【最大13,000ANAマイル】セディナカードJiyu!da!が高騰中!もちろん年会費無料!

ポイントサイト「ライフメディア」で、年会費無料の「セディナカードJiyu!da!」が案件が高騰中です。

この案件でもらえるライフメディアポイントにプラスして、公式HPの入会キャンペーンも併用可能なので、年会費無料のカードとしては超納得の水準である18,000円分のポイントがもらえます。

これ、ANAマイルに交換すると最大13,000ANAマイルに交換できます。

また、このカードは全国のセブンイレブン、イオンなどで毎日ポイント3倍(1.5%還元)など、普通に使う分にもお得なカードです。

今が発行の大チャンス!といえるセディナカードJiyu!da!案件を早速ご紹介します。

スポンサーリンク

セディナカードJiyu!da!がライフメディアで8,000円!

最近ポイントサイト最得案件を叩き出すことの多い、お得なポイントサイト「ライフメディア」のセディナカードJiyu!da!案件がこちらです。

なんと、ポイントサイトNo1水準、そしてセディナカードjiyu!da!案件では過去最高水準と言える8,000円相当のポイントがゲットできます。

このセディナカードJiyu!da!は当然年会費無料のカードです。

最近年会費無料のクレジットカードで10,000円のポイントサイト案件ってなかなか無いですし、セディナカードJiyu!da!で8,000P水準であれば、過去最高水準の、納得の高水準だと思います。

また、ライフメディアのポイントはドットマネーに交換ができますので、TOKYUルートでANAマイルに交換できます。この8,000円分のポイントは、6,000ANAマイルに交換できることになりますね。

また、後程ご紹介しますがこのセディナカードJiyu!da!は現在入会キャンペーンを実施中なので、このライフメディアでもらえるポイントとは全く別に、さらに最大10,000円分のわくわくポイントがもらえます。

このわくわくポイントもANAマイルに交換ができるので、なんと併せて最大13,000ANAマイルもの、大量ANAマイルを獲得することも可能です。

月一枚のクレカ案件を探してた!って方には納得の案件ではないでしょうか。

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

ポイント獲得条件

ここで一応、気になるポイント獲得条件も確認しておきましょう。

条件としては、上記のとおり申し込みの翌月末までに5,000円のショッピング利用だけとなっています。楽勝ですよね?

また、応募対象者は「セディナカードJiyu!da!」を初めて申し込んだ方となっています。

既にセディナカードを持っている方でも、セディナカードJiyu!da!をお持ちではない方は対象と読めるのですが・・実はポイント付与NG条件に気になる?記述が・・。

赤枠内のとおり、既にセディナ発行のカードを持っている場合対象外、とも読めるんですよね。

ライフメディアのポイントが付与対象外でも、公式サイトの入会キャンペーンは対象ですので、既にお持ちの方でもイチかバチか申し込んでみるのもありだと思います。

ただ、ライフメディアのポイントがもらえない可能性はありますので、既にセディナカードをお持ちの方は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

セディナカード側の入会キャンペーンでさらに最大7,000マイル!

そして、少しご紹介したとおり、セディナカードの発行がお得な理由はこれだけじゃないんです。さらに今なら新規入会キャンペーンの併用が可能で、さらに最大15,000円分の「わくわくポイント」がもらえるんです。

ただ、この15,000円分のポイントのうち5,000円分のポイントは抽選でもらえるポイントなので、確実にゲットできるのは10,000円分のポイントになります。

入会キャンペーンのポイント獲得条件
条件 獲得P
特典① ショッピング1回+キャンペーン応募 800P
特典② ショッピング合計50,000円以上 2,000P
特典③ ショッピング合計100,000円以上 6,000P
特典④ ショッピング支払い20,000円以下の金額設定 1,200P

気になるポイント獲得条件は上記のとおりです。

入会後の4か月以内に10万円以上の利用+リボの設定のみですからかなり楽勝ですよね。

ちなみに、この入会キャンペーンは参加登録が必要なことにだけは、くれぐれもご注意ください。

そして気になるこの「わくわくポイント」の使い道ですが・・なんと、このわくわくポイントはGポイントに交換できるんですよ。

このため、LINE経由のソラチカルートで8,100ANAマイル!と言いたいところなんですが、ポイントが付与されるのが約6か月後のため、残念ながらLINE→東京メトロポイントへの交換が終了後なんです。

無念・・。

このため、このわくわくポイントを最大の交換倍率でANAマイルに交換したい場合は、新たなポイント交換ルートである「みずほルート」でANAマイルに交換する必要があります。

みずほルートのANAマイルの交換率は0.7倍ですので、7,000ANAマイルに交換することができます。

みずほルートのポイント交換ルートは上記のとおりです。

わくわくポイントからGポイント、JRキューポ、永久不滅ポイント、ANAマイルという交換ルートで、0.7倍でANAマイルに交換が可能です。

ただ、ご覧になってお分かりの通り、このルートを開通させるためには、「JQカードセゾン」と「みずほマイレージクラブカード/ANA」という2枚のカードが必要になります。

ポイントが付与されるまでには半年かかるので、個人的には新しいANAマイルの交換ルート開通のため、この2枚のカードは作っちゃっても良いんではないかと思います。

JQカードセゾンは持ってるけど、みずほマイレージクラブカード/ANAなんて持ってない!って方は、上記の交換ルートでもANAマイルに交換ができます。

この場合、交換率は0.675倍になります。

ただ・・ご覧になっていただいてお分かりのとおり、これ滅茶苦茶面倒くさいポイント交換ルートです。

こんなの面倒くさい!って方は、Gポイント経由でTポイントに交換した後、ANAマイルに交換する方法が最も簡単です。

わくわくポイントからGポイント、Tポイント経由でANAマイルに交換すれば0.5倍で交換できますので、それでも5,000ANAマイルをゲットできます。

JQカードセゾンもみずほマイレージカード/ANAも持ってない!って方はシンプルにこの方法でANAマイルに交換してしまいましょう。このTポイントルートの場合でも、なんともらえるマイルは合計で11,000ANAマイルですからね?

年会費無料のカードとしてはかなり破格の水準と言えると思います。

みずほルートでANAマイルを貯める方法&交換スケジュールまとめ【マイル交換率70%】

スポンサーリンク

セディナカードJiyu!da!のメリット

ではこの年会費無料のセディナカードJiyu!da!の特長を簡単に解説します。

まずなんといってもユニークなのが「Jiyu!da!」というカード名称の由来にもなっている、この「よゆう払い」という制度です。

なんと、月々払いの額を固定して、それ以外の支払いは財布に余裕があるときにATM等からいつでも支払うことが可能なんです。

いわゆる「リボ払い」ですから金利が掛かるので注意が必要ですが、世の中にはこんな面白いカードもあるんですね。

また、全国のセブンイレブン、イオンでの利用でポイント3倍です。

もともとわくわくポイントは200円で1Pしかもらえないので、還元率は0.5%です。3倍ということは、ポイント還元率は1.5%になるということになりますね。また、海外でのショッピング利用でもわくわくポイント3倍です。

さらに、マルエツの各店舗で毎月第2、第4日曜日は5%OFFになるのも嬉しいですね。

お申し込み対象 高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
年会費 本人会員:無料 家族会員:無料
国際ブランド
  • Visa
  • mastercard
  • JCB
追加カード・追加サービス
  • 家族
  • ETC※1
  • エクスプレス予約※2
  • Apple Pay
  • iD
  • QUICPay
ポイントサービス わくわくポイント
カード紛失・盗難保険 届出日から60日前までさかのぼって補償
ショッピング保険
(動産総合保険)
50万円まで(購入日から180日間)
国内旅行傷害保険 1,000万円まで(利用条件)
海外旅行傷害保険
ショッピングお支払方法 2回払い、リボルビング払い、分割払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い
キャッシングお支払方法 1回払いまたは残高スライド定額リボルビング払い
お支払日 毎月末日締め・翌月27日払い(金融機関休業日の場合は翌営業日)

その他、カードのスペックは上記のとおり。年会費無料というのがなんといっても嬉しいポイントです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ポイントサイト「ライフメディア」のセディナカードJiyu!da!のお得な案件をご紹介しました。

今ならライフメディアのポイントが8,000円相当、さらに公式サイトの入会キャンペーンで10,000円相当のポイントがもらえます。もちろんこのポイントは現金化もできるので、年会費無料のカードの発行で18,000円もらえる!ってことです。

これ、結構凄いと思いませんか?

さらにANA陸マイラーにとっては、ライフメディアポイントで6,000ANAマイルが、そして入会キャンペーンでもらえる10,000わくわくポイントは最大7,000ANAマイル、最低でも5,000ANAマイルがもらえるので、13,000~11,000ANAマイルがもらえるってことです。

是非お早目の発行をどうぞ。

ライフメディアの会員の方は、こちらから案件を確認できます。ライフメディアの登録がまだの方は以下のバナーから登録をどうぞ。

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイル徹底解説。大量マイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



AD