三井住友プラチナプリファードのポイントサイト案件が最大59,000円黒字で超得!SBI証券積立5%還元!

※残念ながら掲載を終了しています。再開をお待ちください。

三井住友カード「プラチナプリファード」がポイントサイトで超絶お得!!

さらに公式キャンペーンも超絶お得ですので・・発券の大チャンスです!!

このカードのお得の構造を簡単にご紹介しますと・・まず、ポイントサイト案件が超絶優秀で、なんと27,000円分のポイントがもらえます。

凄まじいですよね。

そして、当然これだけじゃないんですよ!!

なんと、公式キャンペーン側でも最大65,000円(笑)がもらえる爆裂キャンペーンが展開中ですので、年会費33,000円(税込)を差し引いても・・。

最大59,000円も黒字になるんです(笑)。

あ、計算式としては公式キャンペーン65,000円−年会費33,000円(税込)+ポイントサイト27,000円=59,000円黒字の計算です(笑)。

これは・・正直かなりヤバいカード案件です。

さらに、このカードプラチナカードですので、超絶話題のSBI証券の投信積立のポイントバックが・なんと2022年12月11日からなんと5%に進化したんです!!

これ・・ガチやばすぎです(笑)。

なんとクレジットカードでつみたて投資するだけで、いきなり投資利益5%確定なんです。

毎月5万円つみたてしたら、なんと5%で計算すると2,500円ポイントバック・・1年で30,000円もポイントバックですよ!?

しかもこのつみたてでの5%ポイントバックは、上記の最大利益59,000円の黒字額に含まれていません(笑)。

これ本気で凄いです!SBI証券でクレジットカード投信つみたてしている方は、これはもう速攻発行してこのカードでつみたてするべきです!!

いつ発券するの?今でしょ!!ってくらいお得な、三井住友カードプラチナプリファード案件をご紹介します!!

スポンサーリンク

恒例のどこ得チェック

では、まずはポイントサイト案件のお得度から確認していきましょう!!

三井住友カード「プラチナプリファード」案件の、恒例のポイントサイト横断比較検索サイト「どこ得」さんでの相場チェックがこちらですね。

ご覧のとおり、ニフティポイントクラブさんで28,800円の異次元水準を叩き出しているように・・見えますが、これは「@ニフティのサービス利用者限定」ですので・・。

実質的な最高還元はポイントサイト「ちょびリッチ」さんの27,000円です。

この案件、最近は高騰しても25,000円水準くらいでしたので・・これは超絶爆得水準ですね・・。

ちょびリッチさんは、ANAマイラー御用達のポイント交換ルート「みずほルート」「ニモカルート」も、Tポイント化(ウエル活)も、現金化も手数料無料で利用可能なポイントサイトです。

この記事では、ちょびリッチさんの案件を題材に、解説を続けます。

みずほルートでANAマイルを貯める方法&交換スケジュールまとめ【マイル交換率70%】

ニモカルートでANAマイルを貯める方法。交換率0.7倍/陸マイラー必須の交換ルート

ウエル活とは何か?ウエル活のやり方・はじめ方を徹底解説

スポンサーリンク

案件詳細

では、早速案件の詳細を確認していきましょう。

ちょびリッチさんの三井住友カード「プラチナプリファード」案件がこちらですね。

なんと、カードの発券「だけ」で、27,000円分もの超高額ポイントがもらえます。

特に一定額の利用も、リボ払い設定も、キャッシング枠の設定も必要ないんです。

超絶ハードルの低い案件ですし・・他ポイントサイトを圧倒する水準で、繰り返しですがこれは相当強い案件です(笑)。

一応ポイント獲得ポイント獲得&却下条件も簡単に見ていきますが・・。

まず獲得条件は・・前述のとおり新規カードの発行だけです。特にリボ払いの設定やカード利用等は不要なので、超絶お手軽案件です。

そして、ポイント付与NG条件が上記の通り。

正直、ほとんどポイント付与NG条件は無いといって良い「ザル」条件です。

同一住所不可条件もないので、夫婦別々に申し込んでもポイントが獲得できる案件ですね。

ただし、夫婦で申込する際は、必ず通信回線、申込端末、暗証番号を別々にするなど、同一ユーザーと見做されないよう注意してください。

特に通信回線と申込端末が同じだと、同一IP不可条件に引っかかる可能性があるので特にご注意を。

また、このカード一応・・年会費33,000円(税込)のプラチナカードです。

一応、申込条件は「安定収入のある20歳以上の方」となっており、新規発券カードですので審査は軽めが予想されますが・・。

一応ゴールドカード程度の審査はありますので、その点もご留意いただければと思います。

スポンサーリンク

公式入会キャンペーンで最大65,000円

そして・・このポイントサイトの28,000円だけじゃないんですよね(笑)。

このカード一応「プラチナ」カードに分類されるカードですので、年会費が33,000円(税込)もしますので・・ポイントサイト案件の27,000円だけだと赤字なわけですが・・。

でも・・ご安心ください!冒頭ご紹介のとおりこのカード、公式サイトの入会キャンペーンの併用を行うことで、実質初年度年会費無料+最大59,000円も儲けが出せるんです!!

そして、この初年度年会費を実質無料にする公式新規入会キャンペーンの概要の・・まず一発目がこちらですね。

入会月の3か月後の月末までに40万円のカード利用することで、なんと初年度年会費を軽く上回る40,000円分のポイントがもらえます。

新規入会キャンペーンの概要
  • 入会月の3か月後末までに、40万円以上利用で40,000P
  • エントリーは不要
  • ポイントは、入会月の4か月後の15日頃に付与
  • 付与されるのは、三井住友カード「Vポイント」
  • 年会費、電子マネーチャージ、Vポイントへのチャージ等は40万円の対象外

新規入会キャンペーンの概要がこちらですが・・まず、超絶胸をなでおろしたいのは、特にエントリー等は不要ということです。

カードを作成して、到着後3か月後の末日までに40万円利用すればOKなんです。

私自身、たまにエントリーを忘れることがあるので、このハードルが一個ないだけでも大きいですね。

また、付与されるポイントは三井住友カード「Vポイント」です。

Vポイントは1P=1円でネットショッピング等のカード支払い金額に充当できるので、きっちり、40,000円分の価値として利用できます

一応ANAマイルにも交換ができますが・・2021年4月から1P=0.5ANAマイルという超平凡な交換率になってしまったので・・。

ここは、現金同等のポイントとして利用するのが正解でしょうね。

そして当然なながら、40万円分のカード利用ポイントも別途付与されるので・・。

通常ポイント1%分(4,000円)を加え合計44,000円分のポイントがもらえるんです。

入会キャンペーンの条件は約3か月強で40万円のカード利用ですが、1月あたり約13万円程度ですからね。頑張ればこなせる金額だと思います。

ここまで、この44,000円分のポイントは、他の三井住友カードの発券履歴に関係なく新規発券&40万円利用だけでもらえるんです。

ポイントサイトの27,000円を加えると、71,000円分のぶっ飛びポイント(27,000円+44,000円=71,000円)ですので・・。

33,000円の年会費を差し引いても差し引き38,000円得する計算(71,000円ー33,000円=38,000円)です(笑)。

ということで、ここまでまずは確実に38,000円得できるので・・これ、やばすぎです。

スポンサーリンク

併用可能なキャンペーン

そして、これだけじゃないんですよね(笑)。

利用できる方なら、あと2つ併用できるキャンペーンがあるんです!!

こちらの最大16,000円もらえる三井住友カード「キャッシュレスプラン」キャンペーンです。

キャンペーンでもらえる特典は、まずはカード利用金額の15%・・最大15,000円分もらえる「Vポイント」です。

このVポイントは、カード入会月+2か月後月末までの、カード利用金額の15%分最大15,000円までがVポイントの形でポイントバックされるんです!!

100,000円の利用で、15,000円(15%)ポイントバックですね(笑)。

さらに、特典2として、Vポイントギフトコード1,000円分が・・。

新規入会するだけでもらえます。

そして、もう一つ併用できるキャンペーンがこちら。

新規入会&VISAタッチ決済の利用で、最大5,000円分のVポイントギフトコードがもらえます。

キャンペーン詳細
  • 期間中に、対象カードに新規で入会
  • カード入会月+2ヵ月後末までに、新規でご入会した対象カードでVisaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスを1回以上ご利用(金額の指定なし)

キャンペーンの詳細がこちらですね。

なんと、期間中(2022年10月1日〜12月31日)までの間に三井住友カードプラチナプリファードに新規入会し・・。

カード入会月+2ヶ月後の月末までに、新規で入会したカードでVisaタッチ決済を1回以上利用するだけで、5,000円分のVポイントギフトコードがもらえます。

ということで、なんとさらに追加で最大21,000円分のポイントがもらえちゃうんです!!

ただ、1点だけ注意点があって・・・。

まず、最大16,000円もらえる「キャッシュレス決済」キャンペーンは・・。

上記のとおり、2022年9月30日(金)時点で、三井住友カードが指定するカードを所有している方2020年5月1日以降新規で同じく三井住友カードが指定するカードを発行した履歴がある方は、対象外

同じく最大5,000円もらえる「新規入会&VISAタッチ決済」キャンペーンは・・・

上記のとおり、2022年11月30日(水)時点で、三井住友カードが指定するカードを所有している方2020年9月1日以降新規で同じく三井住友カードが指定するカードを発行した履歴がある方は、対象外になるんです。

そして、三井住友カードが指定するカードの一覧がこちらです。

このいずれかのカードを指定の時点で所有、もしくは指定の時点以降新規で発券したことのある方は、この新規入会キャンペーンに乗ることはできません。

中には、三井住友カード(NL)もあるので・・。

例えば三井住友カード(NL)一般カードを発券したことがある方は、ほぼ対象外になっちゃいますね。

ということで、この追加で併用できる新規入会キャンペーンは「乗れる人だけ乗れる」キャンペーンとご理解ください(笑)。

利用できるキャンペーン別の獲得ポイント

利益
ポイントサイト 27,000円
入会キャンペーン(40万円利用) 44,000円
キャッシュバックCP 16,000円
Visaタッチキャンペーン 5,000円
年会費 ▲33,000円
合計 59,000円

そして、再度この新規入会キャンペーンも含めた、この案件の収益構造(笑)を分かりやすく計算したものがこちらですね。

まず、上記のポイントサイト案件&新規入会キャンペーン全部利用できる方は・・。

まず、ポイントサイト経由のカード発券で27,000円+公式サイトの入会キャンペーン(3か月後末日までに40万円利用)で44,000円+キャッシュバックCPで16,000円+Visaタッチキャンペーンで5,000円・・。

合計最大、92,000円分のポイントがもらえるんです。

ただし、前述のとおりこのカード初年度から年会費がバッチリ掛かるので、税込33,000円もします(笑)。

ただ、何しろもらえるポイントが92,000円と超高額ですからね。差し引きすると初年度年会費を実質無料にし、さらに59,000円も手元に残る計算になるってことは・・お分かりいただけますよね??

利益
ポイントサイト 27,000円
入会キャンペーン(40万円利用) 44,000円
年会費 ▲33,000円
合計 38,000円

一方、三井住友カードの他のカードを期間内に発券した履歴がある・・。

つまり、キャッシュバックキャンペーンとVisaタッチキャンペーンが使えない!って場合でも、ポイントサイトの27,000円と入会キャンペーンの44,000円トータル71,000円分のポイントはがっちりもらえるので・・。

差し引き38,000円儲かる案件です。

いずれにせよ(笑)これ本当に強いですよね!!

スポンサーリンク

SBI証券の投信つみたてで5%ポイント還元

そして、ここまでご紹介したとおりポイントサイト案件としても既に驚異的にお得なわけですが・・。

「今」発券すべき理由はこれだけじゃないんですよね。

なんと、この三井住友カード「プラチナプリファード」はプラチナカードに分類されるカードですので・・超絶話題のSBI証券×三井住友カードのコラボによるクレジットカード投信つみたてのポイント還元率が・・。

なんと、5%なんです!!

上記のとおり、2022年12月10日までは2%だったんですが・・なんと2022年12月11日(日)以降の積立設定分より、5%という意味がわからない還元率なんです。

だって・・積立するだけで5%・・投資なのに約束された5%の利益がもらえるなんて・・これはもう信じられません!!

上限額毎月5万円積み立てた場合1年間で5万円×12ヶ月×5%=30,000円分のポイントがもらえます。

信じられない・・。驚異的すぎます。

だって・・本当に積み立てるだけで5%のポイントですよ!?完全ノーリスクで年利5%確定なんて、大昔の郵便貯金の定期預金以来の年利です(笑)。

しかもこのカード、前年100万円の利用ごとに10,000P(円)分のボーナスポイントがもらえるカードなんですよね。

このため、年間200万円以上利用すれば、初年度以降も、実質年会費は無料どころか・・1万円以上お得になるカードなんです!!(200万円のベースポイント20,000円分+ボーナス20,000円分=40,000円分のポイント)

つまり、しっかり使えば年会費実質無料でさらにSBI証券のつみたて投信5%還元のカードが手に入るんです!!

あ、ただ一つだけご注意いただきたいのが・・。

上記のとおり、三井住友カードつみたて投資の利用金額は、プラチナプリファードの入会特典、継続特典の付与条件である利用金額40万円の集計対象にはならないんです。

この点は、ご注意ください。

スポンサーリンク

三井住友カードプラチナプリファードとは??

そして、最後に三井住友カード「プラチナプリファード」の概要についても簡単に。

このカードは、2020年9月に三井住友カードが発券した、ポイント特化型の新しいプラチナカードです。

この三井住友カードプラチナプリファードの特徴・コンセプト。

それが、冒頭ご紹介のとおり、上図の左側、従来型のプレミアムカードのサービスであった「フルサービスの安心」を潔く切り落とし、上図右、シンプルだけど具体的なメリットを感じられるサービスに特化することです。

そして、その最大の特徴となり、「具体的なメリット」となるのが超絶高いポイント還元率なんです。

年会費は33,000円(税込)とちょっと高めですが、入会&利用特典(新規入会キャンペーン)で実質年会費は無料。

さらに、継続特典で毎年最大40,000Pがもらえるため、しっかり使えば毎年実質年会費無料にすることが可能で、さらにポイント還元率が超絶高い!というカードになっています。

その代わり、プラチナカードっぽいサービスはほとんどない・・まさにポイント特化型のカードなんですよね。

実は、2年目以降はお得にするにはちょっとハードルが高いんですが・・。

少なくとも入会初年度は、3か月で40万円の利用で実質年会費が無料になる44,000円分のVポイントがもらえるので、絶対にお得なんです。

さらにポイントサイトで27,000円追加でもらえるなら・・正直、ぼろ儲けです。

名称 三井住友カードプラチナプリファード
申込資格 安定収入のある20歳以上の方(学生不可)
発行ブランド Visa
発行種別 個人カードのみ
家族カード 発行可
年会費(税抜) 30,000円(家族カード無料)
利用枠 150万円~500万円
国内空港ラウンジ あり
国内・海外旅行傷害保険 最大5,000万円
お買物安心保険 年間500万円まで
Visaタッチ決済 対応
Vポイント付与率 1%(基本)

一応、スペックはこんな感じになっています。

このカードのメリットやデメリットは、以下の関連記事で詳しくご紹介しています。

三井住友プラチナプリファードカードのメリットを解説。ポイント特化型プラチナカードとは?

スポンサーリンク

まとめ

以上、滅茶苦茶お得な条件が勢揃い中!の、三井住友カード「プラチナプリファード」案件をご紹介しました。

何しろポイントサイト案件+公式入会キャンペーンで、年会費負担を差し引いても最大総額59,000円もらえる!ってだけでも既に超絶お得なんですが・・。

さらに、SBI証券の投信つみたてで5%ポイント還元ですからね!?

正直、発行の超絶大チャンスだと思います。

そして、このカードしっかり使えば翌年以降も本当の意味でお得なカードですし、SBI証券でのつみたてで最高還元額となる5%ポイントが貯まる!って意味でも壮絶優秀なカードなので、是非継続利用をおすすめします!

あ、当然初年度限定利用でも、ポイントサイト案件+公式入会キャンペーンで初年度年会費実質無料で最大59,000円もらえて超絶お得ですからね!!

是非このチャンス!逃さないようにしてください。

ちょびリッチさんに登録済みの方は、三井住友カード「プラチナプリファード」案件は、こちらからご利用が可能です。

そして、ちょびリッチさんへの登録がまだの方は、さらに大チャンス到来です!!

今ならちょびリッチさんで超絶入会キャンペーンを実施中なので・・・。

まずは、ちょびリッチアンバサダーである私の・・上記もしくは下記のバナーからちょびリッチさんに登録し、まずは月末までに1pt以上のポイント獲得すれば、普通は100円分である登録ポイント大幅に超える450円分のポイントがもらえます。

さらに、翌月末までに10,000pt(5,000円相当)を獲得するだけで、追加で2,000円分のポイントがもらえます。(ちょびリッチさんのポイントは1Pt=0.5円)

つまり、この「三井住友カードプラチナプリファード」案件を利用して、翌月末までにポイント確定するだけさらに2,450円分のポイントがもらえるんです!!

ちょびリッチへの口座開設は、是非下記のバナーからどうぞ。

会員登録後、検索窓から「プラチナプリファード」で検索してみてください。

【ポイントタウン修行】ダイヤモンド会員になる方法!全広告15%ポイント増量!ポイントタウンのリニューアルが神!

クレジットカードを審査落ちせず継続的に発行する方法。クレヒスの重要性を徹底解説

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD