Gポイントとは?ANA陸マイラー必須のメリットを解説!

これまでも当然重要でしたが、2022年4月以降その重要性が一層高まるポイントサイト

それが、Gポイントです。

Gポイントは、まずは旅行関係案件(一休、Yahoo!トラベル等)に滅法強い「ポイントサイト」であるとともに・・。

本来直接は交換ができないポイントとポイントを結ぶ・・ポイント経由地機能を有する、超重要ポイントサイトなんですよね!

実際に、ANAマイルを貯める業界最高交換率のポイント交換ルートが「LINEルート」だった際には、陸マイラーなら誰でも利用している必須ポイントサイトでしたからね!

そして、2022年3月末のTOKYUルート閉鎖以降は、再度、陸マイラー必須のポイントサイトになることが・・もう決まっています(笑)。

Gポイントとは?その特徴とメリットは?

早速ご紹介します!!

スポンサーリンク

Gポイントとは?

運営会社 ジー・プラン株式会社(KDDIグループ)
ポイント単位 1Gポイント=1円
運営実績 15年以上
会員数 400万人以上
ポイント交換先 120種類以上

では、まずは「Gポイントとは?」について簡単に見ていきましょう!!

まず、Gポイントは上記のとおり、安心のKDDIグループである「ジー・プラン株式会社」が運営するポイントサイトです。

ジー・プラン(株)の出資者がビッグローブさんで・・ビッグローブの大株主はKDDIさんなんですよね。

そして、ポイント単位は超絶分かりやすい1Gポイント=1円となっています。

上記のとおり、運営実績15年以上、そして会員数400万人以上を誇る、優良ポイントサイトです。

そしてこれ・・意外に取得しているポイントサイトって少ないんですが・・プライバシーマークも取得済みですからね。

まずは、いろんな意味で(笑)超絶安心のポイントサイトだと思います。

そして、ここが最大のメリットになりますが・・。

Gポイントを交換する交換先パートナ―に加え、他ポイントからGポイントへポイント交換をまとめる機能(パートナー)が滅茶苦茶充実しているんですよね。

つまり、Gポイントを経由することで、他社ポイントを本来交換できない他社ポイントに交換できる・・。

いわば、ポイント経由地サイトとして非常な大きなメリットがあるんです。

Gポイントとは?
  • KDDIグループで超絶安心な、ポイントサイトとしても優秀、そしてポイント経由地サイトとしても優秀な万能サイト!

ということで・・Gポイントを超簡単に紹介すると上記のとおりです(笑)。

特に、ポイント経由地サイトとして秀逸すぎるので・・。

ANA陸マイラーは、必見&必ず登録する必要があるポイントサイトになりますね。

スポンサーリンク

ポイント経由地としての重要性

では、次に何故ポイント経由地として重要なのか?について解説します。

上記は、陸でANAマイルを貯める「陸マイラー」必須のポイント交換ルート「TOKYUルート」閉鎖後新たな業界最高倍率のポイント交換ルートとなる・・。

0.7倍(1円=0.7マイル)での交換ができる「みずほルート」のポイント交換ルートです。

あ、TOKYUルート?陸マイラー?って方は、まずは下記の関連記事をご覧いただければと思います。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

ちなみに、ポイント1円=0.5ANAマイル(0.5倍)というのが、このTOKYUルートやみずほルートを除いた、一般的なポイント交換相場です。

このため、この0.7倍というANAマイルへのポイント交換倍率は・・。

強烈に高いポイント交換倍率なんですよね!

では、再度この「みずほルート」のポイント交換ルートを見てみましょう。

一番左の・・各ポイントサイトで獲得したポイントを、Gポイントを経由して、JRキューポというポイントへ交換しているのが・・お分かりでしょうか??

これ、実はGポイントを経由しないと等価交換※出来ないんです。(※等価交換には条件を満たす必要あり)

そして・・もう一つ、「みずほルート」と同率一位となる、同じく各ポイントサイトのポイントを1円=0.7ANAマイルに交換できるのが・・。

上記、「ニモカルート」です。

このニモカルートは最後のニモカポイントからANAマイルへの交換実際に九州or函館にあるポイント交換機に出向く必要があるのが難点(笑)ですが・・。

実は利用してみると結構利用価値の高いポイント交換ルートです。

そして・・このニモカルートでも、Gポイントのポイント経由地機能がかなり便利なんですよね!

このように、「TOKYUルート」閉鎖後のANA陸マイラー必須のポイント交換ルート「みずほルート」「ニモカルート」の開通にあたり、このGポイントはほぼ「必須」のポイントサイトなんです。

あ、みずほルートやニモカルートの詳細は、以下の関連記事をご覧いただければと思います。

みずほルートでANAマイルを貯める方法&交換スケジュールまとめ【マイル交換率70%】

ニモカルートでANAマイルを貯める方法。交換率0.7倍/陸マイラー必須の交換ルート

【TOKYUルート閉鎖】ANAマイルを貯める代替新交換ルートとは?新ルートを解説!

スポンサーリンク

ポイント集約機能

では、このGポイントの強みを、もう少しだけ深堀します。

まず、大きいのがこちらの「ポイント集約機能」ですね。

なんと、Gポイントさんも他のポイントサイトと同じポイントサイトなんですが・・多くの主力ポイントサイトのポイントを等価で交換することができるんです。

交換元 交換日数
ハピタス 3営業日以内
ちょびリッチ リアルタイム
ニフティポイントクラブ 翌営業日
ポイントインカム 3営業日以内
ポイントタウン (交換不可)
アメフリ 5営業日以内
ECナビ (交換不可)
モッピー リアルタイム

交換可能なポイントサイトと、交換日数が上記のとおり。

ポイントタウンさんとECナビさんからは交換できませんが、その他、ハピタスさん、ニフティポイントクラブさん、ポイントインカムさんなど、主要ポイントサイトから等価交換ができます。

このポイント集約機能が、まずはGポイントの利点です。

スポンサーリンク

ポイント交換機能

そして、一旦Gポイントさんにポイントを集約すると・・。

今度は、Gポイントさんの有する多数のポイントと等価交換※可能というメリットが炸裂するんですよね!

上記のとおり、「みずほルート」のキーとなるポイントである「JRキューポ」、「ニモカルート」のキーとなるポイントである「ニモカポイント」へ交換ができるので・・。

これにより、初めてみずほルート、ニモカルート成立します。

あ、ちなみにニモカポイントへの交換完全に等価なんですが・・。

JRキューポへの交換は、何もしないと上記のとおり5%の手数料が取られます。

ですが・・ご安心ください(笑)。

実はこの手数料は、手数料還元サービスを利用するだけで、簡単に取り戻すことができます等価交換が可能なんです。

で、手数料還元サービスって・・何?ってことですが、簡単に言えば・・・。

Gポイントさんの手数料還元対象となるポイント案件を利用すればよいんです(笑)。

例えば、皆さんおなじみの(笑)楽天市場なんかも、赤枠内のとおり交換手数料還元サービスになっています。

たまーに、交換手数料還元サービスでない案件もあるので注意が必要ですが、ショッピング系、旅行系案件などを利用すれば問題なく交換手数料還元対象となります。

そして、この交換手数料還元サービスを1度利用すると、理論値では約6か月間交換手数料無料の効果が続きます。

後述しますが、このGポイントは実は旅行系ポータルサイト(一休、楽天トラベル、Yahoo!トラベル等)無類の強さを発揮するポイントサイトでもありますからね。

Gポイントの案件も・・継続的に利用しておけば交換手数料はいつでも無料!にすることができます。

Gポイントの手数料還元サービスで交換手数料を無料にする手順と方法

スポンサーリンク

ポイントサイト機能のメリット

ここまで、Gポイントの「ポイント交換機能」の重要性をご紹介しました!!

そして、このGポイント・・ポイントサイトとしても優秀なんですよね!!

特に強いのが、前述のとおり楽天トラベル、一休、Yahoo!トラベルなど、旅行系ポータルサイト(OTA(Online Travel Agent))案件なんです!!

例えば一休.comは・・当然ながらGポイント無双状態です(笑)。

Yahoo!トラベルは、ハピタスさんなどの強豪と並び、他を引き離した首位ですからね。

前述のとおり、Gポイントさんの案件を実際に利用しないと、手数料無料還元サービスの対象とならないので・・。

この旅行サイトに強い!というメリットを上手に利用して、優先的にGポイントさんを利用するようにしましょう!!

宿泊・ホテル予約サイトは「ポイント3重取り」でさらに安い!Gポイントの高還元率を見逃すな!

スポンサーリンク

まとめ

以上、2022年4月以降、ANA陸マイラーにとっての重要性がより一層高まる・・。

超お得&ポイント交換機能の利便性が高い「Gポイント」の特徴とメリットについてご紹介しました!!

まずは、その強烈便利な「ポイント集約機能」「ポイント交換機能」を利用することで、2022年4月以降のANA陸マイラー必須のポイント交換ルート「みずほルート」「ニモカルート」「ハブ(軸)」となるサイトですし・・。

ポイントサイトとしても、特に一休.comや楽天トラベルなど旅行系ポータルサイト(OTA)に無類の強さを発揮するサイトです。

前述のとおり、ポイント交換手数料を無料とするためには実際の案件の利用が必要になりますからね!!

旅行案件やショッピング案件は、ポイント確定まで時間がかかるので・・。

早めにGポイントに入会して案件を利用しておくのが、手数料無料化のためにはおすすめです!!

Gポイントへの登録は、以下のバナーからどうぞ。今なら、無料会員登録するだけで50円分のポイントがもらえます!

Gポイント

みずほルートでANAマイルを貯める方法&交換スケジュールまとめ【マイル交換率70%】

ニモカルートでANAマイルを貯める方法。交換率0.7倍/陸マイラー必須の交換ルート

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD