陸マイラーおすすめのクレジットカードとは?マイルが貯まるメインカードの選び方

陸マイラーにとって超重要になるのが、クレジットカードを上手に活用することです。

ポイントサイトで貯めた各種ポイントをANAマイルに交換するためには、特定のクレジットカードが保有する、ポイント交換機能が必須となりますし、ポイントサイト経由でのクレジットカード発券やクレジットカードの入会キャンペーン攻略は、陸マイラーにとって貴重なマイル供給源になります。

私も陸マイラー活動開始前は、なんのメリットもない普通のクレジットカードで年間100万円単位の決済をしていたりしたんですが、今では超絶後悔しています

陸マイラーにとっておすすめのクレジットカードとは?ANAマイルを大量に貯めるためのおすすめクレカの選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

陸マイラーおすすめクレカ3選+メインに利用すべきカードは?

  1. ソラチカカード
  2. ANAVISAワイドゴールドカード
  3. SPGアメックスカード

陸マイラー必携の、まさに超絶おすすめカード3選は上記のとおりです。

順にそのメリットを解説するとともに、では陸マイラーとしては一体どのカードをメインに利用すべきなのか?について考察していきます。

①ソラチカカード(ANAToMeCardPasmo)

まず、陸マイラーに真っ先におすすめするカードがこちらです。

陸マイラーおすすめ・・というより、もうこのカードが無いと陸マイラー生活がはじまらないことで有名なのが「ソラチカカード」ですよね。

ソラチカカードのポイントプログラムである東京メトロポイントは、業界で唯一無二の1円=0.9ANAマイルの超高額倍率のANAマイルへの交換率を誇るまさに陸マイラー必携のポイントプログラムですからね。

何はなくとも、まずはこのカードを発券しないと、陸マイラー生活がスタートしません。陸マイラーにとって、何をさておいても必須となるカードと言えますね。

ソラチカカードが陸マイラー必携である理由。年間20万ANAマイルを生み出す最強カード

2017年2月16日

スポンサーリンク

②ANAVISAワイドゴールドカード

ANA陸マイラーが必ず持っておくべきおすすめカードの2枚目は、ANAVISAワイドゴールドカードです。

このカードも、ソラチカカードの次に、できるだけ早く発券すべきカードだと思います。

  1. 最大1.65%の高いマイル還元率
  2. 三井住友VISAカードのポイントプログラム「ワールドプレゼント」が利用可能
  3. ANAマイルをスカイコインに交換する際の倍率が、平AMC最大の1.6倍
  4. 国際線エコノミークラス搭乗時でもビジネスクラスのチェックインカウンターが利用可能
  5. ANAFESTA一律5%、ANA免税品販売一律10%OFF!

そして、ANAVISAワイドゴールドカードのメリットは、主に上記5点です。これ、全部超絶重要です。

①最大1.65%の高いマイル還元率

ANAVISAワイドゴールドカードのマイル還元率は、最大で1.65%です。

マイル還元率1.65%ということは、例えば、1万円カード利用したら最大で165ANAマイル相当のポイントがもらえるということです。

10万円利用なら1,650ANAマイルってことです。ちなみに、東京ー北海道を往復フライトしても最大約1,000マイル程度ですので、この1,650ANAマイルがどれだけ大きなマイル数かはお分かりいただけるかと思います。

ただ、この超絶還元率にはちょっとした注意事項があって、前年のカード利用額に応じて付与される「ステージ」により、マイル還元額は以下の通り変化します。

ステージ マイル還元率 前年利用額
V1 1.49% 50万超~100万未満
V2 1.53% 100万超~300万未満
V3 1.65% 300万超

上記のとおり、最大のマイル還元率である1.65%達成のためには、前年に300万円以上利用し、三井住友カードのポイントプログラムであるワールドプレゼントのV3ステージに達する必要があります。

年間300万円は・・毎年コンスタントに達成する金額としては正直結構厳しめだと思いますので、実際には1.4~1.5%くらいのマイル還元率だと考えておくとよいでしょう。

ただ、V1ステージでも1.49%のマイル還元率ですのでかなり高い還元率であるのは間違いありません。

②三井住友VISAカードのポイントプログラム「ワールドプレゼント」が利用可能

これもかなり大きなメリットです。

ANAVISAワイドゴールドカードは、三井住友VISAカード発行のクレカなので、発行すればポイントプログラム「ワールドプレゼント」が利用可能になります。

そして、この「ワールドプレゼント」はANAマイルへの最大倍率での交換ルート「LINEルート」において、ポイント経由地として実は重要なポイントプログラムなんです。

上記のとおり、PeX経由でGポイントに交換する際に、ワールドプレゼントは必ず経由することになります。

つまり陸マイラーにはほぼ「必須」のポイントプログラムですので、このポイントプログラムを利用できるようになるのはメリットとして非常に大きいです。

【2019年最新】LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ経由メインルート

2018年5月29日

【2019年最新】LINEルートのポイント交換スケジュール総まとめ。各ルートの締日とANAマイルへの最短交換方法

2018年5月28日

スポンサーリンク

③ANAマイルをANAスカイコインに交換する際の倍率が、平AMC会員最大の1.6倍

3点目の・・そして実はこれもかなり大きなメリットがこちらです。

ANAVISAワイドゴールドカードを所有していると、ANAマイルをANAスカイコインへ交換する際の倍率が、平AMC(ANAマイレージクラブ)会員としては最大の1.6倍(1ANAマイル=1.6スカイコイン)なります。

問答無用の上級会員であるANAブロンズ・プラチナ・ダイヤモンドですら最高で1.7倍ですので、ほぼ上級ステータス会員に肉薄する交換率で、マイルをANAスカイコインに交換できます。

ANAスカイコインは、ANAマイルを利用した発券枠に限りのある「特典航空券」とは違い、空席がある限り購入できるANAの有償航空券を現金同等で購入できるかなり利用価値の高いコインです。

例えば、10万ANAマイルを、ANAゴールドカード会員なら1.6倍の16万スカイコインに交換できることになります。そして、この16万スカイコインで、16万円分の航空チケットを購入できるんです。

スカイコインは、使いようによってはマイルを凌駕する「使い勝手」という価値があります。

ANAスカイコインの使い方。マイルからの交換方法とお得な使い道を解説

2018年9月17日

④国際線エコノミークラス搭乗時でもビジネスクラスのチェックインカウンターが利用可能

あまり知られていませんが、4点目のANAVISAワイドゴールドカードの嬉しいサービスがこちら。

ANAワイドゴールドカードを保有していると、国際線エコノミークラス搭乗時でもビジネスクラスカウンターが利用できます

海外出張でも近距離路線だとエコノミーで出張!ということも多いと思いますが、そんな場合でも混雑したエコノミークラスカウンターをサクッとパスして、ビジネスクラスカウンターでチェックイン可能です。

これ、本当に意外に使えるメリットです。

⑤ANAFESTA(国内線売店)5%、ANA免税店と機内販売10%OFF!

これも地味に使えるサービスです。

そして、ANAマイラーだからこそANAワイドゴールドカードを保有しておきたい理由の大きな理由の1つになります。

ANAワイドゴールドカードを利用して決済すると、国内線売店ANAFESTAでのお買い物が5%OFF、そして国際線売店ANADUTYFREEと、ANAの機内販売がいずれも10%OFFになります

10%OFFって簡単に言いましたけど、これ結構大きいですからね。

機内販売で4,000円の幻の芋焼酎「村尾」を買ったら、10%OFFの3,600円で買えるということです。国内線の搭乗前にお土産を買うなんて日常茶飯事だと思いますが、ANAFESTAで買えば常時5%OFFです。

正直空港売店なんて、どこでも価格はおんなじです。単純に値引きしてもらえるなんてありがたすぎると思います。

スポンサーリンク

SPGアメックスカード

そして3番目の必携カードがSPGアメックスカード。これも、泣く子も黙る陸マイラー必携カードです。

  1. 高級ホテルのゴールドエリート会員資格付帯で「旅」との相性抜群
  2. マイル還元率が最大1.25%
  3. JALマイルにも3P=1JALマイルに交換できる

主なメリットがこちら。

何をさておいても超絶メリットなのは、①高級ホテルのゴールドエリート会員資格が付帯することです。簡単に、それぞれのメリットを紹介していきます。

①高級ホテルのゴールドエリート会員資格付帯で「旅」との相性抜群

このSPGアメックスカードを発行することにより、マリオット、リッツ・カールトン、SPG(スターウッドグループ)を統合する新しい巨大高級ホテルチェーンのプログラムである「MARRIOTT BONVOY」の上級会員資格「ゴールドエリート」を、ステータスマッチで自動的に入手できます。

このゴールドエリート会員資格は、通常上記高級ホテルを年間25泊以上しないと入手できない会員資格です。それが、ステータスマッチで自動付帯されるんです!

  • 空室があれば、より良いお部屋へのアップグレード
  • アーリーチェックイン/レイトチェックアウト
  • ウェルカムサービス 等

これにより、「ゴールドエリート会員」として、上記の特典を受けることができます。

特に大きいのが上の2つの特典です。

SPGアメックスのウェスティンリゾート・グアムのアップグレード特典が凄すぎた話

2018年4月8日

ブダペスト・マリオットホテル宿泊記。夜景が綺麗で観光にも便利!SPGアメックスのアップグレードも!

2018年12月13日

特にお部屋のアップグレードは強烈で、私も最も安い部屋を予約していたにも関わらず、最高の眺めのお部屋にアップグレードしていただき、超絶感激した経験が何度もあります。

また、レイトチェックアウトも嬉しいサービス。特に帰国便が夕方の際などに、ぎりぎりまでお部屋を使えるので、本当にありがたいサービスです。

②マイル還元率が最大1.25%

SPGアメックスでもらえるポイントは100円あたり3Pです。

そして、3P=1ANAマイルの価値を持っています。このため、通常のマイル還元率は100円=1マイルで1%になりますが、このポイントは一括60,000P=20,000ANAマイルへと交換すると、5,000ANAマイルのボーナスマイルがもらえます。

このため、実質60,000P=25,000ANAマイルがもらえる計算となり、マイル還元率は最大1.25%になります。

正直、ANAワイドゴールドに比べると見劣りしますが、以下③のもう一つの利点もあって、かなり狙えるポイントになっています。

③JALマイルにも3P=1JALマイルに交換できる

これも①に次ぐ大きなメリットです。

JALマイルは、本当に貯めたポイントからのマイル交換率が渋いマイルですが、SPGアメックスカードのポイントからは、ANAマイルと同じ倍率である3P=1JALマイルに交換できるんです。

もちろん、60,000P交換時にもらえるボーナスマイル5,000JALマイルもANAマイルと同じくもらえます。このため、なんとマイル還元率1.25%でJALマイルも貯めることができます

これ、空前絶後のメリットです。こんな倍率でJALマイルを貯めることができるクレカは、他にはありません

スポンサーリンク

陸マイラーのメインカードはどれにすべきか

ここまで紹介した3つのカードのメリットはお分かりいただけましたか?正直上記の3種のカードは陸マイラー必携のカードだと思います。

このため、①ソラチカ、②ANAワイドゴールド、③SPGアメックスの順に、カード発行されることをおすすめいたします。

では、この3つのカードのうち陸マイラーがメインで利用すべきカードは一体どれなのでしょうか?マイル還元率最大1.65%を誇る②ANAワイドゴールドカードなのか?それともJALマイルも最大マイル還元率1.25%が貯まる③SPGアメックスカードなんでしょうか?

陸マイラーのメインカードは「決めない」のが正解

え・・?と思われるかもしれませんが、実は陸マイラーのメインカードは「決めない」のが正解です。

私自身も当然上記3つのカードは保有していますが、この3つのカードのうちいずれかをメインで利用したりはしていません

というのも、②ANAワイドゴールドでも、③SPGアメックスでも、通常利用時のマイル還元率は1.6~1.2%程度です。

つまり、10万円カード利用しても、最大1,600~1,200ANAマイルしか貯まらないのです。

賢い陸マイラーは、カード決済でも大量マイルを貯める

陸マイラーおススメのクレジットカードは、このような入会キャンペーン実施中のクレジットカードです。

例えば上記のANAダイナースカードの場合、入会から3か月間に100万円以上の利用で、なんと最大82,000ANAマイルが獲得可能です。

100万円で82,000ANAマイルですからマイル還元率は驚異の8.2%です。ANAワイドゴールドのマイル還元率1.6%とかそんな次元のお話ではありませんよね。

【2019年6月最新】ANAダイナース入会キャンペーンの全貌公開!64,000ANAマイル!

2019年6月3日

また、上記のようなアマゾンに頻出しているアメックスゴールドカードの入会キャンペーンを利用すれば、入会後3か月以内に60万円のカード利用で33,000ポイントが獲得可能です。

この33,000ポイントは33,000ANAマイルに交換可能なので、マイル還元率は5.5%です。

アメリカンエキスプレス・ゴールドカードの10万円以上お得な入会方法は「アマゾン」が最強。もちろん初年度年会費無料!

2018年10月27日

いずれも、おすすめクレカの1%台のマイル還元率なんて問題にしないくらいのマイル還元率であることはお分かりいただけましたか?

ANA陸マイラーとしては、クレジットカードは特定のメインカードを決めるのではなく、入会キャンペーンをうまく利用して、都度メインカードを変えていくのが、最も上手なクレジットカードの利用方法だと思います。

【完全解説】クレジットカードの入会キャンペーンで年間20万ANAマイルを貯める方法

2019年1月3日

スポンサーリンク

まとめ

  • 陸マイラーおすすめクレカは①ソラチカカード、②ANAVISAワイドゴールド、③SPGアメックスの3種
  • 陸マイラーなら、上記3種はいずれも保有しておくべき
  • 一方、実際に利用するメインカードは「入会キャンペーン」開催中のカードが最得
  • 各カードのメリットを把握して、上手に利用しよう

陸マイラーおすすめクレカ3選はいずれ劣らぬ超絶メリットのあるカードですし、マイル還元率も高いカードです。

陸マイラーなら、必ず発行しておくべきおすすめカードだと思います。

一方、マイルを貯めるための日常使いのメインカードとしては、この3つのカードはもちろんマイル還元率も高いカードですが、入会キャンペーン開催中のカードを利用した方が、マイル還元率はより高まります。

以上、陸マイラーおすすめのクレジットカードと、マイルが貯まるメインカードの選び方についてご紹介しました。

もちろん、クレジットカード選びには唯一絶対の正解は無いと思いますので、この記事も参考に、クレジットカードの利用方法を検討いただければ幸いです。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日

私は夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル貯める、たった2つの方法

2019年3月15日



AD