ハワイ旅行5日目 ホノルルからコオリナへ。ワイケレプレミアムアウトレット経由でお買い物

ハワイ旅行5日目。この日はホノルルを離れ、コオリナ地区にあるアウラニ・ディズニーリゾートへ移動します。

ホノルルからコオリナ地区へは約45km、H1ハイウェイ経由で約50分程度です。ちょうど途中にワイケレプレミアムアウトレットがありますので、ワイケレアウトレット経由で行く「王道ルート」でアウラニ・ディズニーリゾートに向かいました。

ワイケレプレミアムアウトレットとアウラニディズニーリゾートの一日を振り返ります。

スポンサーリンク

起床

この日も朝6:30に起床。完全に時差ボケとは無縁のハワイ旅行になりました。飛行機で眠れるとこうも違うのか・・。

こちらも恒例の朝の散歩。モアナ・サーフライダーが朝陽を浴びて美しい・・。さすがワイキキのファーストレディ、その存在感はワイキキ随一と言っても良いと思います。

モアナサーフライダーでポイントアップグレード!タワーウイング「パーシャルオーシャンビュー」ルーム宿泊記

スポンサーリンク

朝食はクラブラウンジ「ビーチクラブ」で

この日の朝食は棚ぼた?でゲットしたラウンジ利用券を利用して、クラブラウンジ「ビーチクラブ」で済ませます。何しろ完全無料ですからね。正直チェックインでのトラブルは残念でしたが、ラウンジ利用券がもらえたのはラッキーでした。

モアナサーフライダーのラウンジ「ビーチクラブ」の朝食とカクテルタイム!品数少な目のヘルシーラウンジ

朝食後はプールサイドで少しだけまったり。子どもたちはシェラトン・ワイキキのプールに慣れたせいか「学校のプールみたいだ」と言ってました。モアナサーフライダーはやはりビーチ中心のホテルですね。

このプールのまさに隣にあるのが、モアナ・サーフライダーのシンボル・ツリーであるバニヤンツリー。この木の下の木陰にはこのように宿泊者なら誰でも使える椅子が大量においてあり、ここに座ってのんびりするのが最高に気持ちいいんです。本を持って行って2~3時間ボーっとしていたい。そんな素晴らしい場所です。

ここで、マリオット・ボンヴォイのゴールドエリート特典でもらったドールのパイナップルアイスを食べることに。一応、この1枚で2個、合計で家族全員分のアイス4つがもらえるよ!ってことだったんですが、このアイスが嘘みたいにデカい。

見てください、こんなんですからね。こんなの4つも絶対に食べられないです。ということで、2つ貰って親子4人でシェア。それでもかなり厳しい量でした。あ、肝心の味は完璧です。美味しいアイスでしたよ。

ちなみにこのアイス13ドルもします。エリート会員のメリットは大きいですね。

本当に1日中でもここでぼーっとしていたい・・そんな気持ちの良い空間だったんですが、この後の予定もあるので、モアナ・サーフライダーを後にします。

モアナ・サーフライダーはプールがいまいちですので子連れに向いたホテルではないかもしれませんね。一方、滅茶苦茶素敵なホテルですのでハネムーナーなど、大人のみでの訪問でかつ複数日の滞在でその真価が分かると思います。子連れで1泊で宿泊した私は・・ちょっと後悔しました。今度はもう少し長期間宿泊したいですね。

バレー・パーキングで1時間待ち

とまあ、ここまでは良かったんですが、チェックアウトでまたもトラブル。バレーパーキングの場合、部屋から出発の20分前に電話をして車を出庫してもらう必要があるんですが、車が一向に出てこないんです。

係の方に再度番号を伝えて待つんですが・・これがもう全然出てこない。結局40分後にもう一度確認に行くと今度は「その番号は聞いてないので、車はまだ車庫にある」。

・・・。まあ、のんびりしたロコの皆さんとはいえ、さすがにここ高級ホテルですからね。一度電話して、さらに再度カウンターで番号まで提示しているのに、それはないでしょう。チェックイン時の引継ぎの不手際といい、どうもモアナ・サーフライダーはスタッフ間の引継ぎに問題があるような気がしますね。

スポンサーリンク

ワイケレプレミアムアウトレットへ

車の出庫まで結局1時間近くかかり、結局ホテルを後にしたのは12時前(笑)。

今日の最終目的地は、西海岸「コオリナ地区」にあるアウラニ・ディズニーリゾートなんですが、このルートのちょうど中間点にあるのが、「ワイケレ・プレミアムアウトレット」なんです。妻のたっての希望で、ショッピングしてからコオリナ地区を目指します。

H1ハイウェイに乗ってしまえば、後は西方面にまっすぐ進むだけ。

約30分で、ワイケレ・プレミアムアウトレットに到着です。

ワイケレ・プレミアムアウトレットは、いわゆる日本の「アウトレットモール」とほぼ同様の作りです。日本とブランドも大きくは変わりませんが、特徴的なのはアメリカのブランドが安いこと。「MICHAEL KORS」「KATE SPADE」「TUMI」などのアメリカンブランドは日本の半額程度とかなりお安く購入できます。

ただ、この日のハワイは滅茶苦茶暑い!かなりの距離を歩き回るショッピングには、子ども達はついて行けそうもないため、私と子ども達、そして妻は別行動することに。子どもたちを連れてフードコートで食事をすることにしましたが・・日本のように屋内のテーブル席はなく、基本的には屋外での食事なんですよね。子どもたちはあまりの暑さで嫌になり、エアコンを入れた車の中でランチすることに。

この日は、カンフーパオワォックという中国料理の店でコンボプレートとロコモコ。

このランチCプレート、なかなかの実力でした。オレンジチキン、海老のスパイシー炒め、ブロッコリーとイカの中華風炒め、そして大量のチャーハンに巨大な揚げ春巻き1つというかなりのわんぱくな一品ですが、これがなかなか美味しい。

こういう何気ないフードコートでもご飯が美味しいのが、ハワイの良いところですよね。

ロコモコは・・正直作りが適当なんですが、味の方はかなりレベルが高かったです。

スポンサーリンク

アウラニ・ディズニーリゾートへ

ワイケレ・プレミアムアウトレットで3時間くらい買い物して、アウラニ・ディズニーリゾートへ向かいます。正直、コオリナ地区はリゾート地区ですが、リゾート以外に買い物するところとかは全くありません。単なる田舎です。買い物はワイキキ近辺で済ませておくことをおすすめします。

私たちはアウラニに3泊して、そのままワイキキには寄らずに帰国する予定ですので、買い物はほぼここで終了って感じですね。

ワイケレ・プレミアムアウトレットからコオリナ地区までは約20分。車の流れもスムーズです。

目指すアウラニ・ディズニーリゾートが見えてきました。

アウラニ・ディズニーリゾートがあるコオリナ地区は、一帯が管理されたリゾートエリアになっています。コオリナ地区の入口には、一応このような検問?のような関所があり、行先などを聞かれます。と、いっても私のような明らかな観光客+レンタカーナンバーの車は、ほぼ「素通り」ですけどね。

アウラニ・ディズニーリゾートのセルフパーキングに到着です。

スポンサーリンク

チェックイン後、ABCマートに買い出し

到着ロビーは・・あのテレビの「アウラニ特集」で何度も見た・・まさにアウラニでした(笑)。アウラニの宿泊記はまた別の記事でたっぷりご紹介します。

到着時刻は15:40くらいでしたが、チェックインは非常にスムーズ。部屋に荷物をおいて、まずはABCマートに買い出しです。

アウラニから歩いて約5分のコオリナ・ステーションに、ABCマートがあるんです。

ドカッと買い出し。これだけあれば十分でしょう(笑)。

スポンサーリンク

夜20時まで目いっぱいプールで遊ぶ!

買い出し終了後は、子ども達がうずうずしていたプールで、めいっぱい遊びます。アウラニのプールは20時まで遊泳できるので、夕方のチェックイン後からでも十分遊ぶことができます。

そして、宿泊者の方は大体16時くらいで部屋に撤収しレストラン等で食事をされる時間ですので、チェックイン後から20時くらいまでの時間って、人も少な目で遊ぶにはちょうど良いんですよね。

このように、本当に暗くなるまで目いっぱいプールで遊ばせていただきました。アウラニのプールは、本当にこの世の楽園ですよ。凄まじい演出力、そして子連れに最強のレジャープールだと思います。これもまた別の記事でたっぷりご紹介しますね。

スポンサーリンク

ABCマートのデリで夕食

20時過ぎまでたっぷり遊んで、お風呂に入って、寝る前ですのでABCマートで買っておいたデリでサクッと夕食。妻は早速洗濯に行ってましたね。

私はこのアヒポケ(オイスターソース味)が滅茶苦茶ハマりました。美味すぎる。

プールで滅茶苦茶疲れたのか、子ども達はちょっとだけ食べてすぐに寝てしまいました。私たちも22時過ぎには就寝。アウラニ・ディズニーリゾートが予想以上に楽しすぎた一日でした。

ハワイ旅行6日目・7日目。アウラニ・ディズニーリゾートが想像以上に凄かった

アウラニ宿泊者必見!コオリナのABCストアの営業時間と朝食&夕食テイクアウトの実力とは?

アウラニのプール完全攻略ガイド。一日中楽しめる「天国に一番近いプール」

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



AD