ANAアメックスゴールドにプライオリティ・パス特典追加!メリットとレストラン特典の注意点を解説!

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードに・・。

ついに(笑)プライオリティ・パス無料付帯の特典が追加されました!!

ANAアメックスゴールドカードはアメックスゴールド(プロパー)カードと同等の年会費なのに、なぜかアメックスゴールドには付帯しているプライオリティ・パス特典がなかったので、比較すると年会費に割高感を感じてしまうカードだったのですが・・。

ここにきて、一気にANA陸マイラー的にもメインカードを張れる(笑)カードに、付帯サービスがアップグレードされたと思います。

海外旅行が今後徐々に現実のものになっていくと・・プライオリティ・パスは一枚持っておいて絶対に損はありませんからね(笑)。

ただし、アメックス付帯のプライオリティ・パスには若干の注意点があるので、その点はご注意を。

早速、解説していきます。

スポンサーリンク

ANAアメックスゴールドが進化!

ということで、2022年9月に突如としてANAアメックスゴールドカードの付帯サービスとして追加されたのが・・。

こちら、プライオリティ・パスの無料付帯サービスです。

こんな感じでめちゃ小さくアピールされているので見落としそうなんですが・・。

これ、年会費34,100円(税込)というなかなかの高額年会費カードですが、その割にこれといったパンチに欠ける(笑)カードであったANAアメックスゴールドカードを・・。

ANAマイラー的に、一挙にメインカード級に押し上げる、超絶進化なんです。

あ、ただしこれ自動付帯ではなく、カード発券後ご自身で追加特典の申し込みが必要ですのでご注意を。

2022年以降は新型コロナ禍を徐々に脱し、海外旅行にも行けそうな雰囲気ですので・・。

これ、めちゃくちゃ使える進化なんです。

スポンサーリンク

プライオリティ・パスとは

で・・ここでプライオリティ・パスって一体何?ってことも簡単に。

プライオリティ・パスとは、全世界に存在する約1,300箇所以上の空港ラウンジを利用できる、イギリスの企業「Collinson」社が提供するグローバルサービスです。

空港ラウンジには、カードラウンジ以上の・・航空会社の上級会員&上級クラス搭乗者のみ利用できる「エアラインラウンジ」や、有料会員なら利用できる「有料ラウンジ」があるわけですが・・。

このプライオリティ・パスの登録ラウンジであれば、航空会社の上級会員や上級クラスの搭乗者でなくても、また有料会員にならなくても・・年間所定の回数以内であれば無料で利用できるんですよね。

そして、まともに(笑)このプライオリティ・パスに登録した場合の年会費がこちら。

スタンダードでもUS$99・・超円高の昨今だと円換算で約14,000円もしますが、なんとスタンダードプランの場合無料利用回数が1回も付帯しないので、この会員資格だと、獲得できるのはとりあえずラウンジに「入室する」権利の獲得だけ

実際のラウンジに利用には、利用1回あたりUS$32が徴収されます。

一方、スタンダード・プラスの場合年会費がUS$299と跳ね上がるわけですが、無料利用回数が年間10回付帯します。

300ドル・・年会費約42,000円です(笑)。

ということで、結構な年会費がかかるこのプライオリティ・パスですが・・。

今回無料付帯特典が追加されたことで、ANAアメックスゴールドなら、登録料無料で利用でき、さらに、年間2回まで無料でラウンジが利用ができるんです。

つまり、ANAアメックスゴールドに無料で付帯するプライオリティ・パスの価値は・・登録料無料ということでまずはスタンダート会員としての年会費99US$分・・。

さらに、年間2回まで無料でラウンジを利用することができるので、64US$(32$×2回)分の価値・・

合計、163US$分くらいの価値はある・・ってことになりますね(笑)。

163ドルって・・約23,000円(1ドル140円)〜約20,000円(1ドル120円)の価値ですからね!?

これがこれまで「なかった」のに「無料で付帯する」ことになったってことは、めちゃくちゃなサービスのアップグレードってことはお分かりいただけるのではないかと思います。

ただ、このプライオリティ・パスのメリットは、あくまで海外旅行でこそ感じられるものです。

国内の場合なんだかんだいって国内発券のクレカ(ゴールドカード)を所有していればラウンジ難民にはなかなかならないので・・。

海外旅行で頻繁に(=年間2回以上)利用するか?が、お得かどうかの判断基準になります。

例えばグアム国際空港でサクッとラウンジを使いたい!とか、日本のクレカの神通力が使えない東欧の空港でトランジットをする・・なんて機会があるか?ってのが目安になりますかね。

その他、プライオリティパスのメリットや海外ラウンジの様子については、下記の関連記事をご参照ください。

プライオリティパスとは?空港ラウンジが使える超絶メリットを徹底解説!

グアム国際空港のサガンビスタラウンジは食事が充実で綺麗!プライオリティパスで利用可能/子ども同伴無料

仁川国際空港アシアナ航空ビジネスラウンジ訪問記

ブダペストリスト・フェレンツ国際空港ルフトハンザ指定「プラチナ・ラウンジ」訪問記。プライオリティ・パスも使える!

スポンサーリンク

レストラン特典は使えない

ということで、ANAアメックスゴールドが・・ここにきて年会費は変わらず約20,000円超の価値を持つプライオリティ・パスの特典が付帯するという超絶アップグレードを遂げたわけですが・・。

一点だけ注意点があるとすれば、このアメックス付帯のプライオリティ・パスでは、プライオリティ・パスのレストラン特典は利用できません

レストラン特典って・・何?ってことですが、上記のとおり例えば中部国際空港なら、当日の搭乗券&プライオリティパスを持っていると、上記「Ethan Stowell Pizza&Pasta」で・・。

レストラン特典
  • レストランが指定する3,400円相当のセットメニューが無料
  • セットメニューに加え、ソフトドリンクとアルコール飲料が90分飲み放題

なんと、レストランが指定する3,400円相当のセットメニューが無料、さらにソフトドリンクとアルコール飲料が90分飲み放題になるんですが・・。

このアメックスに付帯する無料のプライオリティ・パスでは、2019年8月から、この「レストラン特典」は使えなくなっています

関西国際空港では「ぼてぢゅう」のレストラン特典が超有名でしたが、これ、アメックス付帯のプライオリティ・パスでは使えないんです。

というか、「ぼてぢゅう」自体がコロナで閉店しましたけどね(笑)。

「元々、世界中を旅する会員に、空港でリラックスしてもらうためのラウンジを提供するため、プライオリティパス特典を提供していた」

なぜ、アメックスの付帯特典としてのプライオリティ・パスだけ、このレストラン特典が使えないかと言いますと・・。

上記のとおり、プライオリティ・パスを会員特典として用意したアメックスの狙いは・・あくまで会員に空港ラウンジでリラックスしてもらいたい!ということであり、無料メシではない(笑)ということのようです。

ということで、もちろんレストラン特典以外のラウンジ特典は全世界1,300のラウンジでしっかり使えるので、ご安心を。

スポンサーリンク

ANAゴールドカードとしての実力

ということで、このプライオリティ・パスの付帯により、このANAアメックスゴールドカード年会費高めの34,100円(税込)であることは確かですが・・。

海外渡航が多い方など、ラウンジを利用する機会がある、つまり、プライオリティ・パスを使う機会がある方にとっては、ANA VISA ワイドゴールドゴールドカードの衝撃の改悪もあって・・。

一気にANAマイラー的なメインカードとしても良いカードに進化したと思います。

ANAアメックスゴールドの主な特典
  • ANAマイル還元率1%(100円=1P=1ANAマイル)
  • スカイコイン獲得プログラム(年間300万円利用で10,000スカイコイン)
  • スマートフォン・プロテクション(上限3万円)
  • 手荷物無料宅配サービス(海外旅行時のみ)
  • 航空便遅延補償(海外旅行時のみ)
  • プライオリティ・パス(2回まで無料)

こちらが、ANAアメックスゴールドの主な特典です。まず、ANAマイル還元率は納得の1%ですし・・。

スカイコイン獲得プログラムで、年間300万円利用すれば10,000スカイコインがもらえ、さらにスマートフォン・プロテクションが付帯し・・。

さらにさらに手荷物無料宅配サービス航空便遅延補償(いずれも海外旅行時のみ)が付帯し・・。

ここに追加で、上記のとおりしっかり使えば約20,00円相当の価値があるプライオリティ・パスが無料付帯する超絶進化を遂げましたからね!!

一方、これまでANA陸マイラー的に「1枚は持っておけ」的なANAゴールドカードであったANA VISA ワイドゴールドカードは、サービスのアップデートどころか、衝撃の改悪が行われました。

ANAVISAワイドゴールドカードが衝撃の改悪!マイ・ペイすリボ技封鎖&年会費値上げ!解約検討するべき?

これにより、ANA VISA ワイドゴールドカードはメインカードとして利用する価値が・・あまりないカードに成り下がってしまいましたからね。

この機会に、ANAアメックスゴールドカードをANAマイラー的なメインカードにするのも、個人的には全然ありだと思います。

ただし、注意が必要なのは、前述したとおりプライオリティ・パスがお得なのは、海外旅行等で海外ラウンジを利用する機会がある方です。

国内ラウンジなら、もっと年会費の安いゴールドカードでも別に困ることはありません。海外で使う機会があるか?ってことがポイントになります。

また、もう一つのポイントとしては、このプライオリティ・パスは無料(年2回まで)で使えるのは会員本人だけで、同伴者は1名あたり32ドル・・つまり有料です。

ラウンジによって違いますが、子どもも7歳以上は有料だったりするので、家族旅行に向いているサービスではありません

このあたりも、考慮に入れると・・つまり、1人で海外に渡航する機会が多い方はめちゃお得に進化!って言えそうですね!

あ、ANAアメックスゴールドカード新規入会キャンペーンで信じられないくらいANAマイルが貯まるカードとしても有名ですので・・。

まずは大量ANAマイルを貯める目的でANAアメックスゴールドカードを発券してみて、初年度1年間利用して・・一回プライオリティ・パスを無料で使ってみる!ってのもありだと思います。

ANAアメックスゴールドの新規入会キャンペーンは、以下の関連記事で詳しく紹介しています!!

【2022年最新】ANAアメックスの入会キャンペーン徹底解説!最大108,000ANAマイルもらえる!

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



AD