【2020年最新】60%増量!マリオット・ボンヴォイ・リワードポイントセール開催中!ポイント購入はお得?

マリオット・ボンヴォイの公式サイトで、恒例のリワードポイントの割引セールが開催中です。

しかも、今回のセールは過去最高レベルのなんと60%増量大セールなんですよね!

日本人にとってポイントって何となく「貯めるもの」であって「買うもの」って感じはしませんよね?でも、このポイントの販売はアメリカでは一般的で、ポイントの買取なんかも平気で行われています。

このマリオット・ボンヴォイ・リワードポイント驚異の60%増量セールの概要と、ポイントの使い方別のお得度を検証します。

スポンサーリンク

増量セールの概要

今回のマリオット・ボンヴォイ・リワードポイントセールですが、通常1,000P=12.5ドルで販売されているポイントが、2,000P以上購入すると60%増量され、1.6倍獲得可能!という内容になっています。

しかし60%増量とは・・普通に買う意味が分かんないくらいお得なセールですよね。

セールの概要
  • 期間:5月18日PM10時~7月1日0:59まで(日本時間)
  • 条件:2,000P以上購入でポイント60%増量
  • 上限:通常50,000P/年 → 100,000P/年にUP!

セールの概要は上記のとおりです。

2020年5月18日から7月1日0:59(日本時間)までの期間限定で、かつ2,000P以上の購入が60%ポイント増量の条件になります。

また、このセール期間中限定で年間の購入・譲渡ポイントの上限が100,000P/年まで増えるので、もう今年は普段の上限である50,000P買っちゃった!って方も、このセールに参戦可能です。

価格のイメージはこんな感じですね。

2,000P以上の購入で、通常購入時の1.6倍(60%増量)のポイントを購入することができます。

ただ、60 %増量!って言うと直感的に超お得に感じるんですが、でもよくよく考えるとたまに開催される「30%割引セール」と比べ一体どっちが安いのかよくわからないんですよね。

ということで、実際に比較してみました。

1,000P当たりの単価
通常時 12.5$
60%増量時 7.81$
割引率 38%

今回のキャンペーンは「60%増量」キャンペーンなので、何となく字面的に「60%割引か?」と思っちゃうんですが、上記の比較結果の通り実際には60%割引ではないんですよね(笑)。

「割引」って表記ではないので若干分かりにくいのですが、結局同じ数のポイントを購入しようと思うと1,000P=7.81ドルかかります。

正規料金である1,000P=12.5ドルと比較すると、割引率は実は約38%です。

ただ、SPG「スターポイント」からマリオット・ボンヴォイに生まれ変わってからは最大級のセールであることは確かなので、マリオット・ポイントの購入には絶好の機会到来であることは間違いありません。

1Pの価値
  • 1,000P=7.81ドル=843円(1ドル108円換算)
  • 1P=0.84円

この60%増量によるマリオット・ポイント1Pの購入単価がこちらです。マリオット・リワードポイント1P当たり約0.84円で購入できる、ということになります。

そして、次に気になるのは60%増量セールなのは分かったけど、これってお得なの?ってことですよね?

ということで、次は使い方別にこのセールでのバイ・ポイントのお得度を検証します。

スポンサーリンク

ホテルの無料宿泊

まず、定番の使い方であるホテルの無料宿泊で検証してみましょう。

例えば、こちらは年末年始のウェスティンホテル東京、東京マリオットホテルのポイント無料宿泊での所要ポイントおよび宿泊料金です。

このホテルに宿泊するために必要なポイントは、それぞれ上から60,000ポイント、50,000ポイント。

そして、今回の60%増量セールで購入できるマリオットポイントの単価が1P=0.84円でしたよね。

つまり、例えばウェスティン東京ホテルの場合、この60,000Pに0.84円を乗じた金額(=ポイント購入金額)が、通常の宿泊料金よりも安ければ、ポイントを購入した方がお得に宿泊できる!ということになります。

宿泊料金的お得度検証
ホテル名 ポイント 円換算(×0.84) 宿泊料金
ウェスティンホテル東京 60,000 50,400円 46,170円
東京マリオットホテル 50,000 42,000円 31,350円

そして、実際に検証した結果がこちらですね。

この両ホテルに、購入したポイントで宿泊した金額(上記円換算(×0.84円))と、通常の宿泊料金で宿泊した場合の金額を比べると、いずれも普通に宿泊した方が安いという結果になりました。

つまり両ホテルとも、購入したポイントで宿泊する方が、通常の宿泊料金と比べて完全に高いです。うーん、これはきっちり比較しておくべきですね。

つまり、わざわざポイント購入せずとも、通常の宿泊料金で宿泊した方が安く泊まれるんです。購入したポイントで宿泊!するかどうかは、よく比較してからにしてください

ただ、泣く子も黙る高級ホテルとなると話は別です。

リッツ・カールトン東京の場合、無料宿泊に必要なポイントは100,000Pですので、この100,000Pを購入するのに必要な実費は約84,000円です。

一方、実際にかかる宿泊料金はなんと驚異の155,820円!ですから、ポイントを購入して宿泊した方が倍近く安いという結果になります。

このように、超高級ホテルの場合のみ、ポイントの方が安く泊まれる傾向にありますが、かなりホテルを選びますね

実際には、ほとんどのホテルでは購入したポイントでポイント無料宿泊しても、結局お得ではない(宿泊料金を普通に支払った方がお得)、という結果になります。

セールだからと言って飛びつかず、冷静に「どちらがお得か」について比較するようにしてください。

ホテル宿泊での使い方

じゃあ、ホテル宿泊目的でポイントって買う必要ないの?と思われるかも知れませんが、実はそんなこともありません。

ホテル宿泊でこのバイ・ポイントをお得に利用するカギとなるのが、この「ポイントアドバンス」を上手に利用することです。

ポイントアドバンスで無料宿泊特典予約する適用条件とルールについて【マリオット・ボンヴォイ】

ポイントアドバンスは、ポイントを利用した無料宿泊に必要なポイントが十分に貯まる前でも、ポイントを利用した予約ができる制度です。

例えば無料宿泊には50,000Pのポイントが必要なホテルに宿泊したいけど、4,000Pほど足りない・・一応部屋はポイントアドバンスで確保したけど・・。なんて時に、この足りない4,000Pをセールを使って約3,200円で購入できる、というのは実はお得だと思います。

ホテル宿泊での使い方は、このように足りない分を買い足すのに使う!というのが賢い方法ですね。

スポンサーリンク

マイルへの交換

マリオット・リワードポイント2つ目の使い方が、マイルへの交換です。

このマリオットのポイントは、ANAやJALをはじめとした各種エアラインのマイルへ、以下の交換率で交換することができます。

マイルへの交換率
  • 3P=1マイル※
  • 一括で60,000Pを交換すると、5,000マイルボーナス

※一部航空会社を除く。

ここで大きいのが、60,000P一括交換時の5,000マイルボーナスです。はっきり言って60,000ポイントを一括で交換しないなら、マイルに交換しちゃダメ!ってくらい、大きな違いがあります。

このボーナスを利用できればマイル交換率的には、1マイル=2.4マリオットポイントの計算になります。

そして、このセールでは1P=0.84円で購入できる計算でしたので、1マイルは、2.4×0.84=2.02円で購入できるということになります。

マイルの価値を徹底解説。1ANAマイルは一体何円なのか?

ではこの2.02円でのマイル購入を目的として、セールでポイントを購入することってお得なんでしょうか?

詳しくは上記関連記事をご覧いただければと思いますが、マイルの価値はエコノミークラスの特典航空券で利用すると1.5円~2円程度です。

プレミアム・エコノミーでも3~4円といったところですので、少なくともプレミアムエコノミークラス以上の特典航空券で利用しないと損をする、といえると思います。

ただ、ビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券に交換すれば1マイルは7円~10円以上の価値で利用できるので、ビジネスやファーストで利用する場合は、2.02円の価値でポイントを購入してもかなりお得という計算になります。

ただし、1人が年間で購入できるポイントは10万ポイント上限ですので、これを全額マイルに交換しても、約38,000マイルにしかなりません。

購入ポイントだけではビジネスクラスに搭乗できるだけのマイル(東南アジアで60,000マイル超)には手が届きませんので、その点はご注意ください。

マイル獲得目的でのセールの利用方法

このように、マイルの獲得を目的としてセールでポイントを購入する場合、少なくともビジネスクラス以上の特典航空券発券に使わないと損!ということになります。

ただし、これも解説したとおりですがこの100,000Pの購入だけではビジネスクラスに搭乗するだけのマイルは貯まりません。

このため、マイル獲得目的の場合でも、ホテルと同様「ビジネスクラス以上の特典航空券に乗るために足りないだけのマイルに交換できる分のポイントを購入する」のが正しい方法ですね。

また、マリオット・ポイントを最大倍率でマイルに交換するためには60,000Pを一括で交換する必要があります。60,000P以下のポイントでマイルに交換してしまうと、ボーナスである5,000マイルがもらえません。

この60,000Pに足りない分のマリオット・ポイントを購入する、というのも正しい方法だと思います。

しかしながら、1からマイル獲得目的でポイントを購入することを考えると、1マイル=2.02円というのは比較的割高です。買いすぎには注意してください。

マリオット・リワードポイントからANAマイル・JALマイルへの交換方法と手数料

バイマイルとは?ANAマイルを買うことはお得なのか

スポンサーリンク

その他のお得な利用法

その他の、このマリオットポイント60%増量セールのお得な利用方法としては、各種クレジットカードの入会キャンペーンの「カード利用実績作り」で利用する方法があります。

クレジットカードの入会キャンペーンの実績づくりに使う方法、これかなり「あり」だと思いますね。

【2020年最新】ANAアメックスの入会キャンペーン徹底解説!最大67,000ANAマイルもらえる!

SPGアメックスの特典とメリットを完全解説。超絶お得な3つの理由!

クレジットカードの入会キャンペーンは大量ANAマイルが貯められる陸マイラーにとっての重要なマイル獲得源ですが、3か月などカード毎に設定された期間内に、一定額のカード利用が必要となる場合がほとんどです。

このリワード・ポイントのセールでポイントを例えば5万円分購入すれば、一定額のカード利用の実績にも加算されますし、カードによってはマイル還元率8%とかになりますので、超絶お得です。

このように、クレジットカードのキャンペーンと組み合わせて利用すると、さらにそのお得度が高まりますね。

スポンサーリンク

セール開催履歴

開催時期 割引率
2019年5月 25%
2019年9月 30%
2019年11月 30%
2020年2月 34%
2020年5月 38%←今ここ

なお、このポイントセールの過去の開催実績がこちら。SPGとマリオットの完全統合後のセールの開催は2019年5月が初でした。

その際の割引率は25%でしたので、今回の38%割引率はマリオット・ボンヴォイになってからは過去最高水準です。

また、過去のSPGスターポイント時代のセールと比べても、十分お高めの割引率だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

マリオット・ボンヴォイ・リワードポイントの購入で60%増量!つまり38%オフセールの概要とお得度をご紹介しました。

この記事でもご紹介したとおり、セールとは言えガッツリ利用する!って感じでは無いことには注意が必要です。

マリオット系列ホテルへの宿泊をポイント・アドバンスで予約した後に、最終的に無料宿泊に「ちょっと足りない」ポイントを追加購入したり、航空会社のマイルにお得に交換できる60,000Pに「ちょっと足りない」分のポイントを買い足す、という用途で利用するのが正解だと思いますね。

また、クレジットカードの各種キャンペーンと絡め、実績作りとして利用するのも「あり」な購入方法だと思います。

このマリオット・リワード・ポイントの購入方法は、下記の関連記事で詳しくご紹介しています。

マリオット・リワードポイントの購入方法と実際の購入手順を徹底解説!【年間50,000Pまで購入可能】

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイル徹底解説。大量マイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



AD