スワンナプーム国際空港ロイヤルオーキッドスパラウンジのマッサージが最高!利用方法と注意点を解説

タイ国際航空の本拠地であるスワンナプーム国際空港では、タイ国際航空のビジネスクラス以上の乗客限定で、ロイヤルオーキッド・スパラウンジでの無料マッサージを受けることができます。

これ、利用資格を有している方には、絶対に利用して欲しいマッサージサービスです。

ロイヤルオーキッド・スパラウンジでのマッサージの内容や利用基準、実際の室内の様子、利用方法から注意点まで、徹底的に解説します。

スポンサーリンク

マッサージサービスの概要

タイ国際航空のまさに「本丸」といえるのが、バンコク・スワンナプーム国際空港。

このスワンナプーム国際空港では、タイ国際航空のビジネスクラス以上の搭乗者限定で、まさに究極の「差別」といっても良い、極上のラウンジサービスを受けることができます。

そして、その最たるものがこちら。ロイヤルオーキッド・スパラウンジでの無料マッサージサービスです。

ビジネスクラス搭乗者
  • 首肩マッサージ(30分)
  • フットマッサージ(30分)
ファーストクラス搭乗者
  • 全身スパトリートメント(1時間)
  • ボディマッサージ(1時間)

※首肩マッサージ(30分)もしくはフットマッサージ(30分)も選択可能

気になるサービス内容がこちらです。

ビジネスクラスで30分の首肩orフットマッサージを、ファーストクラスの場合は1時間の全身スパorボディマッサージを、それぞれ受けることができます。

またファーストクラス搭乗者で搭乗まで十分な時間がない場合は、30分の首肩もしくはフットマッサージも選択可能です。

利用資格・営業時間
  • 利用資格:タイ国際航空のビジネスクラス、ファーストクラス搭乗者
  • 営業時間:AM6:00~11:30PMまで

気になる利用資格・営業時間は上記のとおり。

特筆すべきは、この無料スパ・マッサージが利用できるのは、タイ国際航空のビジネスクラス、ファーストクラス搭乗者限定であるところでしょうか。例えばスターアライアンス提携航空会社であっても、他社便の利用者は一切利用できません。

タイ国際航空のビジネスクラス以上に搭乗する場合は、必ずスワンナプーム国際空港の経由便にしましょう!スワンナプーム国際空港のビジネスクラス以上の搭乗者は、ちょっと異常なくらい厚遇されるので、是非試してみていただきたいです。

スポンサーリンク

ロイヤルオーキッドスパの場所と利用方法

さて、このロイヤルオーキッドスパの場所と利用方法をこれも簡単に解説しておきます。

ロイヤルオーキッドスパの場所は、上記の図の左上、コンコースDの赤枠内になります。

タイ国際航空ファースト・ビジネスクラス利用者は、専用のガラガラのチェックインカウンターで座ってのチェックインの後、専用の優先出国審査を利用できます。

この優先出国審査を抜けると・・

直後に、タイ国際航空直営ラウンジ直通のエスカレータがあります。

このエスカレーターを降りた先に位置する、ロイヤルシルクとロイヤルファーストラウンジのちょうど向かい側に、目指すロイヤルオーキッド・スパラウンジはあります。

ビジネスクラス利用者限定のロイヤルシルクラウンジの正面ですし、ロイヤルファーストラウンジの場合、黙って座っていても時間が来れば連れて行ってもらえるので、ラウンジが見つからない!と悩むことはないと思います。

利用方法

さて、このロイヤルオーキッド・スパラウンジの利用方法は簡単です。ラウンジのカウンターのお姉さんに、タイ国際航空の搭乗券を見せるだけです。

搭乗券を見せると、希望する施術の内容を聞かれ、予約番号が書かれた紙を渡されます。空いている時間帯はすぐに案内がありますが、混雑している場合は大体の待ち時間を案内され、紙に書かれた番号を呼ばれるまで待機することになります。

ラウンジ内にはこんな感じの待合スペースがあるので、10分程度ならここで待っていても良いですし、かなり時間があるようなら、その時間まで、一旦ロイヤルシルクラウンジなどに戻るのも一つの方法です。

なお、受付するためには、ビジネスクラス搭乗者の場合は直接スパのカウンターまで出向く必要がありますが、ファーストクラス搭乗の場合は、ロイヤルファーストラウンジへのチェックイン時や、ロイヤルファーストラウンジ滞在中に、係の方に予約をお願いすることも可能です。

予約をしておけば、時間になったらなんとラウンジまで案内してもらえます

スポンサーリンク

実際のサービス内容

実際の施術ルームがこちらです。

こんな感じのリラックスチェアで、首肩マッサージやフットマッサージを受けることができます。

そしてこれが・・もうね。極楽です。正直、バンコク市内のどのマッサージよりもこのロイヤルオーキッド・スパラウンジが上手。本当にそう思いますね。

ロイヤルファーストクラス搭乗時は、ロイヤルファースト専用ゾーンで、静寂の雰囲気の中全身スパトリートメントもしくはボディマッサージ(1時間)を受けることができます。

私がファーストクラスに搭乗した際は、早朝便ということもあり時間がなく首肩マッサージ30分を利用したのですが、首肩マッサージにもこのロイヤルファーストゾーンがありました

搭乗クラスに応じた徹底的な上級サービスの差別化。これが、タイ国際航空上級クラスに搭乗する醍醐味ですね。

施術終了後は、こんな感じのリラックスルームにご案内。

簡単なアンケートと、お茶をいただいて終了です。

このアンケート、顧客サービスの向上はもとより、マッサージャーの品質維持のために利用されていると思いますので、良かったらよいと書きましょう。ちなみに、タイにはチップの習慣がないので、マッサージャーにチップを渡す必要はありません。

このアンケートへの高評価が、最高のチップになるのではないでしょうか。

お部屋の中には、こんな伝統的なタイのお菓子がおかれていますので、良ければどうぞ。

スポンサーリンク

スパラウンジ利用時の注意点

ここまで、ロイヤルオーキッドスパ・ラウンジの利用方法や実際のサービス内容についてはよろしかったでしょうか?

ここからは、スパラウンジ利用に際しての注意点を簡単に解説したいと思います。

注意点・・それはなんといっても、特にビジネスクラス利用者の方は混雑による待ち時間に注意、ということです。特に出発便が集中する、早朝・夕方は、このスパラウンジは大変混雑します

このため、待ち時間が1時間以上となり、「出発便の搭乗時間までに案内が間に合わない」との理由で利用を断られることも多々あるんです。

確実な利用のためには、できれば3時間以上前には空港へ到着し、早めにロイヤルオーキッド・スパラウンジのカウンターに立ち寄って、施術の受付(予約)をしておくことをおすすめします。

一方、ロイヤルファーストクラスの搭乗者はロイヤルファーストラウンジのカウンターもしくは係の方に予約をお願いすれば、優先的に施術してもらえます。

それでも60分の全身マッサージを受けるためにはかなりの時間的余裕を見ておく必要がありますので、十分な時間的な余裕を持って空港に向かうようにしてください。

スポンサーリンク

ロイヤルシルク/ロイヤルファーストラウンジ

さて、施術を終えたら、後は搭乗クラスに応じたロイヤルシルクラウンジ(ビジネス)、ロイヤルファーストラウンジ(ファースト)でゆっくりしましょう。

ロイヤルシルクラウンジはこんな感じの落ち着いた雰囲気のラウンジ。

とにかくラウンジエリアが滅茶苦茶広いので、まず座る席がない!なんて困ることはないと思います。

食事もなかなか充実しています。

一方のロイヤルファーストクラスラウンジは・・もうトンでもない異次元空間になっています。

上記の写真の右上のソファーチェア、どこにあると思います?ラウンジ?

いいえ、トイレなんですよ。ここ。

このロイヤルファーストクラスラウンジは、是非一度お試しいただきたいこの世の極楽だと思います。超VIP待遇が味わえますよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

タイ国際航空が誇るロイヤルオーキッドスパ・ラウンジでのマッサージ。是非一度試していただきたいと思います。ビジネスクラス以上に乗って良かった!!と思える、超絶体験ができることと思います。

私も、マイルを貯めてまた是非乗ってみたいと思っています!

タイ国際航空ロイヤルファーストラウンジ訪問記。超絶おもてなしサービスの全て

タイ国際航空A380ファーストクラス搭乗記。バンコク~成田/TG676便

スワンナプーム国際空港ラウンジレポート。タイ国際航空ロイヤルシルクラウンジ

タイ国際航空ビジネスクラス搭乗記。バンコクーセントレア(中部国際空港)TG646便

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル貯める、たった2つの方法

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



AD