三井住友プラチナプリファードのポイントサイト案件で33,000円もらえる!しかも初年度年会費実質無料!

2021年3月末で一区切りかと思っていたポイントサイトのカード案件ですが・・・超強力案件がまだまだ継続中です!!

そして、2021年度に入っても継続して超絶お得なのが、この記事でご紹介する三井住友カード「プラチナプリファード」案件ですね。

この三井住友カード「プラチナプリファード」は、2020年9月に三井住友カードから華麗にデビューした「ポイント特化型」クレジットカードですが・・なんと、ポイントサイトで最高22,000円!の高額水準を継続中なんですよね。

しかも、後程ご紹介しますが、このカード、初年度の特典が超絶大きくて、普通に使っていれば実質初年度年会費は無料さらに10,000円超のポイントが獲得できる計算になるカードなんですよね。

つまり、公式サイトの入会キャンペーンで実質年会費無料で11,000円還元、さらにポイントサイトで22,000円もらえるので・・。

つまり・・上手く使えば約33,000円超丸儲け案件なんです。

普段使いのカードにもピッタリの、三井住友カードプラチナプリファード案件をご紹介します。

スポンサーリンク

恒例のどこ得チェック

では、三井住友カード「プラチナプリファード」案件の、恒例のポイントサイト横断比較検索サイト「どこ得」さんでの相場チェックから見ていきましょう。

ご覧のとおり、ワラウさん22,500円、そしてライフメディアさんでそれぞれ22,000円水準を叩き出していますね!

ワラウさん、ライフメディアさんともにTOKYUルートでのANAマイルへの交換が可能なサイトさんですので、ワラウさんが最得水準になりますが・・。

ライフメディアさんではなんと最大2,600円ももらえる強烈な新規入会キャンペーンが開催中なので、もしまだ口座開設していない!って方は、ライフメディアさんが実質最高水準です。

この記事では、ポイントサイトとしての安定感が高い、ライフメディアさんの案件を題材に、解説を続けます。

スポンサーリンク

案件詳細

では、早速案件の詳細を確認していきましょう。

ライフメディアさんの三井住友カード「プラチナプリファード」案件がこちらですね。なんと、カードの発券「だけ」で、22,000円分もの超高額ポイントがもらえます。

特に一定額の利用も、リボ払い設定も、キャッシング枠の設定も必要ないんです。

超絶ハードルの低い案件ですよね。

ただ・・このカード一応「プラチナ」カードに分類されるカードですので、年会費が33,000円もします(笑)。

しかしながら・・ご安心ください!冒頭ご紹介のとおりこのカード、公式サイトの入会キャンペーンの併用で、実質初年度年会費無料+約10,000円儲けが出せるんです!!

そして、この初年度年会費を実質無料にする公式新規入会キャンペーンの概要がこちらですね。

入会月の3か月後の月末までに40万円のカード利用することで、なんと初年度年会費を軽く上回る40,000円分のポイントがもらえます。

当然、40万円分のカード利用ポイントも別途付与されるので、合計44,000円分のポイントがもらえるんです。

入会キャンペーンの条件は約3か月強で40万円のカード利用ですが・・。

1月あたり約13万円程度ですからね。頑張ればこなせる金額だと思います。

利益
ポイントサイト 22,000円
入会キャンペーン(40万円利用) 44,000円
年会費 ▲33,000円
合計 33,000円

そして、この新規入会キャンペーンも含めた、この案件の収益構造(笑)を分かりやすく計算したものがこちらですね。

まず、ポイントサイト経由のカード発券で20,000円+公式サイトの入会キャンペーン(3か月後末日までに40万円利用)で44,000円(通常ポイント含む)がもらえます。

合計、66,000円分のポイントがもらえるんです。

ただし、前述のとおりこのカード初年度から年会費がバッチリ掛かるので、税込33,000円もします(笑)。

ただ、何しろもらえるポイントが64,000円と超高額ですからね。差し引きすると初年度年会費を実質無料にし、さらに33,000円も手元に残る計算ってことは・・お分かりいただけますよね??

超絶・・お得案件なんです!!

スポンサーリンク

ポイント獲得&却下条件

では、ポイント獲得&却下条件も改めて簡単に見ていきましょう。

まず獲得条件は・・前述のとおり新規カードの発行だけです。ただし、これも繰り返しですが新規入会キャンペーンのクリアのため、3か月後月末までの40万円利用を忘れずに。

そして、ポイント付与NG条件が上記の通り。

正直、ほとんど条件が無いといって良い「ザル」条件です。

同一住所不可条件もないので、夫婦別々に申し込んでもポイントが獲得できる案件ですね。ただし、夫婦で申込する際は、必ず通信回線、申込デバイス、暗証番号を別々にするなど、同一ユーザーと見做されないよう注意してください。

また、このカード一応・・年会費33,000円(税込)のプラチナカードです。

一応、申込条件は「安定収入のある20歳以上の方」となっていますが、ゴールドカード程度の審査はありますので、その点もご留意いただければと思います。

スポンサーリンク

公式サイト新規入会キャンペーンは絶対に適用しよう!

そして、既にご紹介しましたが、この三井住友プラチナプリファードをお得に利用するために、この新規入会キャンペーンでもらえる40,000Pは、絶対に忘れず貰うようにしてください。

新規入会キャンペーンの概要
  • 入会月の3か月後末までに、40万円以上利用で40,000P
  • エントリーは不要
  • ポイントは、入会月の4か月後の15日頃に付与
  • 付与されるのは、三井住友カード「Vポイント」
  • 年会費、電子マネーチャージ、Vポイントへのチャージ等は40万円の対象外

そして、この入会キャンペーンの概要がこちら。

まず、超絶胸をなでおろしたいのは、特にエントリー等は不要ということです。カードを作成して、到着後40万円利用すればOKでなんです。

私自身、たまにエントリーを忘れることがあるので、このハードルが一個ないだけでも大きいですね。

また、付与されるポイントは三井住友カード「Vポイント」です。Vポイントは1P=1円でネットショッピング等のカード支払い金額に充当できるので、きっちり、40,000円分利用できます。

一応ANAマイルにも交換ができますが・・2021年4月から1P=0.5ANAマイルという超平凡な交換率になってしまうので・・。

ここは、現金同等のポイントとして利用するのが正解でしょうね。

ANAマイルは、ポイントサイトの約22,000円分のポイントを交換すれば、十分すぎるほど手に入りますからね!

スポンサーリンク

三井住友カードプラチナプリファードとは??

三井住友カード「プラチナプリファード」は、冒頭にも少し記載しましたが、2020年9月に三井住友カードが発券した、ポイント特化型の新しいプラチナカードです。

この三井住友カードプラチナプリファードの特徴・コンセプト。

それが、冒頭ご紹介のとおり、上図の左側、従来型のプレミアムカードのサービスであった「フルサービスの安心」を潔く切り落とし、上図右、シンプルだけど具体的なメリットを感じられるサービスに特化することです。

そして、その最大の特徴となり、「具体的なメリット」となるのが超絶高いポイント還元率なんです。

年会費は33,000円(税込)とちょっと高めですが、入会&利用特典(新規入会キャンペーン)で実質年会費は無料。

さらに、継続特典で毎年最大40,000Pがもらえて実質年会費無料が可能、さらにポイント還元率が超絶高い!というカードになっています。

その代わり、プラチナカードっぽいサービスはほとんどない・・まさにポイント特化型のカードなんですよね。

実は、2年目以降はお得にするにはちょっとハードルが高いんですが・・。

少なくとも入会初年度は、3か月で40万円の利用で実質年会費が無料になる40,000円分のVポイントがもらえるので、絶対にお得なんです。

さらにポイントサイトで22,000円追加でもらえるなら・・正直、ぼろ儲けです。

名称 三井住友カードプラチナプリファード
申込資格 安定収入のある20歳以上の方(学生不可)
発行ブランド Visa
発行種別 個人カードのみ
家族カード 発行可
年会費(税抜) 30,000円(家族カード無料)
利用枠 150万円~500万円
国内空港ラウンジ あり
国内・海外旅行傷害保険 最大5,000万円
お買物安心保険 年間500万円まで
Visaタッチ決済 対応
Vポイント付与率 1%(基本)

一応、スペックはこんな感じになっています。

このカードのメリットやデメリットは、以下の関連記事で詳しくご紹介しています。

三井住友プラチナプリファードカードのメリットを解説。ポイント特化型プラチナカードとは?

スポンサーリンク

まとめ

以上、2021年度もお得水準を継続している、三井住友カード「プラチナプリファード」案件をご紹介しました。

この案件、発表当時から「ポイントサイトに登場したら、特に初年度は超絶お得だな・・」と目を付けていた案件なんですよね。

予想通り、なんと33,000円は確実に利益がでる爆益案件に仕上がってますので、是非、ポイ活の選択肢の一つにしていただければと思います。

また、さすが「ポイント特化型」カード、しっかり使えば翌年以降も本当の意味でお得なカードですので、是非継続利用をおすすめします!

それから、クレジットカードは短期間での発券は審査落ちリスクが高まりますので・・クレジットカードの発券しすぎにはくれぐれもご注意ください。

なお、この案件、ポイントサイト「ライフメディア」さんにまだ登録していない!って方は、驚異の新規入会キャンペーンでなんと2,600円もらえる!ライフメディアさんでの利用がおススメです。

ライフメディアさんは4月も継続して超絶入会キャンペーンを開催中なので・・・。

以下もしくは上記バナーからのライフメディアさんへの登録で、なんと最大2,600円分のライフメディアポイントがもらえるんです!!

あ、表記は2,500円になっていますが、ライフメディアさんの認定ユーザ―である私のブログからの入会なら、最大2,600円分のポイントがもらえるんですよ!!

入会ポイント獲得条件
  1. 新規登録で【100円】分ポイント
  2. ~4/31までに合計5,000P以上の広告を利用で【2,000円】分ポイント
  3. ポイント交換完了で【400円】分ポイント

ポイント獲得条件がこちら。まず、新規登録だけで100円分のポイントがもらえます。

さらに、4月31日までに合計5,000P以上の広告を利用で2,000円分のポイントがもらえます。

この三井住友カード「プラチナプリファード」の広告は22,000円分のポイントなので、この広告を利用するだけで、さらに2,000円分のポイントがもらえるんです!!

さらに、登録月の翌々月の7日まで・・今なら6月7日までに獲得したライフメディアポイントを他社ポイントや現金などに交換することで、さらに400円分のポイントがもらえます。

そして・・さらに、ライフメディアさんの認定ユーザーである私のブログからの入会なら、さらに追加して100円分のポイントがもらえるんです!

超簡単に2,600円もらえるので、このチャンスをお見逃しなく!!

会員登録後、ライフメディアの検索窓から「プラチナプリファード」で検索してみてください。

クレジットカードを審査落ちせず継続的に発行する方法。クレヒスの重要性を徹底解説

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD