アメックスがキャンセルプロテクションの範囲拡大を発表!特別措置の内容とは?【コロナ対策】

アメリカンエキスプレス・カードのゴールドカード以上のカードには、「キャンセル・プロテクション」という、旅行やイベント等のキャンセル料を一部負担してくれる制度があります。

しかしながら、このキャンセル・プロテクション制度、調べれば調べるほど実はほとんど使えない制度なんですよね。

が、そこはさすがアメックス。完璧に空気を読み、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自粛要請や渡航禁止によってキャンセルした旅行、イベント等のキャンセル費用に対し、ほぼ無条件で1請求当たり10,000円を負担する、期間限定の特別措置を打ち出してきました。

これ、キャンセル・プロテクションサービスの適用対象になる方は逃さず貰っておくべきだと思いますし、絶対に知っておいて損はない特別措置だと思います。

早速、このアメックスの特別措置の概要をご紹介します。

スポンサーリンク

アメックスが新型コロナ関連キャンセル費用負担の特別措置!

では、早速2020年4月10日にアメックスが発表した、旅行やイベントなどのキャンセル費用負担に係る特別措置の内容を見ていきましょう。

こちらの特設ページからも、確認することができます。

特別措置の概要
  • 通常のキャンセル・プロテクションに追加して、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自粛要請や渡航禁止によってキャンセルされたご旅行、イベントなどのキャンセル費用に対して、期間限定の特別措置をおこないます。

まず、特別措置の概要が上記の通りですね。

通常のキャンセル・プロテクション制度は・・これ冒頭にも記載した通りはっきり言って全然使えない制度ですが、このキャンセル・プロテクションの範囲が特別に拡大されます。

本来ならこのキャンセル・プロテクションの対象とならない新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自粛要請や渡航禁止によってキャンセルした旅行・イベントなどのキャンセル費用が、期間限定で特別に対象になるんです。

折角のキャンセル・プロテクション制度・・新型コロナで出番があるかと思ったら一切使えない・・という批判を受けての対応なのか、アメックスの真意はよく分かりませんが、この措置によりかなり対象範囲が拡大するんです。

年会費高いゴールドカードを持っていてよかった!という方も多いのではないでしょうか。

特別措置の内容・対象期間

では、この特別措置の内容と対象期間を見ていきましょう。

上記のとおり、2020年3月31日(火)までに予約し、2020年4月1日(水)~2020年6月30日(火)の対象期間内の旅行やイベントなどのサービスのキャンセル料に相当する自己負担分が特別手当金の支給対象になります。

なお、この制度免責金額の設定はありませんが、キャンセル費用が1,000円未満の場合は実質的に「免責」となり手当金の支払いはありません。

そして、1,000円~10,000円未満の場合は実費(かかった分)負担、そして、10,000円を超えた場合は10,000円が上限です。キャンセル料が1件50,000円でも、特別手当金は10,000円が上限になります。

また、請求については何件でも行うことができますが、特別措置手当金が受給できるのは、件数問わず30,000円が上限です。

3件×10,000円、もしくは10件×3,000円、どちらもでもOKですが、上限は30,000円です。

スポンサーリンク

対象カード

そして、この特別措置の対象となるカードがこちらですね。

この特別措置はアメックスゴールドカード以上のカードのサービスである「キャンセル・プロテクション」の適用範囲の拡大、という位置づけなので、対象は同じくアメックスゴールドカード以上のカードになります。

アメックスゴールドカード以上・・というとハードルが高く感じるのですが、SPGアメックスやANAアメックスゴールドカードなど陸マイラーなら持っている確率の高いカードも対象ですので、意外に対象となる方も多いのではないでしょうか。

ただ、このキャンセル・プロテクションサービスは、対象となる旅行やイベントなどの支払いを該当のアメックスカードで支払っていることが適用の条件です。

他のカードや現金で支払った旅行やイベントなどのキャンセル費用は残念ながら補償の対象にはなりません。

スポンサーリンク

支払い理由・対象サービス

そして、この特別措置で最大のポイントがこちら、「特別措置手当金の支払い理由」です。

特別措置手当金の支払理由
  • 通常のキャンセル・プロテクションでは対象とならない、新型コロナウイルスに伴う渡航禁止や活動自粛等

これ、本当に超絶支払い理由が拡大されているんです。なんと、活動自粛でも支払理由になります。

ちなみに、冒頭で全く使えない・・と酷評した、本来のキャンセル・プロテクションの支払理由がこちらです。

本来のキャンセル・プロテクションの支払理由
  • カード会員、配偶者または親もしくは子供が死亡した場合
  • カード会員、配偶者または親もしくは子供が病気か傷害により入院した場合
  • カード会員、配偶者または親もしくは子供が傷害により通院する必要性が生じた場合
  • カード会員が社命出張により海外旅行をキャンセルする必要が生じた場合(アメックスビジネスゴールドカード、アメックスビジネスプラチナカードは対象外)

病気の理由で支払を受ける場合、通院では不可です。入院しないとダメなんです。

また、社命出張によりキャンセルする場合は、海外旅行をキャンセルする場合しか適用対象になりません。

これ・・当てはまる場合ってかなりのレアケースですよね。旅行のキャンセルは、子どもが熱だしたから泣く泣くキャンセルする・・ってことが最も多いと思うんですが、通院とか自宅療養は不可なんです。入院が必要なんです。

この超絶ハードル高かったキャンセル・プロテクションの請求理由が、まさかの「活動自粛」でも適用対象なんですよ!?

もちろん、キャンセルなんかはしたくはありませんが、例えばGWの旅行を自粛する場合でキャンセル料が発生する場合などは、これはもう貰っておくほかないのではないでしょうか。

キャンセル・プロテクションの対象サービス
  • 国内旅行契約、海外旅行契約に基づくサービス
  • 旅館、ホテルなど宿泊施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 航空機、船舶、鉄道、自動車などによる旅客の輸送
  • 宴会、パーティーの用に供する施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 運動、教養などの趣味の指導、教授または施設の提供
  • 演劇、音楽、美術、映画などの公演、上映、展示、興行

また、このキャンセル料の特別手当支給対象となる、通常のキャンセル・プロテクションの対象サービスは上記の通りです

そして、この特別措置では新たに「レストラン予約(ポケットコンシェルジュ)」も、追加で対象になっています。レストラン予約のうちアメックスの付帯サービスである「ポケットコンシェルジュ」利用の場合限定ですが、ありがたいですね。

そして、このキャンセル・プロテクションの対象サービスは実は意外に広いので、活動自粛により何らかのキャンセル料が発生する方は、自分が対象でないか是非確認してみてください。

スポンサーリンク

請求フロー

そして、最後にご紹介するのがこちら。請求フローです。

①のとおりキャンセル・プロテクションに係る各種必要書類を整え、②一旦キャンセル・プロテクション係まで連絡する必要があります。

連絡先
  • アメリカン・エキスプレス・キャンセル・プロテクション係
  • 電話番号:0120-860-420(通話料無料)
  • 営業時間:9:00~17:00(土日祝休)

新型コロナ対応のため電話がつながりにくいことがあります。その場合は時間をずらすなどしてください。

電話して対象となることを確認した上で、請求書と必要書類を送付すれば、請求は完了です。

スポンサーリンク

キャンセル・プロテクションの真価を見せる時!

コロナ感染拡大で・・一応交通機関や施設は運航や営業はしているんだけど自粛のためキャンセルする!

そして、交通機関や施設側でのキャンセルの特別対応が無いのでキャンセル料がかかる!という方も、中にはいらっしゃると思います。

そんな時のためにあるのがアメックスゴールド以上に付帯する「キャンセル・プロテクション」だと思ってたんですが・・実は私も3月中に調べたら、これ、トンでもなく使いづらい・・というか全く使えない制度なんです。

年会費30,000円超のカードで、しかもこの非常事態、 まさにこんな時のためにあると言っても良いサービスでこれはないだろ・・と思っていたら、さすがアメックス、完璧な特別対応を打ち出してきましたね。

何しろコロナ感染拡大を受けた活動自粛でも特別手当金の支給対象になるんです。今後もアメックスを利用しよう!と思える、超絶男前の対応ですよね。

アメックスゴールドカード以上の方が対象、さらに料金の支払いを対象のカードで行っていないと対象になりませんが、SPGアメックスやANAアメックスゴールドなど実は陸マイラーはお持ちの方が多いカードだと思いますので、もらえる方は是非逃さず貰ってください。

この特別措置の詳細は、こちらのアメックス公式HPから確認ができます。

また、キャンセル・プロテクションの概要は、こちらの公式HPから確認ができます。お持ちのカードの「補償規定」をご参照ください。

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイル徹底解説。大量マイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



AD