイル。

最高に価値のある使い方って、なんだと思いますか?

管理人が毎月36,000マイルを確実にゲットできる陸マイラー生活を手に入れて、半年ほど経過しました。

マイルはちょくちょく使っていますが、それでも現在のファミリーマイル残高は約20万マイルあります。

「せっかく手に入れたマイルだから、絶対に価値ある使い方をしたい!」

「還元率が最も高い使い方ってなんだ!?」「国際線ファーストクラス?」

コスト意識が高いからこそ始めた陸マイラー生活。

もうね。

「どうやったらこのマイル、いかに還元率を高めて使ってやろうか」で頭が一杯だったわけです。

国際線のビジネスクラスにもマイルで乗りました。

ANAビジネスクラス搭乗記。NH841便羽田ーシンガポールの機内食の全て

2019年1月12日

タイ国際航空ビジネスクラス搭乗記。バンコクーセントレア(中部国際空港)TG646便

2017年4月30日

しかも、半年に2回もビジネスクラスに乗って海外旅行に行きました。

単純なマイルの金額換算なら、もちろん、国際線のビジネスクラスやファーストクラス利用が最も高パフォーマンス。

それはその通りだと思います。

でも、本当にそれが「最高の使い方」「贅沢な使い方」なのか。

管理人が実体験から考える「最高に贅沢な使い方」を深堀して考えてみました。

スポンサーリンク

ANAマイルは「自由の翼」

管理人は今度、貯めたマイルを利用して、家族4人で函館旅行に行ってきます。

旅程は、贅沢に1泊2日。

土曜日の12時に函館空港に到着して、翌日の日曜日の12時過ぎに函館空港を出発する、という行程。

函館旅行は1泊2日がおすすめ。特典マイルで行くべき理由

2017年9月10日

函館って、一回行ってみたかったんですが、なかなか行けなかったんです。

原因は、函館の位置関係と街の規模感。

札幌から本当に遠いので、函館に行くと北海道旅行のかなりの時間を取られます。そのくせ、函館という街はそんなに大きくないので、何日も滞在する街ではない。

1泊2日で十分満喫できる街なのに、「北海道に行く」と考えると、1泊2日では勿体ない。

そんな微妙な街、それが函館ではないかと思います。

何しろ、函館まで親子4人で行こうと思うと、航空券だけで7~8万、下手すると10万は確実です。

せっかく行くのなら北海道の他の都市も・・と考えると、結局3~4日行くことになります。

そうすると子ども達の学校もありますので、夏休みや冬休みなどの長期休暇で行くしかなくなります。

行きたい!と思ってすぐに行くことはとてもではないですができませんよね。

スポンサーリンク

週末旅行という、最高の贅沢

でも、ANAマイルがあれば、行けます。

週末の土日を使って、行きたかったあの場所に、家族で行けるんです。

子どもの学校を休ませる必要も、サラリーマンの管理人が休みを取る必要もありません。

今回の函館旅行の予算は、宿泊費、レンタカー、お土産、食事込みでたったの3万円。家族で3万円で函館旅行です。

確かに、航空券は高くて10万円程度ですので、1マイルあたりの円換算は、2円以下かもしれない。(レギュラーシーズンの函館往復は1人15000マイル)

でも、これってやっぱり最高に贅沢な使い方なんじゃないか。

そう思います。

国内線なら、特典航空券は取れる

国際線の予約を家族4人分ビジネスクラスでとろうと思うと大変です。というか、取れません。

でも、国内線なら、土日でも家族4人分の普通席の空席は簡単に見つかります。

「一度は行ってみたかった」ところ、ありませんか?もしくは、「また行ってみたい」ところ、ありますよね。

管理人は青森にも行ってみたいですし、仙台もいいですね。沖縄も空席があればぜひ1泊2日で行ってみたいです。

長崎は何回行っても最高の観光地だと思います。大分は管理人の実家ですので、土日で行けば実家の父母も喜ぶと思います。

例えば沖縄便に空席がなくても、行きたかったどこかの空港行きの空席はまず間違いなくあります。

1か月くらい前に、学校行事がない土日で旅行することを決める。そして旅行先行きの特典航空券をゲットする。

あとは残りの1か月で「どこにいく?」「何食べる?」をあーでもない、こーでもないと家族会議。

これ・・楽しい~。

この時間。本当にプライスレスです。

家族が喜ぶ、最高に贅沢なマイルの使い方だと思います。

「国内線にマイルは使わない」なんて言ってすみませんでした。

管理人は毎月36000マイルは最低貯まりますので、家族1人あたりの往復マイルが15000マイルとして、2か月に一回は国内旅行できる計算です。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

バラ色過ぎて、鼻血がでそうです(笑)

スポンサーリンク

マイルの価値は、金銭的価値にあらず。プライスレス。

確かに、ファーストクラスやビジネスクラスの方がマイルの円換算の価値は高まります。

でも、週末に家族で自由に行きたい所に行ける。

この自由度は、何ものにも代えがたい、まさにプライスレスな価値。

子どもに多くの経験をさせる意味でも、金額には表せない価値を持つのではないかと思います。

・・これからも頑張ってマイル貯めよ!!



AD