タイ国際航空/アシアナ航空/シンガポール航空の国際線特典航空券の2022年最新状況&実際の検索結果

新型コロナで海外旅行どころではなくなって早約2年・・

正直、ビジネスクラス以上の国際線特典航空券を発券することが究極目標(笑)の陸マイラーにとっては、永きに亘る冬の時代が続いてきたわけですが・・。

ようやく、なんとなく出入国規制も国内外ともに緩和の方向に向かいつつあり、2022年はまだそうはいってもかなり厳しそうですが、2023年くらいなら、海外旅行も視野に入ってくるような感じになってきましたね。

ということで、そろそろ国際線特典航空券の検索を始めた・・という方も多いのでは無いかと思います。

・・なぜそれがわかるのかというと、下記の私の過去記事のアクセスがすごく増えているからです(笑)。

【完全版】ANAマイルで国際線特典航空券を予約する7つの方法。もう取れないとは言わせない!

で、私もぽちぽちと検索してみましたが・・正直、まだ自由自在に予約できる!って感じではないですね。

ただ、ANA便ですとフライトさえ飛んでいれば、まだ旅客が多くないからか、ビジネスクラスの空きを見つけるのもそんなに難しくない感じです。(ハワイ便を除く)

そして、私が個人的に気になっていたのが・・この記事でご紹介したこともある、破綻や合併でスターアライアンス特典航空券として「予約できなくなる」のではないか?との報道があった「アシアナ航空」「タイ国際航空ファーストクラス」と・・。

なんかよくわからないけど(笑)ANA提携国際先特典航空券では予約できない!ってことになっているシンガポール航空の特典航空券の予約です。

今、一体どうなっているのか?

早速、確認結果をご紹介します!!

スポンサーリンク

タイ国際航空ファーストクラス

はい。まずはこちら、タイ国際航空です。

タイ国際航空といえば・・新型コロナ前から経営状況が厳しいことがアナウンスされていましたが、新型コロナによりその経営状況の悪化が加速。

2020年5月に破産および会社更生の手続きを申請・・事実上のオーナーであるタイ国政府が承認したと発表されました。

タイ国際航空の破産後再建計画が明らかに。ファーストクラス廃止、LCC化が加速へ

そして、当然ながらの徹底的なリストラのため、ファーストクラスという搭乗率の低いレガシーサービスは廃止の方向とアナウンスされていたので・・。

そうか・・コロナ後はもうあの無駄に豪華な(笑)タイ国際航空のファーストクラスには乗ることはできないのか・・と思っていたのですが・。

タイ国際航空A380ファーストクラス搭乗記。バンコク~成田/TG676便

あれ・・予約できますね(笑)。

ただ、今までタイ国際航空のファーストクラスといえばいわゆるジャンボジェットである「A380」もしくは「B747」に設定されていたのですが・・。

機種がB777になっていますね。

ということで、経営再建下のタイ国際航空ファーストクラス搭載のB777が飛んでいて・・しかも予約できちゃう!

っていう、その裏事情がこちら。

どうやら、国王の移動用(笑)に破産宣告&経営再建下でも受領した・・ってことが、正式発表ではないですが真実のようです。

そして、国王が利用しない普段は機体を遊ばせている余裕はないので・・例えば上記のような日本路線にも投入されているんですよね。

ということで、ついに絶滅か・・と思われたところにまさかの存続中のタイ国際航空ファーストクラス。

本当にいつまで乗れるのか、しかも日本路線にこの機体が投入されるのかわからないので、乗ってみたい方は早めがおすすめですかね。

タイ国際航空ロイヤルファーストラウンジ訪問記。超絶おもてなしサービスの全て

スポンサーリンク

アシアナ航空

続いては・・機内食がめちゃうまで印象的なアシアナ航空です。

アシアナ航空もコロナの前から既に瀕死(笑)の状態で、一旦は2019年11月にHDC現代グループに買収されアシアナ航空としては存続する予定だったのですが・・。

タイ国際航空と同じく、ここで直撃したのがコロナです。

新型コロナでHDC現代グループとしても買収どころではなくなり・・なんと政府主導で大韓航空との合併が決定されたんです。

アシアナ航空がスターアライアンス脱退へ。大韓航空による買収経緯と倒産・破綻の可能性について解説

このアシアナ航空の大韓航空との合併により、2024年までにはスターアライアンスを脱退となることが発表されています。

ということで、個人的にはアシアナ航空に特典航空券で乗ることはもう無いのかな・・と思っていたのですが・・。

2022年7月断面でも、まだまだ予約できますね(笑)。

冷静に考えればスターアライアンス脱退は2024年ですからまだ時間があるのですが、コロナで完全に諦めていたので、まだ予約できるとは思わなかった・・。

ちなみに、大韓航空とアシアナ航空の合併はかなり難航しているようで・・。

記事によっては「白紙も」なんて論調もあるくらいです。

存続する以上フライトはしないと収入がありませんから・・フライトしていますし、特典航空券も普通に予約できる状況のようですね。

とはいえ、韓国はまだまだ検疫が厳しいのでまだ旅行には厳しいんですけどね(笑)。

スポンサーリンク

シンガポール航空

そして、ビジネスクラス以上の搭乗者限定の、選べる機内食「ブック・ザ・クック」でお馴染みのシンガポール航空ですが・・。

シンガポール航空は、新型コロナ以降の2020年6月15日(月)より「シンガポール航空当局(Civil Aviation Authority of Singapore)の制限」により・・。

シンガポール航空(SQ)運航便を含む特典航空券は利用できないという表現が・・いまだにANAの公式HPにも掲載されているんですよね。

上記の一番上の表示ですね。

ということで、まだ予約できないのか・・って思っていたんですが・・。

ANAマイルでシンガポール航空特典航空券が予約できない。「シンガポール航空当局の制限」とは?

これまた、普通に予約できますね。

2022年5月からシンガポールへの入国にワクチン接種証明があれば陰性証明書の提出が不要になるなど、大幅に出入国規制が緩和されたのが大きいのだと思いますが・・。

これまた、朗報です(笑)。

しかも、この例だとA359という最新機材でのビジネスクラス特典航空券の予約もできるようになっています

というのも、実は以前はスターアライアンス特典航空券では上記にあるような「A350-900」「A380-800」「B787-10」「B777-300ER」のような最新機材では・・。

ファーストクラスやビジネスクラスでの特典航空券の予約は「できません」って記載だったんです。

それが・・なんと全く気づかなかったんですが現在は「できないことがあります」という表示に変わっているってことは・・。

できることもある!ってことですからね(笑)。

シンガポール航空はANAマイルでも特典航空券が取りやすい航空会社ですので、まずは「予約できる」そして「最新機材のビジネスクラス・ファーストクラスにも乗れる」ようになったってのは・・。

かなりの、朗報です(笑)。

スポンサーリンク

まとめ

以上、正直新型コロナで一切検索すらしていなかった(笑)・・。

でもちょっと気になっていた航空会社スターアライアンス特典航空券の、コロナ後の様子をご紹介しました。

流石に絶滅かと思っていたタイ国際航空のファーストクラスがB777で存続!ってのも結構な驚きでしたし・・。

まさかのライバルの大韓航空と統合!ワンワールド入りでスターアライアンス脱退!という衝撃の展開を見せていたアシアナ航空のスターアライアンス特典航空券もまだ普通に予約できます(笑)。

また、シンガポール航空のスターアライアンス特典航空券も無事予約検索に復活してますし、なんとANAマイルを使った提携特典航空券でも、最新機材のファーストやビジネスクラスの予約が便によってはできるようになっています

ということで、オワコンかと思っていた(笑)陸マイラーの最終目的地夢のファーストクラスやビジネスクラスは、提携国際航空券でもまだまだ健在です(笑)。

2022年後半〜2023年にかけて、ついに海外に行ける!かもしれませんので・・。

今のうちに、たくさんマイルを貯めておきましょう!!

【完全版】ANAマイルで国際線特典航空券を予約する7つの方法。もう取れないとは言わせない!

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ



 

 

AD