JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

国際線特典航空券が取りやすいため、貯めたマイルは「使いやすい」。しかしマイルを貯めるのは結構難しく「貯めづらい」。

このように、JALマイルは「使いやすく」「貯めづらい」マイルと言われます。

この記事では、この「貯めづらい」といわれるJALマイルを年間20万マイル貯める方法を、マイルを貯めるのがはじめての方にもご理解いただけるよう、できるだけわかりやすく解説してみたいと思います。

JALマイルを貯めるのは確かに難しいですが、「使いやすい」のがポイントです。大量に貯めることができれば、ハワイへ親子4人でビジネスクラス旅行も夢ではありません。(※2018年12月導入予定の「JAL国際線特典航空券PLUS」により、さらに予約しやすくなりました。しかし、所要マイルが増える危険性もあります・・。)

【2018年12月から】新ルール「JAL国際線特典航空券PLUS」導入決定!改善?それとも改悪?

2018.07.12

早速、JALマイルの貯め方をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

目次

マイルの貯め方の「基本」は、実はどの航空会社も同じ

マイルの貯め方 貯まる量
①フライトで貯める 極小
②クレジットカード決済ポイントで貯める
③ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換する
④クレジットカードの入会キャンペーンで貯める

 

さて、まずは大量JALマイルを貯める、基本的な方法/考え方から確認しましょう。

実は、JALに限らず、航空会社マイルの貯め方の基本は、上記①~④の方法です。普通、①「フライトで貯める」とか②「クレカの決済ポイントで貯める」方法で貯めるしかないと思いますよね。

ある意味裏技的なのかもしれませんが、実は陸マイラーは、③④を利用してマイルを貯めています

そして、右端の「貯まる量」をご覧ください。①②でもマイルは貯まりますが、貯まる量が極めて少ないので、とてもではないですが「大量マイル」といえるほどの量のマイルを貯めることはできません。

だから陸マイラーは、③④の方法でマイルを貯めています。これはもう、この方法でマイルを貯められることを知っているか知らないかの違いだけだと思います。

繰り返しですが、このマイルを貯める方法は、基本的には貯めるマイルがJALでもANAでもシンガポールエアラインでも、どこの航空会社でも同じです。

大量マイルを貯めるためには、貯まる量が「大」もしくは「極大」である「③ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換する」、「④クレジットカードの入会キャンぺーンで貯める」。

この2つのいずれかの方法で貯めるしか、大量マイルは貯まらないと思ってください。

 

スポンサーリンク

③ポイントサイトで貯めたポイントをJALマイルに交換して貯める

大量のJALマイルを貯めるための、基本的な考え方はご理解いただけましたか?

それではまず、JALマイルの重要な貯め方、「ポイントサイトで貯めたポイントをJALマイルに交換して貯める」方法からご紹介していきます。

なお、ポイントサイトでポイントを獲得する方法は、ANAマイルの貯め方で紹介した方法と全く同じなので、詳細は以下関連記事でご確認ください。普通にポイントサイトで活動していれば、大人1人で月間20,000円分のポイントくらいは簡単に貯めることができます。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2016.12.22

大量マイルを貯めるためのまさに「マイルの素」とも言えるのが、ポイントサイトのポイントです。ポイントサイトでポイントを貯める方法は上記をご参照いただくとして・・。

では、そのうえで、どのポイントサイトを使うべきかというと・・・「どこでも良い」といいたいところですが、実は、中には悪質なポイントサイトや、ポイントを貯めたけれどもJALマイルに交換しづらいサイトもありますので、個人的には以下の2つポイントサイトがおススメです。

ハピタスでポイントを貯める方法。使い方、貯め方を詳細に解説

2018.01.07

モッピーでのポイントの稼ぎ方、評判を徹底解説。ANA/JALマイルが両方貯まる唯一のサイト

2018.01.21

この「ハピタス」「モッピー」の2つのサイトは超優良サイトですので、使って安心、貯めて安心なサイトです。

さらに、2番目で紹介している「モッピー」は、後述しますが、期間限定とはいえALマイルへの交換率80%という驚異のキャンペーンを実施中です。

また、通常時でも、これまた後述しますがJALマイルへの交換率が0.5倍で直接交換可能と、JALマイルを貯める条件が全てそろったサイトであるといっても過言ではありません。

JALマイルを貯めたい方は、利用するポイントサイトはいっそモッピーだけにしてしまっても問題ないと思います。

モッピーのJALドリームキャンペーンは、そのくらい強烈なキャンペーンですし、通常時のJALマイルへの交換率も業界最高水準です。

JALマイルを貯めたい方は、まずは、この両サイトでポイントを貯めることからはじめてみて下さい。

例えばこれは私のモッピーでのポイント獲得履歴です。モッピーだけで毎月大体10,000P(円)は貯めることができています。

ハピタスやちょびリッチなど、他のサイトと合わせて月間20,000Pくらいなら、だれでも余裕で貯めることができると思いますよ。

スポンサーリンク

ポイントサイトで貯めたポイントをJALマイルに交換する

ポイントサイト上での1P⇒JALマイルへの交換率 交換方法
1P=0.5JALマイル以上の場合 直接JALマイルへ交換する
1P=0.5JALマイル以下の場合 ポイント経由サイトを経てJALマイルへ交換する

ポイントサイトでポイントを貯めたら、次は、貯めたポイントをJALマイルに交換しましょう。やり方を覚えてしまえば、なんのことはない、超簡単な作業ですが、これが、日常的にマイルを貯める近道になります。

その際、交換率の目安として絶対に覚えておいていただきたい数字。それが、1P(円)=0.5JALマイルという交換率です。

この交換率により、例えば毎月20,000円分のポイントをJALマイルに交換することで、毎月10,000JALマイルが手に入ることになります。

これを毎月1年間続けたら、1万マイル×12か月で、12万JALマイルを貯めることができる、ということです。

このように、ポイントサイトで貯めたポイントは、基本的に最大で1円=0.5JALマイルという価値で交換できる、と覚えておいてください。

基本的、としたのも、ポイントサイトの中にはこれ以下の交換率のサイトもありますし、そもそも直接JALマイルへ交換できないサイトもあるんですよ。

このため、0.5倍の交換率より低いポイントサイトやそもそもJALマイルに直接交換できないポイントサイトの場合、0.5倍の倍率でJALマイルに交換できるポイント経由サイトを経てJALマイルへ交換した方が絶対にお得になります。これは本当にご注意ください。

スポンサーリンク

1円=0.5JALマイルって、本当にお得なの?

この1P(円)=0.5JALマイルという交換率ですが・・ANAマイルを貯めた経験のある方には、多分かなり少なく感じますよね

例えばANAマイルの場合、1P(円)=0.81ANAマイルに交換できますので、JALマイルの場合、見た目として貯まるマイルが少なく感じると思います。

【2018年10月最新】LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ経由メインルート

2018.05.29

この1円あたりの交換率が最大で0.5倍しかないことが、JALマイルが「貯めづらい」といわれる所以です。

ただ、ANAの場合、以下の関連記事でも紹介しましたが、見た目のマイルは貯めやすいですが、実はハワイ路線の場合特典航空券が1便につき2席しか開放されていないなど、特に親子連れマイラーにとっては国際線特典航空券の発券が難しく、「使いづらい」マイルなんです。

ANAマイルでなかなか取れないハワイ路線特典航空券を予約する裏技!【超実践編】

2018.08.15

簡単にいうと、ANAマイルをいくら貯めても、特に子連れの場合、ハワイ路線や親子4人とかでのビジネスクラスチケットの発券はかなり難しいってことです。

シングルマイラーなら、ANAマイルでもファーストクラスやビジネスクラス、さらには世界一周特典航空券も割と簡単に予約できます。

【人生初ファーストクラス】陸マイラーの到達点、ヨーロッパ路線ANAファーストクラスを発券しました

2018.02.14

ANAマイルでビジネスクラス世界一周特典航空券を予約する方法。必要マイルや関連ルールまとめ

2018.07.14

しかしながら、この特典航空券への開放座席数の少なさからファミリーマイラーにはかなり使いづらいマイルであることは確かです。

ANAマイラー卒業宣言。陸ミリオンマイラーが卒業を決断した2つの理由と、真にお得にマイルを貯める方法とは

2018.07.07

この理由から、私はANAマイラーを卒業しました。

確かにJALマイルは1円=0.5JALマイルにしか交換できないので、ANAマイルへの交換と比べてもなんか損しているようにみえてしまいます。

しかしながら、例えば名古屋ーホノルル路線の場合、上記のとおり片道17万円~29万円もするビジネスクラスチケットが、なんと40,000JALマイルで発券できます。

このハワイ路線ビジネスクラス特典航空券をJALマイルを使って発券した場合、1JALマイル=4.25円~7.25円の価値で使えた、ということになります。

ポイントサイトで貯めた1円=0.5JALにしか交換できないということは、1JALマイル=2円以上の価値で使わないと元が取れないということになるんですが、ビジネスクラスの予約もJALマイルなら実は比較的簡単にできてしまうので、1マイル=2円以上の価値で使うことができる、ということになります。

このため、この1円=0.5JALマイルの交換率は、決して不利な交換率ではないんです。

主要ポイントサイトのJALマイルへの交換率

サイト名 交換率(1円=JALマイル)
モッピー 0.5倍(※)
ちょびリッチ 0.5倍
Gポイント 0.33倍
ポイントタウン 0.4倍
げん玉 0.5倍
ハピタス 交換不可
GetMoney 交換不可

ポイントサイトで貯めたポイントが、1P(円)=0.5JALマイルに交換できるか否かが、直接交換、もしくはポイント経由サイトを経てのポイント交換かの分かれ目になる、ということはご理解いただけましたか?

次は、各ポイントサイトからJALマイルへの交換率と、そもそもJALマイルに直接交換可能なのかを確認してみたいと思います。

主要ポイントサイトからJALマイルへの交換率および交換可否をまとめたものがこちらになります。

「モッピー」「ちょびリッチ」は直接の交換率が0.5倍ですので、これまでご紹介したとおり、直接JALマイルに交換してしまうのがお得、ということになります。(※モッピーは期間限定キャンペーンで、最大0.8倍という驚異の交換率でJALマイルに交換できます。これは後述します。)

 

「モッピー」「ちょびリッチ」の2サイトは、JALマイルへの直接交換率が0.5倍以上ですので、直接JALマイルへ移行してしまって大丈夫なポイントサイトです。

この2つのサイトで貯めたポイントは、迷うことなくJALマイルに直接交換してしまいましょう。

 

スポンサーリンク

ポイント中継サイトのJALマイルへのポイント交換率

ポイント経由サイト 交換率(1円=JALマイル)
ドットマネー 0.5倍
PeX 0.25倍(※0.5倍)
ネットマイル 0.33倍
LINEポイント 0.3倍

 

次に、直接0.5倍の倍率でJALマイルに交換できないポイントサイト・・例えばハピタスやGetMoney!などのポイントサイトにとって超重要となる、ポイント中継サイトからJALマイルへのポイント交換率をまとめたものがこちらです。

【ポイント中継サイトとは】

各種ポイントサイトからのポイント相互交換を積極的に受け入れ、まさにポイントの経由地(集積地)的な役割を果たすポイントサイトのこと。自サイトでポイントサイトとして儲けを得ることはもちろん、他サイトとのポイント交換の手数料関係でも儲けを得ている。

代表的なサイトは「ドットマネー」「PeX」「ネットマイル」など。

 

ここで・・一体「ポイント中継サイト」って何?と思われる方も多いと思いますので、簡単に解説してみました。

簡単に言うと、ポイントの「集積地」「経由地」という位置づけのサイトです。

そして、これらポイント中継サイトのうち、1円=0.5JALマイルという最高スコアでJALマイルを貯めることができるポイント中継サイトは、ドットマネーとLINEポイントの2つのサイトになります。

その他、PeXは、(※)のとおり2018年7月現在JALマイルへの交換率0.5倍のキャンペーンを実施中ですが、通常時は0.25倍でしかJALマイルへの交換ができません。

このため、ポイントサイトのうちJALマイルへの交換率が0.5倍を下回るポイントサイト(Gポイント、ポイントタウンなど)や、そもそもJALマイルへの直接交換ができないポイントサイト(ハピタス、GetMoneyなど)の場合、ドットマネー経由でJALマイルへ交換するのが、最もお得、ということになります。

実は、2018年6月まではドットマネーからJALマイルへの交換は0.52倍だったのですが・・2018年7月から0.5倍へと改悪になってしまいました・・。

ドットマネーからJALマイルの交換レートが改悪。マイラーへの決別宣言?

2018.07.01

それでも、これらのポイントサイトで貯めたポイントをJALマイルに交換するためには、「ドットマネー」を経由することが、最もお得ということになります。

図示すると、こんな感じになりますね。

各ポイントサイトから「ドットマネー」への交換は等価です。

ドットマネーの場合は、等価どころか、ドットマネーへのポイント交換で数%のポイント増量キャンペーンが行われていることがありますので、もらえるポイントはちょっと(数%)増えることがほとんどです。

この数%分だけでも、かなりお得ですね。

スポンサーリンク

ポイントサイトで貯めたポイントをJALマイルに交換して貯める方法まとめ

 

以上、「ポイントサイトで貯めたポイントをJALマイルに交換して貯める方法」をご紹介してきました。

上記のとおり、ポイントサイトで貯めたポイントを0.5倍以上の倍率で、直接JALマイルに交換する。

 

直接交換不可、もしくは直接交換では0.5倍未満でしかポイント交換できないポイントサイトの場合、ポイント中継サイトを経由して、0.5倍の倍率でJALマイルに交換する。

この2つの方法のいずれかを利用することが、③「ポイントサイトで貯めたポイントでをJALマイルに交換する」方法になります。

一月あたり1人あたり約20,000円分のポイントを貯めることができれば、0.5倍の倍率ですので、一月10,000JALマイルが貯まる、という計算になります。

夫婦2人の場合、月間20,000JALマイル、1年間で24万JALマイル貯まることになります。

スポンサーリンク

モッピー「ドリームキャンペーン」なら、実質交換レート0.8倍に

この「ポイントサイトのポイントをJALマイルに交換して貯める」方法の番外編のご紹介です。

2018年8月末までの期間限定ではありますが、ポイントサイト「モッピー」限定で、実質1P=0.8JALマイルに交換できる、超絶お得なキャンぺーンが開催中です。

前述のとおり、JALマイルの交換相場は1円=0.5JALマイルが相場です。

そんな中、この1P=0.8JALマイルという交換率は奇跡というほかない交換率です。

このモッピーのドリームキャンペーンの詳細については、こちらをご参照ください。

ポイントサイトからJALマイルには、ソラチカカードなど特定のクレジットカード発行などは不要

そしてこれも地味に大きいのですが、ここまで解説したとおり、ポイントサイトで貯めたポイントをJALマイルに交換するには、ポイントサイトから直接orポイント経由サイトを経由して交換・・のプロセスだけでOKなので、ANAマイルのように「ソラチカカード」的なクレジットカードを発行する必要がありません。

ソラチカカードで年間20万ANAマイルを貯める方法【2018年最新版】

2017.02.16

これも地味ですが嬉しいポイントですよね。

JALマイラーになりたい!と思ったら、ポイントサイトでポイントを貯めるだけで、すぐにでもJALマイラーデビューができます。

スポンサーリンク

④クレジットカードの入会キャンペーンで貯める

 

ポイントサイトのポイントをJALマイルに交換してマイルを貯める方法は、ご理解いただけましたでしょうか。

次にJALマイルが大きくに貯まる方法。「クレジットカードの入会キャンペーンで貯める」方法をご紹介します。

利用する入会キャンペーンは「JALカード」入会キャンペーンだけではない

まず最初に押さえておきたいポイント。

それは、この「入会キャンペーンで大量マイルを貯める」方法は、実は「JALカード」の入会キャンペーンでマイルを貯める方法だけではない、ということです。

というのも、JALカードの入会キャンペーンはかなりショボくて、最大でもらえるマイルも上記のとおり1万JALマイルあるか、無いかといったところになります。

しかも、JALカードの場合、カード発行毎で「おかわり」で入会キャンペーンマイルをもらうことはできず、JALカードの発行1回でボーナスマイルを貰ったら、それで完全に「終わり」で、他の券種の発行時にさらにマイルをもらうことはできないんです。

つまり、JALカードの入会キャンペーンでは、実はほとんどJALマイルを貯めることはできません

JALマイルを貯めるには、JALマイルと交換可能なポイントを付与してくれるクレジットカードの入会キャンペーンを狙う

 

例えばこの陸マイラー必携のカード「SPGアメックス」なら、ご家族・ご友人からの紹介で入会することで、入会後3か月以内にカードを合計10万円以上利用するだけで、12,000ボーナススターポイントがもらえます。

また、家族を紹介・・例えば夫が妻を紹介した場合、夫にさらに紹介ポイントとして10,000ボーナススターポイントがもらえます。

 

このスターポイントは、なんと1ポイント=1JALマイルに交換することができ・・さらに上記のとおり20,000ポイントを移行する毎に5,000スターポイントが積算されるので、移行率がなんと1.25倍になるんです。

アメリカンエキスプレスカードの入会特典をお友達紹介と公式キャンペーンで比較すると10,000ポイント以上の差が!?SPGアメックスも含め最もおトクな入会方法は?

2017.07.18

家族紹介より公式サイトの入会キャンペーンの方がお得なアメックスカード・・例えばANAアメックスなどに先に入会してから、SPGアメックスに家族紹介で入会することで、実は家族紹介ポイントも家族でもらうことができます。

例えば、私が入会キャンペーン等も駆使して貯めたこの約33,000スターポイントは、38,000JALマイルに交換することができます。もう少し頑張って40,000スターポイントまで貯めたら、なんと50,000JALマイルに交換できるということになります。

スターポイントは購入することも可能

ちょっと話は脱線しますが、このスターポイント、実は購入することもできるんです。

そして、たまーに上記のように35%割引などのセールも行われているので、20,000スターポイントの交換で5,000ポイントボーナスを得るために、少しポイントが足りない・・といった際には、購入するのが実は超お得だったりします。

例えば上記の私のケースの場合、現在の手持ちスターポイントは約33,000ポイントですので、後7,000Pあれば、さらに追加の5,000ポイントを貰うことができます。

ちなみに、7,000スターポイントはこのセール期間中は約160ドル。

1ドル=115円換算で、18,400円ですね。しかし、この7,000ポイントの追加により、さらに5,000ボーナスJALマイルがもらえるので、実質12,000JALマイルの価値がある、ということになります。

1JALマイルあたりの単価は1.5円です。これを高いとみるか安いとみるかはあなた次第ですが、そういう方法もありますよ、ということを覚えておいてください。

スポンサーリンク

入会キャンペーンで貯めたポイントをJALマイルに移行して貯める

以上、入会キャンペーンで貯めたポイントをJALマイルに移行して貯める方法を紹介しました。

ただ・・現在のところこのSPGアメックス以外にJALマイルをガンガン貯める入会キャンペーンはなかなか無いのも現状です。

ただ、それでも1人でJALカード入会キャンペーンとSPGアメックスカード入会キャンペーンを合わせて4万マイル程度は貯まると思います。夫婦合わせて約8万マイルです。

かなりの大量マイルですよね。

クレジットカードの入会キャンペーンでJAL便に乗るためには、BA(ブリティシュエアウェイズ)のAviosマイルも選択肢

入会キャンペーンで大量ポイントが貯まることで有名なのはアメリカン・エキスプレスカードですが・・実はアメックスのポイントはJALマイルに交換することができません。

このため、貯まりやすいアメリカンエキスプレス・カードのポイント「アメックス・リワード」の場合、同じワンワールドの提携航空会社ブリティッシュ・エアウェイズのアヴィオスマイルに交換して、ブリティッシュ・エアウェイズの提携特典航空券として、JAL便を発券してしまう、というのも一つの方法です。

アメックスポイントでJAL路線を予約する方法は?JALならハワイ便ビジネスクラスも家族で予約可能!

2018.05.13

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

JALマイルを貯める方法まとめ

以上、JALマイルを貯める方法を解説しました。

③ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換して貯める

④クレジットカードの入会キャンペーンで貯める

JALマイルを貯める方法は大きくこの2つの方法になります。

③については、1円=0.5JALマイルにしかならないため、非常に貯めづらく・・。④についても、JALと提携しているクレジットカード会社が少ないので貯まるようで貯まらない・・。

このため、結構貯めるのはしんどい。この記事のタイトルにもしましたが、ANAマイルのように年間50万マイルなどの強烈な量を貯めるのは難しいでしょう。

ポイントサイトで12~3万マイル、クレジットカード入会キャンペーンで2~3万マイル、合計で15万マイルがMAXくらいだと思います。

でも、沢山貯めることができれば、JALマイルの特典航空券はかなり使いやすい。

JALマイルは、そんなマイルだと思います。さあ、あなたもJALマイルの世界に足を踏み出してみましょう。

 

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちら▼から

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下▼にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年10月最新版】

2018.04.22

 

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちら▼も併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2016.12.22

 



AD