ANAハワイ便A380カウチシートのお得な利用方法は?料金と家族利用時の使い方を徹底解説

ANAホノルル便A380のエコノミークラスには、日本初となる「カウチシート」が設定されています。

A380カウチシートはどう利用するのがお得なのか?そして、家族利用時はどのような組み合わせで使うと、よりお安くかつ快適なフライトが実現するのか?

徹底的に解説してみたいと思います。

スポンサーリンク

ANAカウチシートとは

ご存知の方も多いと思いますが、簡単にカウチシートのご紹介から。

ANAカウチシートとは、上記のとおり、エコノミークラスの座席のレッグレスト部分が前席との隙間を埋めるように前方に持ち上がることで、フラットな座面を生み出し、さらに肘掛部分をあげることでかなり広いフラットスペースを生み出すことができるシートのことです。

カウチシートを導入している他の航空会社としては、ニュージーランド航空が有名ですね。

ただ、日本の航空会社としてはANAが初めての導入ということになります。

カウチシートのメリット

カウチシートのメリットは、なんといってもシートがフラットになり、横になれるスペースが生まれることです。

このため、使い方によってはなんとエコノミークラスでも横になってハワイに行くことができる、ということになります。特に身長、横幅ともに小さく、スペースをあまり占有しない小さな子ども連れの場合、そのメリットはかなり大きいと言えるのではないでしょうか。

ただし、そうはいってもそこはエコノミークラスシートですので、超絶だだっ広い空間かというと、そこまででもないんですよね。

どうせなら大人も横になりたい!ということなら、少なくともシートの数マイナス1名程度での搭乗が必要になります。

シート数マイナス1名、ということは、もう1席分座席占有料金を支払う、ということになるんです。

カウチシートのデメリット

上記メリットと表裏一体にもなりますが、カウチシートのデメリットは、なんといってもエコノミークラスの運賃に加え、カウチシート利用の追加料金が掛かる、ということです。

そして、上記で説明したとおり、スペースの都合上、少なくとも1席以上の座席占有料金を支払わないと大人の場合フルフラットのメリットを享受できませんし、定員通りの座席数で利用する場合(例:3列シートを大人1名、こども2名で利用)でも、追加料金(=カウチシート利用料)が掛かります。

座席占有料金やカウチシート利用料金と、このフルフラットとなるメリットをどのように組み合わせ、最適解を導き出すか、というのが最も大事ということになりますね。

スポンサーリンク

カウチシートの席数

A380に設定されているカウチシートの席数は、3列シートが6列×2=12列の36席、4列シートが6列の合計24席、全部で60席です。

カウチシートの場合、基本的にはその列全部家族orカップルで貸切での利用が原則のような形になるので、席数60席、というより合計18列分のカウチシートがある、と考えておいた方が、分かりやすいでしょう。

1機当たり18組の家族orカップルが利用できるのですから、十分な数だと思います。というか、多すぎるくらいかな?ってイメージですね。

カウチシートの価格

3席シートの価格

さて、お待たせしました。

ここからは、カウチシートの価格を確認していきます。まず、3席シートの価格からです。

3席シートを3人で利用する場合(占有座席0)

この3席シートを3人で利用する・・つまり定員通り利用する場合の価格はロー/ハイシーズンともに9,000円です。

ただ、3席シートは4席シートに比べるとやはり絶対的にスペースが少ないので、9,000円の価値があるか・・・というと??って感じでしょう。

大人2名+子ども1名の場合、フラットなスペースがあっても結局座ってるしかないので、フラットな座面のメリットがほとんどありません

大人1名と、加えてものすごく小さい子ども・・といっても航空券料金が掛かる2~3歳くらいの子ども2人連れ・・くらいしか利用するイメージは湧きませんね。

スポンサーリンク

3席シートを2人で利用する場合(占有座席1)

この3席シートの利用方法として可能性が最も高いのは、3席を2名で利用・・つまり、1席分の占有料金を支払うという使い方です。

イメージとしては・・こんな使い方ですね。

さらに、親子4人の場合2列を占有すればかなりゆったりと利用することができます。

これなら、かなり快適に利用できると思います。そして、この座席占有料金が1列あたりローシーズンで19,000円ハイシーズンで49,000円となっています。

ただこれ、当然ながら片道運賃です。

ローシーズンの19,000円なら、上記のように2列占有しても38,000円ですので片道くらいなら何とか検討の俎上に乗る料金ですが、ハイシーズンの49,000円はさすがに・・ちょっと手が出ませんね。

だって、親子4人で2列使う場合、98,000円・・・。高すぎです。

かなりゆったり感はありますが、ローシーズン限定で利用・・という感じでしょうか。

3席シートを1人で利用(占有座席2席)

そして、上記のように3席を1人で独占する利用方法、つまり2席を占有する場合は、驚異的な価格設定になっています。

なんと、ローシーズンで59,000円/ハイシーズンでは169,000円もします。

ハイシーズンの169,000円という価格設定は・・・実質、3席シートを1人で使うのはお断り、という価格設定ですね、これ。この金額を出せばプレミアムエコノミーはもちろん、ビジネスクラスにも手が届くような金額ですもんね。

ちなみに、エコノミーとプレミアムエコノミーの価格差は片道3~5万円くらい、エコノミーとビジネスクラスの価格差は片道10万円~15万円くらいです。

どれだけ驚異的な価格設定か、おわかりでしょうか?

4席シートの価格

次に、4席シートの価格を確認しましょう。これまた、結構特色のある価格設定になっています。

4席シートを4人で利用する場合(占有座席0)

4席シートを定員の4人で利用する、つまり座席の占有無しで利用する場合の価格は12,000円です。

ただ、3席シートとは違い、4席シートはかなり横に長いので、これ、結構使えるシート設定です。

ANAはこんな感じの使い方を提案しています。上記では子どもは1人ですが、真ん中に子ども2人寝かせる、という使い方も未就学~幼稚園児くらいならできるでしょう。

ちなみに、エコノミークラスのシートピッチ(横幅)は約45cm程度ですので、2席分だと90cmくらい。なお、前席とのピッチは約81センチあります。これだけあれば、小さい子ども2名であれば横になれるでしょう。

ただ・・これ、親は結構腰痛くなりそうですね(笑)。

4席シートを3人で利用する場合(占有座席1)

これも、かなり利用価値の高そうな利用方法です。

例えばお父さんは自分の座席に着席したまま、ママと子どもは横になる・・もちろん、お父さんとママは逆でも良いのですが、そういう使い方もできそうです。

この場合、占有座席1で、価格はローシーズンで22,000円/ハイシーズンで52,000円です。

3人家族(子ども1人)とかの場合、4席シートを3人で利用すると、22,000円でフルフラットで4席占有できるので、3人家族には4席シートがおススメですね。

ただ、ハイシーズンの52,000円は・・・ちょっと高すぎますかね。

スポンサーリンク

4席シートを2人で利用する場合(占有座席2)

次に、4席シートを2人で利用する場合です。

子ども連れで2人で利用する場合は3席シートの方がお得なので、想定するとしたら上記のようなカップル利用でしょうか。

ただ・・ご覧のとおりそうはいっても前後の間隔はエコノミークラスなので81cmのシートピッチしかありませんので、大人の体格ならご覧のとおり超密着体制になります。このため、利用にはかなりの勇気が要ります。

ちなみに、価格はローシーズンで52,000円。ハイシーズンなら172,000円です。これまた、ハイシーズンでの2人利用はお断り!という価格設定ですね。

ローシーズンで、しかも予算的には片道限定・・・さらに周囲の視線に耐えられる方のみと、人を選ぶ使い方でしょうか。

4席シートを1人で利用する場合(占有座席3)

最後に、4席シートを1人で利用する方法です。

上記は3席シートを1人で利用する場合の使い方提案ですが、これ、右の男性をよくご覧ください。膝が曲がってますよね?

3席シートの場合、横幅がそこまでない(42~45cmくらい)なので、3席分足し合わせても140cm程度しかありません。これが4席になれば、180cm強近くになるので、大人の男性でも本当に足を伸ばして眠れます。

ただ、これ、価格が半端ありません。ローシーズンで92,000円、ハイシーズンの場合252,000円・・・。

ハイシーズンは、4人座席を1人で使わせない!という価格設定です。

ハワイ便の場合、ハイシーズンでもエコノミーとビジネスクラスの差額は約10~15万円くらいですので、ローシーズンでもそれだけの価格差ならビジネスクラスに乗った方が「マシ」ですね。

占有座席1席あたりの単価は

シート 時期 1席占有 2席占有 3席占有
3席 ロー 19,000円 24,500円
ハイ 49,000円 84,500円
4席 ロー 22,000円 26,000円 30,666円
ハイ 52,000円 86,000円 84,000円

さて、ここまで見てきたANAカウチシートの価格設定を「占有座席1席当たりの単価」の軸で分析したものがこちらです。

ご覧になっていただいてお分かりのとおり、占有座席が多くなればなるほど1席占有あたりの単価が高くなるように設定されています。

そして、ハイシーズンの場合、2席以上の占有については基本的に利用を想定していない・・という価格設定だと読み取ることができます。

エコノミーとプレミアムエコノミーの差額がおおむね片道3~5万円、そしてエコノミーとビジネスクラスの差額がおおむね片道10~15万円程度と考えると、いくらフラットになるとはいえこの価格設定ではさすがに購入は躊躇してしまいますよね。

ハイ/ローシーズンの設定は

ちなみに、こちらが2019年のハイ/ローシーズンの設定表です。

ハイシーズンは実はそんなに長くはありませんが、夏休み前半や年末年始など、家族連れ旅行には実はビンゴな時期になっています。

スポンサーリンク

シチュエーション別おススメの利用方法

家族4人連れの場合

家族4人連れの場合のおススメの利用法は2つあります。

まず1つ目は、子どもさんがもうかなり大きい場合。この場合は、上記のとおり3席シートを1席占有し、2列確保できるのが理想形ですね。

ローシーズンなら、19,000円×2=片道38,000円でかなり快適に過ごすことができます。ただ、ハイシーズンだと2列で98,000円もするので、やめた方が良いでしょう。

子どもさんがまだ小さい親子4人連れの場合は、上記のとおり4席を4人で利用するのもありです。

上の絵では真ん中に1人だけしかいませんが、前後幅は約81cmありますし、シート2つ分の横幅は約90cmありますので小さい子どもさんなら2人くらい横になれるでしょう。

しかも、価格はローシーズンでもハイシーズンでも12,000円です。子どもが小さい場合は、これが絶対のおすすめですね。

スポンサーリンク

家族3人連れの場合

家族3人連れ(親2名、子1名)の場合、上記のとおり4席シートを3人で利用して、1席占有する使い方しかほとんど選択肢はありません。

何しろ3席を3人で占有しても横幅はかなり限られてきますので、フラットになる意味がないんですよね。

ただ、親1名、子ども2名の場合は3席シートでも良いと思います。

カップルの場合

カップルの場合は、3席シートを1名で利用(占有座席2席)×2列が理想形ですが・・・ローシーズンでも片道10万円超の占有料金が発生しますので、これはあまり現実的ではありません。

この使い方をするくらいなら、大人しくプレミアムエコノミーに乗った方が良いですね。片道でほぼ往復分のエコノミーとの差額が賄えます。

後はまあ、これをやるかですが・・・。

ちなみにローシーズンで3席シートの1席占有で19,000円。4席シートの2席占有で52,000円です。

でも、ちょっと日本人的なメンタリティでは、周囲の視線に耐えられないですよね・・。まあ、ハネムーンカップルとかはありかもしれませんが・・・

スポンサーリンク

スカイカウチシートはエコノミーより前後のピッチが狭いので注意!

ちなみに、ANAのA380のエコノミークラスのシートピッチは34インチ(約86cm)ですが、ANAカウチは32インチ(約81cm)なんです。

なんと、通常座席よりも5cmほどピッチが狭くなっています。

このため、普通に座って旅行することを想定している場合、カウチシートのメリットはほとんどないと思ってください。

フルフラットのメリットを最大限享受するために、横になれるスペースがあるか?横になるのはだれか?ここをよく想像してから、予約することが肝心です。

スポンサーリンク

ANAカウチシートの活用方法まとめ

  • 座席を占有する場合、ローシーズンとハイシーズンの価格差が大きい。ハイシーズンは実質座席占有は難しい(高い)。
  • 占有座席が多くなるほど、座席占有料金は高く設定されている。
  • 占有料金の設定的には、席数マイナス1名程度(座席占有1名)での利用しか、実質利用は不可。
  • 実はシートピッチ(前後幅)はエコノミーよりも狭い。横になれるスペースと、横になる人を良く想定してから購入しよう。

この記事をまとめたものが上記のとおりになります。

確かに、フルフラットになる座面は魅力ですが、価格設定と組み合わせを考えて利用しないと、プレミアムエコノミークラスや、下手するとビジネスクラスの方が割安!ということにもなりかねません。

特に、ハイシーズンはかなり価格が高く設定されているので、原則としてハイシーズンの利用はおすすめできませんね。

ハイシーズンは、通常のエコノミークラスの予約がおすすめです。

あなたの家族構成とニーズに合わせた、カウチシートの利用をおすすめします。

ちなみに、私はビジネスクラスでハワイへ

ANAマイルで夏休みハワイ!ビジネスクラス特典航空券を家族4人分予約した方法とは?

2018.09.15

私は次回のハワイ旅行はANAマイルを利用して発券したビジネスクラスで、親子4人で渡航する予定です。

ビジネスクラスなので、もちろんフラットシートで快適な旅行ができそうです。ビジネスクラスでハワイに簡単に行けるマイルの貯め方は、以下の関連記事をご参照下さい。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018.04.22

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2016.12.22

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018.07.15



AD