【初心者必見】陸マイラーのチュートリアル!ソラチカカード発券+入会キャンペーンで大量マイルを獲得する方法

2018年10月現在、ポイントサイト経由でのソラチカカードの発券「だけ」で約6千円~7千円分のポイントがもらえる案件が頻出しています。

さらに同時開催中の「ANAJCBカード入会キャンペーン」の条件をクリアできれば、追加で約31,000ANAマイルがもらえます。つまり、合計最大3万5千ANAマイル近くがもらえてしまう、超絶お得なタイミングだと思います。

そして、ここから詳しく解説していきますが、このコンボには陸マイラーが実践している2つのANAマイルを貯める方法、そのすべてが詰め込まれており、まさに陸マイラー初心者の方が絶対に「ここからスタートするべき」案件になっています。

ゲームで例えれば、「チュートリアル」みたいなものと考えれば分かりやすいと思いますね。

この案件をこなすことで、陸でマイルを貯める方法が概ね分かり、しかも最大35,000ANAマイルももらえてしまい、一人前陸マイラーとしてデビューできるみたいな。特に初心者の方に超絶おすすめしたい案件です。

ゲームで言うと、これを順番にクリアすれば、ゲームの操作方法がおおむね分かって、レベル10からスタートできますみたいな感じですかね?早速、解説していきます。

スポンサーリンク

ソラチカカードとは?

多くの方がご存知だとは思いますが、冒頭簡単にソラチカカードの紹介をしておきます。以後、詳細に解説しているので、ここでは最低限知っておくべき情報のみ紹介します。

ソラチカカードは、東京メトロとJCBの提携カードで、初年度年会費無料の「JCB一般カード」に該当します。

一番の特徴はポイントプログラムです。JCBのポイントプログラムである「OkiDoki」ポイントと、東京メトロのポイントプログラム「東京メトロポイント」の両方のプログラムを利用することができます。

そして、「東京メトロポイント」は、なんと1円=0.9ANAマイルに交換できる、超絶お得なポイントプログラムです。1円=0.9ANAマイルというのは凄まじい交換率で、これ以上のANAマイルへの交換率のポイントプログラムは他にありません。

このため、ANAマイルを大量に貯めるのに必須のカードである。このように、まずはご理解いただいたうえで、以後を読み進めていただければと思います。

スポンサーリンク

陸マイルの貯め方

  1. ポイントサイトで貯めたポイントを、LINEルート経由でANAマイルに交換する
  2. クレジットカードの入会キャンペーンで貯める

もう一つ、簡単にご紹介しておきたいのが、ANAマイルの貯め方です。

陸でマイルを貯めている人たち・・通称「陸マイラー」の多くは、上記2つの方法でマイルを貯めています。上記2つの方法の詳細については、以下の関連記事で詳しく解説しています。

ソラチカカードが陸マイラー必携である理由。年間20万ANAマイルを生み出す最強カード

2017年2月16日

まず①について。ポイントサイトにはクレジットカード発行でポイントがもらえる案件・・相場的には年会費無料のカード発行1枚あたり1万円分くらいですが、そんな案件がいっぱいあります。

つまり、これらクレジットカード発行などの広告案件をこなすことで、ポイントサイトでポイントを稼ぎ、このポイントをANAマイルに交換してマイルを貯める方法です。

そして②は、これは読んだままですが、クレジットカードの入会キャンペーンの条件を達成することでもらえる数万マイルを回数こなしてマイルを貯める方法です。

この2つの方法を、この記事でご紹介する、ソラチカカード案件のケースに当てはめると、以下の通りになります。

アクション もらえるポイント ANAマイル換算
ポイントサイトでソラチカカードを発行する 6~7千円相当 約5千マイル
ANAJCBカードキャンペーンをクリアする 21,950マイル相当 約30,800マイル
合 計 約35,000マイル

①ポイントサイトでソラチカカードを発行すると、6~7千円程度のポイントがもらえます。これを、ANAマイルに交換する。

そして②入会したANAJCBカードの入会キャンペーンでも、条件を達成すると数万マイル単位でマイルがもらえます。

つまり、陸マイルを貯める2つの方法である、①②それぞれの方法をどちらもこなして経験値を積むことができ、さらに①のポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換するのに必須のクレジットカードである「ソラチカカード」が手に入り、さらに報酬として大量マイルが手に入る。

全部経験できちゃうんです。これ、かなりのチュートリアル案件です。

また、②をよくご覧になっていただきたいのですが、もらえるポイントが21,950マイル相当なのに、ANAマイル換算では約30,800マイルになっています。このあたりのカラクリが経験できることなど、このコンボ案件は非常に得るところが大きい案件です。

このコンボが達成できれば、陸マイラー中級者として華麗にデビューすることができるでしょう。

以後、詳細に解説していきます。

スポンサーリンク

①ポイントサイト経由のソラチカカード発行で6~7千円分のポイントゲット

まず、①「ポイントサイトでポイントを貯め、ANAマイルに交換して貯める」方法から見て行きましょう。

例えば、メジャーなポイントサイトである「ちょびリッチ」で紹介されているソラチカカード発行案件がこちらです。ソラチカカードの発行「だけ」で6,000円相当のポイント(ちょびリッチは1P=0.5円)ですので、非常に大きいですね。

なお、ポイント加算は1か月半程度となっています。

スポンサーリンク

もらったポイントは、LINEポイント→東京メトロポイント経由でANAマイルへ交換する通称「LINEルート」でマイルに交換する

そして、このようにポイントサイトでもらったポイントは、上記「LINEルート」を経由してANAマイルに交換します。上記ルート以外だと、大体の相場は1円=0.5ANAマイルにしかなりません。

一方、このルートでANAマイルに交換することで、業界最大の交換率である0.81倍でANAマイルに交換できます。このルート以外では、交換率は0.81倍以下になってしまいます。

今回紹介したちょびリッチでソラチカカードを発行した場合は、ちょびリッチからGポイント→LINEポイント→東京メトロポイント→ANAマイルの順番で交換するということになります。

具体的には、上記のようなルートになります。

そして、この中で、ANAマイルに最も近い交換サイトである「東京メトロポイント」のポイントプログラムを有しているのが、今回発行対象の「ソラチカカード」です。

つまり、ソラチカカードは上記「LINEルート」で必須のカードです。

【2019年最新】LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ経由メインルート

2018年5月29日

【2019年最新】LINEルートのポイント交換スケジュール総まとめ。各ルートの締日とANAマイルへの最短交換方法

2018年5月28日

LINEルートでポイントを貯める方法の詳細は、上記関連記事をご参照ください。

ポイントサイトでポイントを貯め、LINEルートでANAマイルに交換する方法が学べる

ソラチカカードの発行でもらった6,000円相当のポイントは、上記LINEルートでマイルに交換することで、4,860ANAマイル(理論値)に交換することができます。

この交換ルートで必須のクレジットカードである「ソラチカカード」を発行するだけで、「①ポイントサイトでポイントを貯め、LINEルートでANAマイルに交換する」という、陸マイラー必須の方法その①が経験できてしまいます。

このポイント交換は、1回経験してしまえば特段難しいわけではありませんので、実際の流れを体感することで以後スムーズにANAマイルへの交換ができるようになることと思います。

スポンサーリンク

②ANAJCBカード入会キャンペーンで貯める

次に、②ANAJCBカード入会キャンペーンでマイルを貯める方法も解説します。こちらでも、がっちりマイルを貯めることができます。

上記のバナーには最大53,500マイル相当のポイントプレゼント、とありますが、この最大マイルはステータスカードであるプラチナカードを発券した場合です。

ソラチカカードは一般カードに分類されますので、もらえるマイルは最大で18,700マイル相当のポイントです。

ただし、もらえるのがこの「マイル相当のポイント」というところがミソで、実は、このポイントは30,800ANAマイルに交換できるんです。ここを理解できると、ソラチカルートの本質が理解できるようになります。

スポンサーリンク

キャンペーン① 入会ボーナスマイル

まずはキャンペーンその①。入会ボーナスマイルです。

一般カードの場合1,000マイルです。これは、キャンペーン登録などしなくても、誰でももらうことができます。

キャンペーン② MyJチェックで最大6,000マイル相当のポイント

次のキャンペーンがこちらです。

MyJチェック登録で最大6,000マイル相当のポイントです。ここも「最大」のポイントがもらえるのはプラチナカードだけです。

その他一般カードの場合、1,200マイル相当の・・つまり400ポイント分のOkiDokiポイント。

OkiDokiポイントは、JCBカードのポイントプログラムで、1P=5円相当の価値を持っています。ANAJCBカード会員の場合、通常のOkiDokiポイントは、1ポイント=5ANAマイルに交換できます。

ただし、上記のようなキャンペーンで獲得したOkiDokiポイントは、1P=3ANAマイルにしか交換できない。そういう仕組みになっているんです。

このため、この400ポイント分のOkiDokiポイントは、400×3=1,200ANAマイル相当、ということです。

キャンペーン③ ショッピング65万円以上利用で16,500マイル相当(5,500OkiDokiポイント)のポイント

最後のキャンペーンがこちらです。ショッピング合計65万円(税込)以上の利用で、16,500ANAマイル相当=5,500OkiDokiポイントがもらえます。

65万円!というとかなり大量の利用が必要に思えてしまいますが・・・

対象期間はこちらのとおり、入会以降、2019年の3月31日まであります。

2018年10月に入会すれば、カード利用期間は約半年あります。1か月あたり約10万円ですので、光熱費含めすべての支出をソラチカカードに集約すれば、何とか達成できる金額だと思います。

スポンサーリンク

キャンペーンでもらえるマイル+OkiDokiポイント

キャンペーン 単位 数量
入会キャンペーン 1,000 マイル
MyJチェック 400 OkiDokiポイント(ボーナス)
ショッピング 5,500 OkiDokiポイント(ボーナス)
通常ポイント(65万円分) 650 OkiDokiポイント(通常)

ここまで紹介したキャンペーン①~③および通常のショッピングでもらえるポイント(1,000円=1OkiDokiポイント)を合計したものが上記の表になります。

ポイント ポイント数 倍率 マイル換算
マイル 1,000 1,000
ボーナスポイント 5,900 17,700
通常 650 3,250
合 計 21,950

このため、通常ルートでANAマイルに交換すると、約22,000ANAマイルもらえる、ということになります。

しかし、前述のとおり、実はこのOkiDokiポイントは全部で30,800ANAマイルに交換することができます。

ボーナスポイントを東京メトロポイントに交換し、0.9倍でANAマイルに交換する

その方法がこちらです。

実は、OkiDokiポイントは、通常・ボーナスポイント問わず、東京メトロポイントへ1P=5メトロポイント相当でポイント交換できます。

そして、メトロポイントは100メトロポイントあたり90ANAマイルに・・つまり、0.9倍の倍率で交換可能です。

つまり、OkiDokiポイントはボーナスポイントであっても5×0.9=4.5倍。つまり、1P=4.5ANAマイルに交換できるんです。

このことは、陸マイラーの生命線である「メトロポイントからANAマイルへの0.9倍の破壊力」を知っておく上で、特に重要な意味を持ちます。

ANAマイルは、メトロポイント経由で貯める。この発想が、非常に大事なんですが、その経験までできてしまうんですよね。

東京メトロポイント経由で、22,000マイルがが30,800ANAマイルに化ける

ポイント ポイント数 倍率 マイル換算
マイル 1,000 1,000
ボーナスポイント 5,900 4.5 26,550
通常 650 3,250
合 計 30,800

上記のとおり、OkiDokiポイント(ボーナス)を経由してマイルに交換することで、合計のマイル数が3万マイルを超えました。

これ、他のクレジットカードのボーナスポイント・・例えば三井住友VISAカードのポイントプログラム「ワールドプレゼント」でも同様の考え方によりマイルの増量が可能です。

「ボーナスポイントの1P=3ANAマイル」というポイントは、東京メトロ経由でANAマイルに交換した方がお得なので、覚えておきましょう。

スポンサーリンク

陸マイラー活動のすべてが体感できて、約35,000ANAマイルが手に入る

ここまで説明したとおり、①ポイントサイト経由でソラチカカードを発券してANAマイルを貯める、②ソラチカカードの入会キャンペーンで貯める、この2つをクリアできれば、陸マイラーとして大量ANAマイルを貯める、そのメソッドのすべてを経験できます。

そして、①と②併せて約35,000ANAマイルが手に入るんです。

陸マイラーとは何か?を理解するためのまさに「チュートリアル」として、絶好の案件だと思います。

ソラチカカードが陸マイラー必携である理由。年間20万ANAマイルを生み出す最強カード

2017年2月16日

クレジットカードを毎月1枚審査落ちせず通過/発行する方法。クレヒスの審査への影響、申込時の注意点を徹底解説

2019年3月23日

ソラチカカード発行時の注意点は、上段の関連記事に、また、クレジットカード発行時の注意点は、下段の関連記事にそれぞれ記載しておきましたので、さらに詳しく知りたい方はご覧ください。

35,000ANAマイルあれば、アジア圏ならビジネスクラス旅行がもう射程範囲内です。さらに、ペアで国内旅行なら往復旅行が実現するマイル数です。

さあ、陸マイラー必須のソラチカカード案件でチュートリアル。迷っているなら、はじめてみてはいかがでしょうか。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル貯める、たった2つの方法

2019年3月15日

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018年7月15日



AD