【子連れグアム】プロア(PROA)への行き方を完全解説。赤いシャトルバスでの行き方/バス停/注意点まとめ

 

グアムのチャモロ料理の名店。そして、いつ行っても大混雑の有名店といえば「PROA(プロア)」です。

でも、プロアは他の有名店・・例えばトニーローマなどと違って公式の送迎などがないので、「行き方が分からない!!」という方も多いと思うんです。

 

かといって、タモンの市街地からはちょっと離れたイパオビーチ前にあるので、タクシーで行くと今度は帰りが困ってしまいます

この記事では、実際に子連れでプロア(タモン店)を訪れた私が、赤いシャトルバスを利用した最安での行き方降りるべき/乗るべきバス停や注意点などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

プロアは「赤いシャトルバス」イパオビーチ/GVB前が最寄りのバス停

 

こちら▲が、赤いシャトルバスの路線図です。

プロア(タモン店)は、この路線図⑨「イパオパーク/GVB前」を降り、徒歩1分の場所にあります。このため、プロアに行くためには赤いシャトルバスに乗り、イパオパーク/GVB前で下車すればよい、ということになります。

 

バス停とプロアの位置関係がこちら▲です。赤の四角は「GVB(Guam Visitors Bureau)」(グアム政府観光局)で、この目前にバス停があります。

ここからプロアの距離を見てください。約50mです。超目前です。ちなみに、このプロア最寄りのバス停がある、赤いシャトルバスの路線図/時刻表はグアム政府観光局のHPからダウンロードできます。

 

そして、ここで一つ注意点をご紹介します。路線図の路線の色をよく見てください

緑色の「南廻り(グアムプレミアアウトレット方面行き)」と、青色の「北廻り(マイクロネシアモール方面行)」があるのがお分かりですね?⑨「イパオパーク/GVB前」に止まるのは緑色の「南廻り(グアムプレミアムアウトレット方面行き)」です。

青色の北廻りに乗ってしまっては、プロア最寄りのバス停には停まりません。

 

主要ホテル前から「イパオパーク/GVB前」までの南廻りの路線図がこちら▲です。とにかく、「南廻り」に乗りさえすれば、⑨イパオパーク/GVB前に到着する、というのことが一目瞭然にお分かりだと思います。

 

スポンサーリンク

南廻り/北廻りとは

 

ここで疑問に思うのが「そもそも「南廻り/北廻り」って、なんなの?」ってことですよね。超わかりやすく解説してみたいと思います。

この写真▲は、グアムのJPスーパーストア前(画面左)から、アウトリガーホテル(画面右)方面を撮影した写真です。

 

バスの路線図を重ね合わせると、上記の赤い矢印の方角の写真を撮ったものです。

そして、グアムはアメリカですので、道路は右側通行です。勘の良い方はもうお分かりですね?そうなんです、この南廻り/北廻りというのは、道路のどちら側を走る路線か?ということなんです。

 

南廻りは、海側(ホテル側)を走る路線です。北廻りは、山側を走る路線です。

まずはざっくり、そのように考えておけば大丈夫です。

 

スポンサーリンク

南廻り路線の赤いシャトルバスの見分け方

 

路線図を見ていただくとわかる通り、主要各ホテル前の赤いバス停には、「南廻りのバスしか停まらないバス停」と「南廻り/北廻りどちらも停車するバス停」があります。

どちらも停まるバス停 南廻りしか停まらないバス停
①ホテルニッコーグアム ③ウェスティン前(リーフホテル)
②ロッテホテル ⑤ハイアットリージェンシー前
⑥タモンベイセンター前
⑦フィエスタリゾート前
④アウトリガー/ザ・プラザ前

 

主要なホテル前バス停の南廻り/北廻りが停まるか停まらないかで区分した表がこちら▲です。③~⑦のバス停から乗車される方は、そもそも南廻りしか停まりませんので、来た赤いバスに乗ればOKです。(③ウエスティン(リーフホテル前)のバス停は北廻りが停まりそうに見えますが、実際には停まりません。)

①~②のバス停から乗る方は、どちらも停まりますので乗るバスを間違えないように注意が必要となります。

 

といっても、見分け方は超簡単です。上の写真▲のとおり、各赤いシャトルバスには、フロントガラスに「北廻り(マイクロネシアモール方面行き)」「南廻り(グアム プレミア アウトレット行き)」が必ず明記されています。

 

「南廻り(グアム プレミア アウトレット行き)」に乗車さえすれば、後は⑨イパオビーチ前で下車すればOKです。

 

スポンサーリンク

バス乗車~イパオビーチ前~プロアまで

 

では、実際に赤いシャトルバスに乗車してプロアに行ってみましょう。

ここ▲が赤いシャトルバスのバス停。私の宿泊はウェスティンホテルでしたので、ウエスティンホテルの超目の前(徒歩30秒)のバス停からバスに乗ります。

関連記事:【子連れグアム】ウエスティンリゾート・グアム ロイヤルビーチクラブの無料朝食を口コミ。RBCは子連れOK

関連記事:ウエスティンリゾート・グアムRBC(ロイヤルビーチクラブ)ルームが子連れ旅行におすすめな理由。SPGアメックス特典アップグレード後のお部屋も紹介

 

 

このバス停には南廻りしか停まりませんので、停車した「グアム プレミア アウトレット方面行き」のバスに乗車します。

 

バスの座席は、バス後部のこういったオープンな座席▲と、

 

バス前部のこういった▲フィルムに仕切られたエアコンの効いた席があります。この赤いシャトルバスは、バスによってエアコンの効きの差が激しいので、自分の好みの温度なら前の席でも良いでしょうし、寒すぎる/暑すぎるようなら後ろのオープン席もありです。

なお、車内にはモニターが完備されており、日本語で次のバス停の表記があります。また、日本語でバス停の案内もありますので、降りるバス停を間違えることはないと思います。

 

はい、つきました。⑨イパオパーク/GVB前です。

 

GVB前というバス停名のとおり、バス停目の前には「Guam Visitors Bureau」(グアム政府観光局)があります。

バス停を降りたら、このグアム政府観光局方面・・つまり、バスが来た道を戻る方向に15秒ほど戻ったところに、横断歩道があります。

 

この横断歩道を渡った真向かいに、プロアがあります。

バス停を降りて、徒歩1分といったところでしょうか。バス停さえ間違えなければ、本当に簡単にいくことができますよ。

 

スポンサーリンク

赤いシャトルバスチケットの買い方

 

赤いシャトルバスのチケットの一番簡単な買い方。それは、日本で買っていく方法でしょう。例えば上記VELTRAで購入した場合、2日間乗り放題チケットが15$です。

このように海外現地ツアー予約サイトで買っていくと、現地購入と同じ価格で購入できるので大変便利です。

 

グアム現地で「6時間乗り放題チケット」を購入するのもあり

 

2日間乗り放題って・・そんなに乗らないよ・・。って方には、現地で6時間~3時間乗り放題の電子チケットを買うのもおすすめです。プロアに行って、ご飯を楽しんで帰ってくるだけなら3時間チケットがあれば十分です。

当日券の場合、大人1人あたり片道4ドル。往復合計8ドル。夫婦2人なら16ドルですが、この3時間乗り放題チケットなら、往復でも二人で6ドルで済んでしまいます。

 

電子チケットは、この▲ラムラムバスのアプリ経由で購入します。アプリは、以下からダウンロードできます。

 

 

電子チケットの注意点。Wifiなどネット環境が必須です

この電子チケットはお安く購入でき、チケットも画面を運転手にチラ見せするだけと非常に楽なんですが、一点だけ注意点をあげるとすると、チケットの表示にWifiなどネット環境が必須なんです。

これがこのアプリの評価が低い理由なんですが・・・5分くらいほっておくとすぐにログアウトしてしまいます。再度ログインしてチケットを表示するために、ネット環境が必須なんです。

 

私も乗車して画面を見せようとすると、ログアウトしていて焦ったことが何度もありました。また、バス停等ではなかなかしっかりした無料Wifi環境がありませんので、無料Wifiに頼っていると、結局電子チケットを使えない、という危険性もあります。

そもそもグアムはネット環境が弱めですので、Wifiルーター等を借りて渡航した方が良い地域です。

 

私はイモトのWifi▼を借りていきました。Wifiを借りて行くのが絶対におすすめですね。


 

プロアからホテルへの赤いシャトルバスでの戻り方

 

美味しくプロアのチャモロ料理を楽しんだら、今度は逆の「北廻り」の赤いシャトルバスでホテルへ戻ります。

一番簡単なのは、プロア前の横断歩道で反対側の道路に渡り、来た道を5分くらい戻って⑭パシフィックアイランドクラブ向かいのバス停から北廻りのバスに乗ることです。

 

子どもの足でも5分くらいで行け、一本道ですので間違えることも無いと思います。

 

スポンサーリンク

プロア(タモン店)の行き方はこれで完璧

 

プロアへの赤いシャトルバスでの行き方はこれで完璧ですね。

プロアは予約の取りにくい人気店ですので、下記関連記事も参考に、必ず日本から、2か月以上前に予約をしてから訪問するようにしてください。

関連記事:【子連れグアム】レストランPROA(プロア)を完全無料で予約する方法を完全解説。JCBたびらばが絶対おすすめ

 

実際に子連れで訪問した訪問記&口コミ、実際の料理の感想などは、下記の関連記事に詳しくまとめています。

関連記事:【子連れグアム】チャモロ料理の名店プロア(PROA)訪問記&おすすめメニューを口コミ。トリオBBQ最高でした

 

また、プロアには「タモン店」と「ハガニア店」があります。この記事で紹介しているのは「タモン店」ですので、ご注意ください。

 

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちら▼から

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている年間50万マイル貯める方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下▼にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

関連記事:ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年4月最新版】

 

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちら▼も併せてご覧ください。

関連記事:【陸マイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める方法を、丁寧に解説する

 



 

AD