グアム国際空港のサガンビスタラウンジは食事が充実で綺麗!プライオリティパスで利用可能/子ども同伴無料

 

2018年春休みの子連れ旅行。最終日のUA171便出発前に、グアム国際空港のサガンビスタラウンジに立ち寄ってきました。

グアム国際空港は・・とにかく出発便と乗客数に比べてベンチや椅子の数が少ないので、出発より早めに到着しても座るところや休憩するところが無く特に子連れの場合だと途方に暮れてしまう可能性が高い空港です。

 

そんな時、プライオリティパスでも利用できるサガンビスタラウンジは超おすすめです!

確かに混雑はしていますが、さすがに座れないということはありませんし、食事やドリンクも充実、おまけに綺麗なラウンジですので、出発までの時間をゆったりと過ごすことができます。

 

この記事では、グアム国際空港のサガンビスタラウンジの食事/ドリンクの内容や、ラウンジ内の様子などをレポートします。

 

スポンサーリンク

サガンビスタラウンジを利用できる方

利用できる人 エアライン/条件等
エアライン上級会員 ・日本航空

・チャイナエアライン

・フィリピン航空

・大韓航空

・チェジュ航空

プライオリティパス所有者 ・11歳未満の子どもは同伴無料

 

このグアム国際空港のサガンビスタラウンジを利用可能な方はこちら▲です。

エアライン上級会員は当然のこととして、プライオリティパス所有者でも利用可能なのは嬉しいところです。そして、さらに嬉しいのは11歳未満の子どもは同伴無料なこと。

 

グアムは全般的に11歳未満の子どもは添い寝無料などの神対応をしてくれるホテル/レストランが多いのですが、このサガンビスタラウンジも子連れには圧倒的に優しいラウンジですね。

 

サガンビスタラウンジの営業時間

 

サガンビスタラウンジの営業時間がこちら▲です。午前0時~10時、午後1時から5時と、かなり変則的な営業時間になっています。

これは、この後少し紹介しますがグアム国際空港の出発便の集中時間との関係によるところが大きいです。これは狙ってやっているのかどうなのか分かりませんが、とにかく出発便が集中するので、出国審査なども大混雑するんですよね。

 

特に大混雑するのが午後15時~16時の出発便が集中する前の時間帯です。15時だと下手すると座れない可能性もありますので、少し早めの到着をおすすめしたいと思います。

 

スポンサーリンク

サガンビスタラウンジは軽食とドリンクが充実

 

サガンビスタラウンジの軽食コーナーはこんな感じ▲です。

左からカナッペ、サラダ、フルーツ。

 

ハンバーガーやお寿司などがありました。

 

入場して早々に無くなってしまっていましたが、ここ▲には、ウインナーが焼かれており、熱々のホットドックが作れるコーナーもありました。

 

謎の野菜炒めや・・・

 

白米もありました。確かこの隣には写真を撮り忘れましたがカレーがありましたので、多くの方がこの白米にカレーをかけて食べていましたよ。

 

ドリンクコーナーも、コーヒーやワイン類は豊富にそろっていますし・・

 

スピリッツ系+ナッツのおつまみももちろん充実。

 

そして、ひときわ大きい冷蔵庫にビールはもちろん、ソフトドリンクも大量に揃っていました。

個人的な嗜好の関係から、ビールの棚しか写真を取り損ねましたが、もちろんソフトドリンクの方が圧倒的に量が多く、充実しています。コーラ、セブンアップ、お茶系、ミネラルウォーター系・・とにかく充実のラインナップでした。

 

軽食とドリンクが足りない!!という困りごとは絶対に無いと思いますよ。それくらい、食事とドリンクは充実のラウンジだと思います。

 

スポンサーリンク

午後の出発便が重なる時間帯はとにかく大混雑に注意

 

ここまで紹介したように、グアム国際空港のサガンビスタラウンジはとにかく食事とドリンクが充実したラウンジで、おススメなんですが・・・唯一といってよい欠点が、とにかく「人が多い」こと!

こちら▲の写真のとおり、とにかく激込みなんですよ。

 

一応エアラインの上級会員が使えるラウンジなので、静かに使いたい方もいらっしゃると思うのですが、そんな使い方は時間帯によっては絶対に無理ですね。

一応、子連れの場合は「ラウンジの奥の区画を使って」と案内されるのですが、当然ながら奥の区画は既に子連れで満席

 

仕方なく、手前の区画を使わせていただきましたが、大丈夫?です。うちの子どもなんか可愛いもので、もっと小さいお子さんたちがギャン泣き&走り回って大ハッスルのまさに「カオス」な領域が形成されています。

ラウンジでは静かに過ごしたい」という方にはおすすめできない空間かも知れません。というか、この時間帯は多分どのラウンジ/区画でもこんな感じじゃないかと思いますけどね。

 

スポンサーリンク

グアム国際空港の午後の出発ラッシュ

 

なぜこんなに午後に混み合うのか?

それは、このとおり、午後16時10分から17時30分の約1時間20分の間に、これだけの数▲の飛行機がグアム国際空港を飛び立つんです。

 

「出発便集めすぎだろ、これ」って感じですよね。

この「出発便集めすぎ」な結果、特に15時頃のラウンジの混雑ぶりはまさに驚異的です。でも、実はまだ座れるところがあるだけマシで、空港内は本当にベンチ・椅子ともに数が少なく、下手すると座るところがどこにも見つけられないくらいの大混雑状況になるんです。

 

私の出発便はUA171便のエコノミークラスで、本来ならラウンジを利用できるような資格はなかったのですが、プライオリティパスを持っていて本当にラッキーでした。

プライオリティパスが無かったら、もしかしたら地べたに座る羽目になったかも。それくらい、グアム国際空港の夕方便の空港大混雑には注意です。

 

スポンサーリンク

グアムー名古屋のUA171ビジネスクラスで出国

 

今回の帰国便はユナイテッド航空のUA171便エコノミークラスです。

どうせエコノミークラスですので、そんな早く搭乗してもしようがありません。ご迷惑をおかけしない程度の時間ぎりぎりまでラウンジを楽しんで、UA171便に乗り込みました。

関連記事:ユナイテッド航空グアムー名古屋UA171エコノミークラス搭乗記。エコノミーとビジネスクラスの違いは?

 

往路はユナイテッドのビジネスクラスだったんですが、逆の方が(グアムー名古屋をビジネスクラスにした方が)良かったかも知れません。

関連記事:ユナイテッド航空名古屋ーグアムUA136便(残念)ビジネスクラス搭乗記

 

何で出国便をビジネスにした方が良いかっていうと、それくらい、グアムの出国審査をはじめとにかく出発便が集中するんで混み合うんです。

これから訪問される方は、プライオリティーパスなど、ラウンジが使えるカードを一枚忍ばせていくとよいかもしれませんよ。

 

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちら▼から

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万マイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下▼にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

関連記事:ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年4月最新版】

 

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちら▼も併せてご覧ください。

関連記事:【陸マイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める方法を、丁寧に解説する

 



 

AD