ANAマイルがついに「特典航空券が取りやすいマイル」に。A380ホノルル便就航がもたらす2つのメリット

ANAマイルといえば、長らく「貯めやすいけど、使いづらい」というちょっとした悪評のあるマイルでした。

私自身も実際に年間50万マイルを貯めているANAマイラーですが、正直、特典航空券の取りにくさ・・特に家族そろってのハワイ便の特典航空券の取りにくさには、正直苦しめられ・・一時はANAマイラー引退まで決意したこともありました。

本当に、ホノルル便はエコノミークラスであってもほとんど都市伝説級に取りづらく、その予約に「裏技」が語り継がれるなどの涙ぐましい努力が必要になっていたのです。

年間50万マイル。2年で100万マイル使った陸マイラー生活の凄さを公開します

2018年12月14日

しかし、2019年5月に予定されているA380ホノルル便就航以降、その汚名が払しょくされ、貯めたANAマイルでハワイ!が都市伝説から現実のものとなりそうです。

A380ホノルル便就航が、ANAマイラーにもたらすであろう、大きなメリットを2つご紹介します。

スポンサーリンク

メリット①ANAマイルでハワイ!が現実のものに!

まず、最大にして最強のメリットがこちら。

ついに、ANAマイルの特典航空券でハワイ!が、都市伝説から現実のものとなりそうです。

ANAマイルでハワイ行き特典航空券取り放題!特典航空券大放出キャンペーンの全貌公開

2018年12月26日

まず、ANAが本気度を見せつけてきたのが上記の「特典航空券大解放キャンペーン」です。

詳しくは上記関連記事をご覧いただければと思いますが、A380の就航日である2019年5月24日(金)~2019年7月11日(木)までの期間限定ではありますが、なんとA380のエコノミークラス、プレミアムエコノミークラスに空席がある限り、特典航空券の発券し放題というまさに夢のようなキャンペーンです。

ANAマイルは山のようにあるんだけど、ハワイ行き特典航空券が取れずに苦戦していた方にとっては超朗報だと思いますので、どうしても特典航空券を取りたい方はこのチャンスを逃さないようにしてください。

念のためのプチ情報:ANAスカイコインとの比較を忘れずに

ANAスカイコインの使い方。マイルからの交換方法とお得な使い道を解説

2018年9月17日

この特典航空券大開放キャンペーン、なんともお得なのですぐにでも飛びつきそうになってしまいますが、マイルをANAスカイコインに交換した方が割安な場合もあるので、ANAスカイコインとの比較は忘れずに実施ください。

以上、念のためのプチ情報でした。

キャンペーンから見えたANAの「本気度」

さて、この特典航空券大開放キャンペーン。

ANAでは、かねてからマイルでの特典航空券、特にハワイ行きの特典航空券の取りにくさについて、A380の就航により改善したい!との意向を公表してきましたが、その本気度を、まずいきなりぶつけてきた感じです。

そして、実際にA380は1機あたり約500席超という、超弩級のまさに空飛ぶ「スーパージャンボジェット」であり、3機就航後は1日当たりのANA便の座席数は約1,500席と、現在のB787の3機体制(約750席)の2倍超に達します。

このはっきり言ってオーバースペックともいえるA380の空席を埋めるため、今後もマイルを用いた特典航空券にそれなりに座席を開放すると思われます。

キャンペーンにより見えた本気度などを総合的に勘案すると、ANAマイルでハワイ行き特典航空券は、2019年以降かなり取りやすくなるのではないでしょうか。

ただし、大量開放されるのはエコノミーとプレエコのみ?

ただ、これは推測ですが、2019年以降大開放されるのはエコノミーおよびプレミアムエコノミークラスであって、ビジネスクラスの座席の予約可能席数にはあまり変化がないことが予想されます。

クラス B787 A380 倍率
ファースト
ビジネス 40 56 1.4(+16)
プレエコ 14 73 5.2(+59)
エコノミー 192 383 2.0(+191)
総座席数 246 520 2.1(+274)

と、いうのもビジネスクラスの座席数は、A380でも56席とこれまで運航していたB787に比べて1.4倍とはいえ、16席程度しか増えていません

エコノミークラスやプレミアムエコノミークラスがそれぞれB787の2倍、5倍以上と大幅座席増なのに比べると、座席数にほとんど変わりがないんですよね。

そして、これまでも、ANAホノルル便のビジネスクラスは特典航空券では大激戦路線でした。A380でもほとんど座席数が増加していない以上、大放出する・・ということは今後も考えにくいのではないかと思います。

ビジネスクラスに絶対に乗りたい!!という方は、これからも特典航空券予約に関する熾烈な獲得競争が続く、ということになりそうです。

スポンサーリンク

メリット②ANAマイルの「貯めやすさ」の改悪は少し遠のく?

そして、A380の就航がもたらすであろうメリットの2つ目。

それが、ANAマイルを貯める各種ルートの改悪リスクが若干軽減したのではないかということです。

これ、私の所有マイルのスナップショットですが、40万マイルくらいなら1年くらいあればすぐに貯められてしまうというANAマイルの「貯めやすさ」は、一つの大きな特徴(メリット)です。

一方、ANAとしてはマイルを貯めてもらったは良いが、使いどころがなく逆にAMC(ANAマイレージクラブ)会員の不満が貯まるようだとマイルを貯めてもらった意味がありません。

となれば、次に考えるのは「特典航空券の枠を増やすか」(出口戦略)と、「ANAマイルを貯めにくく改悪するか」(入口封鎖)ということです。

上記のうち、今回のA380の投入により、まずは「特典航空券の枠が大幅に増える見込み」(出口戦略)が取られたことになるので、ANAマイルを貯めにくく改悪(入口封鎖)する可能性については、若干遠のいたと考えてよいのではないかと思います。

これが、私の考えるA380就航のメリットその②です。

ANAマイルが「貯めやすい」理由

  1. ポイント交換レート:1円相当の各種ポイント→0.9ANAマイルに交換できる「ソラチカルート」「LINEルート」がある
  2. クレジットカード入会キャンペーン:クレジットカードの入会+一定額利用でマイルをもらえるキャンペーンが重複可能

ちなみに、ANAマイルがJALマイルなどと比べて貯めやすい、決定的な理由が上記の2つです。

①については、1円相当=0.9ANAマイルに交換できる「ソラチカルート」「LINEルート」がいまだ健在、というのは結構な奇跡だと思います。

JALマイルは1円=0.5JALマイルが最大ですし、他の航空会社も大体このくらいの相場です。(シンガポール航空は1円=0.6マイル)

ソラチカカードが陸マイラー必携である理由。年間20万ANAマイルを生み出す最強カード

2017年2月16日

【2019年最新】LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ経由メインルート

2018年5月29日

また、クレジットカードの入会+一定額利用でマイルがもらえる入会キャンペーンが、三井住友VISA、JCB、アメックス、ダイナースなどほぼ無限ともいえるカードの数だけ重複可能なのもマイルを貯めやすくしている理由の一つです。

例えばJALの場合、JALカード発行時の最初の1回しかキャンペーンマイルを貯めることができず、その額も1万マイルに達するかどうかとかなりショボいです。

【2019年4月最新】最大87,500P!ダイナースクラブカードの新規入会キャンペーンが激アツ!

2019年4月4日

ANAの場合、こんな感じでカード発行+一定額の利用でマイルがもらえるキャンペーンがほぼ無限ループ状態で使えます。これ、かなり大きいです。

この①と②のどちらかが改悪される・・・というリスクは当然あったのですが、このA380就航で、改悪リスクは少し遠のいたかな?と個人的には考えています。

スポンサーリンク

まとめ

  • ANAホノルル便A380の就航により、特典航空券によるハワイ行きチケットは格段に取りやすくなることが予想(メリット①)
  • ただし、取りやすくなるのはエコノミー、プレミアムエコノミークラス限定で、ビジネス・ファーストの競争率は変わらないことが予想
  • 一方、このハワイ路線の特典航空券大幅増という「出口戦略」により、ANAマイルの貯めやすさについての改悪は少し遠のいた?(メリット②)

この記事をまとめたものが、上記のとおりとなります。

A380の3機導入というANAの社運を兼ねたプロジェクトが、ANAマイラーの希望とぴたりと重なってなんかお互いにメリットのあるWin-Winの関係につながっていきそうで、2019年もまだまだマイラー活動には期待ができそうですね。

なお、この記事を書いているのは実は2018年12月31日です。

今年1年、本ブログをご覧になっていただき、ありがとうございました。来年も引き続き、当ブログをご覧いただければ幸いです。

良い年をお迎えになることを、お祈りしております。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2019年3月15日

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018年7月15日



AD